楽な仕事はこの世の中には存在しないの?上手な転職の仕方を紹介!

楽な仕事はこの世の中には存在しないの?上手な転職の仕方を紹介!の画像

【このページのまとめ】

  • ・世の中には楽な仕事と呼ばれる職業がたくさんある
  • ・人によって楽な仕事の概念は異なる
  • ・精神的や肉体的に負担がかからないことが多くの人の楽な仕事の条件になる
  • ・充分な収入を得られることが楽な仕事の判断基準になることが多い
  • ・楽な仕事を見つけたいなら転職エージェントを利用しよう

「この世の中に楽な仕事なんてあるの?」「どうすれば楽な仕事に就けるの?」などの疑問を抱えている方も多いのではないでしょうか?
楽な仕事の判断基準は人によって異なりますが、該当する職業はたくさんあります。
このコラムでは、楽な仕事として良くランキングに入る職業や、どうすれば自分の願いを叶えられるかを紹介。今の仕事に疲れ切って、精神や体力の限界が近づいている方は、ぜひご覧ください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

世の中に楽な仕事は存在するの?

結論から言うと、世の中には楽な仕事はたくさんありますが、「楽」に対する感じ方は人によって異なります
「楽な仕事なんてこの世の中には一つもない」と言い切る方も少なくないようですが、その人にとっては辛く厳しい仕事でも、他の人が楽だと思えば、その人たちにとっては楽な仕事なのです。
また、これまでは自分にとってかなり辛い仕事をしてきた方が、転職をして仕事を辛いと思わなくなれば、その人は新しく就いた職業を「なんて楽な仕事だ!」と感じるでしょう。
つまり、楽な仕事に就きたいなら自分にとって何が楽なのかを明確にするのが最優先。次項では一般的に「楽」だと言われる仕事の特徴を紹介します。
自分にとって楽な仕事の探し方を知りたい方には、向いている仕事を知る方法などが書かれているコラム「仕事は楽が一番?適職を見つける仕事観」をおすすめします。

楽な仕事の7つの特徴

楽な仕事の概念は人によって異なりますが、一般的に楽だと言われる仕事の特徴を7個紹介します。

1.精神的ストレスが少ない

精神的なストレスをほとんど抱えない仕事を、「楽な仕事」と感じる人は多いようです。
仕事で精神的なストレスがかかる原因はさまざまですが、特に職場の人間関係に悩まされている方が多いのが現実となっています。上司や同僚とのコミュニケーションがしっかりとれていて、職場に居心地の良さを感じていれば、多少仕事内容は大変でも、楽な仕事と感じてずっとこの職場で働きたいと思うようです。

2.体力的な負担が少ない

体力的に負担が少ない仕事を、「楽な仕事」と思う人もいます。特に工事現場など体を酷使する仕事を経験したことがある場合は、1日中座って仕事ができるデスクワークを楽だと感じることがあるようです。

3.ルーティンワーク

一定の手順にしたがって進めるルーティンワークを、「楽な仕事」だと感じる人もいるでしょう。
最初からマニュアルが完備されているルーティンワークであれば、自ら進んで業務を管理したり試行錯誤したりする必要はなく、「考える」コストを使わなくて済む点がメリットです。

ルーティンワークと同様に単純作業を楽な仕事の特徴に当てはまります。未経験者でもすぐにはじめることができて、やり方を変える必要がなく、体を酷使しなくて良い仕事が単純作業やルーティンワークに該当します。ただし、中には同じ作業の繰り返しに退屈さを覚え、仕事をしている時間を長く感じてしまう人もいるようです。

4.責任が少ない

「責任が少ない」のも楽な仕事の特徴の一つ。責任のある仕事を任されると、大きなやりがいにもなりますが、結果や過程が思い通りにいかなかった場合は、プレッシャーがかかることになります。
最初は楽しく働けていたのに、役職が就いたりリーダーを任されたりすると、責任を重たく感じて仕事が辛くなってしまう方もいるでしょう
特に、人の人生を左右する仕事、大金を扱う仕事、人の命を守る仕事などは、重たく感じる方は多いようです。

5.時間に追われることがない

時間に追われずできる仕事を「楽な仕事」と捉える人もいます。作業が単純でも、時間内に仕事を終わらせなければいけない場合は、それがプレッシャーになって楽な仕事と感じられなくなることも。
仕事内容は単純では買ったとしても、時間制限がなければ常にマイペースに取り組めるため、その点に楽さを感じる人もいるようです。

時間制限があったとしても、自分のペースで進めることができる仕事なら、周囲からの影響を受けることなくストレスを感じないこともあります。特に上司などに干渉されずにできて、在宅ワークなど働く場所を限定されなければ、より楽な仕事となるでしょう。詳しくは、自分のペースで進められる仕事などを紹介しているコラム「人生一度きり!精神的に楽な仕事へシフトチェンジ」をチェックしてみてください。

6.ノルマがない

営業職や販売職の方の中には「ノルマがなければ楽」と思う方も多いでしょうか。ノルマを達成したときには喜びを感じることができますが、達成できなかったときにはストレスとなります
特にシビアな数字に追われて毎日仕事をすることを余儀なくされている場合は、気が休まる時間もなく、精神的に疲弊してしまう人もいるでしょう。

7.労働条件が良い

労働条件が良ければ「楽な仕事」と感じる人は多いようです。毎日確実に定時で帰宅できる、自由に休みがとれる、時短勤務ができる、リモートワークが可能、仕事の質や量に対して高収入などは、労働条件が良い仕事に当てはまります。

そのほか、正社員で楽な仕事を見つける方法を知りたい方は、楽な仕事の特徴などを詳しく紹介しているコラム「正社員で楽な仕事を見つけるには?男性と女性で違う人気の求人も」もおすすめです。

「楽な仕事」として人気の職種とは?

ここでは一般的に「楽な仕事」として人気の職種を紹介します。

1.事務・受付

事務や受付の仕事は、多くがデスクワークでありほとんど肉体労働を強いられることもなく、最近ではルーティンワークが主流となっていることから、「楽な仕事」として選ばれやすいです。
どちらも女性を対象にした求人募集が多く、結婚や出産を控えている方でも続けやすく、残業が少ないことも大きな特徴となっています。

2.工場の製造ライン

工場で行う製品の梱包や組み立てといった仕事は作業の内容がわかりやすく、一度覚えてしまえば悩んだり戸惑ったりすることなく進めていける点で楽な仕事といえるでしょう。
出来上がった商品の検品作業などは未経験者でも簡単に始めることができるほか、手順がマニュアル化されている場合が多いので、検査項目を覚えた後はスムーズに仕事に取り組めるのではないでしょうか。状況に応じて臨機応変に仕事のやり方を変える必要がないのが工場勤務の特徴。
目の前のことを一つひとつ片付けていきたい、与えられる指示に従って作業したいという方は、工場での仕事に向いているといえるでしょう。

3.警備員

不審者が侵入するトラブルが起こった際には平時と異なる対応が求められますが、勤務日の多くは比較的シンプルな業務をこなす警備員。多くのタスクを同時進行する必要がない点で考えれば、警備員は楽な仕事といえるのではないでしょうか。「安全の裏に警備員!気になる仕事内容」のコラムでは警備員の仕事内容、メリット/デメリットについて詳しく解説しています。気になる方はあわせてご一読ください。 

4.管理人

マンションなどの管理人の仕事は、色々考えて複雑な工程をこなすものではなく、単純でわかりやすい業務を繰り返しという点で「楽な仕事」といえます。住み込みでできる職場を選べば通勤時間などが発生しないのもメリット。ただし、管理人の仕事は、点検や清掃の他にも受付業務や住民のトラブルに立ち会わなくてはいけないこともあるため、ある程度のコミュニケーション能力や対応力が必要となります

5.ビルメンテナンス

ビルメンテナンスの仕事は、基本的には清掃や設備管理のルーティンワークがメインで、残業も少ない傾向にあるため「楽な仕事」をして選ばれています。人付き合いも限られていて、人間関係に悩まされにくい仕事です。

6.ルート営業

一般的な営業の仕事には辛さを感じる方も多いと思いますが、ルート営業はノルマもそれほど厳しくなく、新規開拓をすることがほとんどないため、営業の中では比較的「楽な仕事」といえるでしょう。

ルート営業は会社を出てしまえば外回りのスケジュールを自分で決められる場合が多いため、自由な営業スタイルで仕事に取り組めます。既存の顧客を巡るルート営業は飛び込みや電話で新規開拓をする必要がないため、その点での負担も少ないでしょう。

7.長距離ドライバー

トラックドライバーは基本的に一人で運転して荷物を配送する仕事であるため、職場の仲間とのチームワークを求められたり密度の高い人間関係に囲まれたりすることはありません。そういった点から「楽な仕事」と感じる方も多いようです。
ただし、車の整備をしたり、荷物の積み下ろしをしたりするのに体力を使うため、肉体的にはそれほど楽な仕事ではありません。

楽な仕事の4つの判断基準

何を持って「楽な仕事」と捉えるのか、ここでは一般的な4つの判断基準を紹介します。

1.仕事内容に対して十分な収入が得られる

業務内容に対して自分が想定している給与を大きく上回るようなら、「楽な仕事」だと判断できるでしょう。反対に、高収入であったとしても仕事量が多すぎたり勤務時間が長すぎたりする場合には、楽な仕事とは判断しがたいとえいます。

2.心身の負担が少ない

たとえ充分な収入が得られなくても、肉体的や精神的な負担が少ないことを「楽な仕事」の判断基準にしている方も多いようです。
一定の収入を得られるなら、無理に心身に負担がかかる仕事を選ばないと考える方も増えているようです

3.経営が安定している

経営が安定しており、将来的に傾く心配のない企業や業界での仕事を「楽」と判断することもできます。忙しさや成績を求められがちな人気の大手企業より、知名度は低くとも安定した利益を出している中小企業での仕事の方が「楽」だと感じる人もいるでしょう。

4.休みが多い

プライベートを重視したい人にとっては、休みの多さが楽な仕事の判断基準の一つになるようです。休みが多ければ、仕事の疲れをリフレッシュできますし、趣味の時間を充実させることもできるでしょう。連休が取りやすい職種では旅行などのイベントを企画しやすく、まとまった時間で資格取得や語学などの勉強に集中することも可能です。

楽な仕事に就くためにすべき3つのこと

楽な仕事に就くためにすべき3つのことを紹介します。
たまたま選んだ仕事が楽だったということもありますが、そうなる確率は極めて低いのが現実です。

1.自分にとって楽な仕事を見極める

このコラムでも紹介しているように、世の中には楽だと言われる仕事はたくさんありますが、まずは自分にとって楽な仕事かどうかを見極めなくてはいけません。「ストレスフリー」「体力を使わない」「多少仕事がハードでも高収入が得られる」「休みが多い」「時間に追われない」など、どういった要素が自分の楽の基準なのかを知りましょう。
自分にとっての「楽」がどういうことか分からないなら、自分がどんなことに対して我慢できないかを洗い出してください。また、仕事以外で自分が何をしているときに楽しさを感じられるかを考えて、それらを紙などに書き出してみれば、自分に合った「楽な仕事」が見つかります。

2.面接などで条件などを詳しく確認する

自分で「楽な仕事」」と思って仕事に就いても、働いてみたら思っていた内容と違ったということは良くあります。そのようなミスマッチを防ぐためには、面これから自分が行う仕事内容や条件面を詳しく確認することが重要です。疑問を残したまま仕事に就かないように、面接では聞きたいことをリストアップしておき、質問するようにしましょう。

3.転職エージェントを利用する

楽な仕事に就きたいなら、転職エージェントを利用するのも良い方法です。転職エージェントであれば、求職者の疑問や不安に親身になって相談に乗ってくれて、その人に合った職場を紹介してくれます。

「この世の中に楽な仕事なんてあるの?」「どうすれば楽な仕事に就けるの?」などの疑問を抱えている方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
経験豊富なキャリアドバイザーが、あなたの悩みや要望を丁寧にヒアリングして、理想の職場を紹介します。転職の際に必要な面倒な各種書類の作成のお手伝いや、面接対策まで幅広くサポートさせていただきます。ハタラクティブが納得のいく転職を実現いたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION