営業事務とは?一般事務との違いや仕事内容を解説

営業事務とは?一般事務との違いや仕事内容を解説の画像

この記事のまとめ

  • 営業事務とは、デスクワークや顧客対応で営業をサポートする仕事のこと
  • 営業事務は直接会社の売上に関わるため、一般事務より仕事が評価されやすい傾向にある
  • 営業事務に求められるスキルとは、パソコンスキルとコミュニケーション能力である

営業事務とはどのような仕事なのか、詳しく知らない方もいるでしょう。営業事務とは、デスクワークや顧客対応で営業職をサポートする仕事です。営業事務は事務職でありながらも、会社の利益に直接関われる職種であるといえます。このコラムでは、営業事務の仕事内容や必要なスキル、働くことのメリットなどをご紹介。営業事務を目指したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

営業事務とは

営業事務とは、営業職をサポートする仕事のこと。会社を支えているのが、利益に直接関わる営業職で、営業職を支えているのが営業事務です。
営業職は会社にとってなくてはならない仕事ですが、営業事務も営業職に必要不可欠の存在。つまり、営業事務は事務職でありながら、会社の利益に間接的に関われる職種といえます。

営業事務がどのような仕事をし、営業職を支えているのか気になる方は「営業事務の仕事」のコラムをご覧ください。営業事務の具体的な仕事内容をご紹介しています。

営業事務と一般事務の仕事の違いとは?

営業事務の主な仕事は、営業のサポートです。営業の業務に必要な書類を作成したり、営業のデータをまとめたりといった事務作業はもちろん、取引先からの問い合わせやクレームを取り次いだり、自ら対応したりといった業務も実施。
また、商品管理や受発注作業、顧客情報や営業のスケジュールを把握するなど、営業の仕事が滞りなく進むようにバックアップするとても重要な役割も担います。

資料の作成やデータ入力、電話対応などといったデスクワークを行う点は一般事務と変わりませんが、幅広く社内の事務作業に携わる一般事務と比べて、営業事務はより専門的な事務職といえるでしょう
また、事務職は直接会社の利益に関わらない業務が多く、その仕事を評価されにくいとされています。一方で、営業とともに働き、目に見える形で結果が出る営業事務は、ほかの事務職と違って評価されやすいのが特徴です。

営業事務の仕事はきつい?

営業事務の業務内容は多岐にわたり、柔軟な対応が求められることも多いので、きついと感じる人は多いでしょう。また、一般事務よりも専門的な知識が必要となる場面も。営業事務の仕事は大きなやりがいを感じられる反面、大変さを感じることもあるといえます。
「営業事務の仕事はきつい?」と不安を感じている方は、事前に営業事務の業務内容を把握しておくと良いでしょう。「営業事務の仕事はきつい?辞めたい理由や疲れたときの対処法を解説」のコラムでは、営業事務の仕事内容について詳しく解説しているので、あわせてご覧ください。

営業事務の種類

営業事務の種類には、内勤営業や海外営業、ルートセールスなどがあります。基本的な業務内容は同じですが、分野が異なるので、より専門的な知識が必要とされる場合もあるでしょう。
営業事務を目指すのであれば、営業にはどのような種類があるのか事前に確認しておくのがおすすめです。「営業の仕事の種類はどんなものがある?」のコラムでは、営業の種類を詳しく解説しています。自分の携わりたい分野があるかチェックしておきましょう。

営業事務に必要なスキル

営業事務の仕事をするうえで、必要なスキルはパソコンスキルです。
基本的なパソコン操作ができる人であれば、ExcelやWord、PowerPointなどの資料やデータ作成に必要なスキルは働きながら身につけられます。そのため、パソコンスキルに自信がない人でも、業務を通して身につけることが可能です。

営業事務に向いている人

営業事務に向いている人は、コミュニケーション能力がある人です。営業事務では、パソコンスキル以上にコミュニケーション能力が重視されます
ともにチームとなって働く営業との信頼関係の構築は、営業事務として働くうえで必須。毎日のようにミーティングを行い、営業の仕事やスケジュールを把握することで、急な顧客からの問い合わせやトラブルにも最適に対応できることが求められます。
営業事務に向いている人については「営業事務に向いてる人・向いてない人の特徴をチェック!」のコラムでもご紹介しているので、あわせて参考にしてみてください。

未経験から営業事務を目指すなら

未経験から営業事務になるには、職務経歴書の内容を充実させましょう。営業事務の業務内容は企業によって異なるため、企業研究を行ったうえで自分の強みをアピールすることが大切です
志望先の企業で活かせるスキルや実績があれば、記載しておきましょう。もし、志望先の企業で活かせるスキルや実績がない場合には、前職の経験を交えて熱意をアピールしてみてください。
営業事務を目指す人に向けた職務経歴書の書き方は「営業事務の職務経歴書はどう書く?書き方のポイントや例文を紹介」のコラムで解説しています。職務経歴書を作成する際に役立ててください。

営業事務への就職・転職を考えている方は、ハタラクティブにご相談ください。
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、既卒や第二新卒、フリーターといった若年層を中心に就職・転職活動を支援しています。プロのアドバイザーがヒアリングを行い、あなたの希望や適性に合ったお仕事をご紹介。ハタラクティブでは、「未経験歓迎」「学歴不問」といった求人を多く取り扱っているので、経歴に自信のない方も安心して利用できます。
「営業事務に転職したいけどスキルに自信がない」「自分に合っている仕事がよく分からない…」とお悩みの方は、まずはお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ