飲食業界での転職者が多い理由と、転職成功のポイント

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 飲食業界での転職者が多い理由と、転職成功のポイント

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・飲食業界の離職率が高いのは、労働時間が長い、体力的にキツい、休日が少ない、キャリアプランが描きづらいなどの理由が考えられる

    ・他職種に転職するには、飲食業で培った経験・スキルをきちんと理解しておこう

    ・それらのスキル・経験を活かせる職種を絞って転職活動をするのが成功するポイント

    ・飲食業から他職種へ転職するならハタラクティブを使ってみよう

さまざまな産業の中でも、飲食業界は離職率が高いという印象を持っている人は多いのではないでしょうか。厚生労働省の調べによると、2015年における宿泊業と飲食サービス業を合わせた離職率は28.6%。産業別でトップの数字です。なぜ、飲食業界ではこれほど仕事を辞める人が多いのでしょうか。その理由と他業種への転職を目指す際に成功率を高めるポイントについて説明をしていきます。

 

◆長時間労働や将来への不安が転職のきっかけとなりやすい飲食業界

先に情報を記したように、産業別での離職率は宿泊・飲食サービス業が28.6%でトップとなっています。

 

なぜ、このような高い離職率となってしまうのか、理由を探っていきましょう。

 

参照元:「厚生労働省(平成27年雇用動向調査結果の概況)11ページ」 

http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/16-2/dl/gaikyou.pdf

 

◇労働時間が長い

飲食業からの転職者が多い傾向がある理由としては、まず労働時間の長さが挙げられるのではないでしょうか。

飲食店の場合、朝から夜までの営業時間を交代制で回す店舗が多い上、開店準備と閉店作業にも時間がかかります。

シフト制を導入している店舗が多いとはいえ、正社員がメインとなって仕事をするのが基本のため、長時間労働になりがちです。


さらに、アルバイトが急に休んで人数が足りなくなった時は、社員が埋めることになるケースが多いでしょう。

そうなると、さらに勤務時間は増えてしまいます。

 

基本的に立ち仕事のため、体力的にも長時間労働をつらく感じる人は少なくないでしょう。

 

◇休日が少ない

年中無休で営業している飲食店では、通常、スタッフ全員で一斉に休むことできません。

基本的に毎日一定数のスタッフが出勤して店を回さなければならないからです。


そのため、慢性的に人手不足になっている店や、試験期間中や夏季・冬季休暇などでアルバイトの休み希望が重なりやすい時期では、社員が休みを減らして出勤する姿が見られます。

中には週休2日どころか、週に1度の休みもままならないという場合もあるようです。

また、土日祝日や一般的な夏季・冬期休暇の時期は飲食店では繁忙期なため、社員が率先して出勤しなければならない傾向も。

自身の子どもの園・学校行事に参加しづらいというデメリットもあります。

 

◇将来のキャリアプランが描きづらい

これらの例の負担が転職を考える人が多い主な理由だと考えられますが、その他にも、将来への不安という点も見逃せないでしょう。

飲食業の仕事は基本的にルーティンワーク中心の場合が多いです。 
スキルアップをしようと思っても限界があり、将来に向けてのキャリアプランがなかなか描けないというケースも。

 

そのため、飲食業から離れ、将来の選択肢をもっと増やせる仕事に就きたいと思う人が多いのだと考えられます。 

◆他業種への転職を成功させるためのポイント

飲食業は長年働き続けても、一定以上、または他の職種で活かせるスキルを積みにくいため、他業種への転職は厳しいと考えてしまう人が多いようです。
しかし、最初から転職は難しいと決めつけずに転職準備を行えば充分可能性はあります。

ここでは、転職を成功させるためのチェックポイントをまとめてみました。参考にしてみてください。

 

◇培ってきた経験を冷静に考えてみよう

転職活動では、飲食業で培われた「仕事への細やかさ」「コミュニケーションスキル」「状況判断力」などさまざまな面が評価されます。

 

飲食店で働いた経験のある人であれば、「元々はそこまで気が利かなかったけど、徐々に、人が快適で幸せになれる空間作りに気が回るようになった」「丁寧な仕事をすると、人に喜んでもらえることが理解できた」「積極的に誰とでも自然な会話ができるようになった」「トラブル・イレギュラー発生時に、どのような行動をとるのが的確か判断できるようになった」など、過去の自分と比較して成長を実感できることが豊富にあるのではないでしょうか。

 

これらは全て、他職種でも求められるスキル・経験です。

自信をもってアピールできるようにしておきましょう。

 

◇これらの経験を活かせる職種を絞る

他職種でも通用するスキル・経験といっても、全ての仕事で求められるわけではありません。

ある程度、これらを活かせるような繊細な作業が必要な仕事や、人と関わる機会がある職種、企業が求める人材の傾向などを調べた上で転職活動を行った方が、成功する可能性は高まります。

 

例えば、営業職やアパレル販売などはコミュニケーションスキルや、顧客ニーズを把握するといった点で経験が活かせ、相性が良い職種と言えるでしょう。

さらに、リーダーの経験があればマネージメント能力を、売上管理や分析の経験があればデータ管理に強い面をアピールできる職種を選ぶのも良いかもしれません。

その他にも、食材の知識を活かせば食品メーカーにも挑戦できるでしょう。

いずれにせよ、飲食業界から他業種を目指す際は、自己分析を行って自分の強みを深堀し、志望企業に対してアピールできる点をピックアップしておくことが大切といえます。

◆転職を検討している方にはハタラクティブがおすすめ

もし、飲食業から離れ、別の仕事に就きたいと考えているのであればハタラクティブを利用してみてはいかがでしょうか。

 

ハタラクティブは若年層に特化した就職支援を行っており、常に1,000件以上の求人を用意しています。 
しかも、その中には未経験者歓迎の求人も数多く含まれているため、他業種への転職を考えている方にも有望な転職先のご紹介も可能です。

 

また、経験豊かな就活アドバイザーが相談者の長所や適性を引き出した上で1人ひとりにマッチした仕事を紹介しているので、どんな仕事を選ぶべきか悩んでいる方も安心です。


その上、書類作成のアドバイスや面接対策などにも力を入れており、その結果が内定率約80.4%(2015年7月)という高い数字にもつながっています。

サービスはすべて無料ですので、まずはお気軽にご相談ください!

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

フリーター就職のコツまるわかりガイド

生活のぷちコラム

お悩み相談室

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ