体育会系の人は就職しやすい?優秀な人材が揃う理由を解説!

体育会系の人は就職しやすい?優秀な人材が揃う理由を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 体育会系部活動もしくはサークル等の経験者は、体育会系企業に向いている
  • 体育会系企業へ就職するの自己分析を行い、アピールポイントを洗い出すことが大切
  • 自身のスキルや特性が活かせる企業に応募する方が、ミスマッチが生じない
  • 体育会系企業は、飲み会や会食が多く存在していることが特徴的である

「体育会系出身者は就職しやすいのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。体育会系の人は、「礼儀正しい」「体力がある」「精神力が強い」などのイメージから、好意的に捉える企業も多いようです。このコラムでは、体育会系出身者の特徴や企業からの見られ方などを紹介。また、体育会系企業に向いている方についても解説するので、就職先に悩んでいる方はぜひご一読ください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

体育会系出身者は就職しやすい?

一般的に、体育会系の人は就職に有利だと言われています。
その理由には、以下のような印象があるためです。

・体力がある
・コミュニケーション能力がある
・礼儀正しい
・精神的に強い
・団体行動が得意
・自己管理能力に長けている

このような印象は、人事担当者にとっても採用候補になりうるポジティブさがあります。
しかし、体育会系部活動やサークルに所属していたからといって、誰もが就職しやすいというわけではありません。準備不足のまま就活に臨むと、企業側が求めるものと一致せず不合格になることも。体育会系は有利だと余裕を持ちすぎず、自身を客観的に評価する目を持つことが大切です。
就職するためには、学歴や経歴などではなく能力面が見られていることは、きちんと把握をしておきましょう。どんな人材が好まれるかについては、「転職に必要なヒューマンスキル!一緒に働きたい人とは?」を参考にしてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

体育会系の人材は企業からどう見られる?

前項で挙げた内容を踏まえ、実際に体育会系出身者が企業側からどうみられているのか、付随するメリットとともに解説します。

体力や精神力がある

体育会系出身者は、厳しい練習や大切な試合などを通して、困難を乗り越えるタフさ、最後まで諦めない粘り強さを身につけているでしょう。そのため、仕事面で厳しい状況に陥ったときでも、克服できそうです。

礼儀正しい

体育会系部活動では上下関係が明確なことが多いので、返事や挨拶、気遣いなどの礼節が習得できている印象があります。挨拶や気配りはビジネスには欠かせないスキルと評価されるでしょう。

団体行動が得意

チームプレイは、他者と協力することや状況を察知する力が磨かれる機会が多いもの。ビジネスは単独よりもチームで行うものが多いため、体育会系出身者がいれば円滑に業務が進められると好印象をもたれるでしょう。

自己管理能力が高い

体育会系出身者は、試合に勝つためのプロセス、体調管理、モチベーションの維持などを実践として経験していることが多いようです。そのため、業務課題を成し遂げるためのアプローチスキルや実践能力が高い可能性があります。

就職活動は、企業から欲しいと思われる人材であることが前提です。企業にとって、どのようなスキルや知識が大切かどうか、「会社で必要とされる人になるためには?仕事ができる人の7つの特徴も解説!」で詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

体育会系企業の6つの特徴

ここでは、「体育会系企業」と呼ばれる企業の特徴を解説します。イメージのみが先行しないよう、企業選びを行う際の判断材料にしてみてください。

1.体育会系出身者が多い

所属している社員は、体育会系出身者が多いようです。そのため、社内は基本的に体育会系の考え方で業務が成り立っていることを理解しておきましょう。上下関係を重んじ、きついことにも耐えてきたという精神論が残っている場合があります。このような考え方や価値観が自分と近いなら、同僚ともすぐに打ち解けることができるでしょう。

2.自分に厳しい人が多い

体育会系企業には、自分に対して厳しい人が多いことがあります。部活に所属していたころの厳しい日々が経験として強く残っている場合、その乗り越えた経験が社会人になってからも生かされている人は多いようです。目標に向かってきつい活動に耐え抜いてきた人たちは、自分に厳しくすることて発揮される力を理解しているため、仕事においても自分を追い込むことができます。人生の中で、一番濃厚であったであろう時期に得た成功体験は、人生に大きな影響を与えているでしょう。

3.精神論や根性論がある

体育会系企業には、仕事に対する精神論や根性論が見られます。体育会系企業で多く見られるのは、営業に力を入れているという点です。営業は、何度も同じ企業に対してアプローチが必要であり、モチベーションの継続が難しいといえます。しかし、体育会系出身者であれば、「気合」「根性」などの精神を部活動で身につけているので、モチベーションをキープするメンタリティを持っている可能性が高いようです。精神論や根性論で社員を奮起させることによって、営業としてのモチベーションをあげ、営業成績向上につなげていくことになります。

4.上下関係が厳しく礼儀を重んじる

体育会系企業は、上下関係を守りながら礼儀を重んじる考えが定着している場合があります。​​特に、先輩と後輩の上下関係を徹底的に守っている場合が多いようです。社内だけでなく、プライベートの付き合いでも崩すことはないでしょう。
誰に対しても礼儀を忘れずに行うことは、仕事の成果に関わらず人として重要なことです。礼儀は誰にでも求められるものではありますが、体育会系出身はより一層重視しています。

5.飲み会や会食の機会が多い

体育会系企業は、人と人とのつながりを重視するため、飲み会や会食などの交流が多いことがあります。交流をもつ機会が多い理由は、社員のモチベーション向上を目的としたり、社員同士の交流を深めたりするためです。食事やお酒の場を持つことによって、仲間としての結束を深めるのは、体育会系ならではともいえるでしょう。

6.チャレンジ精神を大切にする

体育会系企業はチャレンジ精神を大切にしています。体育会系出身者は、学生時代の部活動経験から、現状を打破するために新しいことに挑戦する気持ちを持つ人が多いようです。現状に満足することなく、さらなる高みを目指して挑戦する気持ちは、企業にとっても大切なもの。力をつけるために努力をしなければならないのは、部活動も社会人も同じことといえるでしょう。

体育会系企業に向いている人の3つの特徴

ここでは、体育会系企業に向いている人の特徴を解説します。自己分析をした結果と照らし合わせながら、自分が向いているかどうかを判断してみてください。

1.上下関係の厳しさに慣れている人

1つ目にあげるのは、上下関係が厳しいことに関して慣れを持っているという人です。体育会系の部活に所属していなかった場合でも、上下関係をきちんと受け入れることが可能であれば、体育会系企業に向いている可能性があります。体育会系企業において上下関係は外せない要素ともいえることから、非常に重要な点です。

2.体力に自信がある人

2つ目にあげるのは、体力に自信がある人です。前述したように、体育会系企業は営業職など体力勝負の仕事が多くなります。そのため、体力の有無がポイントです。体力があれば、1日に数件の仕事をこなすことが可能。また、失敗をして次へと気持ちを切り替えた場合もすぐに動くことができるでしょう。

3.目標に対し努力できる人

3つ目にあげるのは、目標に対して努力ができる人です。前述したように、体育会系出身者は部活動時代に目標を設定していた人が多く存在します。これは、社会人になっても同じです。企業側は、目標を定めて達成に向けて努力ができる人材を欲しいと考えるでしょう。

自分が体育会系出身だからといって、体育会系企業に向いているということではありません。しっかりと自己分析をしたうえで、選択肢に入れるようにしましょう。自分を知るための自己分析のやり方は「自己分析って何?やり方がわからない方へのヒント集」で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。

体育会系出身者が就職・転職活動を成功させるには?

体育会系出身者か否かに関わらず、就職や転職活動において大切なことは、自身のアピールポイントを明確にすること。しかし、どんなに高度な技術や資格をもっていても、企業の特性や事業と合わなければ、就職後にミスマッチが生じる可能性があります。就職先を探す際は、自分の強みを活かせる企業を見つけることが大切だと言えるでしょう。

「自分の特性が活かせる企業を探し出すのが難しい…」とお悩みの方は、ハタラクティブへご相談ください。若年層向け就職・転職エージェントのハタラクティブでは、スムーズな就活ができるよう、専任アドバイザーがマンツーマンでサポート。丁寧なカウンセリングから、あなたにぴったりの求人をご紹介します。また、書類添削や面接対策も行っているので、効率的な就職活動が可能です。まずは、素朴な質問からでもかまいません。ぜひお気軽にお問い合わせください。

体育会系の就職に関するQ&A

最後に、体育会系の就職に関する疑問について、Q&A方式で解決していきます。就職先に迷っている方は参考にしてみてください。

体育会系は就活で有利になりますか?

体育会系は、目標に向かって努力ができる人間であるというイメージをもたれやすく、就職活動が有利にはたらくことも多いようです。また、先輩後輩の関係を培ってきたことから、各方面との人脈作りに活かせるスキルとして、企業から好意的に捉えられることも。さらに、体力と気持ちの強さがあるイメージもあります。体育会系の環境で身につけてきたものは、面接でも積極的にアピールすると良いでしょう。

体育会系な人の特徴は何ですか?

体育会系の人の特徴は、上下関係の厳しさや礼儀を重要視すること、精神論と根性論が残っていることが代表的な特徴です。これらは、社会人になっても変わらない部分もあるでしょう。そのため、企業が求める人材が多いことも少なくありません。

この記事に関連するタグ