楽な仕事徹底解説!自分に合う仕事は?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 楽な仕事徹底解説!自分に合う仕事は?

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・同じ仕事でも楽に感じる人とそうでない人がいる。自分にとっての楽を考えよう

    ・ルーチン業務、デスクワークで楽な仕事は「事務職」

    ・単純作業で楽な仕事は「工場勤務や期間工」

    ・プレッシャーがなくて楽な仕事は「清掃員」

    ・対人ストレスが少なく楽な仕事は「バスの運転手」

    ・時間に追われず楽な仕事は「ビルメンテナンス」や「マンション管理人」

    ・業務パターンが少なくて楽な仕事は「警備員」

    ・個人業務で楽な仕事は「トラック運転手」

    ・自分で時間配分できる楽な仕事は「タクシー運転手」や「ルート営業」

    ・ノルマがなくて楽な仕事は「自動車教習所指導員」

    ・静かな環境で働ける楽な仕事は「図書館司書」

    ・稼げる楽な仕事は「大学職員」

    ・安定していて精神的に楽な仕事は「団体職員」

    ・休日が多く楽な仕事は「学校事務」

仕事には職種ごとの苦労がありますが、自分にとって楽な仕事を見つけることは可能です。
今回のコラムでは、ある特定の条件から見た楽な仕事を紹介します。人間関係が苦手な人、ルーチン業務が好きな人…どんな人にも、その人が「やりやすい」と感じられる仕事があるでしょう。
楽な仕事への就職を考えている方は自分の向き不向きを分析し、適性にあった職種を見つけるのがおすすめです。

◆楽な仕事は存在する?

「楽な仕事を探したいがそんな職業はない…」と思う方は少なくないでしょう。しかし結論からいえば、世の中に「楽な仕事」は確かに存在します。どうしてそう言えるのでしょうか。

 

仕事にはその職種ならではの苦労がつきものですが、全ての仕事に長時間労働による負担や対人的なストレスが伴うかというと、そういう訳ではありません。なぜなら職種ごとに業務の内容は異なり、働き方や目的が違えば、メリットやデメリットは変わってくるからです。

ここでは「自分にとって楽な仕事」とは何かを考えていきましょう。

◆自分にとっての「楽」を考えよう

仕事にはそれぞれ、その職業ならではの良さと大変な部分があります。

楽な仕事を探すにあたって大切なのは、「自分にとって何が楽なのか?」を明確にすることです。

 

「楽」とひとことで言っても、当然人によってその感じ方は様々。

例えば、業務量が少なく暇な仕事を楽だと感じる人もいれば、暇な時間が苦手で忙しい方が楽と思う人もいるでしょう。

対人関係にストレスを感じやすい人にとっては自分のペースでできる仕事が楽ですが、仲間と助け合って仕事をしたい人にとっては、チームワークが築かれた職場の方が楽なのではないでしょうか?

ほかにも座り仕事の方が楽だという人もいれば、デスクワークよりも立ち仕事の方が楽という人もいます。

 

紹介した例から言えるのは、同じ仕事であってもその仕事を楽だと感じる人もいれば、そうではない人もいるということ。自分にとっての楽な状況とは何か、仕事に求める優先事項は何なのかを考え条件を絞っていくと、理想の仕事を見つけやすくなるでしょう。

 

次の項目では、それぞれある特定の条件から選んだ、楽な仕事をご紹介します。あなたにとって「楽な仕事」はどんな仕事でしょうか。参考にしてみてください。

◆楽な仕事ってどんな仕事?条件から探す楽な仕事

◇ルーチン・デスクワークの楽な仕事

ルーチン業務をメインとするデスクワークは、想定外の仕事が飛び込んでくることがあまりないため、自分のペースで業務を進められる点が魅力といえるでしょう。

日々の業務が定型的な仕事は、業務内容や環境が変化するのが苦手という人にとって楽な仕事といえるかもしれません。

また、室内でのデスクワークは、季節や天候に関係なく快適に過ごせるのも利点です。営業職などと違って外部の人と頻繁に顔を合わせることも少ないため、毎日同じ顔ぶれに囲まれた環境で仕事をすることになります。

 

新しい仕事に次々と取り組んだり、環境が変化したりするのが苦手な方にとっては、ルーチン業務のデスクワークは最適の仕事といえるのではないでしょうか。

デスクワークの代表的な仕事といえば、事務職が挙げられます。事務職の仕事は一見単調な作業に見えて企業の経営に欠かせないもので、会社の中では縁の下の力持ちといえる存在です。

事務職について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1587/

◇単純作業で楽な仕事

複雑な作業を覚えるのが好きではないという方にとって楽なのは、工場などでの単純作業をメインとする職種。

工場で行う製品の梱包や組み立てといった仕事は作業の内容がわかりやすく、一度覚えてしまえば悩んだり戸惑ったりすることなく進めていける点で楽な仕事といえるでしょう。

出来上がった商品の検品作業などは未経験者でも簡単に始めることができるほか、手順がマニュアル化されている場合が多いので、検査項目を覚えた後はスムーズに仕事に取り組めるのではないでしょうか。

状況に応じて臨機応変に仕事のやり方を変える必要がないのが工場勤務の特徴。

目の前のことを一つひとつ片付けていきたい、与えられる指示に従って作業したいという方は、工場での仕事に向いているといえるでしょう。

期間工について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1502/
工場勤務について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1351/

◇責任(プレッシャー)があまりない気楽な仕事 

仕事の責任はやりがいにもなりますが、過度なプレッシャーは大きな精神的負担になってしまいます。

責任の大きな職種では、業務外の時間にも仕事の心配をするようになり、休日を心から楽しめないという人も。

お給料の分をしっかり働いて、あとは仕事に悩まされずプライベートを充実させたいという人にとっては、責任が少ない仕事が楽な仕事といえるかもしれません。

 

プレッシャーが少ない仕事に共通する特徴は、結果責任を取る必要がない、ミスをしても周囲に大きな影響が出ないことなど。

プレッシャーがかかると本来の力が発揮できないという人にとっては働きやすい環境といえるでしょう。

例えば、清掃員の仕事などは対人関係やミスに対するプレッシャーが少なく、自分のペースで着実に仕事を進められます。清掃の仕事は決められた場所を綺麗にするというシンプルなものでありながら、他の人が気持ちよく施設を使えるよう裏で支える社会的な貢献度の高さにやりがいを感じる人も多いようです。

清掃員について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1492/

◇対人関係のストレスがなく楽な仕事

職場での対人ストレスは退職理由の上位にランクインする項目であることからも、心地よい人間関係が保たれているかどうかが、職場環境においていかに重要かわかるのではないでしょうか。個人間のトラブルはなくても、同僚同士の派閥争いや雰囲気の悪い職場環境は仕事上のストレスを招く要因に。

対人ストレスの少ない環境では、上司や同僚とのコミュニケーションがスムーズで居心地が良いため、心身のバランスを保ちやすくなる、物事に集中しやすくなる、一致協力しやすいといったメリットがあります。

就職や転職を考える際は、給与や待遇など以外にも、その企業の風土や職場環境についても知ることが大切です。例えば従業員の平均勤続年数が長い企業は、それだけ長く働きやすい環境が整っていることの表れといえるでしょう。

 

対人ストレスが比較的少ない職種の一例としては、バスの運転手が挙げられます。

乗客や他のドライバーと接することもありますが、基本的には単独で行う仕事内容のため、他のスタッフと競うこともなく、対人ストレスを感じにくいという特徴があるようです。

特に送迎バスは観光バスなどと違って移動距離が短いため、長時間の運転で生活のペースが不規則になることがありません。毎日同じ道を走るので一度覚えるとルートを誤る心配がない点も、仕事のストレスを感じにくい要素といえるでしょう。

バスの運転手について詳しく知りたい方はこちらの記事へ  https://hataractive.jp/useful/1510/

◇時間に追われずにできる楽な仕事

時間に追われる業務内容が苦手な人にとっての楽な仕事は、業務がシンプルでマイペースを保てる仕事ではないでしょうか。

 

業務内容が複雑でない仕事は誰でも始めやすく、求人に応募すれば比較的容易に採用が決まるというメリットもあります。

色々考えて複雑な工程をこなすよりは、単純な作業に携わりたい、わかりやすい業務を繰り返したいという方は、業務内容がシンプルであることを条件に仕事を探すと良いでしょう。

 

複雑な業務を時間をかけて覚える手間や業務上の悩みが発生することが少ない仕事の職種名を挙げるなら、例えばビルメンテナンスやマンション管理人があるでしょう。この2つはビルやマンションの電気・空調設備等の保守点検を行う職種で、快適な住環境やきれいな商業施設を影で支える存在です。


マンション管理人について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1509/
ビルメンテナンスについて詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1493/

◇やること(業務内容のパターン)が少ない楽な仕事

複数のタスクを効率的に進めるには、優先順位をつけて一つずつ終わらせていったり、メモに書き出してやるべき仕事をリスト化する必要があります。

しかし複数のタスクを扱うのが苦手で、ひとつの業務内容に取り組むほうが自分の力を発揮できるという方もいるでしょう。

 

「業務の種類の多さに追いつけず、ミスを繰り返してしまう…」

そんな方は、警備員をはじめとする業務のパターンが少ない仕事に就いて、与えられた仕事に着実に取り組むほうが楽だと感じるかもしれません。

オフィスビルに勤務する施設警備員の仕事内容は、入退室の確認や見回り、施錠管理などで、施設によっては事務所で待機している時間が長くなります。

不審者が侵入するトラブルが起こった際には平時と異なる対応が求められますが、勤務日の多くは比較的シンプルな業務をこなす警備員。多くのタスクを同時進行する必要がない点で考えれば、警備員は楽な仕事といえるのではないでしょうか。

警備員について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1506/

◇個人業務で精神的に楽な仕事

個人業務に向いていて近距離での人間関係が苦手な方にとっては、マイペースかつ職場の人付き合いから距離を置いて勤務できる職種が楽な仕事といえるかもしれません。

上司や同僚と連携をとる仕事ではなく、自分の裁量で働ける環境を条件として仕事選びをすると良いでしょう。

 

周囲との関係を気にせず働ける職種の一つとして、トラックの運転手が挙られます。

乗客を相手にするわけではないという点で、トラックの運転手は先述のバス運転手よりもさらに個人業務の色合いが濃い仕事です。

トラックドライバーは基本的に一人で運転して荷物を配送する仕事であるため、職場の仲間とのチームワークを求められたり密度の高い人間関係に囲まれたりすることはありません。

トラック運転手について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1507/

◇自分のペースで進められる楽な仕事 

自分のペースで進められる仕事には、周囲の影響を受けるストレスがなく、自分なりのペース配分や仕事のスタイルを保てる利点があります。また、職種によっては働く時間を自由に決められる場合もあり、家事や育児、趣味といったプライベートと両立しやすいのがポイント。

時間配分に自由がきく仕事の例としては、タクシー運転手やルート営業があり、前者は会社が出す条件に沿っていれば、休憩時間や客を待つ場所は自由であることが多いのが特徴です。

また、ルート営業もタクシー運転手と同様、会社を出てしまえば外回りのスケジュールを自分で決められる場合が多いため、自由な営業スタイルで仕事に取り組めます。既存の顧客を巡るルート営業は飛び込みや電話で新規開拓をする必要がないため、その点での負担も少ないでしょう。


タクシー運転手について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1508/
ルート営業について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1491/

◇ノルマがなくて楽な仕事 

ノルマのある仕事は、達成に喜びを感じる人がいる一方で、負荷の高い目標設定に疲弊してしまう人も少なくありません。会社が決めた目標にモチベーションを感じられないという人は、ノルマではなく自分なりのやりがいを見つけながら取り組める仕事がおすすめです。

ノルマのない仕事ではシビアに数字に追われることがないため、精神的な余裕をもって仕事に取り組めるのではないでしょうか。

ノルマがないという点で楽な仕事といえるのは、自動車教習所の指導員。

免許取得を目指す人に運転技術や交通ルール・マナーを指導するのが主な仕事内容で、人に物を教えるのが好きという方に適性があるでしょう。ノルマをこなすのではなく、一人ひとりに合った指導法やわかりやすい説明の仕方を考えるのが、指導員に求められるポイントです。

自動車教習所指導員について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1511/

◇静かで落ち着いた環境で働ける楽な仕事 

たくさんのお客さんが訪れる店舗や、ひっきりなしに電話が鳴り響くオフィス。そんな環境は活気ある雰囲気が好きな人には良いものですが、賑やかな職場が苦手な人は働きづらいと感じることがあるかもしれません。

静かな職場は仕事と関係がない雑談が苦手な人、ほかの人に干渉されずに業務を進めたい人にとってストレスが少ない環境といえるでしょう。

周囲の雑音に邪魔されることなく仕事に没頭できるので、集中して業務を効率化したり生産性を高めたい人に適しています。

そんな音の少ない職場で働ける職種のひとつに、図書館司書が挙げられます。

図書館は訪れる人たちが読書に集中する場所なので、静かな環境に居心地の良さを感じる人にとっては、楽な仕事といえるでしょう。

図書館司書の主な仕事内容は本の貸し出しや返却、蔵書の整理や図書館で開催されるイベントの企画準備など。本に囲まれた落ち着いた環境で仕事をしたい方は、司書についての情報をチェックしてはいかがでしょうか?

図書館司書について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1500/

◇楽で稼げる仕事

待遇が良くて稼げる仕事は、多くの人にとって憧れの的。まとまった給与が得られ、なおかつ長時間の残業がない職種は心と時間に余裕をもたらし、プライベートを豊かにしてくれるでしょう。ワークライフバランスを大切に働きたい方にとって、待遇が良い稼げる職種は見逃せません。

大学職員は国立・私立間での差はあるものの、待遇が良いことから人気の仕事のひとつです。大学職員は学生に学問を教える教授や準教授とは異なり、大学の運営を担う職種。大学の広報活動や制度づくり、学生の進路のサポートまで様々な業務に携わります。大学職員の仕事は残業が少ない場合が多く、経営状態の良い私立大学では年収がかなりの額になることも。

楽で稼げる仕事は倍率が高く採用の難易度は高くなりますが、それでも興味があるという方は以下にご紹介するページで大学職員の仕事の詳細をチェックしてみてください。

大学職員について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1501/

◇安定していて精神的に楽な仕事 

転職を繰り返してキャリアアップするよりは、一つの職場で安定して働きたいという人も少なくありません。

安定した経営基盤を持つ企業に正社員として就職すると、将来への不安が少なくなり、ライフプランが立てやすくなるのがメリットです。仕事がなくなる心配が少ないので、精神的に楽な状態で働くことができるでしょう。

倒産や解雇のリスクがない職業として代表的なのは公務員ですが、公務員以外の非営利団体も民間の企業と比べて倒産の可能性が低く、そこで働く団体職員は安定した地位にあるといえます。

団体職員と一言にいっても、就職先は学校法人や医療法人、農協や弁護士会など様々。大学職員と同様採用の倍率は高い傾向にありますが、雇用の安定を重視する人は検討してみると良いかもしれません。

団体職員について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1586/

◇休みが多い楽な仕事

休日の多さを楽と捉える人にとっては、休日数が充実した仕事が楽な仕事。休日が多いとプライベートで仕事の疲れを充分にリフレッシュできるというメリットがあります。

連休が取りやすい職種では旅行などのイベントを企画しやすく、まとまった時間で資格取得や語学などの勉強に集中することも可能。

休日が多い仕事に正社員として就けた場合、仕事と余暇の両方が充実するでしょう。

 

ここで休みが多い仕事の例としてご紹介したいのが、学校運営に関わるあらゆる事務を担当する、学校事務の仕事です。学校事務は学期中は土曜出勤する場合もありますが、春・夏・冬休みに長期の休みがとれるのが魅力といえるでしょう。

学校事務について詳しく知りたい方はこちらの記事へ https://hataractive.jp/useful/1588/



この記事では、さまざまな角度から見た「楽な仕事」についてご紹介しました。

あなたにとって楽なのは、どんな条件の仕事だったでしょうか。

自分にとって「楽」と思える仕事を見つけたい、そもそも自分がどんな仕事に向いているのかわからないという方は、就職のプロに相談してみませんか?

ハタラクティブでは、アドバイザーが一人ひとりとマンツーマンでカウンセリングを行ない、その方に合ったお仕事の提案を行っています。

就職や転職活動で悩んでいる方は、まずはお気軽にご相談ください。

関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ