飲食の仕事職種図鑑

飲食の仕事内容

【業務内容】

飲食に関わる仕事には、メニューの開発を行う研究員や店舗の新規出店を計画するマーケティング、エリア単位で店舗を束ねるエリアマネージャーなど、さまざまな職種があります。

今回は店舗で働くホール・キッチン・店長職にクローズアップして業務内容をご紹介していくので、飲食の仕事に興味のある方はぜひ目を通してみてください。

<ホール>

・オーダー

・料理を運ぶ

・レジ業務

・店舗の清掃

<キッチン>

・材料の下ごしらえ

・調理

・食器洗い

<店長>

・売り上げ管理

・人材管理(採用、シフト作成、スタッフ教育など)

・営業計画を立てる

・食材の発注、在庫管理

・本部への報告

お客様と直接やり取りするホールはお店の印象を左右する需要なポジションにあり、ホールスタッフとのお喋りを楽しみに来店する常連客もいます。

キッチンスタッフは調理器具の使い方や調理マニュアルを覚え、オーダーに対してミスなく効率よく、的確なタイミングで料理を提供していくのが仕事の流れ。基本的には調理場で働きますが、ホールが忙しいときには手助けに回ることもあります。

そして、ホールやキッチンのスタッフを束ね、売り上げ目標達成のための計画を追行するのが店長の役割です。店長はチラシやクーポンの配布といった施策を展開し、スタッフと協力しながら売り上げ目標達成を目指します。店長の仕事のやり方には2つのパターンがあり、ホールやキッチンの仕事を兼任する店長もいれば、マネジメントに専念する店長もいるようです。

私たちの身近にある飲食店ですが、そこで働くやりがいと苦労はどんなものなのでしょうか? 

<ホール>

ホールスタッフのやりがいは、やはり直接お客様とやり取りできる点にあります。常連の方に名前を覚えてもらえたり、接客を褒められたりしたときにモチベーションが上がる人は多いようです。お客様からの「おいしかった」「ありがとう」という言葉を直接聞けるのは、ホールスタッフだからこそ。飲食店でのホールでは接客業の基礎となる経験が積めるので、対人的なスキルを磨けるメリットは大きいでしょう。

そんなホールの仕事ですが、お客様への対応では思わぬ展開に苦労することもあります。特に居酒屋ではお酒の入ったお客様から無理な要求やクレームを出される場面が多く、対応に慣れるまでにかなりストレスを感じたという人もいます。料理やお店の設備に関する不満の多くはホールのスタッフに寄せられるので、丁寧かつ冷静に対処する姿勢が必要となるでしょう。

<キッチン>

キッチンの仕事には調理の基礎と、飲食店の裏側に関する知識が身につくというメリットがあります。キッチンに求められるレベルは店舗によりますが、なかにはプロの料理人を目指してアルバイトをしているという人も。大手のチェーンなどではマニュアルが完備されているので、初歩から調理技術を習得できるでしょう。

キッチンの大変さは、大量のオーダーがきたとき「料理が遅い」というクレームを出さないよう能率よく動かなければならないことです。ランチタイムなどは注文が立て込むので、能率を考えながら料理を作る手腕が試されます。また、キッチンはほとんどが立ち仕事になるため、体力的にハードな面があります。

<店長>

スタッフとともに売り上げの達成を喜べる店長職は、「人が好き」という方に向いている仕事です。リーダーとして人を動かすのは責任を伴いますが、自分の舵取りで理想の店舗をつくりあげる過程には、大きなやりがいがあるでしょう。

仕事での大変さの一つは、長時間労働になりがちという点にあります。店長はスタッフが欠勤するとシフトの穴を埋めなければならず、人手不足の職場では店長の負担が大きくなってしまいます。加えて営業時間が長い店舗では日常的に労働時間が長く、休日が少ないケースもあるようです。

飲食の給与年収待遇

店長職の場合、平均年収の目安は300~350万円ほど。企業規模や店舗の経営状況によって給与には差があり、人気店舗の店長は平均よりかなり高い給与を得ているケースもあります。

飲食になるには

【就業するまでの流れ】

キッチンやホールはアルバイトでの採用が多くなっています。アルバイトを希望する方は求人情報誌や求人サイトの情報を参考に応募先を決め、面接を受けるのが一般的な流れ。

ホール・キッチンどちらの場合も特別な経験や資格を求められないことが多く、やる気があれば未経験でも気軽にチャレンジできます。チェーン店では冷凍食品の利用で火を使わないメニューが多いお店もあるので、調理が未経験で自信がないという人はそういった求人を探してみるのがおすすめです。

店長になるには店長募集の求人に応募するか、アルバイトとしての働きぶりを認めれらて正社員(契約社員)登用されるというルートがあります。

【プラスになるスキルや素養】

これからご紹介するような強みがある人は、飲食店で力を発揮できるでしょう。

<ホール>

・気遣い、相手の要望を察する力

全体を見渡し気配りできる能力があると、質の高い接客でお客様を喜ばせることができるでしょう。注文をとりにいくタイミングやお皿を下げて次の料理を出すタイミング、ドリンクの減りに気付くなど、ホールスタッフは常に客席に注意を向けている仕事です。

ホールで働く際は、声をかけられる前に相手の要望を察し、行動に移す気遣いを心がけましょう。

<キッチン>

・効率良く動ける

オーダーが立て込む時間帯のキッチンは非常に忙しく、より効率の良い動きが求められます。お客さんの少ない時間に仕込みの作業を済ませておくなど、1日の流れを見渡した上での働きが求められます。

・記憶力がある

キッチンは次々と登場する新メニューのレシピを覚えなければならないので、記憶力があると仕事がスムーズに進みます。

・調理に関する資格

必須条件ではありませんが、調理師免許などの資格があると採用が有利になります。

<店長>

・数字に強い

店舗の売り上げや人件費の管理などお金に関わる業務が多いので、ある程度数字に強い人でなければ務まらないでしょう。

・経営者視点のある人

店長はただお客様を迎え入れるのではなく、「どうすれば売り上げが上がるのか?」「そのために今何をすべきか?」を考えるのが仕事。長期的な視野をもって、経営者の視点で店舗運営を考える力が必要です。

・コミュニケーション能力

店長はお客様はもちろん、店舗を支えるホールやキッチンとやり取りしながら仕事を進めます。コミュニケーション能力は必要不可欠なスキルで、スタッフとの関係性を良好に保ち、スタッフ同士の連携を維持するのも業務の一環です。

飲食の将来性

【業界や職種のニーズ】

飲食業は、人間の暮らしの基本である「衣食住」のうちの一つ。将来的に飲食業が衰えることは考えにくく、飲食に関わる職種や求人は安定してあり続けるでしょう。

【活躍できる場所】

アルバイトスタッフは、応募先の店舗で働くのが普通の流れ。チェーン店で人手が足りない場合、本人との合意の上で応募先とは異なる店に勤務するケースもあります。

【キャリアアップするには】

店長からのキャリアアップとしては、複数の店舗を統括するエリアマネージャーや本部スタッフに昇進するルートがあります。

また一部には、店長職で身につけた経営の知識を生かして自分のお店を持つ人もいるようです。

飲食の志望動機例

【企業が求める人物像】

・清潔感のある人物

食品に関連する職に就いている限り、清潔感はなくてはならない要素です。お店にきたお客様が気持ちよく食事できるよう、服装や髪型には細心の注意を払わなくてはなりません。

・チームワークの中で働ける人物

店舗全体をまとめるのは店長の役目ですが、オーダーを間違えることなく料理を届けられるのは、ホールとキッチンの連携があるからこそ。

「このメニューから、バジルを抜いて欲しい」といった要望をホールがキッチンに伝えることで、お客様のニーズに応えられます。店舗を動かしていくには、店長の采配だけでなくスタッフ全員のチームワークが欠かせません。

・自分で考え行動できる人物

ホールはお客様の要望を先読みして動き、キッチンは自分なりに考えた効率の良い手順でいち早く料理を提供しなければなりません。

店舗の経営を任されている店長はもちろん、他のスタッフもより良いお店をつくるために自ら考えて動く姿勢が求められるでしょう。

【タイプ別 志望動機のポイント】

・未経験者の場合

ホールを希望する場合は接客に興味があること、キッチンを希望する場合は食材や料理に興味があることを伝えると良いでしょう。特にホール希望の方は、はきはきとした明るい声で話すよう心がけてください。

店長職を希望する方は、なぜマネジメント的な立場の職に興味があるのかを説明しましょう。

「接客が好きだから」という理由はホール向きで、それだけでは店長職の志望動機として説得力がないので注意が必要です。

・経験者の場合

経験者の場合は、今までの経歴から応募先企業での仕事に活かせそうな経験やスキルをアピールするのが鉄則です。企業研究をしっかり行った上で、なぜその企業を志望したのかという理由を説明し、応募先企業で活かせる能力や適性を伝えましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ