1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自己PRで行動力をアピールするには?旅行や留学も対象?例文もご紹介

自己PRで行動力をアピールするには?旅行や留学も対象?例文もご紹介

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・行動力とは、目標を達成するために実際に活動する力のこと
    ・自己PRで行動力をアピールするには、ほかの応募者との差がつく表現を用いると良い
    ・自己PRの行動力では、「自主性」「計画性」「失敗から学べるか」が見られる
    ・旅行や留学なども自己PRの行動力としてアピールできる

自己PRで行動力をアピールするには?旅行や留学も対象?例文もご紹介の画像

転職活動の自己PRで「行動力」をアピールしたいと考えていませんか?行動力は転職活動時のアピールに効果的な材料なのでしょうか?行動力を自己PRとして伝えるコツをはじめ、採用担当者が求める行動力とは何なのかを解説。旅行や留学も行動力に当てはまるのかもお教えしています。具体的な例文もご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

監修者:後藤祐介

キャリアコンサルタント

一人ひとりの経験、スキル、能力などの違いを理解した上でサポートすることを心がけています!

転職活動で「行動力」をアピールするのは有効?

「行動力があること」は採用担当者に魅力的に映るため、転職活動において効果的なアピールポイントといえます。ただし、間違った方法でアピールすると逆効果になることもあるので、注意しましょう。


そもそも行動力とはなに?

行動力とは、「目的を達成するために、実際に行動を起こす力」のことです。多くの仕事では1日やひと月、1年ごとに目標が掲げられており、そのノルマを達成することが求められます。ノルマは社員一人ひとりに課せられる場合もあれば、部署やチームごとに出されているなどさまざまですが、どのような状況でも目標を達成する力は重要だといえるでしょう。


行動力と「好奇心旺盛」の違いは?

「好奇心旺盛」とは、自分の知らないことに興味を持ち、積極的に知ろうとすることを指します。「知らないことを知ろうとする」ため、好奇心旺盛であることは行動力があるとも言い換えられるでしょう。ただし、「好奇心旺盛」の対象となるのは、自分の興味のあることに限られる傾向があり、
転職活動での使い方には一層の注意が必要です。


「行動力がある」を短所に言い換えると?

行動力は、スピード感を伴って発揮されていることが多いです。ビジネスでは計画性や周りとの歩幅を合わせて進めることも重視されています。スピード感があるのは一見良いことのように感じますが、「計画性や協調性に乏しい」と判断される可能性もあるでしょう。
アピールするときは行動力があることだけでなく、綿密な計画を行ったうえで活動していること、周りの人のペースも見ながら進めていることにも軽くふれると、マイナスイメージが払拭できます。


アピールには有効なものの具体性が大事

採用担当者は、応募者の人柄や強みが仕事でどのように活せるかを見ています。
「行動力」をメインとした自己PRでは、実務でも活躍できることがわかるよう行動した「きっかけ」「目的」「得たもの」などの具体的な経験内容が必要です。
目的を実現するためにどのような努力したか、その結果どうなったのか、実績をもとに入社後は仕事でどんな風に活かしていきたいかなど、詳しいエピソードや今後の展望も伝えましょう。


ほかの応募者と差がつく内容にすることもポイント

「行動力」は転職活動でアピールポイントとして評価されやすい分、実際に用いる応募者も多いです。まずは書類選考を突破するためにも、数多くある書類の中で、どれだけ採用担当者の印象に残る内容にできるかが重要となるでしょう。
特に履歴書では欄の大きさによって書ける内容も限られます。おおよそ、150~200字程度が基準です。職務経歴書でより詳しく伝えられるにしても、300~400字程度が良いとされているため、長文だと「要約できない人」と判断されてしまうことも。印象的な表現やエピソードで周りとの差をつけましょう。
面接ではより内容を深堀りできるので、まずは書類選考通過を目指してください。

「行動力」を自己PRにするときのコツ

ほかの応募者よりも印象的な自己PRを作成するには、下記の4つのポイントがあります。


行動力を効果的に伝える4つのポイント

1.結論から述べる
最初に「行動力がある」という結論から述べましょう。最初に結論を提示しておくと、誰もがこれから話す内容を理解しやすくなります。
これは自己PRだけでなく、転職活動全般に共通することなので、覚えておくと良いでしょう。


2.表現を工夫する
行動力はアピールポイントにしている応募者が多い分、ただ「行動力があります」だけでは採用担当者に「またか…」と思わせてしまい、多数の中の一つとして埋もれる可能性があります。
たとえば、「私は思い立ったら即時にプランを練り、実行に移す行動力があります」というように、ワンフレーズつけ足してみるだけでも印象が違ってくるでしょう。
嘘をついたり大げさに言ったりせず、事実のみを述べることも重要です。


3.具体的な動機とエピソードを述べる
ただ「行動力がある」ということを述べるだけでなく、「なぜその行動をとったのか」「目的を達成するためにどのような工夫をしたか」「それによってなにを得たか」など、裏付けとなる具体的なエピソードを沿えましょう。
そうすることによって、明確な目標を持って計画的に実行に移したということをアピールでき、説得力が増します。


4.仕事でどんな風に活かせるかも添える
自己PRを通して企業が知りたいことは、応募者が入社後にどのように活躍してくれるかです。
自分の長所や関連するエピソードをアピールしたら、それを応募先の企業でどのように活かしていくかを具体的に述べましょう。
長所と結びつけた今後の展望を最後に添えることで、企業側は応募者が自社で働く姿を想像しやすくなります。

採用担当者が求める「行動力」を理解しよう

行動力とひと口に言っても、それがビジネスシーンで活かせないものであれば効果は薄くなります。採用担当者が求める行動力について理解したうえで、自己PRを作成することも大切です。


自主性があるか

転職活動で求められる「行動力」は、「自主的なものであるかどうか」です。
たとえば、「指示があってやった」「やらざるを得ない状況で取り組んだ」などは、多くの成果を残していたとしても「行動力」に当てはまりません。なんらかの目標を持ち、自発的にとった行動が「行動力」として評価されます。
自分の意思でなくとも「与えられたことをしっかりこなして結果につなげた」という場合は、無理に行動力に結びつけようとせず、また別の視点からのアピールを考えてみましょう。


計画性の有無

「行動力」はただ行動するだけでなく、それに伴うプロセスが大切です。目標を達成するために適切な計画を練り、すぐに実行に移すことが「行動力」と定義されます。
「行動力」は、「計画性」も含めて評価されることを念頭に置きましょう。


失敗から学べる人材か

行動を起こしたからといって、必ずしも良い結果につながるとは限りません。
たとえ計画を練っていても、時には予期せぬハプニングが起こり、失敗をすることもあるでしょう。
失敗したらそのままにせず、なぜ失敗したのかを分析し、その反省を次に活かせるかも重要です。
これは、実務においても大切なポイントとなります。
転職活動では自分の印象が良くなることを伝えるため、つい過去の成果ばかりに注目してしまいがちですが、このように「悪かった点」を踏まえると評価が高まることもあるようです。

旅行や留学は「行動力」のアピール材料になる?

留学経験があったり、旅行が好きで年に何度も行ったりしているような場合も、行動力としてアピールできます。こちらでどのような点が評価されているのか確認し、作成時の参考にしてください。


旅行・留学に積極的=新しい価値観を取り入れられる

旅行や留学をするのは、「その土地や文化に興味がある」と捉えられるでしょう。物事に対する興味や関心が強いともいえます。興味のある分野はもちろん、ほかの土地の文化を取り入れた新たな観点からの意見も期待でき、新事業の展開や業務改善につながると考える会社は多いようです。


たとえ趣味でも下調べや準備が必要=計画力がある

旅行や留学をする際は、スケジュールや交通手段、人数、宿泊先などを計画的に考える必要があります。それが趣味の旅行でも、計画を立てる手順にさほど変わりはないはずです。「趣味の旅行は行動力に当てはまらないかも…」と不安な方も、アピール次第では十分魅力的に映ります。
特に「グループで旅行をするときはいつも自分が計画を立てている」というような人は、計画性の高さを評価してもらえるでしょう。
ただし、「なにも計画せずふらっと旅をするのが好き」という方は異なります。このような「行動力」は就活では「いきあたりばったり」というイメージが強く、ビジネスでも活かしづらいので、別の内容にしたほうが無難です。


実行できる力がある=目標を達成する力がある

計画を立てても、実行に移さなければ「やりたいこと」「夢」で終わってしまいます。目標ができ、その実現に向かって計画を立て、最後まで実行できることが「行動力がある」ということです。旅行や留学をしたのであれば、少なからず行動を起こし、やりたいことをやり遂げたといえるでしょう。
目標達成力があり、入社後もノルマ達成が期待できると高く評価されます。

「行動力」の自己PR例文

下記に行動力の自己PRの例文を挙げましたので、作成する際にご参照ください。


行動力の自己PR例文

私の強みは、なにかを思い立ったらすぐに計画を練り、実行に移す行動力です。
私は幼い頃からミュージカルが好きで、自分でも演じてみたいという思いから、大学入学を機にミュージカルサークルを立ち上げました。
設立した当初は集まる人も少なかったものの、少人数でもできる演目を用意し、数人の部員で練習をしました。後日、大学に許可を取り、勧誘活動としてその演目を講堂の一部を借りて披露しました。
それが好評を博して徐々に人数が増えていったことに加え、空き時間で小まめにチラシを配っていた効果もあり、部員数は40人規模となりました。
今では大学内だけでなく、年2回のペースで外部の小劇場を借りて公演をしています。
この行動力を御社の営業活動にも活かし、売上の向上に貢献していきたいと考えています。


上記はあくまで参考までの例文です。「行動力」で自己PRする際はお手本だけに頼らず、自分ならではのエピソードと言葉、表現で的確に述べましょう。自分の思いもしっかり伝えられるようにしてください。
また、行動力を自己PRする際は、企業の業種や職種にマッチするように内容を練るのも効果的です。


もしも自己PRのやり方がわからない、エピソードが思いつかなくて不安という場合は、第三者からアドバイスを貰うのも有効な手段。転職・就職エージェントのハタラクティブは、一人ではつまづきがちな書類作成、自己分析、自己PRなどを、経験豊富なプロのアドバイザーがマンツーマンで指導します。
模擬面接が受けられる面接対策会も実施しているため、転職活動が初めての方も安心です。
サービスはすべて無料。転職活動に関するお悩みには、ハタラクティブが力になります!気になる方は、ぜひ一度ご相談ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

プロのカウンセラーが1対1で
履歴書添削します!
まずはお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

ページトップへ

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

 

より良いサービスを提供するため
アンケート回答にご協力ください

Q1. 現在の就業状況を教えてください

Q2. 年齢を教えてください

※未回答の設問があります

ご回答ありがとうございます!

いただいた情報は今後のサービス改善のために
活用させていただきます。

閉じる