新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒仕事探し
  6. >
  7. 高卒から正社員になるには?求人の探し方と転職活動のポイントを解説!

高卒から正社員になるには?求人の探し方と転職活動のポイントを解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

【このページのまとめ】
・高卒向け求人倍率は年々増加傾向に!高卒を採用対象とする企業は増えている。
・なかなか採用が決まらないのは高卒が理由じゃない!採用されない本当の理由を理解して、前向きに転職に取り組むことが大切。
・高卒が正社員採用されるためには応募書類がカギ。短所を長所に書き換えて、しっかり書類でアピールすることが大切。
・面接では最低限のマナーを守る。最近はweb面接も増えているので、事前準備を怠らないこと。
・高卒やフリーターの場合は、進学しなかった理由やフリーターをしていた理由についてまとめておくこと。
・高卒でも正社員を目指しやすい求人は「学歴不問」「未経験歓迎」。
・高卒で正社員を目指しやすい業種は、建築業や製造業、IT事業、福祉業界など。人手不足の業界は正社員で働くチャンス!
・高卒で正社員を目指しやすい職種は、営業職や販売業、接客業、サービス業など。未経験歓迎の求人が多数!

高卒で正社員を目指している方の中には、最終学歴が高卒であることに不安を感じている方も多いのではないでしょうか。高卒やフリーターからの就職活動は、求人の検索方法や応募書類の作成のコツを掴めば正社員を目指せる業種や業界が見えてきます。本記事では、高卒やフリーターが正社員になりやすい求人の特徴や採用されやすい業種・職種について解説します。

高卒でも正社員は目指せる!

高卒から正社員を目指すのは難しいと感じる方も多いかもしれません。しかし、昨今の転職市場では高卒以上の求人が年々増加傾向にあり、状況は変わってきているといえるでしょう。ここでは高卒就職や求人数の現状について、お伝えします。

学歴重視の企業は減少傾向!大卒以上の求人より高卒以上の求人が多い

世の中にどれくらい人を募集している企業があるかの目安となるのが、求人数や求人倍率、就職率などがあります。ハローワークの高卒求人数と求人倍率は、ここ数年の間で増加傾向にあり、大卒以上を募集する求人の数を上回りました。高卒を採用対象とする企業は年々増えているようです。

高卒向け求人倍率はコロナ禍でも2倍以上

厚生労働省の調査結果によると、令和2年度における高校新卒者向けの求人数は約33万6千人で、高校新卒者の求職者数は約16万2千人。令和2年度は、新型コロナウイルスの影響を受け、就職準備期間が短くなることが懸念されたことから、ハローワークによる求人申し込みの受付開始期日が6月1日以降と、例年より初動が遅いものの、求人倍率は2.08倍と、前年比0.44ポイントの低下で留まっています。また、近年の求人倍率は高卒が大卒よりも上回っており、コロナの影響を受け前年比ではどちらも減少したものの大学の求人倍率は1.53倍と、大卒の求人倍率よりも高卒の求人倍率の方が高くなっています。

【参照元】
厚生労働省
令和二年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」取りまとめ
令和二年度大学等卒業者の就職状況調査

高卒就職希望者の就職率は約99%

令和2年3月末現在、高校卒業後に就職を希望する学生の数は約16万8千人。うち就職者は16万7千人で、就職率は99.3%にのぼります。 一方、同時期における大学生の就職率は98%。高校新卒と大学新卒の就職率にそこまで大きな差はないことがわかります。 新卒を対象とした調査ではありますが、令和二年度の時点では高卒も大卒と同じくらい就職ができているようです。「高卒は大卒と比べて就職が難しそう」というイメージに囚われすぎず、前向きに就活を進めましょう。

【参照元】
厚生労働省
令和二年度「高校・中学新卒者のハローワーク求人に係る求人・求職・就職内定状況」取りまとめ
令和二年度大学等卒業者の就職状況調査

▼関連記事
高卒は本当に大卒より就職に不利なのか?項目別の比較で徹底検証!

高卒が原因じゃない!採用されない人の特徴3選

「学歴不問」など高卒でも応募可能な求人はたくさんあるのに、なかなか就職活動が思うようにいかないと「履歴書や面接が通らないのは高卒のせい」と感じることがありますよね。でも就活がうまくいかない=学歴のせいと思ってしまう人は要注意です。採用されない人には、学歴に関係なく3つの特徴があります。

自己分析ができていない

就職活動をする上で、「自分にはどのような仕事が向いているのか」「どうしてこの仕事に就きたいのか」といった自分の性格や興味の傾向など、自分を客観視し自己分析することは非常に重要です。初対面の面接担当者に、限られた時間で自分がどういう人間なのかをいかに伝えるか。自己分析をしっかりしておくことで、余裕のある受け答えもでき、とっさの質問にも的確に答えることができます。

企業分析をしていない

こらから受ける会社について学ぶことで就職後のイメージができたり、どのような人材を求めているのかが見えてきたりと企業分析も自己分析と同じくらい大切です。企業分析をしていくことで、自分に合った会社を見つける大きな近道にもなることでしょう。また、応募する先の企業分析をしっかり行うことで、なぜその企業で働きたいのかを具体的に説明できるようになるため面接対策にも繋がります。

最初から諦めてダラダラとフリーターを続けている

高卒だから正社員になるのは難しいと、勝手に決めつけて諦めてはいませんか?そうした思考は態度にも出るので、アルバイト先で正社員になれるチャンスを自らつぶすことにだって繋がります。アルバイトの経験が即戦力になるとみなされ、重宝されるケースもあります。ただ置かれている立場に甘んじるのではなく、目標を設定し次のステップに向けて日々挑戦していくことで、自らの経験値も上がっていくでしょう。
また、経験値やスキルがなくても20代30代というだけで「若さ」そのものが一番の武器にもなります。「いつか正社員として働きたい」と思うのであれば、「いつか」ではなく「今すぐに」行動しましょう。実際に金銭面でも、フリーターと正社員との間には生涯年収に男女平均で3,842万円の賃金格差が出るといわれています。その差を少しでも縮めるためにも、早めの就職活動が安定した月給・年収に繋がりますよ。

▼関連記事
高卒ニートが不利な理由と、就職を成功させる方法!

高卒で正社員を勝ち取るには応募書類がカギ!

転職活動では、殆どの企業が応募書類でまず最初のふるいにかけます。応募書類が通らないと、企業の人と直接会うことすらかなわずに終わってしまいます。「そうはいっても、アピールできることが一つもない」と悲観的になる必要はありません。ちょっとしたコツを覚えるだけで、しっかり応募書類で長所をアピールできるようになりますよ。

正社員採用されるかどうかはアピール次第!短所だって長所に変わる

履歴書の「趣味・特技」、「自己PR」、「志望動機」部分は面接でも聞かれることが多く、企業にとっても重要な項目です。企業は履歴書を通して候補者の特徴を知り、入社後にどんな状況でどんな力を発揮できる人物かを判断していますから、しっかりアピールしたいですよね。
では自分にはどんなアピールポイントがあるか——いきなり考えても思いつかないという方は、まず自分の特徴を長所・短所に関わらず、一通りあげてみてください。「優柔不断」「飽きっぽい」といった、一見短所になるようなことでも構いません。

実は長所と短所は表裏一体で、短所も書き方ひとつで長所に変わります。たとえば「優柔不断」という短所は、「慎重に物事を判断する」と言い換えれば長所になりますよね。「飽きっぽい」も、「常に新しいアイデアを発案する」や「好奇心旺盛」、「チャレンジ精神がある」と言い換えられます。
また、それらを実際に履歴書やエントリーシートに書く際には、最初の一文で特徴を書いてから具体的なエピソードを書くように心がけましょう。最初に「〇〇という強みがあります」と特徴を記載し、それを具体的にイメージできるような行動と成果のエピソードを「どんな状況でどんな行動をとり、どんな成果に繋がったのか」という流れで説明すると良いでしょう。

「長所」と「自己PR」が別の項目で設けられている場合は、それぞれ重複がないように書き分けた方がいいでしょう。たとえば「長所」のところに特徴を、「自己PR」のところには、特徴にまつわるエピソードを記入するように意識してみるのがおすすめです。自己PRを通して企業が知りたいことは、「自社が必要とする特徴をもっているか」ということ。そのため、自分の特徴がその企業の仕事に合っていることや、成果をあげられる人間であることをアピールすることが重要です。

▼関連記事
高卒からの就活!成功のコツ

高卒が面接で損しないためのポイント

書類選考が無事通過したら、次は面接です。面接は受け答えの内容はもちろん、面接官は入室時から退出時までの所作やマナーも見ています。きちんと出来ていて当然の部分だからこそ、マナー違反とされる行為は印象が下がるので要注意。ここでは面接でのマナーや、想定される質問などに注目していきましょう。

最低限のマナーは抑えておこう

入室時や退出時の行動は、社会人として最低限の対応ができるかどうかを見られています。下記の点は特に、気を付けるポイントとして抑えておきましょう。

挨拶の声は明るくはきはきと

面接官への第一声なので、どんなトーンがいいのか考える人も多いのではないでしょうか。相手にしっかり聞き取れるボリュームで明るくはきはきと話すように心がけましょう。

笑顔を心がける

入室の際、緊張で顔がこわばり笑顔を忘れていては、良い印象を与えられません。普段の自分の表情は自分ではなかなか気が付かないもの。自然な笑みが出来ているのか不安、苦手だという人は普段から意識しておくことも大切です。

ドアの開け閉めは丁寧に

声と笑顔の準備は万全。入室時のドアの開け閉めも完璧にこなしておきたいところです。バタンと勢いよく閉めたり後ろ手に閉めたりする行為は避けましょう。背中を向ける失礼のないように体は斜めにし、片手でノブを持ち、反対の手を添えます。最後は両手でゆっくりと、大きな音がしないように丁寧に閉めてください。

一礼は流れ作業にならないように丁寧に

ドアを閉めてからの一礼ですが、ドアを閉めながらなんとなく頭を下げるのはもってのほか。一礼は面接での第一印象を決める大切な瞬間です。お辞儀をする際は、きちんと面接官の方を向いて立ち止まり、姿勢を正してから頭を下げます。ゆっくりお辞儀をすることで、丁寧な印象を与えましょう。手の位置は、男性なら横のズボンの縫い目に沿って、女性なら身体の前で手を重ねるようにするときれいに見えます。心を落ち着かせ、面接に集中するためにも丁寧な挨拶を心がけましょう。

web面接(リモート)にも対応できるように準備しよう

最近の就職活動で増えつつあるのが、web面接。「服装、髪型、言葉使い、質問内容」など、対面の面接と気を付けるべきマナーや面接内容に変わりはありません。ただweb面接の場合、映像と音声にタイムラグが発生することがあります。面接当日スムーズに面接が進むように、事前に環境の確認をしておくとよいでしょう。

1.web環境のチェック
安定したWi-Fiや有線LANケーブルが整っている場所で行うようにしましょう。自宅のインターネット環境に不安を感じたら、ネットカフェやオープンスペースなどインターネット環境の整った公共の場所を利用するのもOKです。ただし、周囲が騒がしいと面接官が聞き取れなくなることもあるので、できるだけ個室を利用しましょう。

2.背景の映り込みを意識する
自室で面接を行う場合、部屋が散らかっているとその様子から「だらしのない人」と判断されることもあります。シンプルな壁やカーテンを背景にするか、背景画像の変更機能などを利用するようにしましょう。

3.カメラのチェックとイヤホンを準備
カメラを搭載していないパソコンを使用する場合、別途外付けのwebカメラが必要となります。同様にスピーカーを搭載していないパソコンは外付けのスピーカーまたはイヤホンが必須。声の聞こえにくさの解消には、マイク付きのイヤホンがあると便利です。

進学しなかった理由をまとめておこう

高卒者が面接で必ずといっていいほど聞かれるのが、「なぜ進学ではなく、就職という進路を選んだのですか?」という質問です。実際のところ、「勉強が嫌い」「早くお金を稼ぎたい」「進学したかったけど金銭面で諦めた」「家庭の事情」など理由は様々あると思いますが、これらの回答は“仕方なく働く”という印象が強いため、働く意欲があまりない印象になってしまいがちです。そこで、少し表現を変えてポジティブに答えることを心がけましょう。
「一人前の社会人として自立した生活を送りたい」「ここまで育ててくれた両親の支えになっていきたい」「進学をしたい気持ちもあったが、きちんと学費を稼いでから通信で大学に通うという夢を叶えていきたいので就職を選んだ」など、さらにその先の目的や、前向きな気持ちがくみ取れるような答えであれば好印象を与えることができるでしょう。面接では、これ以外の質問にも全て“ポジティブに答える”ことが正社員への近道です。

フリーターで働いていた理由やブランクの理由をまとめておこう

高校卒業後にフリーターの時期を経て就職活動をする人が面接で聞かれる質問が、「なぜフリーターをしていたのか?」「ブランクがあった理由」などです。ここで臆してはいけません。面接官が見ているのは、働く意欲の有無。「就職後は真面目に働いてくれるのか」「スキルアップをしたいなどの向上心はあるのか」という部分を見ているので、フリーターをしていた理由をきちんと伝えることが大切です。
実際にフリーターをしていた理由が「目標があったから」「学生時代から続けていたバイト先でスキルアップを目指していたから」など前向きなものであれば、「その夢への情熱を仕事に向けたい」という気持ちを伝えることが重要です。また、「働くことが嫌だった」という後ろ向きな理由の場合は、正社員になりたいと思うようになった気持ちの変化を素直に答えましょう。
採用担当者は、フリーターの時期を経て今後どうなっていきたいと思っているのか、意欲を確認しているので、フリーターの時期や休職期間をどう過ごし、今後どうしていきたいかを伝えましょう。

▼関連記事
高卒フリーターが面接を受けるときのコツ

高卒フリーターから正社員を目指す方法

高校を卒業して数年経ち新卒ではなくなってしまったという方も、もちろんチャンスはあります。フリーターを経ての就職活動は、アピールによっては即戦力として期待されることもあるので、強みにできます。ここでは高卒フリーターから正社員を目指す方法を2つお伝えします。

アルバイトや派遣から正社員を目指す

アルバイトから正社員を目指す場合、大きく分けて2つの方法があります。一つ目は正社員登用制度を利用して正社員を目指す方法、そしてもう一つは中途採用の正社員求人に応募する方法です。
正社員登用で正社員を目指す場合、アルバイトとして入社してから正社員になれるまで、長い場合だと年単位の時間がかかるというデメリットはあります。しかし、入社のハードルは正社員ほど高くはないので上場企業や大手企業に入社できる可能性も高まります。一方、中途採用で正社員を目指す場合は、内定が出ればすぐに正社員として働くことができます。
また、派遣社員から正社員を目指すという道もあります。派遣社員として一定期間働いたあと、派遣先の企業に直接雇用してもらえるか審査をしてもらえる紹介予定派遣制度です。紹介予定派遣の場合は実際に派遣社員として働く「お試し期間」があるため、人柄や働きぶり、職場の雰囲気などが明らかになります。そのため、雇用のミスマッチが起こりにくいことが特徴です。派遣社員と派遣先企業の双方の希望が合致すれば、直接雇用となる可能性があります。

転職エージェントを活用する

新卒は学校の先生に相談しながら就活を進められますが、既卒の人は自分だけで就活をしなくてはいけません。1人で自分に合った仕事を探すのは不安だという人は、就職支援サービスを活用するという方法がおすすめです。 求人の紹介はもちろん、就職活動のサポートもしてもらえます。
特に高卒やフリーターという理由で就職活動に不安を感じている方は、若年層に特化した就職支援サービス「ハタラクティブ」がおすすめです。 ハタラクティブでは、専門の就活アドバイザーがカウンセリングを行い、あなたにぴったりのお仕事をご紹介。学歴不問・経験不問の求人はもちろん、若手歓迎の求人を多数取り扱っており、ほかの求人サイトには掲載されていない非公開求人の情報も得られます。履歴書の書き方や面談対策、入社前準備などの手厚いフォローも受けられるのもうれしいポイント。就活アドバイザーが、あなたの就職活動を全力でサポートします。

▼関連記事
高卒向けの就職支援サービス

高卒でも正社員就職しやすいおすすめの職種と求人の探し方

高卒で正社員就職を目指す際、特に正社員就職しやすい求人や職種には特徴があります。ここでは、おすすめの職種と求人の探し方をお伝えします。

正社員で採用されやすい求人の特徴

高卒からの就職活動では、「学歴不問」「未経験歓迎」という応募条件の求人を探すことが近道となるでしょう。また、条件を絞りすぎないことも重要です。あまりにたくさんの条件を設けすぎてしまうと、全てを満たす仕事が一つも出てこない可能性もあるので要注意です。
募集されている求人をよく調べると、高卒から正社員として採用されやすいジャンルの業界があるとわかるでしょう。

それぞれジャンルは異なりますが、「人と接する仕事」もしくは「専門職」に該当する仕事が多いようです。 たとえば、新卒で不動産業界に就職して営業スキルを身につけ、セールスマンとして成功している人もいれば、大工などの専門職に就いて経験を積み、早く技術を身につけたいと考える人もいるでしょう。
また、学歴に関係なく多くの人が活躍している分野の求人には「不動産業」「飲食業」「IT・メディア事業」「医療・介護サービス」「建築・製造業」「ホテル・レジャー産業」「美容業界」があります。こうした求人はそもそも学歴不問・未経験歓迎で募集していることが多く、人柄で採用されることも多々あります。「人と話すことが好き」「何かを作ることが好き」など、自分の適性や特技に合った仕事の求人に絞ると、仕事探しや就活の際の迷いがぐんと減らせるはずです。

高卒から目指す正社員!狙い目の職種とは?

高卒向けに募集されている正社員求人の傾向から、職種の特徴について解説します。まず、建築業や製造業、IT事業などの求人では、職人や機械オペレーター、プログラマーなど、その分野の専門知識と技術を要する職種が多く見られます。 勤続年数に比例して技術や経験値の上がりやすい職種ですが、スキルアップやキャリアアップのために専門資格の取得を目指す人も多いようです。

次に、営業職や販売業、接客業、サービス業など、人と接することで交渉や販売、サービス提供をする仕事の求人があります。 不動産会社の営業マンやショップ店員、飲食店での接客スタッフやホテルマンなどは、自分自身の頑張りが売り上げとして結果に表れるので、成長を実感できる職種です。美容師やエステティシャン、介護士スタッフなどは、専門技術とコミュニケーション力で顧客との信頼関係を築く職種だといえるでしょう。 結果が数字に表れやすいぶん大変なこともあるかもしれませんが、やりがいのある仕事も多い職種です。 世の中にどのような職種があるのかを知れば知るほど、就活における選択肢が広がります。求人を探す際、職種選びの参考にしてみてください。

▼関連記事
高卒の就職先選びで大事なことは?正社員になるメリットとおすすめの職種

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ