ニート脱出法とは?就職の前にやっておくこと

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. ニート脱出法とは?就職の前にやっておくこと

公開日:

【このページのまとめ】

  • ・ニートに陥る原因は、自宅のネット環境の充実化や親の保護下にあるなどさまざまである
    ・ニート生活を続けると、社会的信用が無くなる、就職活動が不利になるなどのデメリットが生じる
    ・就職活動を始める前に規則正しい生活リズム、外出習慣を心がけることから始めると良い
    ・正社員としての勤務にハードルが高いと感じる場合は、アルバイトや職業訓練から始める

人とのコミュニケーションを避けるタイプ、外出が好きで友達が多いタイプなど、近年のニート事情は多様化しています。働ける環境が整っているのに、就労意欲が沸かないのは何故なのでしょうか。当コラムでは、ニートになる理由やニート生活を抜け出す最初のステップのほか、就職支援サービスなどの詳細を紹介しています。

◆ニートとは

ニートとは、Not in Employment,Education or Training(NEET)と表記するイギリスで生まれた概念、言葉です。
ニートの定義は、非労働人口のうち15~34歳の未婚で、就業をせず職業訓練や就学、家事、家業の手伝いもしていない若年層者のこと。
また療養中などではなく、働ける条件が揃っているのに働く意欲が無いことから、フリーターや失業者とは異なります。

【ニートになる理由】

ニートになる理由は人によりますが、下記のようなことが多いと言われています。

・親の保護下にいる
・他人との交流を避ける
・挫折を経験した
・家で楽しめる

経済的に親に保護されていれば、働かなくても生活できると考えて就労しない人も多いでしょう。そして、親が働かない子どもの現状を認めてしまうことも要因です。
学生時代に成績で苦労したり、社会に出てすぐに挫折を味わったりしたことが原因となり、他人との接触を避けがちになることも。
また現在では、家庭でのネットやPCが普及していることから、外出しなくても充分楽しめる環境が整っていることも一因になっているとも言われています。

ニートでいることは、下記のようなデメリットが生じるでしょう。
・ニートである空白期間が長引く程に就職が難しくなる
・社会的信用が無くなる

ニート期間が長引くと、就活を始める際に、応募書類の職歴欄に空白の期間ができます。
採用担当者は、その期間のことを聞いてくることでしょう。期間が長いと印象が良くないのは事実です。
働いていないと、収入が無いのでローンを組むことや、クレジットカードを作ることができない場合があります。
ニートになってしまった場合は、なるべくその期間を短くすることに努めましょう。


◆ニート脱出の一歩目は生活習慣の改善!

ニートを脱出したいと考えているのであれば、まずは生活習慣を変えるところから始めましょう。

【早寝早起き】

まずは早寝早起きを心がけ、朝昼晩の3度の食事を摂ることから始めることが大切。
最初は規則正しい生活を送ることに対して、気が重く抵抗があるかもしれませんが、頑張って継続して習慣化すれば辛いことではなくなります。
早起きに自信が無い場合は、同居人に起こしてもらうか、朝に外出する用事を作るなど「早く起きる理由」を作ると成功しやすい傾向があります。
外出する際、他人や社会に対してアンテナを立てておけば、「今のブームは○○」など就活時だけでなくビジネスやプライベートでも役立てられるような鮮度の高い情報を得られるでしょう。
生活習慣を改善して体を健康に保つことも、社会人としての生活をスタートさせるのに必要な要素です。
いざ、就活を始める時や働き始めるという際に健康体であれば、自分の本来の力を最高の状態で発揮できるのではないでしょうか。

【外出習慣】

また、改善した生活リズムの中に外出習慣をつけることもお薦めします。
外出時にちょっとした買い物をするなど、社会と接触する機会を習慣付けることで、知らず知らずにコミュニケーション能力が養われ、就活の際や就業後に他人と話すことがスムーズになるでしょう。


◆アルバイトや職業訓練から始める

ニート生活を続けていて、いきなり正社員として勤務するのはハードルが高いと感じる人は、正社員になるための第一歩としてアルバイトという立場で働くことや、技術を身につけられる職業訓練への参加がお薦めです。

【アルバイト】

ニートを脱出するために、アルバイトから始めてみると社会の仕組みが見えてきます。
無理なく働き、社会へ出ることで、正社員へのステップにしましょう。
ニートの方が始めるのに最適と言われるバイトは、以下のものがあります。

・イベントスタッフなどの単発バイト
・ホテルスタッフなどのリゾート系バイト
・コンビニエンスストアの夜勤
・オフィスでのデータ入力

1日~数ヶ月という短期間での勤務やコミュニケーションを必要としない職場など、自分の性格や生活パターンに合うアルバイトを見つけると、無理なく長く続けることができます。
アルバイトは、上下関係やコミュニケーションなどのビジネスの基礎も身につけられる場所。
ある程度の期間勤めることで、就活の際の応募書類に書けるほどのスキルや経験を身に付けることができ、自信に繋がることでしょう。

【職業訓練】

仕事に就いた経験がなく不安な人は、自治体やハローワーク、民間企業などの職業訓練を受けてみましょう。
主に、以下のようなコースがあり、社会に出るために必要な知識や技術を学ぶことができます。

・観光ビジネス
・CAD
・ショップマネジメント
・医療事務
・ネットワーク構築

仕事に必要なスキルを身につければ、就職活動においても自信を持ってアピールすることができます。

正社員として仕事に就くという目的で、アルバイトをしたり職業訓練を受けたり行動を起こすことは、すでにニートを脱出していることになるのです。
始めの一歩を踏み出してみましょう。


◆ニートが利用できる就労支援とは?

就職活動を始める際、以下のような就労支援機関を活用できます。

【ハローワーク】

国が運営している職業紹介事業所です。正式には、公共職業安定所と言い、求人紹介や人材を探している企業と求職者との橋渡しをしています。

【ジョブカフェ】

都道府県が主体で運営している就職支援施設。若年層をターゲットに、就職セミナーや職場体験、カウンセリング、職業紹介など就職支援をワンストップで行っています。

【サポートステーション】

通称サポステと呼ばれる、若年層向けの就職支援施設です。複数の専門家が、カウンセリングや悩み相談、各種セミナーなどを通して利用者の「働く意欲」を引き出します。

【若者正社員チャレンジ事業】

29歳以下の若年層で、就業経験が無い方やブランクが長い方を対象に就職支援を実施。セミナーと就労体験を組み合わせて紹介することで、利用者が実践的な能力を身につけられるようサポートしているのが特徴です。正社員雇用に向けて支援するほか、就職後のフォローも行っています。

【就職エージェント】

民間企業が、就職支援サービスを提供。年齢別や職種別などさまざまなサービス内容があり、個別でつくアドバイザーがカウンセリングや求人紹介、面接対策など採用までをサポートしています。

多くのことに興味を持ち、社会と繋がりを持つことでチャンスが広がります。
自分の得意分野やできることを見つめなおし、好きなことから始めましょう。

就活を始めるのに不安がある方は、まずハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブは、既卒の就活を支援するエージェントです。
専任の就活アドバイザーが、個別でのカウンセリングや面接対策などを行い、内定獲得まで親身にサポート。
就職に関する悩みや不安など、些細なことでもご相談に対応いたします。




関連キーワード

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ