退職後にニート生活が長引くと危険?早めの脱出がおすすめな理由

退職後にニート生活が長引くと危険?早めの脱出がおすすめな理由の画像

この記事のまとめ

  • ニートとは就労・就学や家事をせず、働く意思のない15歳~34歳の人を指す言葉
  • 会社を退職後のニート生活で得られるメリットには「自由な時間が持てる」などがある
  • 退職してニート生活を送るデメリットは、金銭面や人とのコミュニケーションの減少など
  • 退職後のニート生活から脱出するなら早めに行動することが重要
  • 退職後のニート期間が長期化する前に、就職支援サービスなどを活用しよう

会社を退職後、すぐに再就職せず、ニート生活に突入するという人もいるでしょう。退職後のニート生活は、「自由な時間が持てる」「自分と向き合える」などのメリットを得られる一方、さまざまなデメリットもあるようです。このコラムでは、退職後のニート生活で得られるメリットやデメリットを考察。また、就活するタイミングやニート生活が長引いた際に脱出する方法なども紹介しています。

こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

ニートとは

そもそもニートとは、英国発祥の言葉です。英国では、「求職中の失業者」もニートとして扱われていますが、日本では「就労や就学、家事をせず、働く意欲のない15歳~34歳の人」と定義されています。そのため、求職中の人や職業訓練を受講中の人は、「フリーター」として分類されるようです。

フリーターとは

フリーターとは、「フリーアルバイター」または「フリーランスアルバイター」の略語で、アルバイトやパート、派遣社員などの非正規雇用で生計を立てる人を指す言葉です。「ニート」と混同されがちな言葉ですが、フリーターとニートでは、「働いて収入を得ているか」という点が大きく異なります。また、無職であっても就労意欲があれば、フリーターとして分類されるようです。「ニートとフリーターの違いとは?就職に向けてできることと行動を起こすコツ」では、ニートとフリーターの違いや正社員を目指す方法などを具体的に解説しているので参考にしてみてください。
未経験OK多数!求人を見てみる

退職してニートになる理由とは

退職後、自ら進んでニートへの道を選択する人は少ないでしょう。しかし、なかなか仕事が決まらずに、いつの間にかニート生活を送っていたというケースは多いようです。では、会社を退職したあとに、ニートになった理由には、どのようなものがあるのでしょうか。以下で考察していきます。

・退職後、お金に余裕があった
・次の職や先のことを決めずに勢いで退職した
・仕事を探さない日が続いた
・退職してすぐに仕事が見つかると思っていた
・若さからか、焦ることがなかった
・無職の生活に居心地の良さを覚えてしまった など

退職後すぐに再就職への道を進まなかったケースでは、気持ちや金銭的に余裕を持っていたり、自信を抱いていたりすることが考えられます。また、会社を辞めたときは次の仕事を探すつもりだった場合も、時間が経つにつれてのんびりした生活に慣れてしまい、気がついたらニートになっていた、ということもあるでしょう。

退職後のニート生活で得られるメリットとは

会社を退職後、ニート生活を送る中でどのようなメリットを得られるのでしょうか。以下で、考えられるメリットを考察していきます。

・時間に余裕ができる
・時間ができることで自分自身とじっくり向き合える
・やりたいことを模索したり、将来について考えたりすることができる
・会社勤めのときのようなストレスから開放される
・勉強に集中しやすい
・精神的な成長を感じられる
・これまでの道のりを振り返る機会が持てる など

上記の中でも、「自分の時間ができた」ということにメリットを感じることは多いのではないでしょうか。がむしゃらに働いている間は、自分の時間を持つこともままならないということもあるでしょう。そのため、ゆったりした時間の流れや、やりたいことをする時間があるという体験をとおして、ニート生活を満喫しているケースも考えられます。

退職してニート生活を送る上で感じるデメリット

自分の時間が持てることでニート生活にメリットを感じる一方、デメリットとして挙げられることも多くあります。以下で、退職後にニート生活を送る上で考えられるデメリットをまとめました。

無収入によって金銭的な余裕がなくなる

給与が発生しないことで金銭的不安を感じ、生活に余裕をなくしてしまうこともあるでしょう。無収入が続くと、親や親族に頼らなければ生活できなくなるという恐れもあります。一方で、もしも親がすべての生活費を工面してくれているのであれば、かえってニート生活から抜け出すことが困難になりかねないという懸念も出てきます。

時間を持て余してしまう

「自分の自由な時間」は、メリットにもなる反面、逆に時間を持て余してしまい、使い方に困ってしまうといったデメリットにもなり得るといえます。

人と接する機会が極端に減る

社会から遠のくことで、人とのコミュニケーションが極端に減り、社会生活から切り離されてしまったように感じることも考えられます。

ニート期間により再就職が不利になりやすい

ニート期間が長引くことで、再就職へのチャンスを逃してしまう可能性もあります。少しでも再就職を考えている場合は、早めに行動を起こすことが重要です。

退職後のニート生活から脱出するためには

就職活動は、年齢が若い方が有利といわれています。そのため、就活をはじめるタイミングは早いに越したことはありません。ニート期間が長期化することで就職への道のりは遠のいていく可能性が高くなります。就活が不利な状況になる前に行動を起こすことが、再就職への近道だといえるでしょう。以下に、ニート生活から脱出するための方法をまとめました。

・ハローワークの職業訓練を受講する
・転職支援サービスを利用する
・未経験OKの求人から、自分に合う仕事を探す
・経験のある職種から探す
・やりたい仕事に必要な資格を取得する など

ひとまず、働く気のないネガティブな気持ちを払拭することで、ニートではなく求職者となります。「前向きに働く気がある」という心境の変化こそが、ニート脱出の成功への一歩といえるでしょう。

ニートから再就職を目指す場合は就職支援サービスを活用しよう

ニートから再就職を目指す場合、ハローワークをはじめ、46の都道府県に開設されている「ジョブカフェ」や、地域の若者をサポートする「地域若者ステーション(通称サポステ)」、就職に関する相談から企業紹介までを行う転職エージェントなどがおすすめです。以下で、それぞれの就職支援サービスの内容や特徴をまとめました。

ハローワーク

ハローワークは、全国500ヶ所以上に設置されている公共職業安定所です。退職後の雇用保険の手続きをはじめ、職業紹介や求職相談、面接対策など、就職や転職を目指す人に対して、さまざまなサポートを行っています。ハローワークについては「ハローワークとはどんなところ?サービス内容と利用の流れを解説!」でも紹介しているので、あわせてチェックしてみてください。

ジョブカフェ

ジョブカフェは、厚生労働省が都道府県と連携を図り、若者の就職支援を行うために設置した施設です。各地域によって異なるサービスを利用でき、施設によってはハローワークが併設されている場所も。カフェに立ち寄る気分で気軽に足を運ぶことができる点が魅力といえるでしょう。「ジョブカフェとは?受けられるサービスとハローワークの違い」では、ジョブカフェで受けられるサービス内容などを紹介しているので、参考にしてみてください。

地域若者ステーション(サポステ)

通称サポステと呼ばれる地域若者ステーションもジョブカフェ同様に、厚生労働省が設置した就職支援施設です。ハローワークやジョブカフェと違い、仕事探しや求人紹介は行っていませんが、働くこと自体に悩みを抱えている人や専門的な相談を受けたい人、コミュニケーションのとり方を学びたい人などに対して、さまざまなサポートを実施。身近な相談所のような機関として、利用しやすい体制が整えられています。「サポステとは?就職支援サービスの内容や利用方法を解説」では、サポステで受けられるサービス内容や利用の流れを紹介しているので、チェックしてみてください。

転職エージェント

再就職への道のりをサポートするためのさまざまなサービスを提供しているのが転職エージェントです。サービスの内容は、求人紹介やキャリア相談、面接日程の調整、企業側との交渉、面接対策、各種書類の添削などが挙げられます。また、自分に合う職種を知りたい場合、適職診断を実施しているところも。各転職エージェントの特色をチェックしながら、自分に適したところを利用すると良いでしょう。

「退職後のニート生活から脱却したい」「どの就職支援サービスを利用すれば良いのか分からない」「自分に合った職場で働きたい」などとお考えの場合は、ハタラクティブの利用を検討してみませんか。
ハタラクティブは、若年層の支援に特化したサービスを提供している転職エージェントです。企業情報を豊富に取り扱い、未公開求人も多数保有。その中から、求職者一人ひとりに合った転職先を紹介しています。また、プロの就活アドバイザーが、これまでの経験から得た知識をもとに、あらゆる相談ごとに対応。マンツーマンのカウンセリングにより、じっくりと納得のいくまで話し合うことができます。再就職をお考えの方は、ぜひお気軽にご利用ください。

この記事に関連するタグ