印刷業界の仕事業界図鑑

印刷業界とは

新聞や広告、ポスター、郵便物、DM、名刺、本、商品券、マニュアル、ノート、包装紙…私たちの周りに多く存在する印刷物。一口に印刷と言っても、下記の6つに分類することができます。

・商業印刷

企業や団体などの事業活動に使用される印刷物を指します。商業印刷は、さらに宣伝用印刷と業務用印刷に分けられ、宣伝用では、ポスターやチラシ、POP、パンフレット、カタログなどを取り扱い、業務用では、マニュアルや社内報、会社案内、職員名簿などを取り扱っています。

・出版印刷

出版社や新聞社などの商業出版物を指します。主な印刷物は、書籍や雑誌、教科書、参考書、地図などです。団体や研究機関が発行する書籍類も出版印刷に含まれます。

週刊誌や月刊誌などの情報伝達を目的としている定期出版と、単行本や新書といった文章中心の不定期出版物に分けられます。

・事務用印刷

その名の通り、業務上に必要な印刷物を指します。事務用品印刷とビジネスフォーム印刷に分けられ、事務用品では、名刺やノート、封筒、はがき、手帳などを取り扱い、ビジネスフォームでは、納品書や請求書、申込書などの伝票類を取り扱っています。

・証券印刷

金銭に代わる印刷物を総じて証券印刷と呼びます。主な印刷物は、株券や商品券、チケット、クレジットカードなど。複製対策のため、透かし印刷やホログラム箔押しを施しています。

・包装その他特殊印刷

商業印刷同様、企業や団体の事業活動を目的とした印刷物を指します。主な印刷物は、食品や薬品などのパッケージ、包装紙、ダンボールなどです。建材、布地、OPP袋といった紙以外の物質や精密電子部品などの特殊印刷物も含まれます。

・ソフト/サービス

印刷付帯サービスやニューメディア関連サービスなどを指します。データ管理やソフト制作、Web制作、データベース構築支援、販売促進、商品企画などの内容の印刷物があります。

印刷業界には、さまざまな企業が存在しています。中でも高い売り上げを誇るのが、「凸版印刷」と「大日本印刷」。レトルト食品のパッケージや液晶用カラーフィルター、光学フィルムなどの紙以外の印刷を手掛ける他、電子書籍事業への参入を行い幅広いニーズに対応できる企業です。

印刷業界の志望動機例

私たちの身近に多くあり、当たり前の存在である印刷物。それらを作り出す印刷業界には、どのような人物が向いていると言えるのでしょうか。

・クリエイティブ気質の人

広告、出版業界との結びつきが強い印刷業界。ものづくりに関心が強く、自分が作ったもので人に喜ばれることが好きな人が向いていると言えます。

・真面目で細かい人

どの業界にも共通することと思いますが、決められた納期までにクライアントが満足いく印刷物を提供することが大切です。もちろん、1文字のミスも許されないため、間違いがあれば刷り直しが発生します。出来上がった印刷物を細かく根気強くチェックできる人は向いていると言えます。

・黙々と作業することが好きな人

印刷業界のお仕事はどちらかと言うと、華やかというよりも地道なお仕事です。1つ1つの作業を確実にこなす必要があるため、黙々と働くことが好きな人に向いていると言えるでしょう。

【志望動機をつくるポイント】

印刷業界にマッチする人物像をなぞりつつ、応募先企業でないといけないという内容を具体的に伝えることを意識してみてください。以下のポイントを落とし込みながら、面接官の印象に残る内容を作成できるといいでしょう。

《ポイント》

・なぜ印刷業界を志望するのか(向いていると思う適性や過去の経験などを伝える)

・なぜその企業を志望するのか

・その企業の事業を通じて何をしたいか

印刷業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

印刷業界は、2005年から2007年までは増加傾向にあったものの、2007年から2012年にかけては減少傾向にあります。1991年のピーク時には9兆円近くあった市場規模は、18年間で3兆円近く縮小。2013年以降は横ばいとなっているものの、2022年には4兆円にまで縮小すると予想されています。

インターネットの普及や広告費削減、ペーパーレス化などに伴い、需要が低下したことが縮小の主な原因です。

不振に悩む企業が存在する一方で、業績を伸ばす企業も多く存在しています。業績トップの凸版印刷と大日本印刷のように、自社の強みをしっかり掴んだり、印刷の多様化が進む中フレキシブルに対応したりと、他社にはないオンリーワンのサービスを提供することで生き残りを目指しているようです。

【今後の動向】

デジタル化が主流の現状に対応し、新たな情報技術の獲得で新たなサービスを提供する、徹底したコストダウンと生産効率向上を目指すことが今後の課題となるでしょう。

縮小傾向にあるからと言って、魅力のない業界ではありません。従来のビジネスモデルにこだわることなく、新たなスタイルや市場の開拓ができれば、印刷業界の成長に期待が持てると言えます。

印刷業界の仕事内容

100年以上の歴史を誇る印刷業界。ワークフローが確率しており、各々のセクションに責任を持ち作業しています。仕事に関わる主なスタッフは以下の通りです。職種や仕事内容を通じ、企業の仕組みについて理解できます。

・デザイナー

デジタル化に伴い、印刷会社でデザインを行うケースも増えています。グラフィックデザイナーやエディトリアルデザイナーなどが活躍。クライアントの依頼内容にもよりますが、パンフレットやカタログなどへのデザイン考案が主なお仕事です。

・DTPオペレーター

InDesignやOfficePublisher、パーソナル編集長などのDTPソフトを用い、デザイナーが制作したデザインを基に印刷用データを作成するお仕事です。写真やイラストのレイアウト、用途にあったフォントの選択、行間や字間の調整などを行います。

・印刷機オペレーター

指定された紙へ、刷色や仕上仕様、製本加工の有無などを確認しながら実際に印刷を行うお仕事です。依頼の印刷物や、オフセット印刷・グラビア印刷・活版印刷・スクリーン印刷といった印刷方法によって仕事内容は異なります。

・製本オペレーター

印刷された各ページを指定のサイズに断裁。1ページから最終ページまで順番に揃え、無線綴じを用い糊でページや表紙を固めて綴じます。デザインやDTP、印刷の工程を経てできた印刷物を1冊の本にするのが製本オペレーターのお仕事です。

・研究開発

さまざまな分野の技術者が、チームで印刷技術の向上を目指すべく研究や開発を行うのがお仕事です。また、印刷技術の他にも、有機ELディスプレイや機能性フィルムといった新たな分野でも研究開発が行われています。

・事務

印刷物を完成させるための徹底したチェックを行う品質管理や、営業からあったクライアントの要望の共有に応じた企画開発などが主なお仕事です。

・営業

クライアントと自社の架け橋となり、デザインや価格、納期などの依頼内容を確認するのが主な役割です。その他、製品やサービスの売り込み、プレゼンなどを担います。

上記の他にも、印刷業界に限らず企業経営に大切な、人事や総務、経理なども活躍しています。実にたくさんの職種が印刷業界に関わっているのです。

印刷業界の今後

私たちの身近なところにある印刷物を作るのが、印刷業界の仕事です。漫画や雑誌、パンフレット、食品の袋など、生活しているなかで印刷物に触れる機会は毎日のようにあるのではないでしょうか。

ところが近年では、従来の「紙への印刷物」から大きく方向性を変え、新たな分野へ参入する企業が増えている傾向にあります。その背景にはどのようなものがあるのか、印刷業界の今後について予想される動きとともに見てみましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒乗り遅れた

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ