「残業なし」の仕事に転職するには?正社員で土日休みも実現できる?

「残業なし」の仕事に転職するには?正社員で土日休みも実現できる?の画像

この記事のまとめ

  • 残業なしの転職先もあるが、見つけるのは難しいのが現実
  • ノー残業デーや成果型などの制度を導入している会社への転職がおすすめ
  • 転職の面接で残業なしかを聞くのは、できれば避けたほうが良い
  • 転職で残業なしの仕事を探すなら「業務量」「仕組み化」「シフト制」を焦点にする

「転職先は残業なしで土日休みの職場が良い…」と労働環境面を重視する方は多くいます。しかし、「100%残業がない」と言い切れる求人はそれほど多くありません。残業なし・土日休みの求人はどうやって探せば良いのでしょうか。このコラムでは、「残業なし」の求人の探し方をはじめ、多様な勤務スタイルや面接で待遇面について質問したいときの対処法などをまとめています。転職を検討中の方はぜひご覧ください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

正社員で「残業なし」の転職先はある?

正社員でも「残業なし」の職場はありますが、求人数は少ない傾向にあります。また、「残業なし」を基本とする会社でも、すべての労働日が残業なしの対象にはならない場合も。転職活動をする際は、それらの事情を念頭に置いて仕事を探したほうが良いでしょう。

「残業なし」の会社は存在するが割合的に少ない

「残業なし」を謳う会社は存在するものの、求人の割合からすると少数です。業界や職種によるところも大きく、志望業界・職種を絞っている人はさらに見つけるのが困難になります。また、基本的には残業がなくても、繁忙期に一時的な残業が発生するという職場も。「100%残業なし」だけを基準に転職活動を進めるのは難しいといえるでしょう
ただし、近年は勤務のスタイルが多様化し、プライベートを重視する意識が根付きつつあります。自分の能力次第では、残業がある会社でも、職場の環境改善や仕事に意欲的に取り組むことで、残業なしにできる可能性もゼロではありません。残業なしの仕事に転職したい方は、すべてを人や環境のせいにするのではなく、「自分でできることがないか」を探していく姿勢も大切です。
「残業なし」を目指しているなら、「定時で仕事を終えて、早く帰れる人になる方法」もぜひご参照ください。

働き方の制度を設けている会社を探すのがおすすめ

どうしても「残業なし」が気になる場合は、ノー残業デーやフレックス、インセンティブ制度といった働き方の制度を設けている会社へ転職するのも良いでしょう

ノー残業デー

ノー残業デーとは、可能な限り従業員が定時で上がれるよう推奨する取り組みのこと。「水曜日はノー残業デー(残業なし)」と曜日を決めて実施することが多いようです。ノー残業デー以外の日は残業がある可能性はありますが、残業時間を減らしていこうとする意識が高い職場と判断できます。
ノー残業デーを設けている会社への転職に興味がある方は、「あったら嬉しい!ノー残業デーのメリット」もご参照ください。

フレックスタイム

フレックスタイムとは、日々の労働時間や出勤・退勤の時間を社員が自己決定できる制度のことです。労働者の価値観や生活スタイルに柔軟に対応できるだけでなく、社員一人ひとりが自ら時間配分を決めて働くため業務が効率化され、人によっては残業を少なくできます。「残業なし」にするのは難しくても、「残業時間の短縮化」が見込める転職先の一つとして検討するのもおすすめです。

成果型

残業なしの職場に就職したい方は、転職活動で成果や実力による評価制度が整った企業を探すと良いでしょう。
残業をする人の中には、自分の業務の目処はついているが、上司や同僚が残っているため帰りづらく「付き合い残業」をしているという場合も。残業時間の長さが仕事への熱心さと捉えられる職場には、定時退社をしづらい雰囲気があります。
仕事をした「時間」ではなく、どんな「成果」を挙げたのかという点を見てくれる企業であれば、評価のために残業したり、人に付き合って残業したりという事態は避けられるはずです。

「残業なしor少なめ」の転職先を探す3つのポイント

転職活動で残業なし、もしくは残業少なめの仕事を探す際は、「業務の定量化がされているか」「業務の仕組み化がされているか」「シフト制であるか」などに着目すると良いでしょう。

1.業務量がある程度決まっている

一日あたりの業務量が決まっていれば、イレギュラーやトラブル対応がない限り残業が発生することは少ないでしょう。そのため、残業なしの転職先を選ぶ際の指標になり得ます。月末や決算期、その業界・職種の繁忙期などで残業が発生する可能性はありますが、事前にどれくらいの残業時間・日数になるかも予測しやすいはずです。

2.業務が仕組み化されている

業務の仕組み化とは、業務のやり方やスケジュールなどをあらかじめ定めておくこと。マニュアルは業務仕組み化の基礎で、「いつ」「誰が」行っても「同等の成果をあげられる」というものです。仕組み化に意欲的な会社は生産性を重視する面もあり、不要な残業を良しとしない傾向があります。なかには、定時になるとパソコンがシャットダウンするシステムを取り入れている会社もあるようです。

3.シフト制の勤務である

シフト制の場合、自分の勤務時間終了とともに次の担当者と入れ替わります。交代時に残っている仕事がある場合、残業して処理してから上がらなければならないところがある一方、そのまま次の人に引き継いでOKとしているところも。どちらを基本としているかは会社によって違うものの、シフト制は残業が発生する可能性は低いといえるでしょう。
ただし、シフト制を導入している会社・職種では、営業時間が24時間365日か、それと同等の勤務形態であるところが多め。転職を検討する場合は、残業なしでも、夜勤や土日出勤がある可能性を念頭に置いておく必要があります。

残業が多くなりやすい仕事の特徴は?

残業が多くなりやすい仕事の特徴としては、「作業完了の目安が明確でない」「一人あたりの業務量が多い」などが挙げられます。「残業の多い仕事の問題点と、転職を考える際の注意点」では、残業が多くなりがちな職種や残業が多くなるリスクについて解説しているので、転職活動をする際の参考にしてみてください。

土日休みで「残業なしor少なめ」の職種3選

土日休みで残業なし、または残業が少ない正社員の仕事は、事務職やBtoBのルート営業、工場関係の職種が挙げられます。

1.事務職

イレギュラーな仕事が発生しづらい事務職は、残業が少ない傾向にあるため、「残業なし」の転職先を探している方に向いています。厚生労働省の「我が国における時間外労働の現状(14p)」をみると、1週間あたりの労働時間が43時間に満たない雇用者の割合が最も多い職種が「事務従事者」です。
業務内容によっては来客対応や営業のサポートなどで変動することはありますが、事務の基本的な仕事は業務が定量化されていることが多め。顧客に直接関わる機会も少なく、土日に出勤して行わなければならない作業もあまりないといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
第1回仕事と生活の調和のための時間外労働規制に関する検討会 配布資料

2.BtoB営業

BtoBとは、「Business to Business」の略で、企業間で取り引きを行うことを指します。BtoB営業は顧客の営業時間内で営業を行うため、残業や土日出勤はほとんどありません。なかには直行直帰OKの会社もあり、残業なしの仕事に転職したい方におすすめです。

3.工場関係

工場関連の仕事も、残業なしまたは残業少なめの傾向にあります。工場は土日祝日を休日に設定していることが多いです。1日や月あたりの生産管理も徹底されており、無理のない納品スケジュールを組むことも。また、定時になると工場全体の電源を落とし、従業員が残業しないよう努めているところもあります。
転職活動で「残業なし」の仕事を探している方は、「残業が少ない仕事はある?」もあわせてご覧ください。

シフト制で「残業なしor少なめ」の職種

シフト制で残業なし、または残業が少ない正社員の仕事には、販売職や清掃スタッフがあります。シフト制の仕事は、自分の都合に合わせた勤務日程が組みやすい反面、土日出勤となる場合が多いでしょう。

販売職

販売職も、残業が少ない仕事の一つとして挙げられます。販売職は、シフト制勤務が主なため、シフトで決められた時間以外は基本的に働く必要がありません。また、お客さまを直接相手にする職種のため、店舗の営業時間内における仕事がメインとなります。ただし、繁忙期であれば、裏方作業や開店準備などが増え、残業が発生する可能性はあるでしょう。「残業なし」の転職先を求めている方は、その点も踏まえたうえで検討することが大切です。

清掃スタッフ

清掃の仕事は、基本的に作業ができる時間が限られます。なぜなら、作業が長時間に及ぶと、お客さまの利用に影響をきたす可能性があるからです。そのため、何時から何時までと言う形で時間を決めて作業をする場合が多く、残業なしまたは残業少なめで仕事をあがれる可能性が高いでしょう。清掃施設の都合に合わせて勤務日程を組む必要がある仕事の場合、シフト制で土日出勤もあり得ます。

転職活動の面接で「残業なし」について聞くのはOK?

「残業なし」かどうかを面接で聞くことはできますが、状況によって面接官にマイナスイメージを与えるため、伝え方やタイミングに注意する必要があります。

転職活動で残業について問うのは基本的に避けよう

「働くうえで△△は譲れない」といった強い希望がある場合を除き、こちらから「残業なし」かどうかを質問するのは避けたほうが無難です。残業に限らず、面接で実際の待遇面に関する質問をすると、「待遇ばかり重視して、働く意欲が低い」と評価される恐れがあります。
内定後に質問するのは失礼ではないので、残業について気になる方は内定連絡が来たときに尋ねましょう。ただし、内定承諾後に内定を取り消すのは会社に迷惑が掛かります。疑問や不安があれば内定を承諾する前に質問し、よく検討してから就職の決断をしましょう。

残業に関する質問はタイミングや伝え方を工夫しよう

もし残業や待遇面が転職の軸で、面接中に聞いておきたい場合は、最終面接時に聞くのがおすすめです。家族の介護をしている、勤務地が自宅から遠いといった理由で残業が難しいときも、面接で伝えておくと入社後のトラブルを避けられます。
質問する際は、「今の会社では月△時間ほど残業していますが、御社では何時間くらい許されていますか?」「同じくらいの時間と考えても良いですか?」など、残業に対応する意思が伝わる質問を意識しましょう。「残業は何時間ですか?」「残業なしで働けますか?」と単刀直入に尋ねると、面接官によっては「この人は少しも残業をしたくないのでは?」と受け取られ、不採用につながる可能性があります。

「残業なし」の会社に転職して困る場合はある?

極端に長い残業時間は心身の負担になるものの、「収入を増やしたい」「仕事にやりがいがある」「スキルアップしたい」といった理由から、残業がないと困るという人も一定数存在するようです。

高い給与を得るために残業代が欲しい場合

何らかの事情で収入を増やしたいと考えている方は、残業で収入額を賄っていることがあります。なかには残業がなくなったり減ったりすると、生活を維持できなくなるという人も。「収入を増やしたい」という希望に加え、本当に仕事でやることがあり残業しているのであれば問題はないでしょう。しかし、不要・不当な残業を続けている場合は、残業なしでも生活できる収入を得られる会社に転職を考えたほうが良いといえます。

仕事にやりがいを感じている場合

「仕事が好き」「やりがいがある」と感じている人の中には、プライベートよりも仕事が楽しいと考える方も多いようです。いわゆる「仕事が趣味」という状態で、残業をしてでも仕事をしていたいと考えます。また、「家に帰っても特にやることがない」といった人も残業していきたいと考えるようです。

仕事のスキルアップにつながっている場合

一般的に勤務時間内では、与えられた仕事をまっとうすることが最優先とされるでしょう。そのため、「スキルアップをしたい」「ミスを少なくしたい」など仕事に対する意欲が高い人は、定時後に残って努力したいと思うことがあります。しかし、残業なしの職場では、たとえ社員が残業代のつかない状態で残っていたとしても、「早く帰宅してほしい」と思われることがあるようです。
「残業なし」の仕事に転職するか迷っている方は、「残業が少ない仕事のメリットとは?」もぜひ参考材料にしてください。

残業を含め、自分がどんな点を重視して仕事探しをするのか、しっかりと方針を決めたうえで転職活動のスタートを切りましょう。
「残業なしの仕事ってある?」「辞めても転職がうまくいくか自信がない…」と不安や悩みを抱えている方は、ハタラクティブを利用してみませんか?
就職・転職エージェントのハタラクティブでは、プロの就活アドバイザーがあなたの要望や適性を踏まえた正社員求人をご紹介。その会社で働くメリット・デメリットについてもお伝えし、あなたが本当に働きたいと思える企業との出会いをサポートいたします。サービスの利用はすべて無料です。転職活動を考えている方は、ぜひハタラクティブまでご相談ください。

「残業なし」の会社へ転職したい人によくあるQ&A

最後に、「残業なし」の会社へ転職をしたいという人によくある質問にQ&A方式で回答していきます。

「残業なし」で土日休みの仕事を教えてください

「土日休み」「100%残業なし」の正社員求人は少ない傾向にあり、仕事を見つけるのは難しい可能性があります。そのなかでも、残業なしもしくは残業が少なめの職種としては、「事務職」や「BtoB営業職」などが挙げられるでしょう。詳しくは、このコラムの「土日休みで「残業なしor少なめ」の職種3選」をご参照ください。

40代で「残業なし」の会社へ転職できますか?

転職活動のやり方次第では、残業の少ない会社への転職は可能です。40代でキャリアを形成し、経験やスキルを身につけているのであれば、転職先でも重宝される可能性があるでしょう。自己分析や企業研究などの作業を徹底し、採用選考で自分の強みをしっかりとアピールすることが重要です。転職活動を成功させる秘訣は、「転職がうまくいくようにするには?企業選びのコツもあわせて紹介」を参考にしてください。

看護師で「残業なし」の職場はありますか?

勤務する医療施設の仕事内容によっては、「残業なし」の場合もあるでしょう。看護師といっても、必ずしも病院勤務というわけではありません。健診センターやクリニックなど、看護師の勤務場所や働き方は多岐に渡ります。そのため、残業なしもしくは残業の少ない職場を見つけることは可能といえるでしょう。残業なしの職場を見つけるコツは、このコラムの「「残業なしor少なめ」の転職先を探す3つのポイント」で解説しています。

面接で「残業なし」かどうかを聞いてもいい?

やむを得ない事情で残業できない場合以外は、面接で「残業なし」かどうかを聞くのは控えたほうが無難でしょう。面接で待遇面に関する質問ばかりすると、面接官に「仕事に対する意欲に欠ける人なのでは?」と懸念されるリスクがあります。このコラムの「転職活動の面接で「残業なし」について聞くのはOK?」で説明したとおり、どうしても気になるのであれば、内定の連絡をもらった際に質問する、質問の仕方を工夫するといった対応がおすすめです。 ハタラクティブでは、就活アドバイザーが疑問点や不安を応募先企業に代わりに聞くサポートも行っています。転職活動を検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

関連タグ