ネオニートの意味とは?収入源やメリットなどをなりたい方向けにご紹介

ネオニートの意味とは?収入源やメリットなどをなりたい方向けにご紹介の画像

【このページのまとめ】

  • ・ネオニートとは、就職せずとも十分な収入を手に入れている人を指す
  • ・ネオニートの主な収入源には、「広告収入」「FX」「株」などがある
  • ・ネオニートのメリットは、「時間の融通が効く」「努力が結果に繋がりやすい」など
  • ・ネオニートのデメリットは、「社会的信用が得づらい」「将来が不安定」など
  • ・ネオニートとして成功するには、知識や忍耐力にくわえて覚悟が必要

近年、「ニート」とは別で「ネオニート」という単語を耳にするようになりました。
「ネオニートって何?」「ニートとの違いは?」と疑問に思っている方もいるのではないでしょうか。ネオニートとは不労所得で生計を立てている人を指し、いわゆるニートとは異なります。
このコラムでは、ネオニートの概要や収入源、メリットなどを解説。ネオニートとして成功するために必要な要素も紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

ネオニートとは

「ネオニート」とは、就職しなくても十分な収入を手に入れている人のことを指します。主として自宅のインターネット環境を用いて活動。給与や親の資産などではなく、働かずに所得を得る「不労所得」により自力で生計を立てているのが特徴です。

ネオニートとニートは何が違う?

厚生労働省における「ニート」の定義とは、「15~34歳の非労働力人口のうち、家事も通学もしていない方」です。ニートの直訳は、就業、就学、家事、職業訓練のいずれも行っていない人を意味します。ニートに該当される方は、企業や学校などの組織に属さず、賃金や報酬といった金銭の受領もしていないのが特徴です。
それに対して、「ネオニート」は会社勤務こそしていないものの、不労所得という形で収入を得ている点が「ニート」との大きな違いといえるでしょう。

参照元
厚生労働省
よくあるご質問について

ネオニートになる理由

ネオニートになった経緯は人によって異なり、多様といえます。会社勤務が苦痛でネオニートになった人や、学生時代からインターネットビジネスで実績を挙げてネオニートとしての道を選ぶ人もいるようです。

ネオニートのなり方

ネオニートになる方法に決まりはありません。とはいえ、何の準備もなしにネオニートになろうとすると、「思うように収入が得られない」「仕事も辞めてしまった」という状況に陥るリスクも。
ネオニートになりたい方は、どのようにすれば収入を得られるかの情報収集を徹底し、自分にネオニートになるためのスキルや意欲が足りているかを精査しましょう。そのうえで、収入源の確保が可能かを分析することが必要です。また、すぐに不労所得を得られない場合を想定し、仕事を辞める前にある程度お金を蓄えておくことをおすすめします。

ネオニートの概要については、「ニートの収入源は何?ネオニートになる方法とは」もあわせてご覧ください。

ネオニートの収入源とされる主な方法

ネオニートの収入源は、広告収入やFX、株の売買などが主流。最近では、YouTuberとして活躍し収入を得る人もいます。下記に、ネオニートの主な収入源について説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

広告収入

自作した広告付きのWebサイトやブログを介して、ユーザーが商品を購入したりサービスを利用したりした場合に利益が得られる方法です。
ネオニートとして広告収入で稼ぐには、ユーザーに人気のコンテンツを生み出すことが必要になります。

YouTuber

YouTubeに自身が作った動画を公開し、その再生回数に見合う金額を受け取って収入を得ている人を指します。YouTuberとして生計を立てるには視聴者の獲得が必須。YouTuberを目指してネオニートになるのであれば、視聴者の支持を得られるような動画をまめにアップできる、忍耐力とクリエイティブな発想力が求められるでしょう。

FX

FXとは、外国為替証拠金取引のことを指します。取引サイトに証拠金を預け入れることで、それよりも高額な金銭のやり取りが可能になる仕組みです。
FXは短時間で利益を得られる反面、短時間で金銭を失う恐れもあります。ハイリスク・ハイリターンの取引であるため、ネオニートになりたい方は思いつきで着手しないよう気をつけましょう。

株のトレーダー

株式を取引することで財産を増やす方法です。
株式取引は始める前からある程度の元手が必要となります。投入できる資金が多いほど、配当金や利回りでネオニートとして生活していける可能性があるでしょう。

インターネットオークション

自宅にある不用品をWeb上のオークションサイトに出品し、売却することでお金に換える手段です。
書籍やゲーム、家電などは予想外の値段で取引されることも。ネオニートにとって、初期費用が掛からず始めやすい収入源の一つといえます。

ポイントサイト

インターネットにあるアンケートに回答し、ポイントを手に入れる方法です。
ポイントは現金やギフトカードなどと交換できます。アンケート1つに対しての報酬は少ないため、コツコツと貯める必要があるでしょう。ネオニートとして生計を立てられるほどの収入はあまり見込めません。

ネオニートは上記のような方法を効率よく使い分けています。複数の収入経路を確保すれば、安定した収入に繋がりやすいと考えられる仕組みです。情報収集をして世の中のニーズを見極め、どのようにしたら利益を上げられるかを考えて実行に移しているといえるでしょう。

不労所得に興味のある方は、「「働かずに生きる」は可能?貯金はいくら必要?実現方法を解説」で詳しく解説しているのでご確認ください。

ネオニートのメリット・デメリット

ネオニートには会社勤めとは異なるメリットとデメリットがあります。以下で、それぞれの詳細を確認しておきましょう。

ネオニートのメリット

ネオニートの主なメリットには、「時間を自由に使える」「人間関係のストレスが少ない」「自分の努力が結果に出やすい」などが挙げられます。

自分の都合に合わせて時間を効率良く使える

ネオニートになれば、自分の都合に合わせて時間を効率的に使える点がメリットといえるでしょう。
自分主導で物事を進めなくてはならないため、ビジネス内容によっては自由に時間を調整できます。

人付き合いへの気疲れが少ない

ネオニートは会社に行く必要がなく、基本的に職場の上司や同僚、顧客とのやり取りを要しません。そのため、人間関係によるストレスを避けられるのがメリットです。
「人とコミュニケーションを取るのが苦手…」「できるだけ1人でいたい」という方にとっては、魅力的に思えるポイントの一つといえるでしょう。

自分の能力や努力が結果に繋がるためやりがいがある

ネオニートは、自分の能力や努力が結果として直接反映されやすいというメリットもあります。会社勤めだと、自分では頑張って成果を出しているつもりでも、なかなか上からは評価してもらえず昇給・昇格に繋がらない…ということも。
ネオニートは自身のやり方次第で収入源が左右されるため、達成感や納得感を得られるだけでなく、やりがいも感じやすいと考えられます。

ネオニートのデメリット

ネオニートの主なデメリットには、「社会的信用が得づらい」「自分で保険や税金等の手続きを行う必要がある」「将来への不安を抱えやすい」などが挙げられます。

社会的信用が得づらい

ネオニートは社会的信用を得づらいのがデメリットといえます。身分の証明が難しく、カードやローンなどの審査で承認されづらいことも。また、ネオニートでいることによって、親戚や知人など、周囲からの目線が気になることもあるでしょう。

年金、保険、税金などの手続きが必要

会社勤めの場合は年金や保険などの手続きを会社側が行ってくれますが、ネオニートの場合は自ら加入しなくてはなりません。自分で把握・管理して各手続きを踏むことを面倒に感じる方もいるでしょう。何もせずにいると、公的機関からの恩恵を受けられないので注意が必要です。

将来に対する不安がある

ネオニートは、インターネットビジネスで確かな収入を得ていたとしても、将来的に収入が不安定になるリスクがあります。身分や収入が安定しづらいため、家族を養えなかったり、結婚で周囲の理解を得られなかったりする可能性もあるでしょう。

ニートやネオニート、フリーターの詳しい概念については、「自分に合ったニートからの脱出方法を試そう!」もぜひご参照ください。

ネオニートに向いている人の4つの特徴

ネオニートに向いている人の主な特徴には、「自己管理や収支管理ができる」「仕事への意欲がある」などが挙げられます。以下で、詳細を見ていきましょう。

1.自己管理ができる

自己管理ができる人はネオニートに向いているといえます。ネオニートは組織に属していないため、すべてを自分主導で決めていかなくてはなりません。体調や時間などを自身で調整できないと、作業に支障をきたして生活できなくなる恐れもあるため、自己管理能力が必須です。

2.収支管理ができる

会社に属さないネオニートは、収支も自分で管理しなければなりません。そのため、金銭を取り扱うことに抵抗がない人に向いています。また、収入額によっては確定申告が課せられることもあるので、それらの手続きや金銭管理をしっかりと行う必要があるでしょう。

3.意欲的に仕事と向き合える

意欲的に仕事に携われる人も、ネオニートに向いていると考えられます。ネオニートは自分自身が動かなければ、収入を得られません。収入源を確保するにはどうすれば良いか、収入を増やす方法はあるかなど、積極的に仕事と向き合うことが必要です。

4.会社勤めの経験がある

ネオニートには、会社勤めの経歴を持つ人も向いているといえるでしょう。
社会人経験を通じて得た一般常識やビジネスマナーは、ネオニートとしてインターネットビジネスに携わる際にも役立つはず。また、会社員時代に身につけた知識やスキルが、ネオニートになったときに活かされる可能性もあります。

自宅にいながら収入を得る方法については、「自宅で仕事をする3つの方法とは?在宅ワークのメリット・デメリットを解説」でも詳しく解説しています。

ネオニートとして成功するために必要な4つのこと

ネオニートとして成功するには、スキルや知識などさまざまな要素が必要です。ネオニートとしての活動は、良くも悪くも個人ベース。前述したように、何の準備もせずに働かない道を選ぶと、後悔に繋がる恐れがあります。以下で、ネオニートに必要な要素を確認し、自分が納得のいく選択をしましょう。

1.スキル

前述のとおり、ネオニートはインターネットを利用するビジネスを行っているため、PCに関するスキルは必須です。万が一、PC関連で不測の事態が起きても、一人で対処できる能力が問われます。

2.知識

ネオニートは、収入源となる各ビジネスに関連した知識を身につけておくことも重要です。
FXや株式投資などは、経済情報に精通していないと取り組むのが難しいといえます。知識もなくこれらの取引を行ってしまうと、莫大な借金が発生してしまうリスクも。
また、ブログやWebサイトを活用する場合でも、人を引きつける魅力的な文章にできるよう、知識や語彙力を駆使する必要があるでしょう。

3.時間

インターネットビジネスで着実に収益を上げられるよう、根気よく取り組む忍耐力を持つこともネオニートに求められる要素。インターネットビジネスは小遣い程度なら即効性がありますが、まとまった利益を得るまでには、かなりの時間を要するのが一般的です。最初の数ヶ月は収入が少ないことを想定したうえで行動することをおすすめします。
また、ネオニートは一日の大半をPCの前で過ごす可能性もあるため、一人の時間が増えることも念頭に置いておきましょう。

4.覚悟

ネオニートとしてインターネットビジネスを小遣い稼ぎではなく生活手段とするなら、それなりの覚悟が必要です。
ネオニートの生活は「楽しい」だけではありません。会社員のように企業方針に則って業務をこなせば収益が保証される訳ではないため、自己判断のもと創意工夫しながら収入源の確保に努める必要があります。失敗や予期せぬトラブルに遭遇したときには、自分自身で解決の糸口を探ることも不可欠といえるでしょう。

正社員未経験での就職活動や在宅ワークについて知りたい方は、「正社員未経験から就職する方法!在宅ワークはできる?できない?」もぜひご覧ください。

ネオニートを目指すなら正社員も経験しておこう

ネオニートを目指すのであれば、前項で挙げた要素にくわえて、正社員としての会社勤務も経験しておくことをおすすめします。前述したように、正社員としての経験は、ネオニートとして成功するための貴重な要素の一つにもなり得るでしょう。

ネオニートを目指す人の中には、「ネオニートになって楽したい」「働かないで暮らしたい」と考えている人もいるのではないでしょうか。
ネオニートとしての生き方は、一見理想的なように思えるかもしれませんが、実際に生活を維持するのは難しい面もあるのが実情です。「安定した暮らしをしたい」「ネオニートにも憧れるけれど、まずは正社員経験を積みたい」という方は、一度ハタラクティブを活用してみませんか。

ハタラクティブは、若年層に特化した就職・転職支援サービスです。
プロの就活アドバイザーがあなたのパートナーとなり、マンツーマンでサポートいたします。希望条件に適した求人の提案はもちろん、応募書類のアドバイスや面接対策、就活に関する相談対応など幅広い支援をご提供。就活や転職が初めての方も、効率的に仕事を探したい方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION