新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 社会人2年目で転職するのは早い?第二新卒として再就職を成功させるコツ

社会人2年目で転職するのは早い?第二新卒として再就職を成功させるコツ

公開日:

最終更新日:

社会人2年目で転職するのは早い?第二新卒として再就職を成功させるコツの画像

【このページのまとめ】

  • ・社会人2年目で転職する人は、転職市場では「第二新卒」に該当する
    ・第二新卒は若さとポテンシャルが期待できるので、積極採用する企業が多い
    ・社会人2年目までに離職する人は全体の2割ほど
    ・社会人2年目で転職を成功させるには、転職理由を明確にすることが大切

監修者:室谷彩依

キャリアコンサルタント

就職アドバイザーとして培った経験と知識に基づいて一人ひとりに合った就活に関する提案やアドバイスを致します!

「入社後3年は働くべき」という意見を持つ方も多いですが、入社3年以内で離職する早期離職者は3割。決して少なくない人が早い段階で離職を決意しています。このコラムでは、入社2年目で転職を検討している方に向けて、成功のコツをご紹介。いっときの感情や安易な考えで離職するのは危険です。スムーズな転職を成功させる方法を確認しましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

社会人2年目の離職は「第二新卒」

新卒入社して2年目(社会人2年目)で離職する人を、転職市場では「第二新卒」と呼んでいます。


第二新卒とは

第二新卒とは、「新卒入社した会社を3年以内に退職した求職者」のこと。明確な定義や基準はありませんが、20代前半が該当するでしょう。1度就職しているので新卒ではありませんが、若さや将来性への期待から、積極採用する企業も見受けられます。


既卒との違い

既卒とは、「学校を卒業したあと、1度も正社員として就職していない人」のこと。第二新卒との違いは正社員就職経験の有無です。卒業後にフリーターなどの非正規として働いていたり、ニートになったりする人が該当します。


転職市場における評価

第二新卒は、転職市場において重宝される人材とされています。具体的な理由は以下のとおりです。


・若い
・ポテンシャル/将来性に期待できる
・基本的なビジネスマナーが身についている
・前職の会社のカラーに染まっていない
・柔軟性がある


第二新卒は新卒や既卒に比べて教育コストがかからないのが特徴。また、前職を退職している経験から、転職先は慎重に選ぶ傾向が見られるのでミスマッチも少ないようです。

社会人2年目の転職事情

企業にとっても採用メリットのある第二新卒ですが、実際に離職を決めている社会人2年目は全体のおよそ2割です。


3年以内の離職率

厚生労働省が発表した離職者(大卒のみ)データによると、入社2年目までに離職した人は2017年卒で約10.5万人。割合にするとおよそ23%の人に該当します。
卒業年度別の離職率(2年目まで/3年目まで)は以下のとおりです。


・2013年…22.8%/31.9%
・2014年…22.8%/32.2%
・2015年…22.3%/31.8%
・2016年…21.9%/32.0%
・2017年…22.9%/データなし


上記より遡っても、2年目までに離職する人は20~25%、3年目は30%前後で推移しています。ただし、このデータはあくまでも「離職者の割合」。退職後に転職している人もいれば、非正規として働いている人、留学している人などざまざまな選択肢が考えられると捉えましょう。


「3年は働くべき」は嘘なのか

「何事も3年は続けるべき」「新卒入社した会社には3年勤めるべき」などの3年にまつわる意見を聞いたことがある方もいるでしょう。
しかし、この意見は、多くの企業で終身雇用制が採用されており、転職に対して良いイメージを持たなかった時代の話。現在はキャリアアップやスキルアップといったポジティブな転職が浸透しています。さらに、ご紹介したデータから分かるように、転職そのものが一般化。若手人材の枯渇も影響しており、入社3年を待たずに転職することは問題ありません。


未経験の仕事にも挑戦可能

社会人経験2年目での転職は、未経験の業界や職種にチャレンジしやすいという特長があります。若手の育成に力を入れている企業であれば、経験やスキルが少なくても仕事への熱意が評価され、採用に至るケースも少なくありません。
2年目での転職活動は、若さを武器にキャリアの見直しを図るチャンス。働く業界や職種を変えたいと考えている方にとっては、転職に良いタイミングといえるでしょう。


第二新卒から公務員は目指せる?

結論から述べると、第二新卒から公務員を目指すことも、就職することも可能です。
ただし、公務員として働くには「公務員試験」に合格する必要があるので、試験対策は必須でしょう。また、職種や種別によって受験資格が設けられているので、年齢や必須資格といった受験資格は必ず確認してください。


参照元:
厚生労働省 - 新規学卒者の離職状況



社会人2年目で転職を決意する理由

社会人経験が浅い段階で転職を成功させるには、転職を決意する理由を明確化することが大切です。以下に、転職を決意する代表的な理由をご紹介しているので、参考にしてください。


やむを得ない理由

・就職先の勤務環境が劣悪(いわゆるブラック企業)
・勤務条件として知らされていた内容と実際の勤務条件が異なる
・十分な休日/休息が取れない
・人間関係に悩んでいる(対処しているのに解決しない)
・将来目指すものが明確にある


避けるべき理由

・やりたい仕事ができない
・なんとなく
・仕事に飽きた
・人間関係に悩んでいる(対処していない)


会社が理由の場合は、改善したり対処したりするのが難しいため転職を検討しても良いでしょう。しかし、「思っていた仕事と違う」というのは就職時のリサーチ不足。決して会社が悪いわけではありません。さらに、「やりたい仕事ができない」のは、経験の浅い社会人2年目なら妥当です。


感情やその場の勢いで転職を決めるのは危険

いっときの感情や勢いで転職を決めるのは避けるべき。転職理由や将来のキャリアビジョンが不明瞭だと、転職先が見つからなかったり、見つかっても満足できる結果にならなかったりする可能性が高まります。転職を考えたら、冷静になって「本当に転職するべきか」を今一度考えてみましょう。


社会人2年目で転職を成功させる4つのコツ

社会人2年目で転職を成功させるには、「転職理由の明確化」「将来像との一貫性」「十分な対策」「退職のタイミング」が重要になります。


1.転職理由を明確にする

前項でも説明しましたが、転職理由を明確化することで「転職の必要性」や「転職先に求めること」が明らかになります。転職理由が分かれば、最適な転職活動を行うこともできるでしょう。無意味な転職にならないよう、目的意識をしっかり持ってください。


2.キャリアプランや将来像とつなげる

転職理由を明らかにしたら、その理由を将来のキャリアプランや目標とする姿につなげます。現在の仕事でもキャリアプランが叶うなら、転職する必要はないでしょう。


3.自己分析と企業研究を十分に行う

短期間で転職を繰り返すのは避けたいもの。転職先でミスマッチを起こさないためにも、自己分析と企業研究は十分に行います。
社会人としての経験を活かし、新卒時とは異なる視点から自己分析/企業研究を行うのもおすすめ。また、前職での反省をふまえて自己分析を行うのもいいでしょう。


4.在職中に転職先を決める

退職したあとのほうが時間に余裕ができ、じっくり転職活動ができると考える人もいますが、在職中に転職先を決めるのが転職成功のコツです。
確かに、仕事をしているので時間的余裕はなくなります。しかし、定期的な収入が発生するので、生活に困ることはありません。一般的に転職活動にかかる期間は早くて2~3ヶ月、長いと半年以上のことも。失業手当は、自己都合退職だと支給まで3ヶ月かかります。無収入が続くと焦って転職先を決めてしまい、結果として妥協したり、満足できない転職になったりするでしょう。
さらに、空白期間が長引けば採用担当者にマイナスイメージを抱かれる可能性も。空白期間を作らず、スムーズな転職を目指しましょう。


改めて転職について考えよう

ここ数年で転職に対する意識が変わり、決してネガティブなものではなくなりました。しかし、転職する人が増えて身近になっているぶん、気軽に転職をして後悔する人がいるのも事実。転職を決意する前に、改めて考えてみましょう。


周囲に流された転職は失敗のもと

転職が一般化しているため、自分の周りで転職をする人もいるでしょう。しかし、同僚や友人が転職をしたから、と周囲に流されて転職を決めるのは失敗のもと。転職を決めたのはその「同僚」や「友人」です。自分の考えを持たずに転職活動を行っても、良い結果にはつながらないでしょう。


若いうちから転職回数が多いのはマイナス印象

いくら転職が一般化したとはいえ、やはり転職回数が多い経歴はマイナス印象につながります。年齢が若いうちに転職を繰り返していれば、その印象はさらに強くなるでしょう。「何事も続かない人」「飽きたら辞める人」「信頼できない人」といったイメージを抱かれてしまわないよう、不用意な転職は控えます。


今の会社で改善できないか再考する

転職理由を考えたときに、まずは今の会社で実現できないかを考えてみましょう。上司に相談したり、自分から働きかけたりして改善を試みることで、必要ない転職を防ぐことも可能です。


異動で解決することも多い

人間関係や仕事内容など、改善が難しい問題は異動や転勤で解決することも。上司に相談しづらい場合は、社内公募制度を活用するのもおすすめです。


解決や改善が望めないなら転職活動を始めよう

解決や改善が望めない環境で仕事を続けるのは、モチベーションの低下につながります。モチベーションが下がれば、評価や心身へ影響を及ぼす可能性も。そんな環境で仕事を続けても得るものは少ないでしょう。
転職に必要性を感じたら、1日でも早く行動を起こすことが大切。2年目の転職に迷っている方や、はじめての業界・職種への挑戦に不安のある方は、転職エージェントを利用されてはいかがでしょうか?
就職・転職支援のハタラクティブでは、プロの就活エージェントによるカウンセリングで求職者の適性を見極め、希望の条件に合う正社員の求人紹介を行っています。若年層の就職・転職に関するノウハウが豊富で、チャットツールでの相談にも対応。応募企業とのやり取りは担当エージェントが代行するので、在職中の転職活動に不安を感じている方にもおすすめです。
転職をするかしないか迷っている方も、まずはお気軽にハタラクティブまでお問い合わせください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ