清掃員は正社員で働くときつい?仕事内容やメリットを解説!

清掃員は正社員で働くときつい?仕事内容やメリットを解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・清掃員には清掃業務員やビル清掃員などさまざまな種類がある
  • ・清掃員は未経験から正社員を目指しやすく、入社後に知識やスキルを磨ける
  • ・正社員でも清掃員の平均給与はやや低く、体力面で厳しさを感じることもある
  • ・清掃員のプロフェッショナルになれば将来は独立も可能
  • ・清掃員の正社員を採用する面接では忍耐力やコミュニケーション力がチェックされる

清掃員として就職を考えているものの「正社員になるメリットはあるのか」と悩んでいる人もいるでしょう。長く働くことを前提に考えると将来のキャリアアップも気になるところ。このコラムでは、清掃員の仕事内容や正社員になるメリット・デメリットなどを解説します。清掃員として正社員になることは、厳しさを感じる一方、やりがいや魅力も多いのが特徴。清掃の技術を磨けば将来独立することも可能です。ぜひ参考にしてください。

清掃員(正社員)の仕事内容とは

清掃員(正社員)の仕事は、清掃のプロフェッショナルとして専門知識や技術を駆使し、あらゆる場所を衛生的に保つこと。私たちが普段自宅で行う掃除とは異なります。一口に清掃員といっても、就職する会社の事業内容によって清掃する場所や役割はさまざまですが、多くの人から感謝され達成感の得られる仕事です。

ここでは代表的な清掃の仕事について紹介します。それぞれやりがいや身につく技術も異なるので、以下を参考に「自分がどんな清掃員として正社員を目指すのか」イメージしてみましょう。

清掃業務員の仕事内容

清掃業務員は主に、人々が日常生活の中で出すごみを回収する仕事をしています。また、店舗・工場などから出る廃棄物の処理や動物の死体処理、道路・歩道の清掃を行うこともあり、町の衛生と美観を守る重要なポジションです。重いごみ袋を持ったり、次のごみ収集所まで走ったりすることが多いため体力が問われるでしょう。

清掃業務員になる2つの方法!
1つ目は、各自治体の公務員として就職する方法です。公務員採用試験を受ける必要がありますが、「最低限の学力を確認するため」として通常より難易度を下げている自治体や、面接を重視し筆記試験を免除している自治体もあります。2つ目は、民間の委託業者に就職する方法。最近では清掃業務を委託する自治体が増えています。公務員の求人が少なく倍率が高い場合は民間企業への就職を狙った方が内定を得やすいでしょう。

ビル清掃員の仕事内容

オフィスビルや商業施設などを清掃する仕事を担うのがビル清掃員です。主に室内クリーニングと室外クリーニングに分かれ、前者では壁や床、ドア、トイレなどの清掃、後者では外壁や窓ガラス、屋上、建物周辺の清掃を行います。施設利用者の妨げにならないよう短時間で清掃するため、効率を重視する職場が多いようです。また、清掃する場所の規模によっては複数の清掃員で業務にあたるので、チームワークやコミュニケーション力を求められることもあるでしょう。パートで活躍する人も多く、未経験から正社員を目指すのに最適な仕事ではありますが、「ビルクリーニング技能士」という国家検定も存在しており、極めれば極めるほど活躍の場が広がる仕事の一つです。

特殊清掃員の仕事内容

特殊清掃員とは、孤独死や自殺などで亡くなった方の部屋を清掃し、原状回復する業務を行うスタッフのこと。室内に染み付いた血液や体液の除去、害虫駆除、消臭・滅菌など、作業内容は他の清掃の仕事に比べると名前のとおり「特殊」で、より専門的な知識やスキルが必要です。また、遺品整理作業や供養も行うため、故人への敬意や冥福を祈る心も忘れてはいけません。近年ニーズが高まっており、メディアでも紹介される機会が増えた職種ですが、体力面と精神面の強さを求められます。やりがいは大きいものの、現場の過酷さを覚悟した人でなければ長続きしないでしょう。

ハウスクリーニングの仕事内容

ハウスクリーニングの清掃員は、名前の通り「自宅をキレイに清掃する」業務を担います。清掃する場所は、浴室、キッチン、トイレ、洗面所など居住スペースが中心。特殊な洗剤や機器を使い、普段の掃除では落ちにくい汚れや細かい部分までをキレイにします。共働きなどで忙しい家庭が増え、近年ニーズが増加傾向にあるようです。ハウスクリーニングの分野はフランチャイズ募集も多く、正社員の清掃員として、知識や技術を身につけたあとは「独立・開業」する人も。収入を増やしたいのなら目標にしても良いでしょう。

清掃員(正社員)が活躍する現場は多くある!
工場や病院、ホテルの客室、空港、電車・新幹線など、清掃員が活躍する現場は多岐にわたります。清掃員の仕事は私たちの生活に密着し、必要不可欠な職種といえるでしょう。

清掃員(正社員)の就業条件

ここでは正社員の清掃員の平均年収、おおよその勤務時間・休日について紹介します。清掃員は一般的にどのような就業条件で働いているのか確認しましょう。

清掃員の平均年収

厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査(一般労働者 職種)表1」の結果によると、ビル清掃員の平均月給、平均年間賞与は以下のとおりです。

・男性の平均月給:22万8,900円
・女性の平均月給:18万800円
・男性の平均年間賞与:25万2,900円
・女性の平均年間賞与:14万8,000円

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 

この調査結果から算出すると、ビル清掃員男性の平均年収は299万9,700円、女性の平均年収は231万7,600円です。ただし、就職する企業や地域によって給与は大きく異なり、また、これはあくまでも「ビル清掃員」の平均年収です。案件数の多い関東地方の企業に就職したり、特殊清掃を行ったりすると、平均より高い年収が得られる傾向があります。

清掃員(正社員)の勤務時間

清掃員の勤務時間は、実働8時間の場合7時~16時、8時~17時というように比較的朝の早い時間帯に始業する傾向があります。それに伴い退社時間も早く、特に清掃業務員は定時で退社できることが多いようです。ただし、施設の利用者や通行人が少ない時間を狙って清掃するために勤務時間を深夜帯に設定している企業もあります。夜勤をしたくないという人は、あらかじめ作業内容や勤務時間をよく確認しましょう。

清掃員(正社員)の休日

ビルや施設の休館日、ごみの収集日などに合わせて完全週休2日制を取っている企業が多く見られます。しっかりと休みをとり、プライベートの時間を確保しながら働きたい人に向いている仕事といえるでしょう。

清掃員の勤務体系はさまざま。求人票の確認は丁寧に行うこと
比較的、残業や休日出勤の少ない職種ですが、企業によっては深夜や土日勤務が中心の職場もあります。自分の希望する働き方と勤務形態があっているか、応募前に必ず確認しましょう。

清掃員として正社員で働くメリット

ここでは、清掃員として正社員になるメリットを紹介します。

清掃員は新卒や未経験からスタートできる

清掃員の求人には「未経験者歓迎」が多い傾向にあります。清掃作業にはさまざまなスキルや知識が必要ですが、入社時点でそれらを求められることはほとんどありません。初めて正社員として就職する人や職歴や社会人経験に自信のない人にも挑戦しやすい仕事といえるでしょう。

接客が苦手な人にも清掃員はおすすめ

清掃業は黙々と作業に取り組む時間が多いため、人と接するのが苦手な人、作業に集中し効率的に仕事を進めたい人には適した仕事といえるでしょう。ただし、現場によっては複数名で作業を進めるので、コミュニケーション力は必要になります。

景気に左右されにくい

人が生活している限りゴミや汚れは必ず発生するもの。そのため、清掃員の需要がなくなることは考えにくいでしょう。正社員として豊富な知識とスキルを身に付ければ、より多くの現場で必要とされ、また長期にわたって安定して活躍できるでしょう。

清掃員は中高年になっても活躍できる

清掃員の求人は年齢不問の募集が多く、中高年が活躍できる業界です。正社員として長く働き続けたいと考える人には最適な職場でしょう。

清掃員の経験を積めば将来は独立開業もできる

清掃のプロフェッショナルとして独立することも可能です。清掃員としてコツコツ経験と学習を積めば、頑固な汚れでもキレイに落とせる知識とスキルを身に付けることができます。特にハウスクリーニングの分野では、清掃の技術を武器に独立し高い収入を得ている人もいます。

清掃員(正社員)を目指すのに学歴は関係ない
清掃員の求人では学歴不問のものが多くあり、面接でも学歴以外の部分を問われることが多いようです。清掃員は学歴に関係なく活躍できる仕事ですが、自身の学歴がどうしても気になる人は「高卒で始める清掃の正社員」や「清掃業は大学中退でも正社員になれる?」を一読ください。未経験からスタートできると分かり、安心して応募できるでしょう。

清掃員として正社員で働くデメリット

ここでは、清掃員として正社員になるデメリットを紹介します。

清掃員は体力が問われる場合がある

清掃業務員をはじめ、清掃員の仕事の中には体力が問われるものも数多く存在します。重いごみや掃除用具を持ったり、腰をかがめて作業したりするので多くの場面で体に負担を感じるでしょう。冷暖房が使用できない現場では暑さ・寒さとも戦わなければいけません。体力に自信がない人は、あらかじめ業務内容をよく確認することをおすすめします。

清掃員の平均給与はやや低め

すべての企業が該当するわけではありませんが、一般的に清掃員の給与は社会全体の平均給与と比較するとやや低い傾向にあります。とにかく給与を上げたい、インセンティブや手当をたくさんもらいたいという人には向かないでしょう。

清掃員は年齢差のある同僚とやり取りする必要がある

厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査(一般労働者 職種)表1」によると清掃員の平均年齢は50代と高く、人によっては自分の両親や祖父母世代のスタッフと作業をする可能性もあるでしょう。清掃員の仕事は年齢を問わず始めやすいこと、また、1度就職すると長く働きやすいことから、就業者の平均年齢が高い傾向にあります。そのため、年上の人と話すのが苦手だったり、うまく話題を探せなかったりする人はコミュニケーションが取りにくいと感じることもあるでしょう。

清掃員(正社員)に応募する前に「向き不向き」を確認しよう
清掃員の仕事は、多くの人から感謝され達成感を得られる一方、体力も必要な仕事です。自分が清掃員に向いているか少しでも不安がある人は「清掃業に向いてない人とは?意外と知らない業務内容を理解しよう」も一読ください。清掃員に向いていない人の特徴を細かく解説しています。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査 

正社員の清掃員を目指す人におすすめの資格

未経験者にも始めやすい清掃員の仕事ですが、正社員を目指すにあたり取得しておくと有利になる資格も多数あります。ここでは清掃業務に活かせる資格を3つ紹介。今後のキャリアアップのためにも試験勉強に取り組んでみるのも良いでしょう。

1.ビルクリーニング技能検定

ビルクリーニング作業について必要な技能を評価する国家検定です。1級・2級・3級・基礎級の4等級に分かれており、3級は実務経験がなくても受験することが可能です。また、1級を取得すると国家資格「清掃作業監督者」を取得する道がひらけるので、正社員の清掃員として責任者の立場を目指したいという人は受験してみましょう。学科試験と実技試験に合格する必要があり、その内容は清掃機材の取扱い方やトイレ・床の清掃作業など多岐にわたります。

2.建築物環境衛生管理技術者

特定建築物(延べ面積3000平方メートル以上、学校は8000メートル以上)の環境衛生管理を担う国家資格で、「ビル管理士」「ビル管」と呼ばれることもあります。講習もしくは試験受験で取得することが可能ですが、講習に参加するには5年以上の実務経験が求められ、また受講時間も101時間にのぼります。試験は実務経験2年以上で受験資格が得られるため、早期に資格取得を目指したい人は受験するのが良いでしょう。特定建築物に該当する建物・施設の環境衛生管理をするためには、建築物環境衛生管理技術者を配置する必要があります。そのため、興行場や百貨店、図書館や学校など活躍の場が多岐にわたるのです。清掃員として正社員を目指す人やキャリアアップのチャンスを増やしたい人、将来の転職先の選択肢を増やしたい人は取得を目指しましょう。

3.清掃作業監督者

「清掃作業監督者」の資格は、現場監督・責任者として清掃作業の工程を管理したり、人員配置やスタッフへの指示を行ったりする際に活用できます。受験資格が与えられるのは、前述のビルクリーニング技能士の1級、もしくは建築物環境衛生管理技術者を取得した人。2日間の講習と試験で取得でき、合格率はほぼ100%といわれているので、正社員の清掃員として長く活躍したいという人は挑戦してみても損はないでしょう。

正社員の清掃員になるために役立つ資格は多数
ほかにも、清掃する場所に特化した資格や建物の設備に関わる資格があり、種類は多岐にわたります。「清掃の仕事に役立つ資格とは」でも、いくつかの資格を紹介しているので、「履歴書に書けるような資格を取りたい」と考えている人は、ぜひ、確認ください。興味のある分野からチャレンジしてみると良いでしょう。

清掃員の「正社員採用面接」でチェックされるポイント

ここでは清掃員の面接で採用担当者にチェックされやすいポイントを紹介します。企業側がどんな人材を求めているのかを知り、それに見合った自己PRを行いましょう。

面接での第一印象につながる清潔感があるか

清掃員に限らず、面接では第一印象の良さが重要です。上下とも清潔感のあるスーツを着用し、髪型や爪などの身だしなみにも注意して臨みましょう。会社によっては私服での参加を許可することもあるようですが、その場合はオフィスカジュアルがおすすめ。「私服OK」という言葉を鵜呑みにせず、正社員面接はあくまでもビジネスの場であると考え、目上の人に会っても失礼に当たらない服装を心掛けましょう。

きつい仕事も前向きに頑張れる忍耐力や向上心があるか

清掃業は、頑固な汚れや臭いに苦労しながらも、清潔な状態を目指してコツコツと作業しなければいけないため、忍耐力が求められるでしょう。また、洗剤の種類や効果を覚えたり、作業手順を工夫したりする向上心も正社員の清掃員になるために重要な要素です。粘り強く物事に取り組んだ経験のある人や、勉強することや効率的な作業を追及することが好きな人は面接でアピールしてみましょう。

清掃員として活躍できるだけの基礎体力があるか

多くの清掃の現場では体力が求められます。重いごみや清掃機材を運んだり、腰をかがめて作業したりするほか、暑さ・寒さに耐えなければいけないこともあるでしょう。そのため、健康面や体力面のアピールは採用担当者に好印象を与えます。体力に自信がある人は、スポーツの経験や日々行っているトレーニングなど具体的なエピソードを盛り込むと良いでしょう。

同僚の清掃員とコミュニケーションがとれるか

清掃作業は黙々と取り組むイメージがありますが、意外にコミュニケーションを必要とする場面が多いもの。チームで作業する場合は同僚との連携が欠かせません。また、施設の利用者やビルのオーナー、不動産業者など社外の人とやり取りする可能性も。そのため、正社員面接では、一定のコミュニケーション力があることや周囲への気遣いができることをアピールします。黙々と仕事がしたいという人も挨拶や言葉遣いなどには注意し、会話のマナーを備えていることを面接官に示せると良いでしょう。

これまで、いくつかの面接対策を解説してきましたが、経験が浅い人が上手に対応するには難しいこともあるでしょう。清掃員として正社員を目指しているけれど、就活の経験が浅く自信のない人は、就職エージェントを活用することもおすすめです。就活のサポートとして、面接の練習などもお願いできます。

若年層を対象とする就職・転職エージェント「ハタラクティブ」では、プロの就活アドバイザーが、あなたの転職を徹底サポートします。応募書類の添削はもちろん、面接対策も無料で実施。正社員として採用されるために、効果的な自己PRの方法もお教えします。1人での就職活動に不安のある人は、ぜひ、お気軽にご相談ください。

清掃員として正社員を目指すためのQ&A

ここでは、清掃員として正社員を目指す際に想定される、疑問や不安をQ&A形式で解消します。

正社員の清掃員の年収はどのくらいですか?

厚生労働省の「令和2年賃金構造基本統計調査(一般労働者 職種)表1」をもとに算出すると、ビル清掃員の正社員男性の平均年収は299万9,700円、女性は231万7,600円になります。詳しくはこのコラムの「清掃員(正社員)の就業条件」をご覧ください。

参照元
厚生労働省
令和2年賃金構造基本統計調査
 

清掃員が活躍する現場にはどのようなものがありますか?

オフィスビルや商業施設、ホテルの客室、個人宅など多岐にわたります。市区町村のごみを回収する公務員「清掃業務員」も清掃員の一つに挙げられるでしょう。また、近年は、亡くなった方の部屋を清掃する「特殊清掃員」も需要が高まっています。詳しくは「清掃業界の正社員を目指すには?仕事内容や転職時のポイントも紹介」や、このコラムの「清掃員(正社員)の仕事内容とは」を参考にしてください。
 

清掃員になるために有効な資格はありますか?

清掃員は未経験・無資格からでも始めやすい仕事です。しかし、ビルクリーニング技能検定や建築物環境衛生管理技術者、清掃作業監督者などの資格を持っていると、より業務の幅が広がるでしょう。詳しくは「清掃業界の正社員を目指すには?仕事内容や転職時のポイントも紹介」をご覧ください。
 

清掃員になるメリットは何ですか?

未経験者歓迎の求人が多く、ゼロからでも知識とスキルを蓄え、プロフェッショナルを目指せる職種といえます。需要が途絶えることも考えにくいため、長期にわたって活躍できるでしょう。また、接客業務が苦手な人にもおすすめです。ただし、複数名で作業する現場ではチームワークを大切にしましょう。
 

清掃員の面接をクリアするコツはありますか?

清掃業務に求められる体力や忍耐力、向上心をアピールしましょう。また、面接官の印象を大きく左右する身なりの清潔感や、言葉遣いなどにも気を配ることが大切です。詳しくはこのコラムの「清掃員の「正社員採用面接」でチェックされるポイント」をご参照ください。また、ハタラクティブで面接対策をしておくのも有効です。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る
  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION