ヒューマンスキルとは?具体例や身につける方法を解説

ヒューマンスキルとは?具体例や身につける方法を解説の画像

この記事のまとめ

  • ヒューマンスキルとは、他人との良好な関係を築き維持するための能力のこと
  • ヒューマンスキルは、仕事で必要とされる3つのスキルのうちの1つでもある
  • ヒューマンスキルを習得するためには、コミュニケーション力を養うことが大切
  • 専門書との出会いがヒューマンスキルのアップに繋がることもある
  • ヒューマンスキルは自己アピールとして、就職や転職活動時にも活かせる

「ヒューマンスキル」という言葉を聞いたことはあっても、具体的にどのような能力なのか知らない方も多いのではないでしょうか。ヒューマンスキルとは、他人と良好な関係を築き維持する「対人関係能力」のこと。仕事で必要とされる能力の一つとして、採用時にも重視される傾向にあります。このコラムでは、ヒューマンスキルの意味や種類、身につける方法などを解説。就職・転職活動中の方は参考にしてみてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ヒューマンスキルとは

ヒューマンスキルとは、他人と良好な関係を築き、維持するための「対人関係能力」のこと。どの業界でも求められるスキルであり、社会人として身につけておくべき能力でもあります。このスキルを提唱したのは、アメリカの経済学者ロバート・カッツ氏。主に、「マネージャーに必要なスキル」について研究していたとされています。その研究の中で3つに分類されたのが「テクニカルスキル」「ヒューマンスキル」「コンセプチュアルスキル」。これらの理論は「カッツモデル(カッツ理論)」として知られています。テクニカルスキルは、専門知識や業務に関する処理能力のこと。コンセプチュアルスキルは、論理的思考力や問題解決力を意味しています。

コンセプチュアルスキルも高めておくと安心

上述した3つのスキルは、すべてが仕事をするうえで重視されている能力です。なかでも問題を解決に導くための能力であるコンセプチュアルスキルは、仕事で問題が発生したときに備え、高めておくと安心とされています。「問題解決能力を高めたい!ロジカルな考え方で課題を解く方法とは」では、論理的思考力や問題解決力を高める方法を紹介。スキルを身につけるメリットなども解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

ヒューマンスキルの具体例

上述した3つのスキルの中でも、ヒューマンスキルはどんな仕事にも適応するとされています。では、具体的にどのようなスキルなのでしょうか。以下にて解説していきます。

幅広いスキル

ヒューマンスキルには、対人関係に関するさまざまな能力があります。例を挙げてみましょう。

・ヒアリング:相手の話に耳を傾けて、きちんと理解できる能力
・ネゴシエーション:合意や協定などを目的とした話し合いを成功させるためのスキル
・プレゼンテーション:推したいテーマや企画を魅力的に説明する技法
・ロジカルシンキング:論理的思考の下で、物事を考えることができるスキル
・コーチング:相手との対話を積み重ねて、自ら考えること、自ら行動に移して成長することを実現させるスキル
・リーダーシップ:人の上に立ち、ほかのメンバーやチームをまとめて率いることができる
・ビジネスマナー:身だしなみ、挨拶、態度、言葉遣い、表情などの基本的なマナーが身についている

上記のスキルを身につけておくと、仕事はもちろん就職・転職活動の際にも役立ちます。スキルについてさらに詳しく知りたい方は「転職に必要なヒューマンスキル!一緒に働きたい人とは?」でも、良好な人間関係を築く方法などについて解説しています。ぜひチェックして、「一緒に働きたい」と思われる人を目指しましょう。

ヒューマンスキルを身につけるには?

対人関係に関する能力は、勉強をしてすぐに身につくものではありません。研修や講習に参加したり、専門の本を読んだり、日常的な行動を意識したりすることからステップアップしていきます。以下で、さまざまな能力を身につける方法を紹介していきましょう。

コミュニケーション力を養おう

まずは、対人との関係性が大切です。相手の話をよく聞く、しっかりと理解する、信頼関係を築く、コミュニケーションをきちんと取るなどを意識し、人と接する上で必要な能力を養いましょう。また、研修や講習会へ積極的に参加して、コミュニケーション力を身につけるのも1つの方法です。対人関係の基礎が身についたら、次は自分の意見を相手に主張できるように、交渉力や提案力を身につけていきます。その際は、自分の意見を明確に伝えるようにしましょう。意見を述べたあとは、周囲の人の意見に耳を傾けることが大切です。ヒアリングで培った経験をもとに、お互いが納得のいく結論へと辿りつくことができるでしょう。コミュニケーション能力を高める方法についてさらに詳しく知りたい方は「コミュニケーション能力を鍛えるには?具体的な方法をご紹介」でも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

専門書を読む

ヒューマンスキルに関する書籍には、ヒューマンスキルの入門本や、言いたいことが伝わるように話せる方法が書かれたもの、人に伝えるための実践法など、さまざまなものがあります。自分に合った本を読んでみてはいかがでしょうか。身につけた知識は、必ず自分の役に立つはずです。

ヒューマンスキルをさらに高めたい場合

今よりワンランク上のヒューマンスキルを身につけたいときは、プロの講師が開催している講座や、ヒューマンスキルマスターを育てる企業研修を受講してみると良いでしょう。研修や講座で学んだことを、日常の社会生活の中で意識しながら行動に移せると、さらなる飛躍が期待できるかもしれません。なかでも高めると良いとされるスキルは、上の立場に立ったときに必要なリーダーシップ力。リーダーシップはビジネスの場において、必要不可欠なスキルでもあります。リーダーに必要なことは、チームをまとめる力と自分自身の能力を高めるための向上心を持つことです。リーダーシップを意識できる場に参加して、意欲を高めてみましょう。

就職活動や転職活動でヒューマンスキルをアピールするには?

就職・転職活動時に、ヒューマンスキルをアピールするには、実際に経験したことや体験談を話すと良いでしょう。たとえば、学生時代にリーダーになってグループをまとめた経験談や、周囲の人たちとの関わり方、成果をあげたときの周りからの評価、積極的に行動したことなどです。ヒューマンスキルと結びつくような出来事を伝えると好印象に繋がる可能性があります。

自分の話を相手に分かりやすく伝えるのもヒューマンスキルの一つです。人事担当者との会話がしっかり樹立していると、採用される可能性も高まります。自己PR作成のアドバイス「面接時にアピールしたい出来事はあるけど、上手く話せるか不安」という人は、プロの就活アドバイザーに相談してみませんか?
ハタラクティブでは、就活に励んでいる人へ向けた支援サービスを実施。求人別に、ヒューマンスキルやプレゼンテーションスキルの習得方法もお教えいたします。履歴書の書き方や自己PR作成のアドバイスも行っていますので、お気軽にご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて

こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

この記事に関連するタグ