美容業界の仕事

美容業界の仕事の画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

美容業界とは

美容業界とは、簡潔に表現すると「お客さまの美をサポートする産業」です
美容業界で働く方には、美のプロフェッショナルとして顧客の悩みに寄り添う繊細さや、美を追求するストイックさが求められます。ただ、そのような強い覚悟がなくても、「お客さまをきれいにしたい」「自分自身もきれいであり続けたい」という思いがあれば、現場で十分に活躍できるでしょう。
以下では、代表的な業種や必要な資格・スキルなどを紹介するので、美容業界に興味がある方はチェックしてみてください。

代表的な仕事

美容業界の代表的な業種は、「美容室」「理容室」「エステサロン」「ネイルサロン」「まつげエクステサロン」「化粧品販売」です。

美容室・理容室

美容室・理容室では、カットやカラー、パーマといった施術を用いて、お客さまの髪型をデザインしています。美容室は、お客さまを「現状より美しくする」のが主目的で、理容室はお客さまの容姿を「整える」のが主目的とイメージすると良いでしょう。主に活躍しているのは美容師や理容師で、美容師には美容師免許、理容師には理容師免許が必要です。

エステサロン

エステサロンでは、エステティシャンやリラクゼーションスタッフが、お客さまの肌や体型の美をサポート。カウンセリングをもとに、お客さまの悩みに寄り添った施術を提案・実施します。メニューや施術方式は施設によって異なり、それに伴って顧客層も変わるのが特徴です。

ネイルサロン

ネイルサロンでは、爪のお手入れを行うネイルケアや、お客さまの希望に添った装飾を施すネイルアートなどのサービスを提供しています。主に活躍しているのはネイリストです。ネイリストに必須の資格はないため、未経験者は入社後の研修が充実しているネイルサロンを選ぶと良いでしょう。

まつげエクステサロン

まつげエクステサロンでは、アイリストがまつげパーマやまつげエクステなどの施術を提供しています。まつげエクステの施術をする場合は美容師免許が必要ですが、お客さまに施術方法を教え、セルフ方式でまつげエクステを行ってもらっている店舗もあるようです。

化粧品販売

化粧品販売とは、お客さまへカウンセリングを行い、希望や悩みに応じて化粧品を販売したり実際にメイクを施したりする仕事です。美容部員やビューティーアドバイザー、ビューティーカウンセラーなどが活躍しています。

美容に関連する業界

美容に関連する業界として主に挙げられるのは、ヘルスケア業界やアパレル業界です。

ヘルスケア業界

ヘルスケア業界は、国民の健康寿命の増進を主目的とした産業です。主な就職先としてはフィットネス施設や介護施設などが挙げられます。近年の日本における少子高齢化に伴って需要が高まっており、将来性が高い業界です。

アパレル業界

アパレル業界は衣類をメインに扱う業界で、職種は販売員やデザイナー、バイヤーなど多岐にわたります。流行の変化が激しい業界なので、最新の情報を取り入れるのが苦でない方に向いているでしょう。アパレル業界の詳細は「アパレル業界の仕事」でご確認ください。

美容業界に必要な資格やスキル

美容業界に必要な資格やスキルは「業務に役立つ専門知識や技能」や「接客マナー」などです。

業務に役立つ専門知識や技能

先述のとおり、美容師やアイリストは美容師免許、理容師は理容師免許がないと業務に従事できません。エステティシャンやネイリストなどは資格がなくても問題ありませんが、業務に関連する資格を持っていると就職・転職で有利になったり、資格手当がついたりする場合があるので、取得を検討してみても良いでしょう。

接客マナー

美容業界において、お客さまの望む「美」をできるだけ的確に再現するためには、カウンセリングが欠かせません。その際、接客マナーが備わっていないと、お客さまに不信感や嫌悪感を与え、契約やリピートに結びつかないことも。どれほど高い技術があっても、お客さまに選んでもらえなければ収益につながらないため、接客マナーは美容業界において重要な素養であるといえます。
飲食店やアパレルショップなどでの接客経験や、接客サービスマナー検定の資格などがある方は、選考で評価してもらえる可能性があるので、積極的にアピールしましょう。

美容業界の具体的な職種

美容業界の具体的な職種は、以下のとおりです。

・美容師
・理容師
・ネイリスト
・アイリスト
・エステティシャン
・美容部員
・アロマセラピスト
・メイクアップアーティスト
・リフレクソロジスト

上記のうち、一部の職種の詳細は「美容関連の仕事」に載せているので、気になる方はチェックしてみてください。

美容業界の現状と課題

ここでは、美容業界の現状や課題を解説します。美容業界を目指す方は、就職後のミスマッチを防ぐためにもしっかりと確認しておきましょう。

美容業界の市場規模

美容や理容、エステサロン、ネイルサロンといった理美容業界全体の売り上げは、およそ2兆円といわれています。その中でも、約1億5000万円と大部分の売り上げを占めるのが美容市場です。

美容業界の現状

以下では、美容業界のなかでも代表的な、美容室・エステサロン・ネイルサロンの現状を解説します。

美容室

厚生労働省の「令和2年度衛生行政報告例の概況(5p)」によると、2020年度における美容室(美容所)の施設数は25万7,890施設です。その10年前の2010年度のデータ(6p)では、22万3,277施設、5年前の2015年度のデータ(5p)では24万299施設とされており、美容室の施設数は徐々に増加していることが分かります。

・2010年:22万3,277施設
・2015年:24万299施設
・2020年:25万7,890施設

ただし、施設数が多ければ多いほど懸念されるのが「生き残り問題」です。実際に、店舗数が増えた結果、競合店との市場争いに勝ち残れず、閉店や廃業に追い込まれてしまうサロンも少なくありません。

参照元
厚生労働省
平成22年度衛生行政報告例の概況
平成27年度衛生行政報告例の概況
令和2年度衛生行政報告例の概況

エステサロン

ストレス社会の現代において、エステサロンのニーズは高まっています。エステサロンのなかには、「癒やし」をコンセプトにした施設も多々あり、キレイになりたい人だけでなく、「癒やされたい」「リフレッシュしたい」と考える人の需要も満たせるからです。
教育体制をしっかり整えているサロンが多いので、未経験からでも安心して活躍できます。

ネイルサロン

ネイルサロンは、店舗数が右肩上がりで増え続けており、求人数が豊富なのが特徴。しかし、比較的低コストでできる「セルフネイル」の登場によって、ネイルサロンを利用しない人が増えているのも現状です。

美容業界の課題

近年、美容業界全体でオーバーストア化(需要より供給が大きい状態)が進行しているため、業界内で生き残るためにはライバル店とどれだけ差別化を図れるかが大切です。低コストでいかに質の高いパフォーマンスを提供できるか、新規や既存の顧客をどれだけ固定化できるか、などが今後の課題となるでしょう。

美容業界の将来性

近年は、SNSの普及によって自分の姿を共有する機会が増え、身なりに気を使う人が多くなりました。企業がSNSを通して自社製品やサービスをより簡単にPRできるようになったことも、美意識を高く持つ方の増加に拍車を掛けていると考えられます。そのため、美容業界には今後も安定したニーズが見込めるでしょう。
ただし、新型コロナウイルス感染症の影響で外出の機会が減って美意識が低下したり、感染リスクを避けるために美容施設の利用を避けたりする消費者もいるようです。今後の事業を発展させるうえでは、より徹底した感染対策やSNSでの戦略的なPRなどが重要な施策となるでしょう。

美容業界のメリット・デメリット

美容業界への就職・転職を検討している方は、この項でメリット・デメリットを確認しましょう。良い面だけでなく悪い面にも目を向けておくことで、入社後のミスマッチを防げます。

美容業界の魅力とやりがい

美容業界の魅力や、業務のやりがいは以下のとおりです。

・専門的な知識やスキルが身につく
・お客さまと深く関われる
・お客さまの反応を直接見られる
・努力が評価に反映されやすい
・実績を積めば独立することも可能

美容業界は慢性的な人手不足の状態にあるといわれており、未経験から挑戦しやすいのも魅力の一つ。未経験からの参入を考えている方は、入社後の研修や資格取得支援制度が充実している会社を選んでみてください。

美容業界の大変なところ

美容業界の大変な部分としては、以下が挙げられます。

・拘束時間が長い傾向にある
・予約状況によっては休憩に入れないことがある
・厳しいノルマが課せられる場合がある
・直接クレームを言われることがある

会社によって社内規定は異なるため、上記はあくまでも例です。
なお、求人には「ノルマなし」と書かれていても、実際は「目標」という名のノルマがあることも。そのため、求人情報は鵜呑みにし過ぎないのが無難です。心配な方は、実際に働いている方の情報を口コミサイトで確認しておきましょう。

美容業界の志望動機

この項では、美容業界に向いている人の特徴や志望動機の記入例をご紹介します。志望動機の例文は未経験者と経験者で分けているので、自分に当てはまる項目をご覧ください。

美容業界に向いている人

美容業界に向いているのは、美を追求したい方や美意識が高い方、人と関わるのが好きで気遣いができる方などです。

美を追求したい人

美容業界は、知識欲が高くて向上心があり、常に美を追求していける方に向いています。美容技術や流行は常に変化していくので、日ごろから幅広くアンテナを張り、深く知識を習得することが必要です。豊富な知識や質の高い技術で、お客さまが求めている以上の施術やサービスを提供すれば、多くの方に満足してもらえるでしょう。

美意識が高い人

美意識が高い方も、美容業界で働くのに向いています。美容業界のサービスを利用するお客さまは美意識が高い傾向にあり、スタッフを目標に通う方も一定数いるようです。その際、スタッフが美容に無頓着だと、サービスに説得力がなくなってしまう可能性があります。
たとえば、美容師の場合は髪型だけでなく服装にも気を配り、エステティシャンの場合は手入れの行き届いた肌や美しい体型をキープするのがポイント。スタッフ自身が美意識を高く保っていれば、お客さまに「この人になら任せられる」と思ってもらえるため、リピート率も高まりやすいでしょう。

人と関わることが好きでサービス精神旺盛な人

人とコミュニケーションを取るのが好きで、おもてなしの心がある方も美容業界で活躍できるでしょう。美容業界で安定した収益を確保するには、顧客を獲得しなければなりません。顧客を得るためには、知識の豊富さや技術の高さだけでなく、スタッフ自身の人柄も大事な要素です。親しみやすい・相談しやすい・心遣いが温かいなど、お客さまが安心できるような人柄であれば、自然とリピート客が増えていくでしょう。

未経験者の志望動機

私は、3ヶ月前にデパートの化粧品売り場でメイクをしてもらったのがきっかけで、美容部員の仕事に興味を持ち始めました。それまで美容に無頓着だった私にとって、デパートのコスメカウンターに行くのはハードルが高く、なかなか足を踏み入れられませんでした。しかし、いざ入店してみると、美容部員の方が常に優しく声を掛けてくれて、緊張はいつの間にか和らいでいました。そして、会話をしながらも、私の顔型や雰囲気に合うメイクをしてくださり、私はすっかりその美容部員の方とお店のとりこになりました。
私自身、飲食店で3年ほど接客の経験があり、物腰の柔らかさを評価していただいたこともあるため、その経験を業務に活かせると感じております。美容の知識に関してはやや不十分な面もありますが、私と同じように「コスメカウンターは敷居が高い」と感じている方のイメージを覆せるような、温かい対応だけは誰にも負けないように尽力します。

経験者の志望動機

私は、エステティシャンとして、約4年間エステサロンで勤務しておりました。契約数が社内ランキングで常に上位5%であったことや、指名数が社内で最も多かったことなどから、入社2年で主任に昇格した実績があります。
前職は、外面からのアプローチが中心のエステサロンでしたが、内面からのケアにも注目したく、在職中にマクロビオティックセラピストの資格を取得しました。貴社は、「内側から美しく」をコンセプトにしたトータルビューティーサービスを提供しているため、前職で培った外面からのアプローチ方法やマクロビオティックセラピストの資格を活かして、よりお客さまの美に貢献できるのではないかと感じております。入社後は、主任としての経験を活かしつつも、新しいことを一から学ばせていただく姿勢で、業務へ真摯に向き合いたいと考えております。

志望動機を書くときのポイント

美容業界への就職を目指す方は、志望動機に「なぜ美容業界なのか」「なぜそのサロン(お店)なのか」「そのサロン(お店)で何をしたいのか」といった情報を盛り込みましょう。その際、実体験を添えると説得力が増します。また、企業と自分の接点を見つけ、入社後どのように業務に貢献するかをアピールすると、採用担当者に採用のメリットを感じてもらいやすくなるのでおすすめです。

美容業界に関するQ&A

美容業界に挑戦するなら、業界について知ることが大切です。ここでは、美容業界を目指す方にありがちなお悩みをQ&A方式で解決していきます。

美容業界にはどのような業種がありますか?

美容業界には、「美容師」「エステサロン」「ネイルサロン」「化粧品販売」などの業種があります。業種について知りたい方は、このコラムの「美容業界とは」を、仕事内容をチェックしたい方は「美容関連の仕事」をご覧ください。

美容業界に挑戦するならどんな志望動機が効果的ですか?

志望動機は、「なぜ美容業界なのか」「どうしてその仕事を選ぶのか」といった内容を盛り込み、その会社でなければならない理由を明記すると効果的です。志望動機の作成ポイントや基本構成を知りたい方は、「志望動機の作り方を解説!作成時のポイントや例文も紹介」を参考にしてみてください。

美容業界から転職することはできますか?

美容業界から転職することは、もちろんできます。転職先は、「結婚式場」「美容サロン」「アパレル関係」など、美容の仕事で培った技術やセンスを活かせるものがおすすめです。転職を悩んでいるのなら、「美容師から転職したい人におすすめの業界とは?スキルや経験は活かせる?」のコラムが役立つでしょう。転職に関するお悩みはハタラクティブのアドバイザーに相談してみるのもおすすめです。

美容業界の現状について教えてください。

美容業界の中でも、特に多いのが美容室。全国に23万の店舗があるといわれています。コンビニは全国に5万~6万店舗といわれているので、比較してみるとイメージしやすいでしょう。店舗数が多いため就職先に困ることはないと考えられますが、その分競合店も多いのが現実。新規の顧客だけでなく、固定客をどれだけ獲得できるかが、サロンの存続に関わってくるでしょう。エステサロンやネイルサロンの現状は、本記事の「美容業界の現状」をご覧ください。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧