新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。
また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

業界図鑑リース業界の仕事

リース

リース業界とは

ファイナンス・リース

・ファイナンス・リースは金融取引のことです。リース会社では、ユーザーの代わりにお金を借り、ユーザーの代わりに物件を買い、ユーザーに物件を貸す業務ともいえるでしょう。中途解約不能なフルペイアウトのリースなため、実質的にユーザーは自分で物件を購入しているともいえるでしょう。

オペレーティング・リース

・オペレーティング・リースとは、ファイナンス・リース以外のリースを指すようです。航空機や自動車、建設機械などの、将来的な価値が見込まれる機器や、物件などのリースを行っている企業などが考えられます。リース期間終了後は、価値価格を設定後に継続利用したり、機器や物件などの中途解約が柔軟にできるサービスともいえるでしょう。機器や物件はリース会社が所有しているため、機器や物件にかかる費用はリース企業側が負担しているともいえます。

リース業界志望動機例

・リース会社は、産業用機械器具賃貸業であれば工場機械や、加工機械などの設備投資のリース、建設機械器具賃貸業であれば建設に必要なクレーンや、基礎工事などの設備投資のリース、自動車賃貸業であれば車のリースなど、リース会社といっても、さまざまな産業サービスが考えられます。どの分野のリース会社についても共通していえることは、ユーザーが投資したい設備や機器を提供するうえで、どのような情報や知識などが必要なのか、またどれだけ興味を持って理解を深められるのか、ということも大切な要素なのではないでしょうか。

【上記を踏まえた志望動機例】

・今後のリース業界の動向としては国内だけではなく、海外進出で顧客開拓をしていく企業も増えていくことが予想されるでしょう。そのため海外で働けるというのも、志望動機にできるのではないでしょうか。現在では外資系のリース企業や、大手のリース企業などではアジア市場を狙って、リース産業を展開している企業もあるようです。海外研修制度を設けている企業などがあれば、そういった企業のメリットを活かした、志望動機も1つの方法といえるでしょう。

・リース業界は、基本的には顧客開拓をしていくことが必要なため、どのリース会社にも営業部門があるといってもいいでしょう。そのためユーザーと直接関わる営業の仕事であれば、顧客のニーズに興味をもった志望動機も考えられますし、前職が営業職であれば、その経験を活かした志望動機を伝えることで、中途採用につなげられる可能性もあるのではないでしょうか。

リース業界現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

・リース業界は、1990年代のバブル崩壊時期の市場規模水準に、未だ戻ることができていないというのが現状なのではないでしょうか。一方でリース業界に参入する企業が、一定数存在しているといわれています。需要と供給のバランスが成り立たない場合、競合企業が増え続け、生き残りをかけたビジネス市場に発展する可能性もあるでしょう。今後は合併や統合をしながら、強化していく企業が増えてくるかもしれません。

【今後の動向】

・リース業界の現在は、順調に規模を成長させているものの、国内の需要は年々厳しくなっているのではないでしょうか。停滞期から打開するには、海外進出や海外向けの事業をよりいっそう強化し、新たな市場を広げていかなければならないのかもしれません。今までの事業を見直したり、合併したりする場合にも、今後どれだけの課題をクリアしていけるのかが、今まで以上に求められるといってもよいでしょう。

リース業界仕事内容

営業

・リースを希望する企業とリース会社を、マッチングさせる業務ともいえるでしょう。そのためリースを希望する企業やユーザーを開拓したり、ユーザーのニーズや情報を得ることも必要かもしれません。リース営業は、税務や法律などの幅広い知識のほかにも、ユーザーの動向を把握するためにも、機器などの新商品や経済環境など、ビジネスチャンスになりそうな、あらゆるものの情報収集が求められることも考えられます。また企画や提案力なども、大事な要素といえるでしょう。

経理

・リースは税務のルールに基いて行われるため、営業などの案件に疑問が生じたりした場合、経理側で最終的な判断が行われることが考えられます。会計処理もグローバルスタンダード化したり、より専門性を求められる傾向にあるようです。

財務

・リース会社の資金調達は、金融機関からの借り入れやCP、社積など多様化しています。莫大な資金が必要なリース会社にとって、財務力の強化は必須ともいえるでしょう。

審査・法務

・ユーザーの信用をチェックする「与信業務」といってもよいでしょう。契約書類の作成や内容相違、法的判断を伴う取引上の法務、不払いなどの債権管理や回収などを行う業務を行うことも考えられます。

資産管理

・リース会社特有の、部門ともいえるのではないでしょうか。リース契約が終了した場合、再契約手続きを行ったりリース物件の売却、廃棄処理などを行ったりする業務といえるでしょう。

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

業界一覧

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

logo

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

では

  • 最短2週間で内定!

    ハタラクティブご利用者はカウンセリングから
    平均2~3週間以内で内定を獲得

    ▼ ご相談はこちらから ▼

    登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

    • はい

    • いいえ

    • arrow
    • youtubeIcn

    © 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ
    floatingEF__appeal

    簡単30秒!登録はこちらから

    これまでに就職したことはありますか?

    floatingEF_img-pc
    floatingEF_img
    ページトップへ