1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 清掃員として正社員を目指すなら?仕事内容やメリットをご紹介

清掃員として正社員を目指すなら?仕事内容やメリットをご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・清掃員には清掃作業員やビル清掃員などさまざまな種類がある
    ・清掃員の正社員は未経験から始めやすく、入社後に知識やスキルを磨ける
    ・清掃員の正社員はやや平均年収が低く、体力面で厳しさを感じることもある
    ・清掃員が活かせる資格は多く、正社員のキャリアアップにも有効
    ・清掃員の正社員を採用する面接では忍耐力やコミュニケーション力などがチェックされる

清掃員として正社員を目指すなら?仕事内容やメリットをご紹介の画像


清掃員として就職を考えているものの、業務が厳しくないか、キャリアアップできるのか不安に感じている方もいるのではないでしょうか?
このコラムでは、清掃員の仕事内容や正社員になるメリット・デメリットなどをご紹介します。厳しさを感じる一方、やりがいや魅力も見つけられるでしょう。また、清掃の技術を磨けばキャリアアップすることも十分可能です。正社員の清掃員になるために有効な資格についても解説します。

 

監修者:佐藤真也

キャリアコンサルタント

やりたいことやできることを一緒に考えて、ライフスタイルやご希望にマッチする仕事探しをお手伝いします!

 

清掃員の仕事内容は?

私たちも日常的に行っている「清掃」。清掃員はその清掃のプロフェッショナルとして、さまざまな場所を衛生的に保つ仕事をしています。一般人が自宅で行う清掃とは違い、専門知識や技術を駆使して誰もが快適に過ごせる環境の提供を、決められた時間内に行うのです。
一口に清掃員といっても、就職する会社の事業内容によって清掃する場所や役割はさまざまです。ここでは代表的な清掃の仕事についてご紹介します。それぞれやりがいや身につく技術も異なるので、以下を参考に自分がどんな清掃員になりたいのかイメージしてみましょう。

 

清掃業務員

清掃作業員は主に、人々が日常生活の中で出すごみを回収する仕事をしています。また、店舗・工場などから出る廃棄物の処理や動物の死体処理、道路・歩道の清掃を行うこともあり、町の衛生と美観を守る重要なポジションです。重いごみ袋を持ったり、次のごみ収集所まで走ったりすることが多いため体力が問われるでしょう。
清掃業務員になるには2つの方法があります。1つは各自治体の公務員として就職する方法。公務員採用試験を受ける必要がありますが、「最低限の学力を確認するため」として通常より難易度を下げている自治体や、面接を重視し筆記試験を免除している自治体もあるようです。
もう1つの方法は、民間の委託業者に就職すること。近年、清掃業務を委託する自治会が増えており、公務員の求人が少なく倍率が高い場合は民間企業への就職を狙った方が内定率が上がるでしょう。

ビル清掃員

オフィスビルや商業施設などを清掃する仕事を担うのがビル清掃員です。主に室内クリーニングと室外クリーニングに分かれ、前者では壁や床、ドア、トイレなどの清掃、後者では外壁や窓ガラス、屋上、建物周辺の清掃を行います。施設利用者の妨げにならないよう迅速に、かつ質の良い清掃ができるよう効率性が重視される職場が多いようです。また、清掃する場所の規模によっては複数名で業務にあたるので、チームワーク力やコミュニケーション力を求められることもあるでしょう。
パートで活躍する人も多く、未経験者も始めやすい仕事ではありますが、「ビルクリーニング技能士」という国家検定も存在しており、極めれば極めるほど活躍の場が広がる仕事の一つです。

特殊清掃員

特殊清掃員とは、孤独死や自殺などで亡くなった方の部屋を清掃し、原状回復する業務を行うスタッフのこと。室内に染み付いた血液や体液の除去、害虫駆除、消臭・滅菌など、作業内容は他の清掃の仕事に比べると名前のとおり「特殊」で、より専門知識やスキルが必要となります。また、遺品整理作業や供養も行うため、故人への敬意や冥福を祈る心も忘れてはいけません。近年ニーズが高まっており、メディアでも紹介される機会が増えた職種ですが、体力面と精神面の強さを求められます。やりがいは大きいものの、現場の過酷さを覚悟した人でなければ長続きしないでしょう。


上記以外にも、工場や病院、ホテルの客室、空港、電車・新幹線など、清掃員が活躍する現場は多岐にわたります。

 

清掃員の一般的な就業条件

清掃員の一般的な就業条件の画像

清掃員は一般的にどのような就業条件で働いているのでしょうか。ここでは正社員の清掃員の平均年収、おおよその勤務時間・休日についてご紹介します。

平均年収

厚生労働省が発表した「令和元年賃金構造基本統計調査」の結果によると、ビル清掃員の正社員の平均月給、平均年間賞与は以下のとおりです。


・男性の平均月給:22万6900円
・女性の平均月給:17万7600円
・男性の平均年間賞与:21万6800円
・女性の平均年間賞与:13万2100円

この調査結果から算出すると、ビル清掃員男性の平均年収は293万9600円、女性の平均年収は226万3300円となります。ただし、就職する企業や地域によって給与は大きく異なり、また、これはあくまでも「ビル清掃員」の平均年収です。案件数の多い関東地方の企業に就職したり、特殊清掃を行ったりすると平均より高い年収が得られる傾向があります。

 

勤務時間・休日

清掃員の勤務時間は、企業や作業を行う場所によりますが、実働8時間の場合は7時~16時、8時~17時というように比較的朝の早い時間帯に始業する傾向があります。それに伴い退社時間も早く、特に清掃作業員はごみ収集や収集車の整備を行った後は定時で退社できることが多いようです。
また、ビルや施設の休館日、ごみの収集日などに合わせて完全週休2日制を取っている企業が多く見られるのも特徴。プライベートをしっかり確保しながら働きたい方に向いているといえるでしょう。
ただし、施設の利用者や通行人が少ない時間を狙って清掃するために勤務時間を深夜帯に設定している企業もあります。夜勤をしたくないという方は、あらかじめ作業内容や勤務時間をよく確認しましょう。


参照元
令和元年賃金構造基本統計調査
一般労働者 職種

 

清掃員として正社員になるメリット・デメリット

ここでは、清掃員として正社員になるメリット・デメリットをご紹介します。どちらも事前に理解しておき、就職後にミスマッチが起きないようにしましょう。

メリット

清掃員として正社員になるメリットは以下の4点です。

未経験者歓迎の求人が多い

清掃作業にはさまざまなスキルや知識が必要ですが、入社時点でそれを求められることはほとんどなく、未経験者を歓迎している求人が多い傾向があります。初めて正社員として就職する方、職歴や社会人経験に自信のない方にも挑戦しやすい仕事といえるでしょう。

接客が苦手な人にもおすすめ

日ごろ多くの人と対話する機会のある接客業や営業職に比べ、清掃業は黙々と作業に取り組める傾向があります。人と接するのが苦手な方、作業に集中し効率的に仕事を進めたい方には適した仕事といえるでしょう。ただし、現場によっては複数名で作業を進めるので、チームワークを円滑に進めるためのコミュニケーションは欠かせません。

清掃の知識とスキルが身につく

清掃員は「清掃のプロフェッショナル」。はじめは覚えることが多く苦労する可能性もありますが、コツコツ経験と学習を積めば、頑固な汚れでもキレイに落とせる知識とスキルを身に付けることができるはずです。
人が生活している限りゴミや汚れは必ず発生するもの。そのため、清掃員の需要がなくなることは考えにくいでしょう。豊富な知識とスキルを身に付ければより多くの現場で必要とされ、また長期にわたって安定して活躍できるでしょう。

清潔な環境のために必要不可欠なやりがいある仕事

清掃員のやりがいは何といっても、自分の手によって汚れた場所をきれいにできた時や、清潔な状態を保てている時に感じる達成感でしょう。また、地域住民や施設の利用者、ビルのオーナーなどから感謝の言葉をかけられることもあるかもしれません。
目立つ機会は少ないけれど、衛生的な環境を守るために必要不可欠な縁の下の力持ち…そのような仕事をしてみたい方にはおすすめの職種です。

デメリット

清掃員として正社員になるデメリットは以下の3点です。

やや平均給与が低い

すべての企業が該当するわけではありませんが、一般的に清掃員の給与は社会全体の平均給与と比較するとやや低い傾向にあります。とにかく給与を上げたい、インセンティブや手当をたくさんもらいたいという方にとっては向かないでしょう。

体力を使うこともある

清掃業務員をはじめ、清掃員の仕事の中には体力が問われるものも数多く存在します。重いごみや掃除用具を持ったり、腰をかがめて作業したりするなど、多くの場面で体に負担を感じるでしょう。冷暖房が使用できない現場では暑さ・寒さとも戦わなければいけません。
体力に自信がない人は、あらかじめ業務内容をよく確認することをおすすめします。

年齢差のあるスタッフとやり取りする場合もある

清掃員の仕事は年齢を問わず始めやすいこと、また、1度就職すると長く働きやすいことから、就業者の平均年齢が高い傾向にあります。厚生労働省の調査によると、清掃員の正社員の平均年齢は男性が51.4歳、女性が58歳。また、短時間労働者は62歳という結果が出ています。
そのため、人によっては自分の両親や祖父母世代のスタッフと作業をする可能性も。年上の人と話すのが苦手だったり、うまく話題を探せなかったりする人はコミュニケーションが取りにくいと感じることもあるでしょう。

正社員の清掃員になるために有効な資格

正社員の清掃員になるために有効な資格の画像

未経験者にも始めやすい清掃員の仕事ですが、正社員を目指すにあたり取得しておくと有利になる資格も多数あります。ここでは清掃業務に活かせる資格を3つご紹介。今後のキャリアアップのためにも試験勉強に取り組んでみるのも良いでしょう。

ビルクリーニング技能検定

ビルクリーニング作業について必要な技能を評価する国家検定です。1級・2級・3級・基礎級の4等級に分かれており、3級は実務経験がなくても受験することが可能です。また、1級を取得すると国家資格「清掃作業監督者」を取得する道がひらけるので、責任者の立場を目指したいという方は受験してみましょう。
学科試験と実技試験に合格する必要があり、その内容は清掃機材の取扱い方やトイレ・床の清掃作業など多岐にわたります。

建築物環境衛生管理技術者

特定建築物(延べ面積3000平方メートル以上、学校は8000メートル以上)の環境衛生管理を担う国家資格で、「ビル管理士」「ビル管」と呼ばれることもあります。講習もしくは試験受験で取得することが可能ですが、講習に参加するには5年以上の実務経験が求められ、また受講時間も101時間にのぼります。試験は実務経験2年以上で受験資格が得られるため、早期に資格取得を目指したい方は受験するのが良いでしょう。
特定建築物に該当する建物・施設の環境衛生管理をするためには、建築物環境衛生管理技術者を配置する必要があります。そのため、興行場や百貨店、図書館や学校など活躍の場が多岐にわたるのです。キャリアアップのチャンスを増やしたい方、将来の転職先の選択肢を増やしたい方は取得を目指しましょう。

清掃作業監督者

「清掃作業監督者」の資格は、現場監督・責任者として清掃作業の工程を管理したり、人員配置やスタッフへの指示を行ったりする際に活用できます。
受験資格が与えられるのは、前述のビルクリーニング技能士の1級、もしくは建築物環境衛生管理技術者を取得した人。2日間の講習と試験で取得でき、合格率はほぼ100%といわれているので、キャリアアップのために挑戦してみて損はないでしょう。


そのほかにも、ハウスクリーニング技能士や病院清掃受託責任者、貯水槽清掃作業監督者、ダクト清掃作業監督者など、清掃する場所に特化した資格や建物の設備に関わる資格があり、種類は多岐にわたります。

 

清掃員の面接でチェックされるポイント

清掃員として正社員を目指すにあたって必ずクリアしなければならないのが面接。ここでは清掃員の面接で採用担当者にチェックされやすいポイントをご紹介します。企業側がどんな人材を求めているのか知り、それに見合った自己PRを行いましょう。

清潔感があるかどうか

清掃員に限らず、面接では第一印象の良さが重要です。上下とも清潔感のあるスーツを着用し、髪型や爪などの身だしなみにも注意して臨みましょう。
会社によっては私服での参加を許可することもあるようですが、その場合はオフィスカジュアルがおすすめ。「私服OK」という言葉をうのみにせず、面接はあくまでもビジネスの場であると考え、目上の人に会っても失礼に当たらない服装を心掛けましょう。

忍耐力や向上心があるか

清掃業はやりがいがある仕事である一方、3K(きつい・汚い・危険)と表現されることもあります。頑固な汚れや臭いに苦労しながらも、清潔な状態を目指してコツコツと作業しなければいけないため、忍耐力が求められるでしょう。また、さまざまな汚れや臭いを除去するためには日々清掃のスキルや知識を磨いていく必要があります。洗剤の種類や効果を覚えたり、作業手順を工夫したりする向上心も清掃員になるために重要な要素です。
粘り強く物事に取り組んだ経験のある人や、勉強することや効率的な作業を追及することが好きな人は面接でアピールしてみましょう。

コミュニケーション力があるか

清掃作業は黙々と取り組むイメージがありますが、意外にコミュニケーションを必要とする場面が多いもの。チームで作業する場合は同僚との連携が欠かせません。また、施設の利用者やビルのオーナー、不動産業者など社外の人とやり取りする可能性もあります。
そのため面接では、一定のコミュニケーション力があることや周囲への気遣いができることをアピールするのが望ましいといえます。黙々と仕事がしたいという方も挨拶や言葉遣いなどには注意し、会話のマナーを備えていることを面接官に示しましょう。

基礎体力があるか

多くの清掃の現場では体力が求められます。重いごみや清掃機材を運んだり、腰をかがめて作業したりするほか、暑さ・寒さに耐えなければいけないこともあるでしょう。そのため、健康面や体力面のアピールは採用担当者に好印象を与えられる可能性があります。
体力に自信がある方は、スポーツの経験や日々行っているトレーニングのことなど具体的なエピソードを盛り込むと、面接官により明確なアピールができます。


「清掃員として正社員を目指したいけれど自分に合った会社が見つからない」「面接に自信がない」という方は、1度ハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブでは未経験者や若年層の方を対象に就職活動を支援しています。丁寧なカウンセリングをもとにあなたに適した求人をご紹介するほか、面接対策や応募書類の添削など就職に関するサポートも無料で行います。
正社員を目指す第一歩として、まずはお気軽にご相談ください。

 

関連キーワード

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

経歴に自信がなくても大丈夫!

マンツーマンの面談を通してあなたにぴったりな仕事を見つけましょう!

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

おすすめ記事

  • image

    既卒から清掃業の正社員になるには?

  • image

    高卒で始める清掃の正社員

  • image

    清掃業界で働くには?業務内容や資格を紹介!志望動機の例文も

  • image

    清掃業に向いてない人とは?意外と知らない業務内容を理解しよう

  • image

    清掃業は大学中退でも正社員になれる?

  • image

    清掃についてのページ

  • image

    清掃の仕事に役立つ資格とはについてのページ

  • image

    正社員で楽な仕事を見つけるには?男性と女性で違う人気の求人も

  • image

    対人ストレスを軽減!人と関わらないお仕事とは?

  • image

    ハウスクリーニングについてのページ

  • image

    ハウスクリーニングの仕事に役立つ資格とはについてのページ

  • image

    マンション管理人の仕事内容!向いている人の特徴と求人の探し方

  • image

    正社員で人と関わらない仕事の求人探し

  • image

    簡単な仕事に就きたい!仕事の選び方とリスクを知ろう

  • image

    楽な仕事徹底解説!自分に合う仕事は?

  • image

    中卒向けの求人とは?

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる