新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 社会人経験とは?アルバイトや契約社員も含まれる?

社会人経験とは?アルバイトや契約社員も含まれる?

公開日:

最終更新日:

社会人経験とは?アルバイトや契約社員も含まれる?の画像

【このページのまとめ】

  • ・社会人経験とは、学校を卒業後に就業したことがある経験のこと
  • ・社会人経験とは、フリーターのアルバイトも含まれる
  • ・人材採用における社会人経験とは、正社員での就業経験を指すことが多い
  • ・企業が社会人経験を求める理由は、研修や教育にかけるコストを削減するため
  • ・社会人経験がなくても、ポテンシャルをアピールすれば採用に近づく

監修者:吉田早江

就活アドバイザー

就活アドバイザーとして数々の就職のお悩み相談をしてきました。言葉にならないモヤモヤやお悩みを何でもご相談下さい!

社会人経験とは何を指しているのか、疑問を持つ方も少なくありません。人材採用における社会人経験とは、正社員や契約社員などの就業経験を指します。企業によってはフリーターが含まれることも。このコラムでは、社会人経験の意味を解説しています。また、企業が社会人経験を求める理由や、正社員の就業経験がない方でも就職するコツを紹介していますので、ぜひお役立てください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

社会人経験とは

社会人経験とは、学校卒業後に就業した経験のことを指します。人材採用では、主に正社員や契約社員での就業経験を社会人経験といいますが、企業によっては、アルバイトの経験が含まれる場合もあるようです。

この項目では、人材採用において社会人経験と見なされるか雇用形態別に解説します。

フリーターのアルバイトは社会人経験になる?

フリーターのパート・アルバイト経験は、社会人経験に含まれないことが多いでしょう。求人情報に社会人経験必須と記載している企業は、責任ある仕事を経験していて、最低限のマナーが身についている人材を求めています。そのため、アルバイトやパートは、正社員に比べて研修や教育の機会が少ないので、社会人経験に含めない企業が多いようです。なお、応募先企業が社会人経験必須と記載していた場合は、アルバイト経験が含まれるか確認するのも良いでしょう。

また、アルバイトと正社員の違いを知りたい方は「アルバイトと正社員の違いとは?メリット・デメリットや面接対策などを解説」のコラムをご覧ください。

契約社員や派遣社員

契約社員は、業務内容や労働条件が正社員とあまり変わらないため、社会人経験と認められるでしょう。派遣社員も同様に社会人経験があるとみなされることも多いですが、ビジネスマナーや責任感を持っているとアピールすることで、企業の求める人材に近づきます。しかし、企業によっては、契約社員や派遣社員も社会人経験に含めないとしている場合もあるため注意が必要です。

自営業

自営業は社会人経験に含まれます。自営業でも企業の求める人物像と合致していれば、社会人経験と認められる場合が多いでしょう。自営業で培ったスキルや経験を活かせる職種に応募する際は、正社員経験がある以上に評価されることも。応募先企業で活用できそうなスキルや経験は、選考時にアピールすると良いでしょう。

選考では正社員経験が有利
人材採用の選考では、求人や企業の採用ページに「社会人経験必須」などと書かれている場合、正社員経験のある方が応募できる、という意味合いであることがほとんどでしょう。企業側は長期雇用しても問題ないような、責任感のある人材を確保したいと考えています。そのため、正社員経験は選考で有利に働くでしょう。

企業が社会人経験を求める3つの理由

求人情報に社会人経験必須と記載する理由は、教育にかかるコストを削減したいと考えているためです。ほかにも、即戦力として活躍する人材を確保したい目的もあるでしょう。この項目では、社会人経験を求める理由を3つご紹介しますので、ぜひご一読ください。

1.最低限のビジネスマナーが身についている

社会人経験があると、最低限のビジネスマナーが身についていることが多いでしょう。ビジネスマナーやスキルが身についていると、改めて教育をする必要がありません。そのため、企業側は教育にかける労力や経費も削減できるメリットがあります。なお、最低限のビジネスマナーやスキルは、「基本的な挨拶」「電話対応」「ビジネスメールの作成」「エクセルやワードを使用できるか」など。正社員の就業経験がなくても、最低限のビジネスマナーが身についているかは重要なので、選考前に対策しておくと良いでしょうほかにも、選考時に使える面接のマナーを知りたい方は「面接の基本はこれ!好印象を与えるコツとは」のコラムも参考にしてください。

2.即戦力になる

社会人経験必須の企業は、採用後すぐに活躍してくれる人材を求めています。中途採用では、即戦力を求めることも多く、スキルや専門的知識を持っているかを重視する傾向に。社会人経験〇年以上と書かれている場合も、能力を持った即戦力となる人材を求めている可能性が高いでしょう。また、社会人経験が豊富な人は、研修や教育の機会が少なくても、すぐに現場で活躍できます。即戦力と認められるには、業務のスキルを持っていることはもちろん、コミュニケーション能力や向上心があるかも重要です。

3.仕事に対する責任感がある

企業は、仕事に対する責任感の有無を、社会人経験で判断します。アルバイトと正社員では、経験する責任の大きさが異なるでしょう。アルバイトには任せてもらえない仕事でも、正社員では幅広く任せてもらえることも。そのため、企業は正社員経験のある人材を求める傾向にあります。アルバイトの経験しかないフリーターは、責任感を持って仕事に取り組んでいたことをアピールするようにしましょう。

社会人経験がない人が就職する方法

正社員や契約社員としての就業経験がない方でも、就職する方法はあります。先述のとおり、企業が社会人経験を求めるのは教育コストの削減が目的です。そのため、資格を保有していることや、仕事に対する意欲をアピールすれば、就職に一歩近づけるでしょう。

ここでは、正社員になれるか不安な方に向けて、就職するポイントを3つ紹介します。

就活は今すぐ始める

正社員として就職したいフリーターは、今すぐ就職活動を始めましょう。社会人経験がなくても、若さは就職に有利に働きます。若手人材を一から育成したいと考えている企業は少なくありません。若年層は知識の吸収が早く、新しい環境を柔軟に受け入れて対応できるのが強みになります。そのため、面接では人柄や入社意欲を見せて、ポテンシャルを評価してもらいましょう。ただし、30代以降は社会人経験やスキルを重視する傾向があるので、就職活動は思い立ったらすぐ始めるのがおすすめです。

仕事に関連する資格を取得する

仕事に関連した資格を取得することで、入社意欲やスキルをアピールできます。社会人経験がなくても、仕事に関連する資格を保有していれば、スキルを証明できるでしょう。資格を取得するための努力も評価される材料になります。学校に通ったことや独学で勉強したことなど、資格取得のためにした努力を一緒にアピールできると、説得力のある内容になるでしょう。また、仕事によっては資格がないと働けない職種もあります。資格がないと採用試験すら受けられない可能性もあるので、自分の就業したい職種が決まっている場合は、働くために必須の資格があるか確認しましょう。

熱意や意欲をアピールする

社会人経験がない方は、入社への熱意や意欲を伝えることが重要です。中途採用の面接では、スキルや能力のほかにも、応募者の人柄をよく見ています。そのため、企業の選考を受ける前に自己分析をして、自分の強みや得意なことを把握しておきましょう。自己分析で得た自分の情報は、面接時の自己PRや志望動機に活かせます。また、熱意や意欲をアピールするためには、企業のことを理解しておくことが大切です。面接を受ける前に、応募先企業の企業理念や事業方針を確認して、自分の考えを整理しておきましょう。面接で企業のことを質問されたときは、根拠のある的を射た回答ができると、採用される可能性が高まります。

ほかにも、正社員就職を目指している方は、就職するためのポイントが記載されている「『正社員になりたい』を実現するために、今から取り組みたい5つのコト」のコラムをお役立てください。

社会人経験がなく不安なら就職支援サービスを利用しよう

社会人経験ない、または少なくて不安な方は、就職支援サービスを利用して就職する方法もあります。各地域にあるハローワークや民間企業のエージェントを利用すると、就職活動で分からないことがあっても、相談できるため安心です。

ハローワーク

ハローワークは、国が運営する行政機関で、誰でも利用できる就職支援サービスです。ハローワークは、求人検索以外にも、職業相談や失業保険の手続き、職業訓練の申し込みができます。自分に合う求人が分からないときは、相談員と個別で面談しアドバイスをもらうことも可能。社会人経験がない方は、若者の支援に特化した「わかものハローワーク」の利用もおすすめです。ハローワークは地域の求人数が多いので、地元で就職を考えている方は効率的に求人が探せるでしょう。

就職・転職エージェント

就職・転職エージェントは、民間企業が運営している就職支援サービスです。利用者の年齢や状況に応じたもの、子育て世代やフリーターに特化したものなど、さまざまなエージェントが存在します。エージェントでは、求人紹介から入社後のアフターフォローまで、一貫してサポートを受けられるのが特徴です。一人ひとりに専任のアドバイザーがつき、カウンセリングをしたうえで、希望に合った求人を紹介してもらえます。また、選考書類の添削や面接対策のアドバイスをしてくれたり、企業とのやり取りを代行してくれたりするため、社会人経験がなく不安な方でも安心して利用可能です。就職活動を効率的に進めたい方は、ハローワークとエージェントを並行して利用するのも良いでしょう。

社会人経験がなく正社員就職できるか不安という方は、ハタラクティブを利用してみませんか。
ハタラクティブは、若年層に特化した、就職・転職エージェントです。社会人経験を問わない未経験歓迎の求人も多数ご用意しています。幅広い求人をご紹介可能ですので、まずはあなたのお悩みをお聞かせください。1人では限界のある情報収集も就活アドバイザーがしっかりフォロー。就職・転職活動を効率的に進めるお手伝いをします。すべてのサービスは無料でご利用いただけるので、お気軽にご相談ください。

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

面談から平均3週間で内定獲得!

あなたに合う企業を厳選して紹介するので、短期間で内定獲得できます!

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

  • 経歴が不安でも大丈夫!

    未経験でも正社員での就職・転職を
    プロがしっかりとサポート!

  • あなたに合った仕事がわかる!

    あなたの性格や得意にあわせて
    厳選した求人をご紹介

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ