自分に合ったニートからの脱出方法を試そう!

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. 自分に合ったニートからの脱出方法を試そう!

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートは学校にも行かず、無収入状態の人を指す言葉
    ・自分で生計を立てて生活をしているフリーターや、6ヶ月以上自宅に籠もっている引きこもりとは異なる
    ・ニートには、セレブニートやネオニート、学生ニートといったさまざまな種類がある
    ・ニート生活から脱出するには、生活を見直し、体を動かして健康的な毎日を送ることからはじめてみるのがおすすめ

ニート生活が長引いてくると、得も言われぬ不安が押し寄せてくることもあるでしょう。 精神的に参ってしまう前に、ニートからの脱出を図ってみませんか? 
今回のコラムでは、フリーター・引きこもりとニートとの違いや脱出するための情報をお届けいたします。
前向きな気持ちを取り戻すきかっけになれたら幸いです。

◆ニートが示す定義とは

ニートが指し示すのは、一般的に学校に通っていない、仕事をしていない無職の状態です。
年齢の定義では、15歳~34歳の若年無業者と呼ばれる人が対象。しかし、学生や主婦などは対象外とされています。
34歳以上でもニート生活を送っている人もいることでしょう。35歳~40歳のニートを「中高年・高齢ニート」と呼ぶようです。
また、学歴が高く、大企業への就職経験はあるが、離職してニート生活を送っている人は「高学歴ニート」と呼ばれています。
年齢に関係なくニートの対象が広がりつつあるようです。


◆フリーターと引きこもりの定義

この項目では、ニートの対象として間違われやすいフリーターと引きこもりについてご紹介します。

【フリーターとは】

フリーターは、非正規雇用で仕事をしながら生計を立てて生活をしている人を指す言葉です。
非正規雇用は、正社員・正職員以外の就労スタイルのこと。アルバイトやパートタイマー、契約社員、派遣社員などが対象となります。ニートの定義と同じく、学生は含まれません。
フリーターの語源は「フリーのアルバイター」です。略した呼び名のフリーターが定着したとされています。

アルバイトという求人形態が増えた背景は、1980年代後半のバブル経済。飲食店や建設業界での人手不足が要因となり、若者の間でアルバイトをする人が増えたことが社会の中に浸透しました。
バブル崩壊後に訪れた氷河期…。
この時代に突入したことによって、アルバイトの賃金が下がり、就職さえも困難になっていったのです。
今では、30~40歳代の中高年フリーターの増加が懸念されています。

【引きこもりとは】

引きこもりとは、ニートと同じように学校や仕事に行っていない状態のことです。さらに、自宅に引きこもり、外との関わりをほぼ持たずに人との交流も家族以外にはしないといった特徴が見られます。
この状態が6ヶ月以上続いている場合を、引きこもりと定義付けられているようです。

引きこもる状態は、一定の場所から出てこないことを指します。
精神疾患の診断が下されることも多く、引きこもり期間が長期化してしまうのも特徴の1つです。
フリーターと同様に、長期化するほど年齢が高くなり、30歳以上の高年齢化の引きこもりが増加傾向にある、といった点が問題視されています。


◆ニートの種類はいくつある?

ニートといっても一言ではくくれないほど複雑化しているため、さまざまな種類の呼び名が誕生しているようです。
下記にて、ニートの種類について詳しく見ていきましょう・

【引きこもりニート】

引きこもりのイメージは前項でご紹介しましたが、この状態もニートと呼ばれることがあるようです。
引きこもりはニートと同じく、学校にも行かず、仕事もしていない人を指します。収入がないことから、親からの生活支援を受けていたり、家にこもって外出しない日々を過ごしていたりするでしょう。
中には、ニートであることを開き直り、遊びに夢中になっている場合も…。

【セレブニート】

実家が裕福であるため、親から生活支援金を受け取っている人、親の遺産を手にした人など、働かずともセレブな生活を送っている状態をセレブニートと呼ぶようです。

【ネオニート】

ニートだが、何らかの方法で自力で収入を得ている点が他とは異なります。
ネオニートが得ている収入源は、株やFX、不動産、アフィリエイト、ユーチューバーなどの不労所得によるものです。また、収入の額でも単なるニートとは違います。
収入面の特徴は、同世代や親の収入と比べて同等もしくはそれを超える額を得ている点です。
自炊できる最低限の収入はあるが、働いていない、働く意思がないという状態はニートそのものだと言えるでしょう。

【学生ニート】

学校に籍を置いているにもかかわらず、登校はせずに遊んでいる状態の人を学生ニートを呼びます。
アルバイトをしている人は、学生ニートではなくフリーター扱いになるようです。
生活費はもちろん親頼り。
長期間学校に行かずに卒業さえもできない状態が続くと、そのまま引きこもり生活に突入してしまうケースも多いです。


上記以外に、家事も育児も放棄している主婦ニートや給与に見合った働きができない人を指す社内ニートなど、さまざまな種類が存在しています。


◆ニートからの脱出を叶えるための方法とは

たとえどんな種類のニートであっても、「もうニート生活を終わらせたい」と思う人もいるはず。
どのような方法でニートを脱出することができるのでしょうか。
ニートを卒業して働くためにやるべきポイントを詳しく見ていきましょう。

【生活習慣を見直す】

ニート生活を送っていた場合、生活リズムが崩れている人がたくさんいます。
まずは、規則正しい生活スタイルを送ることからはじめましょう。
朝は早く起き、夜にしっかりと睡眠を取る。さらに、栄養のある食事を摂り、健康を意識するようにします。
生活を見直し整えることで、体力的にも精神的にも良い状態を保つことが可能です。
就職後の生活リズムにも悩まされることはないでしょう。

【適度に体を動かす】

ニート生活が長い人は、運動量が少ないはず。体も頭も疲れていない状態では、寝付きも悪く、睡眠の質にも影響を及ぼしかねません。
少しでも体を動かすことで、適度に体を疲れさせることができ、ぐっすりと眠ることができるでしょう。

【とりあえずバイトを始める】

ニートからいきなり就職への道を目指すのは勇気がいるもの。
一歩踏み出すためのきっかけとして、アルバイトをはじめてみるのもよいでしょう。
まずは、仕事に慣れ、人に慣れることが大切です。コミュニケーション力は後から身についてくるため、自分のペースに合わせて徐々に就職を意識するのもよいかもしれません。


どうしても行動に移せない…という人は、就職アドバイザーに相談してみませんか?
就職支援サービスを行っているハタラクティブでは、マンツーマンによるカウンセリングを実施しています。人には聞かれたくない経歴に関する相談も、1対1での対応が可能です。
「やりたいことがない…」という方もご安心ください。
あなたの性格や好みなどから分析し、ピッタリのお仕事をご紹介いたします。
働いていなかった期間があると、面接や履歴書の書き方など戸惑うことも多いことでしょう。その点もご安心を。
面接日程の調整は、アドバイザーと企業側が行います。面接に臨む前には模擬面接で自信をつけ、就職後もアフターフォローつきで最後まで二人三脚で就職への道を歩むことが可能です。
この機会に、ハタラクティブの力をぜひご利用ください。




職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ