販売員に資格は必要?業界ごとに必要なスキルを解説

販売員に資格は必要?業界ごとに必要なスキルを解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・販売員は資格を持っていなくても働くことができる
  • ・資格を所有していると、販売員の転職やキャリアアップに役立つ
  • ・販売士検定や接客サービスマナー検定などの資格は販売員としての仕事に役立つ
  • ・医薬品の販売員は登録販売者、保険商品の販売には募集人資格が必要
  • ・アパレル関係の販売員には色彩検定や繊維製品品質管理士などの資格もおすすめ

「販売員には資格が必要なの?」「薬局で働くのに有利な登録販売者って?」などの疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか?
販売員は資格がなくても働くことが可能です。しかし、登録販売者のように持っていなければ働けない販売員の仕事も存在します。
このコラムでは、販売員に必要な資格やスキルについて解説します。所有することで転職が有利になったりキャリアアップできたりする資格も紹介するので参考にしてください。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

販売員は資格がなくても働ける

販売員として働くために、特別な資格は必要ありません。
とくにアパレル関係の販売員の場合、資格を取得しなくても経験を積むことによって必要なスキルを身につけることができるからです。ファッションが好きな方や人とコミュニケーションを取るのが苦にならない方は、販売員に向いているといえるでしょう。
ただし、販売員として資格を取得するのは決して悪いことではありません。資格を取得しておけば、特定の分野における確かな知識を持っていることの証明となるからです。
販売員として働くのに役立つ資格を取得しておけば、キャリアアップや将来的に転職する際の大きな武器となるかもしれません。
アパレル関係の仕事では、販売員に必要不可欠な資格はないものの、取得する努力はしてみる価値があるといえるでしょう。
アパレル関係の店舗で働く販売員の仕事について詳しく知りたい方は「ショップ店員の仕事」のコラムもご覧ください。

販売員に役立つ4つの資格

販売員として活躍するために資格はとても役立ちます。自分が持っているスキルや能力をアピールするためには、何らかの資格を取得しておくと便利です。
ここでは、アパレル関係や他分野の販売員として働くのに役立つ主な資格を4つ紹介します。

1. 販売士(リテールマーケティング)検定

販売員として幅広い分野で役立つ資格が、「販売士検定」です。「リテールマーケティング検定」とも呼ばれ、日本商工会議所と各地の商工会議所が実施する公的な資格となります。
販売員が必要とする商品の知識や店舗経営のための知識、接客マナーなどを身に付けていることを証明する資格です。流通業界や小売業界では非常に信頼される公的資格なので、アパレル関係に限らずさまざまな業界で役立ちます。
単なる販売員としてだけでなく、売場責任者や店長クラス、サービス業の販売業務担当者などの役職に就いている方は取得しておくのが望ましいでしょう。

販売士検定は難易度によって1級、2級、3級に分かれています。
3級はマーケティングや流通・小売業における基本的な知識を持っており、販売員として基本的なスキルを身に付けていることを示すものです。学生の方でも挑戦しやすく、販売員になりたい方におすすめの資格だといえるでしょう。
2級はマーケティングや流通・小売業に関するさらに高度な知識を有し、売場をマネジメントできる能力があることの証明となります。販売員の中でも、管理職を目指す販売員が受験するレベルです。
1級は、経営に関する高度な知識を身に付けており、商品計画はもちろん経営計画にも関わることができる人材に与えられます。商品や業界についての知識はもちろん、経営に携われるのが特徴です。

2. 接客サービスマナー検定

販売員に役立つ別の資格は、「接客サービスマナー検定」です。
とくに、接客に焦点を当てた資格で、ワンランク上の上質な接客サービスを行うのに役立ちます。現在、アパレル関係だけでなくホテル業界や医療・介護業界、金融業界などでもより高いレベルの接客が求められるようになりました。
接客サービスマナー検定は、基本的なマナーだけでなくビジネスマナーやクレーム対応など、販売員として必要な知識や技能を理解していることの証明となります。お客様により好印象を持ってもらえる人材として成長するのに役立つでしょう。

3級は基礎的なサービスマナー、2級は質の高い接客サービスの基本が問われます。準1級になると面接が導入され、知識だけでなくどのような行動をとるかについても考慮しなければなりません。経営の立場から接客サービスを考えられる1級になると、ロールプレイング形式のテストが実施されます。

3.英語対応能力検定

販売員として役立つ別の資格は「英語対応能力検定」です。
とくに、都市圏で働いている販売員の場合、外国人のお客様に対応する機会があるかもしれません。外国人のお客様の中には日本語が話せる方もいますが、英語で対応するとより喜ばれる場合もあります。
外国人のお客様に対して接客をスムーズに行うため、さらに顧客満足度を高めるために重要な資格です。実用的な英語を聞いたり話したりすることに重点が置かれている資格なので、学生時代に英語が苦手だった方も合格する可能性が十分あります。
実用的な英語が話せるのは販売員にとって大きな武器となるので、転職する際にも大いに役立つでしょう。

4.日本語検定

販売員として、きれいな日本語を話すのに役立つ資格が「日本語検定」です
日本語なら問題なく話せると思う方もいますが、単語や敬語の使い方が間違っていることも珍しくありません。お客様との会話で間違った敬語を使えば、大きなトラブルになることもあります。
日本語検定を受験すると、今まで何気なく使っていた敬語や慣用句に間違いがあることに気づいたり、新たな語彙が増えたりするかもしれません。
販売員として役立つだけでなく、日常生活で話す日本語も正しく、美しくなるのも日本語検定の魅力です。

販売員の資格である「登録販売者」とは?

販売員の資格の一つである登録販売者は、2009年に改正された薬事法により新設された公的資格です。
医薬品を販売できる資格で、薬局やドラッグストアで働く際に役立ちます。

以前は薬剤師か薬種商という資格保有者しか医薬品を販売できませんでしたが、登録販売者の資格を取ることにより、限られた範囲内で医薬品の販売が行えるようになりました。登録販売者が販売できるのは、日常生活に支障をきたさない範囲で体に不調が現れる恐れがある第三類医薬品と、副作用などに注意が必要で稀に入院相当以上の健康被害が生じる恐れがある第二類医薬品の2種類です。
一方、一般用医薬品としてあまり使用されず、副作用などにとくに注意が必要な第一類医薬品に関しては、現在でも薬剤師が販売しなければなりません。

登録販売者は、販売員として医薬品を売るだけでなく、薬に関するアドバイスや副作用の説明も行う必要があります。薬剤師ほどではなくても、医薬品に関する深い知識が求められる資格です。
合格率は日本全国で35%から55%前後で、通信講座などで勉強ができるため比較的合格を目指しやすい資格といえます

職能をつけて働きたいとお考えの方には「手に職をつけたい人向け資格一覧!女性や20代・30代へのおすすめを紹介」のコラムがおすすめです。

保険を扱う販売員に必要な資格「募集人資格」とは?

販売員の中でも、保険代理店に勤務している方が取得すべき資格があります。それが「募集人資格」です。保険商品の販売員は募集人資格を持っていなければなりません。
募集人資格は販売する保険が生命保険か損害保険かによって取得すべき資格が異なります。

生命保険募集人資格

生命保険募集人資格を取得するには、一般社団法人生命保険協会が実施している試験に合格することが必要です。一般過程・専門課程・応用過程・生命保険大学の課程があります。一般過程に合格すれば保険商品の販売が可能になります。
ただし、変額保険を販売する場合には変額保険販売資格試験にも合格しなければなりません。
試験に合格するほか、受験前後に生命保険会社が実施する登録前研修と登録後研修の受講が必要となります。

損害保険募集人資格

損害保険募集人資格を取得するには、日本損害保険協会が実施している試験を受けることが必要です。基礎単位のほかに、取扱い種目に応じて自動車保険、火災保険、傷害疾病保険の各単位があります。基礎単位に達しないと募集人届出ができず、販売する保険商品の単位を取らないと該当商品が取り扱えません。
合格後は5年ごとに更新試験を受ける必要があります。

販売員として働くのに役立つ登録販売者や他の国家資格についてさらに詳しく知りたい方は、国家資格について取り上げたコラム「取りやすい国家資格9選!取得のメリットや選ぶときのポイントを解説」をご覧ください。

アパレル販売員に役立つ5つの資格

アパレル関係の販売員には役立つ資格がたくさんあります。
ここではアパレル関係の販売員に役立つ資格を5つ紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1.色彩検定

アパレル関係の販売員に役立つ資格の一つが色彩検定です。
色彩検定とは、色に関する基礎的な知識や配色技法を学ぶことができます。ファッションやアパレル、デザイン関係の仕事をしている人におすすめの資格ですが、それだけではありません。販売員でなくても、ファッションやデザインが好きな方は取得を検討するとよいでしょう。
色彩検定は、日常生活でも応用できる知識がたくさん学べるという特徴があります。部屋のカラーを考えたり、服装をもっとおしゃれにしたりできることでしょう。色彩検定を取得しておくと、親族や友達からコーディネートを頼まれることもあるかもしれません。

2.カラーコーディネーター

販売員であれば、カラーコーディネーターの資格もおすすめです。カラーコーディネーターは、色の性質や特性をビジネスシーンに活かす能力を身に付けられます。
インテリアやファッション、ディスプレイなどで使用する色彩や配色についてアドバイスできる専門家です。

色彩は顧客の購買意欲を高めたり、好印象を与えるのに役立ったりするので、カラーコーディネーターの資格は販売員としてさらに高度な知識を得るきっかけになるでしょう。

3.ファッション販売能力検定

販売員としてアパレル関係の店舗で働くのであれば、ファッション販売能力検定が役立ちます。
販売能力を問う資格の中でも、とくにファッションに焦点を当てたもので、商品知識だけでなく接客マナーやマーケティングの知識も身に付けられるでしょう。
2級と3級は販売員として働くために必要な知識や技術、1級は自分の店舗を持つ方やマネージャー向けの資格です。

4.パターンメーキング技術検定

パターンメーキング技術検定とは、デザイン画から型紙を作る技術を問う資格です。
販売員であれば服の型紙を作る機会はないかもしれませんが、服の構造についての知識を深めるために便利な資格となっています。お客様にとって着やすい服、体形に似合う服を提案するのに役立つでしょう
専門学校や大学などで服飾について学べば身に付けられる技術ですが、販売員として転職する方も取得しておくと仕事がより楽しくなるかもしれません。

5.繊維製品品質管理士

販売員として取得できる別の資格は、繊維製品品質管理士です。
商品の素材や技術に関する深い知識を持っていることの証明となり、ファッションビジネスにおいて重宝される資格といえます。
販売員としてだけでなく、企業との交渉や複数の企業が協力するプロジェクトなどにおいても役立つ資格です。

販売員としての経験はないものの、新しい仕事へ挑戦したいと考えている人は、就職エージェントへの登録がおすすめです。
ハタラクティブは、20代のフリーターや第二新卒、高卒などの若年層向けの就職・転職サービス。未経験可の販売員の求人もご紹介しています。そのほか多数の求人をご用意しています。
ハタラクティブではあなたの就職・転職をトータルにサポート。プロの就活アドバイザーが一人ひとりに合わせた面接対策をしますので、安心して本番に臨めるでしょう。
「自分が販売員に向いているのか分からない」「資格がなくてもやっていけるのかが不安」などのお悩みもお気軽にご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION