新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 高卒就職TOP
  4. >
  5. 高卒就職先
  6. >
  7. 高卒で営業職の正社員は目指せる?仕事はきつい?年収や転職事情を解説

高卒で営業職の正社員は目指せる?仕事はきつい?年収や転職事情を解説

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

【このページのまとめ】
・学歴が重視されないことも多いため、高卒でも営業職の就職は可能
・営業職は個人向けと法人向けに分かれており、高卒者は個人向け営業で活躍しやすい
・営業職の中でも不動産業や保険業界は高額な契約のため、高卒でも稼ぎやすい
・学歴に不安がある高卒者でも、コミュニケーション能力と学ぶ姿勢があれば活躍できる
・営業職として働くうえで、高卒者でも働きやすい福利厚生を確認する

「高卒でフリーターとして働いていたけれど、営業職の正社員にチャレンジしてみたい」と考えている方もいるでしょう。このコラムでは高卒で営業職を目指すうえでのメリット・デメリット、営業職の種類やチェックしておくべき福利厚生などを解説しています。向いている人の特徴や、稼ぎやすい職種もまとめているので、就職活動の参考にしてみてください。

高卒から営業職は目指せる!

学歴が高卒であっても、営業職を目指すことは可能です。まずは、基本的な営業職の概要や種類、メリット・デメリットをご紹介します。

営業職とは

そもそも営業職とは、顧客宅や企業側に訪問し、自社の商品やサービスを自ら提案・提供して売り上げにつなげる仕事です。会社の収益と自分の目標達成を常に念頭に置き、体を動かしながらコミュニケーション能力を培っていく必要があります。
数字や目標を達成することで、成果がダイレクトに収入に反映されるのでやりがいを感じやすい仕事といえるでしょう。特に資格を必要とする職種ではないため、高卒であっても学歴や経験を問わず、実力で勝負できることも魅力の1つです。「セールスマン」「営業マン」といった名称もあり、その業種は多岐にわたります。

営業職の種類

営業職には、「新規営業」「ルート営業」「飛び込み営業」といった3つの種類があります。以下でそれぞれの特徴について紹介するので、営業職に興味があるという方は自分に合ったものはどれか考えてみましょう。

新規営業

新規顧客を探し、開拓していく営業方法です。自ら顧客とアポイントをとり、契約をとるのが一般的な働き方。なお、電話でアポイントをとる「テレアポ」をかけてから客先に訪問する方法のほかに「飛び込み」という営業の仕方もあります。どちらの営業方法であっても、新規営業の場合は顧客の獲得から始めなくてはなりません。契約にこぎつくまでは時間がかかりやすいといわれていることから、根気強いメンタルが必要です。

ルート営業

ルート営業とは、既存の顧客に営業をしていく方法です。取引先へ訪問し、利用しているサービスや商品の調子はなどを気にかけながら、オプションの追加や点検、新作案内を行います。取引先に合わせ、柔軟なスケジュール調整が必要です。そのため、定時後や休日に働かざるを得ない場合もあります。

飛び込み営業

飛び込み営業とは、アポなしで訪問し、名前のとおり飛び込みで営業をする方法です。保険業界や金融業界、介護業界など、飛び込みで訪問する業種はさまざま。新規営業のように新たに顧客を開拓していくことは同じですが、事前連絡はせずに急に訪問するため、拒まれることが多いことも事実です。ただ、電話ではなく直接話を聞いてもらえることで、営業マンの人柄がダイレクトに伝えられるメリットがあります。

高卒から営業職になるメリットとデメリット

若さのポテンシャルが武器になる

高卒であっても20代など若いうちは、知識よりもポテンシャルが有利な武器になります。特に前述のとおり、個人向けの営業職では、ポテンシャルの高さが愛嬌となり、顧客に気に入られやすいことが特徴です。これに対しデメリットは、論理的な情報を求めている顧客には受け入れてもらい難いこと。顧客のニーズをしっかり把握するには、相手の温度感や求めていることを、即座に感じ取ることが求められます。

高卒者でも昇格のチャンスがある

高卒者でも年齢や経験を問わず昇格のチャンスがあることは、大きなメリットです。実績をメインに評価されやすく、昇格への道は成果によって決まるともいえます。一方、デメリットは、高い目標を強いられることが多く、タフな忍耐力やハイレベルな経験が必要になる場合が多いこと。個人プレーの仕事以外にも、周囲を見る洞察力や会社の利益も気にする視野の広さなど、個人の枠を超えた努力が必要になるでしょう。

毎月の収入にバラツキが出てしまうこともある

高卒者でも稼ぎやすいことがメリットである営業職ですが、その一方で成果や結果の数字(売り上げ)によって、収入の差が出やすいという一面もあります。成果を出せた月は多く報奨を得られても、成果が出なければ、固定給のみの収入にとどまってしまうことも。実績によって収入に波がある業界のため、モチベーションの維持や変化に伴う対応力は常に必要となるでしょう。

▼関連記事
フリーターが営業職の正社員になるには

高卒は個人営業と法人営業どちらが良い?

営業職は、個人に向けて営業する場合と法人に向けて営業をするパターンがあります。高卒の場合、個人営業に就くのがおすすめです。その理由も含め、個人営業と法人営業の違いを以下で紹介しますので、参考にしてみてください。

個人営業はコミュニケーション能力が重要

個人営業とは、文字通り個人に営業することを指します。個人は組織ではないため、「目の前の1人の顧客」との信頼関係が重要です。信頼を勝ち取り、「契約しよう!」と思ってもらえたなら、その場で商談が成立となります。営業マンの対応に慣れている法人とは違い、セールスということだけで警戒されてしまうこともあるので、まずは顧客に信頼してもらうことが重要。もちろん知識も必要ですが、それ以上にコミュニケーション能力が重視されるので、若くて経験の浅い高卒者でも働きやすいでしょう。

法人営業はマナーや多くのスキルが求められる

法人営業とは企業や団体をターゲットにした営業のこと。顧客の会社に出向き、社長や決裁権のある社員と商談をします。扱うのはビジネス向けの商品であるため、高額なことも少なくありません。コミュニケーション能力だけでなく、高額な契約をしてもらうにあたって、専門的な知識や商品の良さを伝えるためのプレゼンテーション力も重要です。高卒であっても法人営業として活躍することは可能ですが、社長や決裁者に納得してもらう提案ができるようになるまで、時間を要することもあるでしょう。

▼関連記事
高卒で就職できる営業の正社員

高卒から営業になるのはきつい?

高卒での営業職のきつさは、人によってさまざまです。また、個人・法人でもきつさは異なります。「営業はきついって聞くから…」と躊躇ってしまっている人は、具体的にどのような辛さを感じる可能性があるのか見てみてください。

営業の種類やスタイルによって「きつい」は異なる

法人向けは活躍できるまでに時間がかかることもある

先述のとおり、法人向けの営業は企業に合わせた専門知識が必要です。特に高卒で営業職に就職する場合は、場数を踏まないと自分の言葉でうまく話せないことに対するジレンマ=きつさになるケースが多いでしょう。商品やサービスの魅力を理解し、担当者と商談した際に、相手企業の社長や決裁者へ魅力が伝わりやすい話し方で臨まなければなりません。仮説や経験談を用いながら話すことができるようになれば、自然ときつさもやりがいにつながるようになるでしょう。

個人向けは顧客が離れやすい一面もある

個人向けの営業は、信頼関係が深まらないうちは顧客が離れやすく、安定しにくいことが「きつい」と言われています。卒業してすぐの高卒者の場合、「若いけれど信頼して大丈夫なのだろうか?」と、年齢で判断されてしまうこともしばしば。一方で、「若いのに頑張っている!」と評価してもらえることもあります。好感度が信頼に変わるまではやや時間を要するのできついと感じることもあるかもしれませんが、自身を必要としてくれていることが分かったときは大きなやりがいを感じられるでしょう。

営業職にも営業のほかに「事務作業」もある

営業職にも「事務作業」がある場合は、残業になりやすいこともあり、顧客管理の能力も重要になる企業では、きつい、と感じやすいケースもあります。

しかし、自分の顧客を自分で管理できるので、状況把握がしやすく、顧客へのアポイントもとりやすい一面もあるでしょう。退勤前の日報記入や伝票作成など、事務作業ではパソコン入力が必要になる場合もあります。

▼関連記事
営業の離職率は高い?低い業種はある?保険や不動産など業界別に解説!

営業職は高卒でも稼げる?

高卒の営業職の収入は職種によって異なるため、一概には言えません。歩合や成績によって、収入に差がつくこともあります。平均年収や、高卒でも安定した収入を得やすい営業の職種をご紹介するので、「営業職で稼ぎたい!」と考えている方は参考にしてみてください。

営業職の平均年収

営業職といっても業界が多岐に渡るため、平均年収は一概に言えませんが、350~400万円前後だといわれています。営業職はインセンティブ制度のある企業も多く、成績によってはこの金額を大幅に上回ることも可能でしょう。インセンティブ制度とは、従業員のモチベーション向上のため、企業側が賞与や給与アップなどを実施する制度のことです。インセンティブ制度を活用し、なかには1,000万円を稼ぐ営業マンも。安定して高い利益を出している場合は、役職者に任命され、役職手当をもらえることもあります。

高卒の平均年収

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況(学歴別)」によると、高卒の平均年収は、約303万円です。高卒者の平均年収と営業職の年収を比べてみると、営業職のほうが高い金額となっています。営業職は、職種や個人のスキルによって収入が大きく異なるため一概には言えませんが、頑張り次第では高卒者でも大卒者と同等もしくはより多く稼げる可能性もあるでしょう。

参照元
厚生労働省 令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況

高卒からでも稼げる営業職は?

高卒の営業職で稼ぎやすい仕事としては、おもに一般的に挙げられる「不動産業界」「保険業界」などが有望でしょう。営業職の給与は、「固定給+歩合制」が一般的です。その中でも不動産業は、マンションや戸建て売買など、高額な契約となるため、インセンティブ(歩合)が多く出やすいことも特徴です。

持っていると営業職に有利な高卒向けの資格

高卒から営業職への就職に有利な資格として、運転免許や語学力があります。ほとんどの企業で移動手段には欠かせない車の運転免許や、英会話もできるとスキルアップに繋がりやすく、仕事の幅も広がるでしょう。

普通自動車免許は基本

普通自動車免許は、お客様のもとに訪問する営業職にとって欠かせない資格です。営業マンの多くが、個人の「担当エリア」を持つようになります。なかには運転免許を必須としていない企業もありますが、エリアが広い場合や大きな荷物を運ぶ必要が場合、訪問先が駅から遠い場合は、電車やバスよりも、車での移動手段が格段に効率的です。営業職として活躍したいと思っていてまだ免許をもっていない高卒の方は、運転免許を取得しておいたほうが良いでしょう。

語学力も役立つ

高卒の人も語学力があれば、外資系の営業など、国内外で活躍の場を広げられます。主に、法人向けの営業に多く用いられますが、個人向けの営業でも、外国人への対応がしやすくなるでしょう。たとえば、語学スキルを証明できるものには以下のような資格があります。

・実用英語技能検定
・TOEIC
・日商ビジネス英語検定

近年では、通信講座やCDでも英会話を学ぶことができます。英会話スキルは販売やIT業界など、さまざまな仕事に役立つでしょう。営業職でも、顧客獲得に向けて対応力を磨くことができ、大いに役立てることが可能です。近年、インターネットの普及が日常化されており、海外の情報も国内で重要視されているため、語学力は非常に有効的といえます。

高卒で営業職に向いている人の特徴3選

高卒で営業職に向いている人は、前向きにコミュニケーションが取れる人や、目標に向けて貪欲な人、傾聴力が優れている人などです。ここでは、それぞれの特徴をご紹介します。

1.前向きにコミュニケーションを取れる人

前向きなコミュニケーションが取れることは、営業職の基本ともいえます。ポジティブに物事を考えることができ、周囲や顧客に興味関心を引くのが得意です。新人のうちは知識が浅いため、コミュニケーション能力のほうが有効でしょう。初対面の挨拶や、身だしなみ、言葉遣いもコミュニケーション能力に含まれます。第一印象によって、その後の商談の良し悪しが変わることもあり得るでしょう。「高卒だから…」とネガティブにならず、自信をもって商談できれば自ずと結果もついてくるはずです。

2.目標達成に貪欲な人

目標の達成にこだわり、対策や改善を繰り返す貪欲な人は、営業職に向いています。営業職の仕事をするうえで、数値的な目標設定は必須なもの。特に営業職は個人の売り上げや、達成率、利益率などが表立ってカウントされることが多くあります。数値を含めた具体的な目標設定をすることで、自分のスキルアップにも繋がるでしょう。

3.相手の話をよく聞ける人

傾聴力に優れている人も、営業職に向いているでしょう。相手の話をよく聞く人はヒアリング力に長けており、情報を集めたうえで的確な返答ができます。そのうえで、サービスのメリットやデメリットも明確に相手に伝えることができるため、話の的を得た説得力が強みです。
相手の悩みや疑問を聞き出すことが得意な人は、解決策や対策を常に考え、ポジティブに切り替えていくことができるでしょう。傾聴力に関しても学歴は関係ないため、高卒の方でも十分活躍可能です。「人から相談をよくされる」という方は傾聴力に長けている可能性があるので、ポテンシャルを活かして活躍できるでしょう。

高卒から営業への就活を成功させるポイント

高卒で営業職への就活を成功させる秘訣は、細かな企業研究や、未経験可能な求人を探すことです。
ここでは、注目すべき福利厚生もご紹介します。

仕事内容や会社概要を把握する

高卒の営業職に関わらず、どの職種でも企業研究は重要といえます。営業職でも、どのようなターゲットに、何をどのようにして営業するのかがポイントです。業界の幅がとても広い営業職では、職種によって働き方がまったく違う場合もあります。自分に合った職場を探すことが、営業職への就職の近道です。

福利厚生を徹底して調べよう

昇給制度

昇給制度とは、ほとんどの企業がとりいれており、年に1度または人事考課時などに給与改定をおこなう制度です。自分のモチベーションにも繋がり、長期勤務やキャリアアップの後押しにもなるため、就職には重要な制度といえるでしょう。

インセンティブ制度

インセンティブ制度とは、企業が従業員のモチベーション維持を重視するため、従業員が出した実績や成果に対して、歩合を付与する制度です。手当として給与や賞与に上乗せするかたちで支給されることが多いですが、商品券などをプレゼントしていることも。前述のとおり、不動産業界や保険業界では、高額な報奨になることが多い制度です。

休暇制度

休暇制度とは、病気やけがなど、長期にわたり特別な休暇が必要になった場合に取得できる制度のことです。特に車での移動が基本となる営業職にとって、万が一、事故やけががあった場合の対応は必要です。

研修や教育制度

社員の知識習得やスキルアップに向け、研修の場を設けたり、教育環境を整えたりしながら新人サポートをおこなう制度です。企業や職種によって内容・方針は異なります。先輩社員がマンツーマンで育成をおこなう企業や、段階を踏んでキャリアアップを推進している企業もあるでしょう。

未経験でも可能な求人を探す

高卒で営業職に就職したいと考えている方は、転職エージェントを利用するというのもひとつの手です。前述のとおり、営業職には個人・法人向けがあるだけでなく、扱う商材もさまざまなので、自分に合った仕事を1人で探すのはむずかしい場合もあります。転職エージェントでは、プロが希望条件にあった求人を探してくれたり、就業に対する相談にのってくれたりするので不安なく就活ができるでしょう。

「営業をやってみたいけれど、向いているか分からない…」「高卒者を採用している企業の詳細を知りたい」という方は、ハタラクティブにご相談ください!ハタラクティブは、高卒者や第二新卒など若年層を対象とした就職・転職エージェントです。ハタラクティブでは、求人紹介はもちろん、就活のプロであるアドバイザーが、履歴書の書き方から面接のアドバイスまでサポートしています。サービスは全て無料で利用可能なので、営業職への就職を考えている方は、ぜひお気軽にご登録ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

本日面談できます!登録はこちら

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ