現場監督の仕事に役立つ資格とは

現場監督の仕事に役立つ資格とはの画像

現場監督とは、工事現場全体を管理する職業です。特に資格がなければいけない職ではありませんが、様々な専門の職人が入り乱れ、専門用語などが飛び交う現場を管理するためには、多くの知識が必要になります。その証明として用いられるのが専門資格です。

◆仕事に役立つ!建築士の資格

現場監督に必要とされる資格のひとつが、建築士の資格です。建築士とは建造物の設計および管理を行う職業。国家資格である建築士の資格には以下のように種類があります。

・木造建築士

木造の住宅をメインに設計や管理を行うことができる資格。1階および2階建ての延べ面積300平方メートル以下の木造建築物を扱える。

・二級建築士

延べ面積500平方メートル以下の建築物を扱える。建築士などを目指す人がまず取得する一般的な資格。

・一級建築士

あらゆる建造物の設計や工事管理が可能。受験には二級建築士、もしくは木造建築士として4年以上の実務経験が求められる。

二級建築士や木造建築士であっても、学歴と実務経験のふたつの受験資格を満たす必要があります。学歴によって必要な実務経験の年数は変わり、また、土木科や建築学科を卒業していなくても実務経験7年以上で受験が可能になります。

◆仕事に役立つ!建築施工管理技士の資格

建築施工管理技士とは、国家資格である施工管理技士資格のひとつです。施工管理技士には土木や電気、管工事など複数ありますが、最も工事数や現場監督の需要が多いと言われているのが建築施工管理技士です。

建築施工管理技士とは、建築現場で工程や安全、品質などを管理する職業。資格は1級と2級に分かれており、それぞれ学科と実地の試験があります。

また、施工管理技士の試験にも学歴や実務経験などの受験資格があり、業務内容や卒業した学校、学科により細かく違うので、受験の際には確認が必要になります。

1級、2級ともに合格率は20~30%ほどと低いですが、キャリアアップのために取得する方が多く、合格すればより多くの現場での活躍が見込めるでしょう。

◆そのほかに取得すると有利な資格は?

現場監督を目指す場合は、自分がどのような現場で働きたいのかを明確にしておく必要があり、それによって必要な資格も変わってきます。

上記では建築系の資格のみをご紹介しましたが、ほかにもいくつかの資格が挙げられます。

・土木施工管理技士

・電気工事施工管理技士

・管工事施工管理技士

・造園施工管理技士

・JR工事管理者

・技術士

・宅地建物取引士

これらのほかにも現場や企業などによって求められる、必要となる資格や知識は様々です。

自分がどのような現場で働きたいのかを明確にして、役立つ資格の取得を考えていくといいでしょう。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧