新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 残業なしの仕事に転職するには?正社員で土日休みも実現できる?

残業なしの仕事に転職するには?正社員で土日休みも実現できる?

公開日:

最終更新日:

残業なしの仕事に転職するには?正社員で土日休みも実現できる?の画像

【このページのまとめ】

  • ・残業なしの転職先もあるが、見つけるのは難しいのが現実
    ・ノー残業デーや成果型などの制度を導入している会社は、残業なしが期待できる
    ・転職の面接で残業なしかを聞くのは、できれば避けたほうが良い
    ・転職で残業なしの仕事を探すなら「業務量」「仕組み化」「シフト制」を焦点にする

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

転職先は残業なしで土日休みの職場が良い…と労働環境面を重視する方は多くいます。しかし、「100%残業がない」と言い切れる求人はそれほど多くありません。残業なし・土日休みの求人はどうやって探せば良いのでしょうか。残業なし求人の探し方をはじめ、ノー残業デーやフレックスタイム、成果型、面接で待遇面について質問したいときの対処法も合わせてまとめています。転職を検討中の方はぜひご覧ください。

正社員で残業なしの転職先はある?

正社員でも残業がない職場はありますが、求人が少なかったり、すべての労働日が残業なしの対象とならなかったりするなど、見つけるのは難しい傾向にあります。


存在はするが、ごく少数

「残業なし」を謳う会社は存在するものの、求人の割合からするとごく少数。業界や職種によるところも大きく、志望業界・職種を絞っている人はさらに見つけるのが困難になります。また、基本的には残業がなくても、繁忙期などで一時的に残業が発生するという職場も。「100%残業がない」ことだけを基準に転職活動を進めるのは難しいといえるでしょう。
ただし、近年は勤務のスタイルが多様化し、プライベートを重視する意識が根付きつつあります。
自分の能力次第では、残業があるところでも環境改善や仕事に意欲的に取り組むことで、なしにすることも不可能ではありません。すべてを人や環境のせいにするのではなく、自分でできることがないかを探していく姿勢も大切です。


働き方の制度を設けている会社を探すのがおすすめ

どうしても残業が気になる場合は、ノー残業デーやフレックス、インセンティブ制度など働き方の制度を設けている会社へ転職するのも良いでしょう。


ノー残業デー

ノー残業デーとは、可能な限り従業員が定時で上がれるよう推奨する取り組みのこと。「水曜日はノー残業デー」など曜日を決めて実施することが多いようです。ノー残業デー以外の日は残業がある可能性はありますが、残業時間を減らしていこうとする意識が高いと判断できます。


フレックスタイム

フレックスタイムとは、日々の労働時間や出勤・退勤の時間を社員が自己決定できる制度のことです。労働者の価値観や生活スタイルに柔軟に対応できるだけでなく、社員一人ひとりが自ら時間配分を決めて働くため業務が効率化され、人によっては残業を少なくできます。


成果型

残業をする人の中には、自分の業務の目処はついているが、上司や同僚が残っているため帰りづらく「付き合い残業」をしているという場合も。残業時間の長さが仕事への熱心さと捉えられる職場には、定時退社をしづらい雰囲気があります。
仕事をした「時間」ではなく、どんな「成果」を挙げたのかという点を見てくれる企業であれば、評価のために残業したり、人に付き合って残業したりという事態は避けられるはず。転職活動では、成果や実力による評価制度が整った企業を探すと良いでしょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

残業の有無や時間について面接で聞くのはOK?

残業について面接で聞くことはできますが、状況によってマイナスイメージを与えるため、伝え方やタイミングに注意する必要があります。


基本的には待遇面について問うのは避けるべき

残業に限らず、面接で実際の待遇面に関する質問をすると、「待遇ばかり重視して、働く意欲が低い」と評価される恐れがあります。「働くうえで◯◯は譲れない」というような強い希望でない場合を除き、こちらから質問するのは避けたほうが無難です。
内定後に質問するのは失礼ではないので、気になる方は内定連絡が来たときに問いましょう。ただし、内定承諾後に内定を取り消すのは会社に迷惑がかかります。それを踏まえて質問をし、よく検討してから決断すると良いでしょう。


タイミングや伝え方を工夫すると良い

もし残業や待遇面が転職の軸で、面接中に聞いておきたい場合は、最終面接時に聞くのがおすすめです。家族の介護をしている、勤務地が自宅から遠いといった理由で残業が難しいときも、面接で伝えておくと入社後のトラブルを避けられます。
質問する際は、「今の会社では月◯時間ほど残業していますが、御社では何時間くらい許されていますか?」「同じくらいの時間と考えてもいいですか?」など、残業に対応する意思が伝わる質問を意識しましょう。「残業は何時間ですか?」と単刀直入に尋ねると、面接官によっては「この人は少しも残業をしたくないのでは?」と受け取られ不採用につながる可能性があります。

残業なしで困る場合はある?

極端に長い残業時間は心身の負担になるものの、「収入を増やしたい」「やりがいがある」「スキルアップしたい」など残業がないと困るという人も一定数存在するようです。


高い給与を得たい場合

何らかの事情で収入を増やしたいと考えている方は、残業で賄っていることがあります。なかには残業がなくなったり減ったりすると生活を維持できなくなるという人も。「収入を増やしたい」という希望に加えて、本当に仕事でやることがあって残業しているのなら問題はないでしょう。しかし、不要な残業を続けているのなら残業せずとも生活できる収入を得られる会社に転職を考えたほうが良いといえます。


やりがいを感じている場合

「仕事が好き」「やりがいがある」と感じている人のなかには、プライベートよりも仕事が楽しいと考える人も多いようです。いわゆる「仕事が趣味」という状態で、残業をしてでも仕事をしていたいと考えます。また、「家に帰っても特にやることがない」といった人も残業していきたいと考えるようです。


スキルアップにつながっている場合

勤務時間内では与えられた仕事をまっとうすることが最優先。「スキルアップをしたい」「ミスを少なくしたい」など仕事に対する意欲が高い人は、定時後に残って努力したいと思うことがあります。しかし、残業がない職場では、たとえ残業代がつかない状態で残っていることが分かっていたとしても、「早く帰宅してほしい」と思われることがあるようです。

残業の少ない仕事を選ぶときのポイント

残業が少ない仕事は、「業務の定量化がされているか」「業務の仕組み化がされているか」「シフト制であるか」などを基準に選べます。


業務量がある程度決まっている

1日あたりの業務量が決まっていれば、イレギュラーやトラブル対応がない限り残業が発生することは少ないでしょう。月末や決算期、その業界・職種の繁忙期などで残業が発生する可能性はありますが、事前にどれくらいの残業時間・日数になるかも予測しやすいといえます。


業務が仕組み化されている

業務の仕組み化とは、業務のやり方やスケジュールなどをあらかじめ定めておくこと。マニュアルは業務仕組み化の基礎で、「いつ」「誰が」行っても「同等の成果をあげられる」というものです。仕組み化に意欲的な会社は生産性を重視する面もあり、不要な残業を良しとしない傾向が。定時になるとパソコンがシャットダウンするというようなシステムを取り入れている会社もあるようです。


シフト制

シフト制の場合、自分の勤務時間終了とともに次の担当者と入れ替わります。交代時に残っている仕事がある場合、残業して処理してから上がらなければならないところがある一方、そのまま次の人に引き継いでOKとしているところも。どちらを基本としているかは会社によって違うものの、シフト制は残業が発生する可能性は低いといえるでしょう。
ただし、シフト制を導入している会社・職種では、営業時間が24時間365日か、それと同等というようなことが多め。残業はなくても、夜勤や土日出勤がある可能性はあります。


土日休みで残業が少ない職種例

土日が休みで残業が少ない正社員の仕事は、事務職やBtoBのルート営業、工場関係の職種が挙げられます。


事務職

業務内容によっては来客対応や営業のサポートなどで変動することはありますが、事務の基本的な仕事は業務が定量化されていることも多め。顧客に直接関わることもなく、土日に出勤して行わなければならない作業もほとんどないといえるでしょう。


BtoB営業

BtoBとは、「Business to Business」の略で、企業間で取り引きを行うことを指します。BtoB営業は顧客の営業時間内で営業を行うため、残業や土日出勤はほとんどありません。なかには直行直帰OKの会社もあります。


工場関係

工場は土日祝日を休日に設定していることが多いです。1日や月あたりの生産管理も徹底されており、無理のない納品スケジュールを組むことも。また、定時になると工場全体の電源を落とし、従業員が残業しないよう努めているところもあります。


残業を含め、自分がどんな点を重視して仕事探しをするのか、しっかりと方針を決めた上で転職活動のスタートを切りましょう。
就職・転職支援のハタラクティブは、正社員の求人紹介と合わせてその会社で働くメリット・デメリットについてお伝えし、あなたが本当に働きたいと思える企業との出会いをお手伝いします。
サイトに掲載されていない非公開求人の数は常時1,000件以上。転職活動を考えている方は、上場企業への内定実績が豊富なハタラクティブまでご相談ください。

関連キーワード

ご利用者の口コミ

  • 真那

    私のカウンセラーの方がとても親身になって色々手伝って貰いました …

    2021/02/26

  • Kaede Komatsuzaki

    カウンセラーの方が親切丁寧に対応してくださり、初めての就職活動でし…

    2021/02/01

  • まり

    就活未経験だったのですが親身になって話を聞いてくださり的確なアドバ…

    2021/01/27

  • 大槻智映

    親身になって、最後まで手厚いサポートをしてくださいました!おかげで…

    2020/12/21

  • 加藤直哉

    紹介してくれる求人の質に関しては他社としっかり比較していないので分…

    2020/12/14

  • ka

    担当の方がとても親身になって相談に乗ってくださったので、第一希望の…

    2020/12/12

  • Dan

    担当の方のサポートが素晴らしかったおかげでトントン拍子に就活を進め…

    2020/12/01

  • 昔野貴方

    カウンセラーの方が親切で、こちらの事情にそって仕事先をいくつか紹介…

    2020/11/26

  • 鶴岡雅史

    とても親切で丁寧な対応だったと思います。この状況下で転職に対する不…

    2020/11/10

  • みやみや

    未経験のことで不安と緊張がありましたが、カウンセラーの方が丁寧に教…

    2020/10/01

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?