住宅業界の仕事業界図鑑

住宅業界とは

人生で一番高価な買い物とも言われる住宅。ここでは、住宅業界に属する企業をタイプ別にご紹介します。

・プレハブ工法系

工場で造った部材を、建築現場で組み立てる工法です。住宅メーカーによって、採用している工法はさまざまあります。大和ハウス工業や積水ハウスでは軽量鉄骨の柱や梁などで骨組みを構成する鉄骨系のプレハブ工法、ミサワホームやヤマダ・エスバイエルホームでは木質系のパネルで壁や床を構成する木質系のプレハブ工法を採用しているのが特徴です。建築に関わる作業の8割を工場で行っており、工期が短いことや安定した品質を保っているといった点がメリットといえます。

・在来工法系

多くの住宅メーカーや工務店で長年にわたり採用され、伝統工法とも呼ばれる在来工法。柱や梁、筋交いといった軸組で建物を支える工法です。在来工法を採用する代表的な企業としては、住友林業や一条工務店などが挙げられます。間取りや構造を自由に決められることや、施工できる工務店が多いため幅広い選択肢があることが特徴です。

・パワービルダー系

パワービルダーとは、初めて住宅を購入する人をターゲットに床面積30坪ほどでおよそ2千~3千万円の土地付き一戸建て住宅を、年間1千戸以上分譲する建売住宅の会社のことです。購入しやすい価格帯であることに加え、立地条件が良い物件が多く人気がある反面、間取りや構造、施工会社を変えられないといったデメリットもあります。パワービルダー系の企業として当てはまるのは、一建設や飯田産業などです。

住宅業界の志望動機例

・聞き上手な人

住宅メーカーでの仕事は、お客さまの夢を形にすることです。まずはお客さまの考えや要望をしっかり聞くことが重要といえます。住宅を建てるのには多くの人が関わるため、営業以外の職種であっても例外ではなく、聞く力があることで業務を円滑に進められるでしょう。

・粘り強い人

住まいづくりには、契約に至るまで、また建物が完成するまでにも時間がかかります。まちづくりともなれば、さらに長い年月を要するでしょう。そのため、粘り強くコツコツ取り組む気持ちが大切です。その分、やりがいや完成したときの達成感も大きくなるのではないでしょうか。

・ものづくりに関心がある人

ゼロから何かをつくるということには、面白さもある反面、苦労もあります。苦労も含めて、ものづくりを楽しめる人が向いているといえるでしょう。お客さまの気持ちに寄り添い、一緒に作り上げる喜びを感じられれば、お客さまからの信頼を得ることができると考えられます。

【志望動機のポイント】

住宅業界への応募を考えている求職者の中には、住宅が好きだからという理由で応募する人が少なくないかもしれません。なぜ住宅が好きなのか、どういったきっかけで住宅に興味を持つようになったのかなどを企業側へ伝えると良いでしょう。

また、大学で建築や住宅に関することを学び、住宅業界を目指すようになった人も多いと考えられます。その場合にはどのようなことを学んで、仕事にどう活かすか、如何に会社に貢献できるかということを具体的に伝えることで高評価に繋がるといえるでしょう。

そのほか、お客さまの希望を一緒に形にしていくことや、住宅の完成までコツコツとやり遂げるといった意欲をアピールする必要があるのではないでしょうか。

住宅業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

住宅業界の市場規模は、国内経済の回復に伴い平成22年頃から好調に推移しています。若年層の晩婚化や高齢単身世帯の増加によって一時的に世帯数は増えるものの、将来的に人口減少の煽りを受け縮小傾向に転じていく可能性は否定できません。少子化や人口減少にどのように対応するかが、今後の課題となるでしょう。

近年、バリアフリー住宅をはじめオール電化住宅など、付加価値のある住宅に注目が集まっており、他社と差別化を図ることが重要になっていくと考えられます。

【今後の動向】

住宅業界においても、「地球環境への配慮」が重要なテーマとなっています。そのため、ITを活用して太陽光発電や蓄電池、家電などを制御するスマートハウスの事業に参入する住宅メーカーも増えているようです。

戸建て住宅だけでなく集合住宅や商業施設を含めた大規模都市開発を手掛ける企業や、海外進出しビジネスの幅を広げる企業もあり、各社の競争は今後さらに激化していくものと予想されます。

住宅業界の仕事内容

・設計

お客さまのニーズに即した住宅の設計を行います。お客さまから住まいづくりの計画をはじめ、希望、条件などを聞き取り、打ち合わせを重ねながら図面を仕上げいく仕事です。その時代ごとに人気のある住宅をリサーチし、設計に反映させるといったことも必要となるでしょう。

・研究開発

材料や構造の研究開発をはじめ、耐久性や耐火性の研究、快適な住環境の研究開発などが主な業務です。新技術を開発できれば、特許を出願することも。技術を新事業に活かし、商品化できることもあり、大きなやりがいを得られるでしょう。

・施工

設計図をもとに、現場で住宅を建てる仕事です。途中で設計が変更されることや、場合によっては設計担当者へ確認が必要になることもあり、臨機応変に対応できる柔軟性が求められます。

・営業

住宅展示場を訪れたお客さまの対応をし、ニーズに合わせた提案をしながら契約へとつなげるのが主な業務です。住宅を購入するのは一生に一度というお客さまも少なくないため、すぐに契約とはいかないケースもあり、人生設計や資産計画の相談に乗ることも。幅広い知識を要する職種だといえます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒乗り遅れた

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ