美容業界の仕事

美容業界の仕事の画像
こんなお悩みありませんか?
例えば
  • どの求人に応募すればいい?
  • 受かりそうな求人はどれ?
  • 希望に合う求人の探し方がわからない・・
どんな仕事が合うかからお伝えします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

美容業界とは

美容業界とは、「お客さまの美をサポートする業界」です。美容業界で働く方には、美のプロフェッショナルとして顧客の悩みに寄り添う繊細さや、美を追求するストイックさが求められます。「お客さまをきれいにしたい」「自分自身もきれいであり続けたい」という思いがあれば、現場で活躍できるでしょう。
以下では、美容業界の代表的な業種や必要な資格・スキルなどを紹介します。

代表的な仕事

美容業界の代表的な業種は、「美容室」「理容室」「エステサロン」「リラクゼーションサロン」「ネイルサロン」「まつげエクステサロン」「化粧品販売」です。

美容室・理容室

美容室ではカット・カラー・パーマといった施術を用いて、お客さまの髪型をデザインします。髪型だけでなく、まつげエクステ・ネイル・着物の着付けを行っている店舗もあるでしょう。このように美容室は、「お客さまを現状より美しくすること」を目的としています。一方理容室は、「お客さまの容姿を整えること」が目的です。美容室・理容室で行える業務範囲は、美容師法および理容師法によって定められています。

参照元
e-Govポータル
法令検索

エステサロン

エステサロンでは、お客さまの肌や体型の美をサポートします。エステティシャンがカウンセリングを行い、お客さまの悩みに寄り添った施術を提案・実施。店舗ごとに得意とする分野・施術が異なるため、メニューをはじめ顧客の利用目的や年齢層が多様な点も特徴です。チェーン展開している大規模なエステサロンや、個人経営のサロンなどがあります。

リラクゼーションサロン

リラクゼーションサロンではオイルマッサージや足つぼマッサージ、ホットストーンを使用した施術など、店舗ごとに多種多様なサービスを提供しています。美容を目的としたエステサロンとは異なり、お客さまの心身を癒やすことを目的としているのがリラクゼーションサロンの特徴。働くために必須な資格はないものの、仕事で活かせる技術や知識を学んでから入職する方も多いようです。資格保持者に対し「資格手当」が支給される場合もあります。

ネイルサロン

ネイルサロンでは主に、爪の手入れを行う「ネイルケア」、爪に装飾を施す「ネイルアート」を提供しています。現場ではネイリストの資格を持っている方が多く活躍していますが、取得は必須ではありません。未経験からネイルサロンでの勤務をはじめたい方は、入社後の研修が充実している店舗を選ぶと良いでしょう。

まつげエクステサロン

まつげエクステサロンでは、アイリストがまつげパーマやまつげエクステなどの施術を提供しています。まつげエクステの施術をする場合は美容師免許が必須。美容師として活躍していた方が独立し、まつげエクステやまつげパーマを提供するプライベートサロンを開業することもあるようです。

化粧品販売

化粧品販売とは、お客さまへカウンセリングを行い、希望や悩みに応じて化粧品を販売したり実際にメイクを施したりする仕事です。美容部員やビューティーアドバイザー、ビューティーカウンセラーなどが活躍しています。

未経験からチャレンジしやすい仕事とは?

未経験から美容業界に挑戦したい方には、エステサロンやリラクゼーションサロンがおすすめです。美容業界では、資格や専門学校での経験を求められる仕事もあるなか、無資格・未経験から応募できる点がポイント。入社後の研修制度が整っている店舗も多いので、働きながら知識と技術を身につけられるでしょう。就職・転職支援を行うハタラクティブでも、未経験歓迎の求人を多く取り扱っています。美容業界への就職を目指している方は、ぜひ一度ご相談ください。

美容に関連する業界

美容に関連する業界として主に挙げられるのは、ヘルスケア業界やアパレル業界です。

ヘルスケア業界

ヘルスケア業界は、利用者さまの健康維持や健康管理などを行うのが仕事です。フィットネス施設や介護施設などが該当します。心身の健康には美容も大きな影響を与えると考えられており、メイクやハンドケアなどを施せる人材を求める施設も増えているようです。ヘルスケア業界は、日本の少子高齢化に伴い需要が高まっているので、美容業界の発展のためにも関連性を高めていきたい業界といえます。

アパレル業界

アパレル業界は衣類をメインに扱っており、職種は販売員・デザイナー・バイヤーなど多岐にわたります。美容はおしゃれの一環であり、服装に合わせてメイクやヘアのアレンジを変える人もいるでしょう。なかには、ファッション雑誌のヘアメイクを担当する美容師もいるので、美容業界とアパレル業界は近い関係といえます。アパレル業界は流行の変化が激しいため、最新の情報をチェックするのが好きな方に向いているでしょう。アパレル業界の詳細は「アパレル業界の仕事」でご確認ください。

上記のほか、美容サプリメントやヘアケア剤を販売しているドラッグストア、美容機器製造メーカーなども美容業界と関連があります。メーカー勤務の場合、カレンダー通りに休日が設けられている企業が多いでしょう。反対に、接客を伴う職種では、土日祝日は出勤し平日に休む場合がほとんどです。就職先によって勤務体制は異なるため、美容業界へ就職・転職を考えている方は、自分に合う働き方ができる志望先を探してみましょう。

美容業界に必要な資格やスキル

ここでは、美容業界に必要な資格やスキルを紹介します。

業務に必須となる免許

美容師やアイリストは美容師免許、理容師は理容師免許がないと業務に従事できません。美容師や理容師は国家資格であり、厚生労働省が指定した学校を修了したうえで試験に合格する必要があります。

接遇スキル

美容業界において接遇スキルは重要な素養といえます。どれほど高い技術があっても、お客さまの要望を聞く際に不信感や嫌悪感を与えてしまうと、契約やリピートにつながらないからです。飲食店やアパレルショップなどでの接客経験や、接客サービスマナー検定の資格がある方は、選考で評価してもらえる可能性があるので、積極的にアピールしましょう。

業務に役立つ資格

なったり資格手当をもらえたりします。応募者のなかには専門学校を卒業した人や資格を持っている人も多くいるので、無資格・未経験で選考に臨む場合、ライバルと差が出てしまう可能性も。通信講座や独学で試験合格を目指すこともできるので、美容業界で活かせる資格を調べ学んでおくと良いでしょう。

ネイリストやアイリストの民間資格は役に立つ?

ネイリストの資格には「JNECネイリスト技能検定」「JNAジェルネイル技能検定」「I-NAIL-Aジェルネイル技能検定」などがあります。試験の難易度によって1~3級、初級~上級に分かれているため、どの等級に合格したかによって自分の実力を証明できるでしょう。「アイデザイナー技能検定試験」や「まつ毛エクステンション技能検定試験」は、アイリストとしての技術や知識が身についていることを証明する資格です。民間資格は、選考時のアピール材料になるうえ業務にも役立ちます。

美容業界の具体的な職種

美容業界の職種と主な仕事内容は、以下のとおりです。

美容師

美容師は、美容室でシャンプー・カット・カラー・パーマを行うのが主な仕事です。入社直後はアシスタントとして働き、実践的な技術を身につけ集客できるようになると、スタイリストへ昇格します。なかには、店長や独立を目指す人もいるでしょう。ほかにも、フリーランスのヘアメイクアーティストとして活躍したり、アイリストへ転身したりする人もいるようです。

理容師

理容師は美容師と同じく髪型のデザインのほか、ひげ剃り・顔剃りといった「シェービング」を行えるのが特徴です。理容室は比較的、男性客が多い傾向にあります。また、近年ではブライダルサロンや女性専用のシェービングサロンで、うなじや背中のシェービングを施すことも。なお、理容師免許がある人しかシェービング施術は行えません。

ネイリスト

ネイリストはネイルアートを施すだけでなく、爪をきれいにするネイルケアも大事な仕事の一つです。就職先はネイルサロンが一般的ですが、経験を積んでから独立する人もいます。自宅でも開業できるので、結婚・出産後も仕事を続けたい人に良いでしょう。

アイリスト

まつげパーマやまつげエクステなどを行うアイリストは、美容師免許が必須。施術中に目に接着剤が入ったり、角膜を傷つけてしまったりといったトラブルがないよう、専門知識を身につける必要があるからです。就職先はアイラッシュサロンのほか、美容室併設型のサロンもあり、美容師と兼任することもできます。また、フリーランスとして美容室やブライダルサロンの一角を借り、仕事をする方法もあるようです。

エステティシャン

専門の機器や化粧品などを使って、フェイシャルケアやボディケアを行う人をエステティシャンといいます。フェイシャルケアに特化したサロンや、リフレクソロジーなどのリラクゼーションを取り入れたサロンなど、一口にエステサロンといってもさまざまです。就職先はエステサロンのほか、ブライダルサロンやホテルのスパなどもあります。

正社員

エステティシャン

  • 年収 294万円 ~ 412万円

  • 大手企業,未経験OK,賞与あり,安定的な仕事,昇給あり,諸手当あり

美容部員

美容部員は、お客さまの悩みや要望を聞き、化粧品を提案するのが仕事です。実際に、お客さまに化粧を施すこともあります。美容部員に必要なのは商品知識のほか、相手の話をよく聞くヒアリング能力、商品提案力も重要です。また、在庫管理やレジ打ちなど、接客以外の仕事も多いのが特徴。百貨店やドラッグストア、化粧品専門店などが就職先になるでしょう。

アロマセラピスト

アロマセラピストは、精油の知識やマッサージの技術で人を癒す専門家です。専門のサロンのほか、ホテル・温泉施設・鍼灸院などでもアロマセラピーを行う施設が増えています。アロマセラピストを目指す方は、民間資格を取得しておくと就職で有利に働く可能性があるのでおすすめです。仕事内容については、「セラピストとはどのような仕事?種類や目指す方法ご紹介」のコラムで紹介しています。

メイクアップアーティスト

雑誌やテレビ、広告や映画などでヘアメイクを担当するのがメイクアップアーティストです。プロダクションに所属している人や、フリーランスで活動している人がいます。メイクアップアーティストになるには、美容師の資格が必要。資格取得後まずは美容室に就職、あるいはフリーで活躍している人のアシスタントとして経験を積んでから独立を目指すのが一般的です。

リフレクソロジスト

足の裏や手などを刺激して、疲労回復を行うことをリフレクソロジーといいます。痛みをともなわない施術で血液やリンパの流れを良くする効果があるため、高齢者にも提供しやすいのが特徴です。美容業界のなかでは、ヘルスケアに近い仕事といえるでしょう。リフレクソロジストの多くは民間資格を所持しています。就職先はリフレクソロジー専門サロンやエステサロンのほか、整体院・介護施設・ホテル・スポーツジムなど、さまざまな場所で活躍できるでしょう。

美容関連の仕事」のコラムでは、美容師やネイリストなどの仕事内容を詳しく紹介しているので、あわせてご覧ください。

ハタラビット

自分の適職とは?
ハタラクティブで
相談してみませんか?

こんなお悩みありませんか?

  • 自分のやりたいことがわからない…
  • 就職・転職のタイミングがつかめない
  • 就活って、何からはじめたらいいの?

就活に関する不安や疑問にもハタラクティブでは、1つ1つ向き合います!
あなたに合った求人のご紹介だけでなく、今の転職市場のお話や必要な準備など、ご状況に合わせて、専任の担当が丁寧にサポート
今すぐでも、少し先の就活でもOKです!
まずは気軽に相談してみませんか。

未経験OK多数!求人を見てみる

美容業界の現状と課題

ここでは、美容業界の現状や課題を解説します。美容業界を目指す方は、就職後のミスマッチを防ぐためにもしっかりと確認しておきましょう。

美容業界の市場規模

美容業界の市場規模は、業界全体で2兆5,500億円程度といわれています。各業態ごとの市場規模を表にまとめたのでご覧ください。

業態名市場規模
美容・理容1兆5,000億円程度
エステサロン4,000億円程度
ネイルサロン1,200億円程度
リラクゼーションサロン3,300億円程度
アイラッシュサロン940億円程度

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、直接肌に触れる機会が多い美容業界の市場規模は低下しました。しかし、徐々に利用する人が増え、市場規模も回復傾向にあるといわれています。

美容業界の現状

以下では、美容業界のなかでも代表的な、美容室・エステサロン・ネイルサロンの現状を解説します。

美容室

厚生労働省の「令和3年度衛生行政報告例の概況(5p)」によると、2021年度における美容室(美容所)の施設数は26万4,223件でした。下記のデータを参照すると、美容室の施設数は年々増加していることが分かります。

年代美容所の数
2017年度24万7,578
2018年度25万1,140
2019年度25万4,422
2020年度25万7,890
2021年度26万4,223

参考:「令和3年度衛生行政報告例の概況 3 生活衛生関係 表4 生活衛生関係施設数の年次推移(P5)

施設数が多いほど懸念されるのが「生き残り問題」です。厚生労働省の「美容業の振興指針(平成31年厚生労働省告示第58号)(3p)」によると、経営課題として、「施設・設備の老朽化」「客単価の減少」「原材料費の上昇」「水道・光熱費の上昇」などが挙げられています。実際に競合店との市場争いに勝ち残れず、営業が困難になり閉店・廃業するサロンも少なくないようです。

参照元
厚生労働省
令和3年度衛生行政報告例の概況
美容業の振興指針

エステサロン

美容業界のなかでもエステサロンのニーズは高まっています。なかには「癒やし」をコンセプトにしたエステサロンもあり、「癒やされたい」「リフレッシュしたい」と考える人の需要も満たせるからです。また、新型コロナウイルス感染症の影響で運動量が減った人も多く、体型維持のため瘦身エステを利用する人が増えているといわれています。反対に、マスク生活が定着したため、フェイシャルエステの需要は減少傾向にあるという見方も。エステティシャンに求められる技術は、社会動向によって変化するといえるでしょう。

ネイルサロン

ネイルサロンは店舗数が増え続けており、求人数も豊富なのが特徴。しかし、比較的低コストでできる「セルフネイル」の登場によって、ネイルサロンを利用しない人が増えているのも現状です。さらに、新型コロナウイルス感染症の影響で外出する機会が減ったことも、需要減少に関係しているでしょう。一方、近年では女性・男性に関わらず「素の爪をきれいにしたい」と考える人が増えており、ネイルケアへの関心が高まっているようです。

美容業界の課題

近年、美容業界全体でオーバーストア化(需要より供給が大きい状態)が進行しているため、業界内で生き残るにはライバル店とどれだけ差別化を図れるかが重要です。厚生労働省の「美容業の振興指針(平成31年厚生労働省告示第58号)(3p)」を見ると、美容業界では「顧客数の減少」「客単価の低下」「従業員の確保難」が問題になっていることが分かります。また、営業者が考える今後の経営方針については、「接客サービスの充実」が46.1%でトップでした。低コストで質の高いパフォーマンスを提供し、顧客を固定化することが美容業界の課題となるでしょう。また、美容業界には高齢者や障がい者のニーズを把握し、サービスを提供することも求められています。

参照元
厚生労働省
美容業の振興指針

美容業界の将来性

人々の「美と健康」に対する関心は高まっており、美容業界は将来的に発展を続けると考えられます。ただし、日本の少子高齢化の影響によって、求められるサービス内容は変化していくでしょう。ここでは、美容業界の今後の動向について解説します。

美容業界の今後の動向

する機会が増え、身なりに気を使う人が多くなりました。企業がSNSで商品やサービスをPRできるようになったことも、美意識を持つ方の増加に影響していると考えられます。また、近年ではメンズエステや男性専用の脱毛サロンが増えたため、利用者層も広がっているようです。今後、事業を発展させるうえでは、SNSでの戦略的なPRやサービスの多様化などが重要な施策となるでしょう。たとえば、高齢者のための訪問美容や、オンライン面談で映えるメイクを施すなど、時代のニーズに合ったサービスを提供することが求められています。

減少傾向の理容室もそれぞれの対策を行っている

厚生労働省の「令和3年度衛生行政報告例の概況(5p)」によると、2021年の理容室(理容所)の施設数は11万4,403件で、2017年度の12万965件と比較すると減少傾向にあります。なかには、「低価格」「内装にこだわる」「女性向けサービスを提供する」など、独自の対策を行っている店舗も。理容室を好んで利用する人は一定数いるため、需要がなくなる可能性は低いでしょう。

美容業界のメリット・デメリット

美容業界への就職・転職を検討している方は、この項でメリット・デメリットを確認しましょう。良い面だけでなく悪い面にも目を向けておくことで、入社後のミスマッチを防げます。

美容業界の魅力とやりがい

美容業界の魅力や、業務のやりがいは以下のとおりです。

  • ・専門的な知識やスキルが身につく
  • ・お客さまと深く関われる
  • ・お客さまが喜ぶ姿を直接見られる
  • ・実力が評価に反映されやすい
  • ・実績を積めば独立することも可能

美容業界は慢性的な人手不足の状態にあるといわれており、未経験から挑戦しやすいのも魅力の一つ。未経験から美容業界を目指す場合は、入社後の研修や資格取得支援制度が充実している会社を選んでみてください。

美容業界の大変なところ

美容業界の大変な部分としては、以下が挙げられます。

  • ・拘束時間が長い傾向にある
  • ・状況によっては休憩時間を落ち着いて取れない場合がある
  • ・厳しいノルマが課せられる場合がある
  • ・直接クレームを言われることがある

就職先によって勤務時間や働き方は異なりますが、美容業界は土日祝日の出勤を求められるのが一般的です。仕事帰りに店舗を利用するお客さまもいるため、帰宅が夜遅くなる日もあるでしょう。なお、ノルマはあくまで「目標」と捉えるケースが多く、達成できなくてもペナルティが発生することは少ないようです。給与がインセンティブ制・歩合制の場合、「ノルマがあるから、やりがいを感じる」といった人もいます。美容業界のメリット・デメリットについては求人サイトのほか、口コミサイトで実際に働いている人の意見を見てみるのがおすすめです。

美容業界の志望動機

この項では、美容業界に向いている人の特徴や志望動機の記入例をご紹介します。志望動機の例文は未経験者と経験者で分けているので、自分に当てはまる項目をご覧ください。

美容業界に向いている人

美容業界に向いているのは、美を追求したい方や美意識が高い方、人と関わるのが好きで気遣いができる方などです。以下で詳しく解説していきます。

美を追求したい人

美容業界は知識欲が高く向上心を持って、美を追求したい方に向いています。美容に関する技術や流行は常に変化していくので、日ごろからニュースのチェックや市場調査などで幅広くアンテナを張り、深く知識を得ることが大切です。豊富な知識と質の高い技術で、お客さまが求めている以上の施術やサービスを提供すれば、多くの方に喜んでもらえるでしょう。

美意識が高い人

美意識が高い方も美容業界で働くのに向いています。店舗に訪れるお客さまは美意識が高い傾向にあり、現場で働くスタッフを目標にする方もいるようです。スタッフが美容に無頓着だと、サービスに説得力がなくなってしまう恐れがあります。たとえば、美容師であれば髪型だけでなく、服装にも気を配りましょう。エステティシャンの場合は、手入れの行き届いた肌や美しい体型をキープするのがポイント。自分の美意識の高さは、お客さまからの評価にも繋がるため、リピート率も高まるでしょう。

人と関わることが好きでサービス精神旺盛な人

人とコミュニケーションを取るのが好きで、おもてなしの心がある方も美容業界で活躍できるでしょう。美容業界で安定した収益を確保するには、顧客を獲得しなければなりません。顧客を得るためには、知識の豊富さや技術の高さだけでなく、スタッフ自身の人柄も大事な要素です。親しみやすい・相談しやすい・心遣いが温かいなど、お客さまが安心できるような人柄であれば、自然とリピート客が増えていくでしょう。

未経験者の志望動機

未経験者の志望動機では、美容業界に興味を持った理由を明確にするのがポイントです。また、業界未経験でも適性があることをアピールするために、コミュニケーション能力など活かせるスキルがあれば積極的に伝えましょう。

未経験者の志望動機の例文

「私は、3ヶ月前にデパートの化粧品売り場でメイクをしてもらったのがきっかけで、美容部員の仕事に興味を持ち始めました。それまで美容に無頓着だった私にとって、デパートのコスメカウンターに行くのはハードルが高く、なかなか足を踏み入れられませんでした。しかし、いざ入店してみると、美容部員の方が常に優しく声を掛けてくれて、緊張はいつの間にか和らいでいました。そして、会話をしながらも、私の顔型や雰囲気に合うメイクをしてくださり、私はすっかりその美容部員の方とお店のとりこになりました。私自身、飲食店で3年ほど接客の経験があり、物腰の柔らかさを評価していただいたこともあるため、その経験を業務に活かせると感じております。美容の知識に関してはやや不十分な面もありますが、私と同じように『コスメカウンターは敷居が高い』と感じている方のイメージを覆せるような、温かい対応だけは誰にも負けないように尽力します。」

経験者の志望動機

経験者は即戦力を求められるため、前職での実績を具体的に伝えましょう。また、転職理由を明らかにし、応募先企業ではどのようなキャリアを積みたいのかをアピールするのがおすすめです。

経験者の志望動機の例文

私は、エステティシャンとして、約4年間エステサロンで勤務しておりました。契約数が社内ランキングで常に上位5%であったことや、指名数が社内で最も多かったことなどから、入社2年で主任に昇格した実績があります。前職は、外面からのアプローチが中心のエステサロンでしたが、内面からのケアにも注目したく、在職中にマクロビオティックセラピストの資格を取得しました。貴社は、「内側から美しく」をコンセプトにしたトータルビューティーサービスを提供しているため、前職で培った外面からのアプローチ方法やマクロビオティックセラピストの資格を活かして、よりお客さまの美に貢献できるのではないかと感じております。入社後は、主任としての経験を活かしつつも、新しいことを一から学ばせていただく姿勢で、業務へ真摯に向き合いたいと考えております。

美容業界の志望動機を書くときのポイント

美容業界への就職を目指す方は、志望動機に「なぜ美容業界なのか」「なぜそのサロン(お店)なのか」「そのサロン(お店)で何をしたいのか」といった情報を盛り込みましょう。その際、実体験を添えると説得力が増します。また、企業と自分の接点を見つけ、入社後どのように業務に貢献するかをアピールすると、採用担当者に採用のメリットを感じてもらいやすくなるのでおすすめです。

美容業界に関するQ&A

美容業界に挑戦するなら、業界について知ることが大切です。ここでは、美容業界を目指す方にありがちなお悩みをQ&A方式で解決していきます。

美容業界にはどのような業種がありますか?

美容業界には、「美容師」「エステサロン」「ネイルサロン」「化粧品販売」などの業種があります。業種について知りたい方は、このコラムの「美容業界の具体的な職種@」を、仕事内容をチェックしたい方は「美容関連の仕事」をご覧ください。また、ハタラクティブでは、求人紹介のほか、履歴書や志望動機の作成方法・添削アドバイスを行っています。未経験から美容業界に挑戦したい方は、ぜひご相談ください。

美容業界で働く人の年収はどれくらいですか?

職業情報提供サイトによると、2022年の美容師・理容師の年収は約330万円、ネイリストやエステティシャンは約322万円でした。一方、美容部員は約357万円、アロマセラピストやリフレクソロジストは約381万円と、美容業界のなかでは比較的高い傾向に。経験を重ねて知識と技術に磨きをかければ、さらなる年収アップが期待できるでしょう。

参照元
職業情報提供サイト(日本版O-NET)
職業情報提供サイト(日本版O-NET)

10年後の美容業界について教えてください

近年では年齢・性別問わず美容への関心が高まっていることから、今後も安定したニーズが見込まれるでしょう。厚生労働省の「令和3年度衛生行政報告例の概況(5p)」によると、2021年度の美容室(美容所)の店舗数は26万4,223件でした。就職先に困ることはないものの、サロン存続には固定客をどれだけ獲得できるかが深く関わってくるでしょう。エステサロンやネイルサロンの現状は、このコラムの「美容業界の現状と課題」をご覧ください。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…
ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧