ハウスクリーニングの仕事

ハウスクリーニングの仕事の画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは、一般家庭の住居や空室を対象とした掃除の専門サービス業のこと。似たサービスに家事代行がありますが、ハウスクリーニングのほうが専門的です。住居を美しく清潔に使用できるよう、専門知識や技術を駆使して家を磨き上げる「掃除のプロフェッショナル」といえるでしょう。

ハウスクリーニングの仕事内容

普段の掃除では手の届きづらい部分に溜まった頑固な汚れを、専用洗剤や道具を使って徹底的に掃除するのがハウスクリーニングの仕事です。

具体的な業務内容

ハウスクリーニングでは、プロ仕様の掃除用具や洗剤を使い、手が届きにくい箇所、なかなか落ちない汚れなどを徹底的に掃除します。主に掃除するのは以下の箇所です。

・エアコンのフィルター掃除
・フロアやカーペットのクリーニング、ワックスがけ
・レンジフードの掃除
・クロス(壁面)の掃除
・浴室のカビ取り、その他水回りの排水口掃除
・トイレクリーニング
・床や壁のキズコーティングや防カビ対策

日常的な掃除では落ちにくい油汚れやカビなども除去できるうえ、綺麗な状態をキープするためのコーティングなども行えるのが特徴です。

ハウスクリーニングが活躍する場

ハウスクリーニングが活躍する場は個人宅だけでなく、賃貸住宅やビルのほか、高齢者施設や病院などがあります。個人宅の場合、年末や引っ越し前の大掃除の依頼が多いようです。また、仕事や育児で多忙な際に、水回りやエアコンだけをお願いする人もいます。そのほか、賃貸住宅やビルの入退室にともなうクリーニングや、共用部分の定期的な掃除を担当することも。高齢者施設や病院では、カーペットの除菌なども行います。

ハウスクリーニングのやりがい・大変なところ

ハウスクリーニングのやりがいは、目に見えて結果が分かる点です。一般の方では難しい裏側や細かい部分の汚れもしっかり落とし、ぴかぴかになるまで磨き上げるので、達成感を感じられるでしょう。また、お客さまに喜ばれ、感謝の言葉を直接聞くことができるのも、やりがいのひとつといえます。

一方、ハウスクリーニングの大変なところは、気遣いと体力が必要なことでしょう。住居や家電を傷つけないように掃除しなければならないため、細心の注意と丁寧な仕事が求められます。また部屋数が多く掃除箇所が広範囲だったり、重い家具を動かしたりするなど、体力も必要です。住居によってはかなり頑固な汚れを落としたり、整理整頓に時間がかかる場合もあるようです。

ハウスクリーニングの年収

厚生労働省の調査「令和元年賃金構造基本統計調査」によると、ハウスクリーニング作業員の平均賃金は以下のようになっています。

入社時 勤続1年 勤続2年 勤続3年 勤続5年 勤続10年 勤続20年
1,130円 1,320円 1,417円 1,463 円 1,546円 1,779円 2,224円

*無期雇用かつフルタイムの労働者について、(所定内給与+特別給与÷12)÷所定内労働時間で時給換算したものを特別集計

引用:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査による職種別平均賃金(時給換算)

上記は時給換算した金額なので、フルタイム(1日8時間、1カ月20日勤務と想定)で働く場合の月給は入社時で18万800円、勤続5年で24万7,360円、勤続20年になると35万5,840円です。
この結果から、清掃サービス業者に就職した場合の平均年収は、240万円~360万円程度であると分かります。

また、フランチャイズに加盟して独立した場合は年収500万円程度が一般的なようです。完全に独立して一人で開業した場合は出来高制のため、仕事のやり方次第で年収800万円以上を見込めることも。ただし一般家庭の掃除だけでなく、建設現場の廃材片付け、賃貸物件の清掃やリフォームなど、できる仕事内容に応じて現場一件あたりの報酬は変動します。安定して固定客がついているかどうかによっても年収に差が出るでしょう。
フランチャイズの仕組みについて知りたい方は「フランチャイズとは?仕組みや事業の例をわかりやすく解説」のコラムをご一読ください。

参照元
厚生労働省
令和元年賃金構造基本統計調査 結果の概況

ハウスクリーニングの将来性

ハウスクリーニングはニーズが高まっているうえ、人手不足のため将来的にも活躍の場が広がると考えられます。

ニーズ

ハウスクリーニングのニーズは年々高まっています。
高齢化社会に伴い、自宅を思うように掃除できない高齢の方や家族が清掃サービスを利用するケースや、女性の社会進出によって掃除の代行サービスを利用する共働き家庭が増加しているからです。
ほかにも、防臭・防カビコートなど、従来の「掃除」という意味合いだけでなく「家の劣化を予防する」ことを目的としたサービスの市場開拓も進んでいるため、今後もハウスクリーニングの仕事はますます求められるようになるでしょう。

キャリアアップ

ハウスクリーニングの仕事でキャリアアップするためには、まず専門業者で掃除や住居に関する専門知識、業務用清掃用具を用いた確かなプロ技術と共に、お客さまの信頼を得るための接客マナーを身につけることも大切です。
さまざまなノウハウを習得した後に独立開業することで、多様な現場のニーズに応えられる「清掃のプロフェッショナル」としての信頼を得ることができるでしょう。

ハウスクリーニングに必要な資格

戸建住宅やマンション、アパートの増加に伴い、需要が高まっているハウスクリーニング業界。従事者の中にはハウスクリーニング技能士の資格を活かして活躍している人も少なくありません。ハウスクリーニング技能士は国家資格で、受験するには3年間の実務経験が必要です。実技・筆記の試験に合格する必要があり、難易度は高めなものの、取得すれば就職に役立ちます。
ハウスクリーニング技能検定の概要や資格取得のメリットについては「ハウスクリーニングの仕事に役立つ資格とは」で紹介していますので、参考にしてください。

ハウスクリーニングになるには

ハウスクリーニングは未経験OKの求人も多いので、特に資格や技術がなくても就職が可能です。

就業までの流れ

掃除に関する専門知識や技術、道具の使い方などを覚える必要があるため、一般的にはまず清掃サービス会社に就職して働きながら、ノウハウを習得していくという流れになるようです。アルバイトから始めて、正社員になるという方も少なくありません。

プラスになるスキルや要素

ハウスクリーニングの仕事は、掃除のスキルはもちろん、照明器具の交換、修繕などができるとさらに顧客ニーズが高まるようです。また、お客様と直接やり取りすることも多いため、コミュニケーション力や接客サービス経験などもプラスになるでしょう。
清掃という仕事柄、丁寧で細かい作業をコツコツ続けられる一方で、段取りをしてスピーディーに作業する進行力も求められます。

ハウスクリーニングの志望動機

この項では、ハウスクリーニングの仕事に就くための志望動機について解説します。「ハウスクリーニングの仕事が向いている人」を参考にして、自身の長所と最も一致するポイントを中心にアピールしましょう。経験者の場合は、得意な清掃技術も伝えます。未経験者でも日頃の掃除で身につけた技術があれば、仕事で活かせることをアピールすると効果的です。

ハウスクリーニングの仕事が向いている人

ハウスクリーニングの仕事が向いている人の特徴は以下の通りです。

・真面目で丁寧な方
清掃の仕事の基本的な部分である「綺麗好き」かどうか、細かい部分も手を抜かず丁寧に仕事ができるかどうかを問われます。

・段取りができる方
一件あたりの現場にかけるのが2時間〜3時間というハウスクリーニングの仕事では、的確でスピーディーな作業進行が求められます。

・コミュニケーション力のある方
お客さまと直接やり取りをする仕事なので、笑顔で挨拶できるなどの接客マナーと共に、細かい要望通りに応えるためのコミュニケーションが不可欠です。

一方、ハウスクリーニングに向いていない人にも特徴があります。「清掃業に向いてない人とは?意外と知らない業務内容を理解しよう」のコラムを参考にして、自身が当てはまる点がないか確認してみましょう。

未経験者の志望動機

未経験者の志望動機では、ハウスクリーニングの仕事に適性があることをアピールするのが大事です。掃除や整理整頓が得意なのはもちろん、丁寧、几帳面、体力に自信があるなど、清掃業に求められることと一致している自分の長所をアピールしましょう。職種や業界が違っても接客業の経験があるなら、「コミュニケーション力を活かして人に喜ばれる仕事がしたい」という志望動機も好ましいでしょう。

経験者の志望動機

ハウスクリーニングの経験があるなら、前職で身につけたノウハウや知識、また経験した仕事の具体例を伝えることができます。得意とする技術や接客方法などがある場合は特にアピールポイントとなるでしょう。ハウスクリーニングの求人は、その業者ならではの特化したサービスを打ち出していることが多いので、自分の経験やスキルをそこでどのように活かせそうかという点を伝えると効果的です。

ハウスクリーニングの仕事に関するFAQ

ここでは、ハウスクリーニングの仕事に関する疑問をQ&A方式で解説します。

未経験OKの正社員求人はありますか?

ハウスクリーニングの仕事で未経験OKの正社員求人もあります。特に研修が充実している企業では、人柄やポテンシャルを重視して採用する場合が多いようです。そのほか、将来の幹部候補として未経験の若手を採用する企業もあります。未経験OKの求人を探す方法は「未経験でも就職できる仕事の特徴は?求人の見極め方やおすすめ業種を紹介」のコラムを参考にしてください。

ハウスクリーニング技能士以外の資格は?

ハウスクリーニングアドバイザーがあります。日本生活環境支援協会(JLESA)が主催している資格で、誰でも受験可能です。通信講座で勉強して、在宅で受験することもできます。資格を取得すれば、清掃の知識がある証明になるので未経験からの就職を目指す方におすすめです。ハウスクリーニングアドバイザーについては「清掃業の仕事内容とは?メリット・デメリットと向いている人もご紹介」のコラムでも紹介しているので、参考にしてください。

アルバイトから正社員になれますか?

正社員登用制度がある企業なら、アルバイトから正社員になれる可能性があります。企業によって正社員になるための条件が異なりますが、アルバイトでの実績や勤務態度がポイントになるようです。また、制度がなくても上司の推薦で正社員になれる場合もあるでしょう。正社員登用制度については「アルバイトから正社員として登用される可能性は?採用される人の特徴とは」のコラムで詳しく解説していますので、ご覧ください。

志望動機を作るのが難しいです

自身の強みや仕事への熱意、将来のキャリアプランなどを織り交ぜて作りましょう。具体的なエピソードとともに強みをアピールし、「10年後は管理職になりたい」といった目標を伝えると効果的です。「履歴書の志望動機はどう書く?効果的な書き方やポイントを例文つきで解説」で紹介している例文を参考にして考えましょう。1人で志望動機を考えるのが難しい方はハタラクティブへご相談ください。就活アドバイザーが応募先企業にアピールできる志望動機を一緒に考えます。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧