フリーターは結婚前提の恋愛対象外?成功させるポイントや出会いの増やし方

フリーターは結婚前提の恋愛対象外?成功させるポイントや出会いの増やし方の画像

この記事のまとめ

  • 結婚を考える場合、フリーターを恋愛対象外とするケースは多い傾向がある
  • フリーターが恋愛対象外になりやすいのは、経済的な不安が大きな理由といえる
  • フリーターで結婚を前提に恋愛するなら、人間性を磨いたり収入アップを図ったりしよう
  • フリーターで結婚を前提に恋愛したい場合は、異性の多い職場を選ぶのも1つの方法
  • 結婚に向けて収入面を安定させたいなら、正社員として就職するのがおすすめ

「フリーターは恋愛対象外になる?」と不安に感じている方もいるでしょう。結婚を視野に入れている人の中には、経済的な不安定さなどからフリーターを恋愛対象外と考える人もいるようです。このコラムでは、フリーターが結婚を視野に入れた恋愛の対象外になりやすい原因を解説。また、結婚を視野に入れた恋愛を成功させるためのポイントや、出会いを増やす方法もまとめているので参考にしてください。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事あるのかな?
  • 自分と同じような人はどうしてる?
  • 資格は取るべき?
経歴にかかわらず、ゼロからサポートします!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

フリーターは結婚を視野に入れた恋愛の対象外になる?

一般的に、フリーターは経済的に不安定なイメージがあることから、「結婚を前提とした恋愛の対象にはならない」と考える人も一定数いるようです。また、「結婚相手がフリーターでも問題ない」という人の場合も、親や友人に紹介する際に躊躇してしまうことが考えられるでしょう。

フリーターは結婚できる?

フリーターが結婚できるかどうかは、相手の価値観や考え方によって変わるといえるでしょう。なお、女性の場合は、出産・育児などにより働くスタイルが変わりやすいため、パートナーに対して雇用や収入の安定を求めるケースが多い傾向にあるようです。また、男性の場合も「夫婦共働きで生活を安定させたいと考えている」などの理由から、フリーターとの結婚を迷う可能性があります。フリーターの結婚については、「フリーター男女は結婚できないって本当?その理由と対処法」のコラムも参考にしてください。

未経験OK多数!求人を見てみる

フリーターが結婚前提の恋愛対象になりにくい4つの理由

フリーターだからといって、必ずしも結婚前提の恋愛対象外となるわけではありません。しかし、正社員と比べると結婚の対象相手としてのハードルが高くなることは考えられます。まずは、フリーターがどのような理由から結婚を視野に入れた恋愛がしにくくなってしまうのか、以下を参考に把握しておくと良いでしょう。

1.経済的に不安定なイメージがある

前述したように、フリーターは「収入が不安定」というイメージを持たれやすいといえます。このことから、お金の問題によって結婚前提の恋愛対象外とされてしまう場合があるといえるでしょう。人によっては、「デートは基本的にお金がかからない場所に限定されてしまう」「行ける場所が限られてしまう」などの不安を感じている可能性も考えられます。

2.将来に対する不安

フリーターの場合も、働き方によって正社員以上の収入を得ているケースはあるようです。しかし、雇用上の不安定さから、いつ収入がなくなってしまうか分からないともいえるでしょう。非正規雇用のフリーターは、長期雇用を前提とした正社員に比べ、不安定な立場にあるのが現状です。生涯を通して一緒に過ごしていくことを想像したときに、相手が経済的な不安や心配を感じてしまい、結婚前提の恋愛対象外とされてしまう可能性もあります。

年齢によってパートナーの考え方が変わる可能性もある

お互いに年齢が若く、まだ結婚を意識する段階でなければ経済的な問題は少ないでしょう。しかし、年齢を重ねてもフリーターを続けている場合は、パートナーに将来を不安視され、恋愛対象外にされる可能性が高くなるといえます。

3.信頼しにくい

人によっては、フリーターを続けていることに対して「将来設計ができていない」「責任感がない」などマイナスな印象を持っているケースもあるようです。特に、就職活動をせず、特別な理由もなくフリーターを続けている場合は、「相手から信頼してもらいにくい」「結婚前提の恋愛対象外として判断されやすい」ということも考えられるでしょう。

4.両親から反対される可能性がある

結婚に対してパートナーの同意が得られても、相手の両親に今後の心配をされ、反対されてしまう可能性もあるでしょう。また、親から反対されるリスクから、フリーターを恋愛対象から外すケースも考えられます。

フリーターが結婚前提の恋愛を成功させるための7つのポイント

フリーターが結婚前提の恋愛をする際には、どのようなことに気を付ければ良いのでしょうか。以下で、押さえておくべきポイントをいくつかまとめているので参考にしてください。

1.積極的に行動する

「フリーターだから結婚前提の恋愛をする自信がない…」と思ってしまう人もいるでしょう。しかし、行動する前に諦めてしまうとパートナーができる可能性も失ってしまいます。まずは、積極的に行動することが重要です。

2.人間性を磨く

「フリーター」という肩書にコンプレックスを感じている場合は、真面目さや誠実さなどの人間性を磨くことに意識を向けると良いでしょう。相手の立場になって物事を考えたり、職場で人がやりたがらない仕事に率先して取り組んだりすることで、周囲からの信頼が得られ、自信に繋がります。

3.相手の価値観を見極める

フリーターの中には、将来性や収入などを気にして結婚を前提とした恋愛を諦めてしまう人もいるようです。しかし、結婚や恋愛に対する考え方は人それぞれ。フリーターで結婚を前提とした恋愛をする場合には、相手の価値観を見極めることが重要です。

4.収入を増やす・節約する

デートのために身だしなみを整えたり、当日には交通費や食事代がかかったりと、恋愛中はお金が必要になる場面が多くあります。収入が低く生活費だけで手一杯という場合は、恋愛による金銭的な負担が大きいと感じることもあるでしょう。デートで節約してばかりだと、相手の不満につながる恐れもあります。フリーターとしての稼ぎが安定しない場合は、アルバイトを掛け持ちして収入を増やしたり、日常生活での節約を意識したりすると良いでしょう。

5.年齢を意識する

若いうちはフリーターとしての働き方も人生経験として捉えてもらえる可能性もあります。しかし、前述のとおり、ある程度の年齢になってもフリーターを続けていると、結婚を前提とした恋愛対象として見られるのは難しくなっていく可能性があることは理解しておきましょう。

6.清潔感をキープする

フリーターとして働いていると、生活費だけで手一杯となり、ファッションにまでお金が回らないこともあるでしょう。しかし、新しい服を買えなくても、「シワのない服を着る」「髪型に気を遣う」などを意識することで清潔感を保つことは可能です。無理におしゃれをする必要はありませんが、誰が見ても清潔感のある格好を心がけましょう。

7.フリーターになった理由を説明できるようにする

フリーターになった目的を説明することで、相手からの信用が得やすくなります。計画性を持ってフリーターをしている場合、自分の中に人生設計があることを相手にきちんと伝えましょう。目標に向かって行動している事実を伝えれば、パートナーから応援してもらえる可能性もあります。

フリーターが結婚前提の恋愛をする6つの方法

フリーターが結婚前提の恋愛をするにはどうすれば良いのでしょうか。「日常的な移動は家とアルバイト先の往復だけ」「交友関係は特定の友人のみ」などのような生活をしている場合、積極的に出会いや活動の場へ赴くことも大切です。以下では、フリーターが結婚を前提とした恋愛をするための具体的な6つの方法をまとめているので、参考にしてください。

1.異性の多い仕事場を選ぶ

結婚を視野に入れながらフリーターとして働いているなら、職場恋愛もおすすめです。フリーター仲間が多い職場で恋愛相手を見つけるのも良いでしょう。同性ばかりの職場で恋愛をする機会が少ない場合は、異性の多い別の職場を選ぶことでパートナーを見つけやすくなる可能性があります。

2.知り合いから紹介してもらう

職場という狭い範囲だけでは、恋愛対象となる相手が見つからない可能性もあります。そのような場合は、知り合いに紹介をしてもらえるようにお願いしてみるのもおすすめ。自分をよく知る人の紹介であれば、気の合う人と出会える可能性も高く、「共通の知り合いがいる」という安心感も得やすいでしょう。

3.知り合いと少しずつ関係を深める

どのような相手でも、いきなり告白して付き合うことはできません。まずは徐々に仲良くなり、お互いの理解を深めていく必要があります。この流れは、相手がもともと知り合いであった場合も変わりません。知り合いの関係から少しずつ距離を詰めて、恋愛対象として意識してもらえるように印象アップを図りましょう。

4.なるべく早く行動する

前述のとおり、結婚を前提とした恋愛において、フリーターは将来性や収入面などで対象外とされてしまう可能性も考えられます。若いうちは気にされないことが多いかもしれませんが、年齢が上がるにつれて、フリーターでいることに対する周囲の評価が変わってくる恐れも。もし、フリーターとして働きながら結婚を前提とした恋愛をしたいと思っているのであれば、なるべく早いうちに行動することが大切です。

5.定職に就く

フリーターとして働いている自分にコンプレックスがあり、自信が持てなくて恋愛ができない場合は、正社員として就職することを検討してみるのもおすすめです。正社員として就職できれば、収入面や雇用に対する不安が軽減されることで自信がつき、前向きに結婚を視野に入れた恋愛ができるようになる可能性もあります。正社員の働き方については、「正社員のデメリット・メリットとは?派遣や契約社員についても解説!」で詳しく触れています。メリット・デメリットを理解したうえで、就職を検討してみてください。

6.出会いの場に参加してみる

フリーターに限らず、恋愛をするには出会いの場へ積極的に参加することも重要です。時間に余裕があるときには、飲み会や合コンなどに参加してみるのも良いでしょう。また、街コンやマッチングサービスを活用してみるのも1つの手です。

フリーターから正社員になるには?

収入面の不安定さや、社会的な信用度の低さなどにより結婚前提の恋愛に踏み切れない場合は、正社員就職を目指すのがおすすめです。正社員として就職して経済的に安定することは、結婚式や出産・育児などの費用を考えるとメリットが大きいといえます。以下で、フリーターから正社員を目指す際のコツを紹介しているので、参考にしてみてください。

自己分析から始める

早く正社員になりたいからといって、いきなり求人を探すことは避けましょう。自分の適性を見極めないまま就職先を決めると、入社後に「仕事が合わなかった」というミスマッチを起こす恐れがあります。就職活動で最初にやっておくべきことは、自己分析です。自分の好きなことや強み、苦手なことを明確にする中で、向いている職業や仕事に求める条件を絞り込んでいきます。自己分析の詳しいやり方は、「自己分析とは?実施のメリットと就活・転職活動での必要性を解説」を確認してください。

業界と企業の研究をする

入社後のミスマッチを防ぐには、自己分析と同時に業界研究・企業研究を行うことが大切です。書籍や新聞、業界団体のWebサイトなどで情報収集して、世の中にどのような業界があるのかを調べましょう。興味がある業界を見つけたら、業界内の企業について詳しく調べていきます。

業界や企業の研究は説得力のある自己PR作成にも役立つ

業界や企業の情報は求人選びに役立つほかに、面接での志望動機や自己PRを考えやすくなるというメリットもあります。事前に業界や企業について調べ、説得力のある自己PRの作成を目指しましょう。自己PRの作成方法については、「自己PRの見つけ方は?効果的なアピール方法と作成する際の注意点」で詳しくまとめているので、チェックしてみてください。

未経験歓迎の求人を探す

正社員経験がない場合は、未経験者歓迎の求人を中心に探しましょう。やりたい職業がない場合は、今までのアルバイト経験を活かせる仕事を探すのもおすすめ。自己分析で分かった自分の強みを活かせる仕事を探してみるのも良いでしょう。

フリーターであることが理由で恋愛に積極的に踏み出せない場合は、正社員を目指すことをおすすめします。正社員は収入が安定するだけでなく、「福利厚生が充実している」「スキルが身につく」などのメリットがあります。

「フリーター歴が長く就職活動に自信がない」「面接対策のやり方が分からない」という方は、就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブはフリーターの就職に強く、経験豊富なアドバイザーが就職活動のアドバイスや求人提案、選考対策などで求職者をサポートします。正社員経験がない方が応募できる求人も多数ご用意しているので、フリーターとしての働き方に迷いがある場合はぜひ一度ご相談ください。

こんなときどうする?フリーターの恋愛に関するFAQ

若いうちであれば、交際相手がフリーターでも気にしない方は多いでしょう。しかし、年齢を重ねたり、長い付き合いになったりしたときに相手がフリーターだと不安を感じるケースもあるようです。「フリーターを続けるべきか迷っている」という場合は、以下の質問と回答を参考にしてみてください。

フリーターと付き合うのはやめたほうが良い?

一概にはいえませんが、将来を考えるなら不安が残るでしょう。人によって「付き合う」の定義や程度は異なるので、交際相手としてフリーターが適切かどうかは本人が決めること。しかし、将来を見据えた交際であれば、やはり安定性や収入面で不安を感じるのも無理はありません。「付き合うならフリーターよりも正社員?その理由とは」のコラムでは、フリーターと交際するときの注意点や考え方について言及していますので、チェックしてみてください。

フリーターでも結婚できますか?

制度上は問題ありませんが、厳しいのが実情でしょう。「フリーターは結婚できる?できない?後悔しないためのポイントを紹介」で触れているように、フリーターは雇用や収入の不安定さ、社会的信用の低さから、既婚率は低い傾向にあります。近年では男女ともに働くケースも増えており、性別に関わらず正社員のほうが結婚しやすいといえるでしょう。

女性ならフリーターでも大丈夫では?

責任感や金銭感覚を重視する男性は多いようです。近年では、結婚後も共働きを望む男性が多い傾向にあり、女性も正社員になるのが理想といえるでしょう。詳しくは「結婚したい!女性はフリーターと正社員どちらが良い?」のコラムをご覧ください。

将来について考えられないのですが…

フリーターのまま歳を重ねることはあまりおすすめできません。「フリーターの将来は不安?男女で違いはある?正社員になるためのコツを紹介」にあるように、フリーターとして経験を重ねても、雇用が保証されるとは限らないからです。また、昇給やスキルアップも目指しにくいといえます。収入面も不安定なことが多く、結婚後の生活費や居住費で不自由を感じてしまうことも。将来を変えるためには、なるべく早い段階で正社員になることをおすすめします。一度正社員になれば、経験やスキルを積んで昇給したり、それらを活かしてより好条件の仕事に転職したりすることもできるでしょう。正社員になる方法が分からない場合は、フリーターの就職支援に注力する「ハタラクティブ」にご相談ください。

この記事に関連するタグ