通信業界の仕事

通信業界の仕事の画像
こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

通信業界とは

通信業界とは、インターネットなどの通信機器やインターネットに不随したサービスを提供・運営する業界のことです。

代表的な仕事

セールスエンジニア

セールスエンジニアは、エンジニアの技術を持ち合わせた営業職のことです。エンジニアの知識も持ち合わせているため、営業を行う際にお客さまの疑問や要望にお答えしながら営業を行います。
また、営業だけでなく商品の提案から納品、その後のサポートなどもセールスエンジニアの仕事になるので、幅広い知識が必要になる仕事といえるでしょう。

コールセンター

コールセンターはお客さまからのお問い合わせを電話で受け答えする業務です。お問い合わせ内容としては、主に商品の利用方法や疑問、要望などがあるでしょう。
コールセンターもお客さまから商品の内容を詳しく聞かれることがあるので、ある程度商品知識を頭に入れておく必要があります。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、ネットワークの企画から設計、開発、保守、運用などを担う職種です。安定したネットワーク環境を支えるため、基本的に複数人のエンジニアでチームを組みネットワークの運用を行っています。

エンジニアの詳しい仕事内容について知りたい方は「エンジニアとは何をする人?仕事内容や求められる能力を分かりやすく解説!」も併せてご参照下さい。

通信業界に関連する業界

通信業界に関連する業界や業種をいくつかご紹介します。

機械器具製造業

インターネットやネットワークなどの通信機器や、PCなどのIT機器、携帯電話などの移動通信機器を製造する事業所などが該当します。

情報通信業

インターネットに付随したサービスを提供する事業所や、情報処理サービス、ソフトウェアのような伝達を目的とした情報の加工サービスなどは、情報通信業に分類されます。

無店舗小売業

店舗を持たずにカタログ、ラジオ、テレビ、インターネットなどで広告し、通信手段を通じて注文の受付や商品の販売を行っている事業所です。

放送業

放送業では、テレビ局や家庭との間で行われるデータ交換やテレビの放送などの環境を支える業務を行っています。

通信業界に必要な資格やスキル

通信業界は必須な資格やスキルはありませんが、職種によっては資格が求められることがあります。
前述にもあったようにテレビに関わる放送業の仕事は、資格やスキルがなくても働ける仕事もありますが、インターネットを主に扱う情報通信業などは資格を求められる可能性が高いようです。

特に、エンジニア職には「プログラマー」「システムエンジニア」「ネットワークエンジニア」「データベースエンジニア」など多くの職種が含まれています。このような職種を目指している人は、「ITパスポート」「基本情報技術者」「ネットワークスペシャリスト」などの資格を持っておくと有利になるでしょう。

「ネットワークエンジニアが取っておいたほうが良い資格はある?」とお悩みの方は「ネットワークエンジニアの仕事に役立つ資格とは?」のコラムで役に立つ資格や試験の形式について解説しているので、ぜひご覧下さい。

通信業界の現状と課題

ここでは、通信業界は現在どのような状況なのかと今後の課題について詳しく見ていきましょう

通信業界の市場規模

2022 年3月に総務省及び経済産業省が発表している「2021年情報通信業基本調査(2020年度実績)」では、情報通信業を営んでいる企業の数は5,987社で、情報通信業に係る2020年度の売り上げは53兆4,498億円(前年度比+3.5%増)ということが分かりました。
情報通信業に係る売上高は、電気通信業、ソフトウェア業、情報処理・提供サービス業の順で大きいことが発表されています。

また、総務省の「令和4年版 情報通信に関する現状報告の概要」の第2部情報通信分野の現状と課題では、2020年度の電気通信事業の売上高が15億2,405億円(前年度比2.5%増)で、前年度に引き続き増加傾向です。
これらのデータから、情報通信業の市場規模は増加傾向にあるといえるでしょう。

参照元
経済産業省
2021年情報通信業基本調査(2020年度実績)
総務省
令和4年版 情報通信に関する現状報告の概要

通信業界の現状

通信業界において、テレビメディア広告やインターネット広告の業績は未だ伸びているようです。しかしテレビメディア広告よりも、インターネット広告の需要のほうが、高まってきている傾向にあります。また、近年の通信業界では、スマートフォンの普及によりインターネットの利用者が拡大しているのが現状です。
今までは、固定電話やPCなどの通信サービスを行う「固定通信」が多く使用されていましたが、スマートフォン保有者が増加したことにより、携帯電話やスマホのモバイル通信を行う「移動体通信」の使用が増えてきています。

通信業界の課題

通信業界は、今後IoTや5Gの拡大が課題になると考えられます。IoTとは(Internet of Things)の略称で、モノのインターネットという意味です。
近年では、スピーカーや自動車、家をインターネットに接続することにより、スマートスピーカーになったり、自動運転ができたりと日常生活がより便利になる機能が活躍しています。現在、IoTが徐々に普及していますが、まだスマートフォンほど普及しているとは言えません。

また、IoT機器は常時インターネットに接続されていることが必要なので、膨大な電力量を常に供給することが必要になります。そこで、5Gのような超高速で多数同時に接続できるシステムがあれば、IoTをさらに普及させることが可能になるでしょう。

未経験OK多数!求人を見てみる

通信業界の将来性

前述にもあったように、IoTや5Gが今後の課題となります。しかし、5Gが近年普及してきたばかりですが、通信業界ではすでに6Gの開発も始まっているといわれています。
通信業界の将来は今後さらに新しい技術が発展し、便利な機能や技術などが普及していくと考えられるでしょう。

通信業界の今後の動向

今までの通信業界は、固定電話、ブロードバンド、携帯電話のように時代のニーズに合わせて事業を拡大してきたともいえます。しかしスマートフォンなどの携帯電話は、月々の料金が高いという消費者の声もあり、その消費者のニーズに応えるように、移動通信事業とは無縁だった企業が、次々に格安携帯サービスを提供するようになってきているようです。新規ユーザーの獲得が厳しい傾向にある移動通信事業ですが、新たに携帯電話市場に参入してきた企業では、ユーザー数が増え続けている傾向にあり、今後もその勢いは強まっていくでしょう。

テレビなどの放送事業では、企業がプロモーションのスポンサーとなり、CMを通して消費者に企業イメージなどを発信してきたともいえます。それが現在では、インターネット広告に推移している傾向もあるため、まだまだ影響力のある放送業界ですが、今後は経営方針を見直し、放送業界を盛り上げるような取り組みが、求められていくのではないでしょうか。

通信業界のメリット・デメリット

ここまで、通信業界の現状や今後の課題などを紹介してきました。通信業は常に情報が更新され、新しいことを学び続けることができ、非常にやりがいのある仕事だといえるでしょう。
ここでは、通信業界の働くうえでのメリット・デメリットを紹介していきます。

通信業界の魅力とやりがい

通信業界は変化が大きい業界でもあり、年単位で内容がガラリと変わることもあります。近年ではスマートフォンやインターネットサービスの普及、技術の発展によりますます社会情勢が大きく変わってきているといえるでしょう。
変化の激しい通信業界ですが、新しいことにチャレンジをしたい人にとっては魅力的な環境といえます。

最先端の情報や技術を学べる

前述にもあったように通信業界は常に情報がアップデートされ、最先端の情報や技術を学ぶことができます。特に新しいことを学ぶのが好きな方にとっては、常に刺激を受けながら働ける環境といえるでしょう。
また、通信業界で働いていると普段から最新の情報や技術に触れる機会が多いので、自然と知識も増え豊富な知識が身に付きます。

社会基盤を支えていることを実感することができる

通信業界のやりがいは、インフラを支えている実感を得られることです。私たちの生活の中で、通信業界が担うインターネットや放送業は重要な役割を果たしており、なくてはならない存在になっています。
直接目に見えるわけではありませんが、普段私たちが生活で使用している身近なものが自分の仕事によって支えられているという実感をすることができるでしょう。

通信業界の大変なところ

通信業界は変化が早い業界なので、働く従業員も常に情報のアップデートや変化を求められます。
今までしてきた仕事と全く違うことに挑戦することになったり、新しい技術を使う仕事に回されたりと仕事内容も常に変化していくのが特徴です。
そのため、仕事内容や会社の変化についていくのが難しいと感じる人も多く、離職される人も少なくありません。

覚えることが多い

通信業界は最先端の情報や技術を日々学ぶことができるというメリットがありますが、その反面
覚えることが多いデメリットもあるでしょう。
また、覚えることが多いのは技術職だけではなく、営業職や事務職も同じです。質の高いサービスを提供するために最新の情報や技術を社員全員が知っておかなければならないので、業務時間外にも新製品や新技術の勉強をしなければならないこともあるでしょう。

ノルマや成果主義なところがある

すべての職種に共通していることではありませんが、営業職などはノルマがあることが多いでしょう。また、通信業界は成果主義を取り入れている会社もあり、ノルマが達成できないとなかなか出世できないこともあり得ます。逆に言えば、若い人でもノルマを達成し成果を挙げれば出世しやすい業界ともいえるでしょう。

通信業界の志望動機

通信業界の志望動機は、「なぜ通信業界を選んだのか」「なぜその企業なのか」「通信業界で活かせる自分の強み」を伝えられるようにしましょう。
具体的に志望理由を書くことで、企業にも自身の入社したいという熱意が伝わりやすくなります。

通信業界に向いている人

通信業界のメリット・デメリットを紹介してきましたが、実際にどのような人が通信業界に向いているのかを紹介します。自分は通信業界に向いているかをチェックしてみましょう。

チームで仕事をすることが得意な人

通信業界ではチームで仕事をする職種が多くあります。チームで協力してプロジェクトに関わったり、エンジニア複数人で業務を行ったりすることが多く、常にチームワークが求められます。
チームで行動することが好きな人やどのような人とも協力して業務を行える人などは、通信業界に向いているといえるでしょう。

好奇心をもって学び続けられる人

常に情報がアップデートされ変化を求められる環境に対し、好奇心をもって学び続けられる人、学ぶことが好きな人は向いているといえるでしょう。通信業界のメリット・デメリットにもあったように、通信業界は最先端の情報と技術を学べる半面、覚えることが多く、短期間で更新されていくという特徴があります。
しかし、新しいことを学び続けたい人にとっては、最新の情報を学びながら働けるというメリットになるでしょう。

未経験者の志望動機

「通信業界に興味を持った理由は2点あります。まず1つ目は、新しいサービスの提供や技術が生まれる過程に携わり、インフラを支えたいと思っています。急速なテクノロジーの進歩により、通信業界は常にアップデートし続けています。この変化の中で次世代の通信やインフラの発展に貢献したいと思い志望しました。
2つ目は、通信業界の新たなサービスを通して、人々の生活を豊かにすることです。通信業界は私たちの生活に密接に関わっており、これからさらに身近に感じられるサービスを展開していくことになると思います。そこで、未経験ではありますが新たな視点から顧客のニーズを考え、人々の生活に貢献できるようなサービスを作っていきたいと思っています。また、私は好奇心旺盛で新しいことを学ぶのが好きなので、その強みを活かし新たなことを学びながら貴社に貢献していきたいと考えています。」

経験者の志望動機

「通信業界で経験を積む理由はいくつかあります。その中でも、最先端のテクノロジーに触れることができること、将来に向けてさらに進化し続ける業界という点に魅力を感じております。普段から通信機器やネットワークについて調べたり、独学で簡易アプリを作成したりするのが好きなため、システムやテクノロジーなどに携わり続けたいと決めていました。その中で貴社が扱っている商品と、顧客に対する取り組みに非常に関心を持っており、私も一緒に社会貢献していければと思っています。また貴社の商品や顧客に対する取り組みが、顧客満足度の高さにつながっているのは、強みであり戦力にもなると確信したため貴社を志望いたしました。」

志望動機の書き方の流れが分からないという方は「志望理由・動機の例文を解説!書き方の流れや作成時のポイントも紹介」のコラムに、作成時の流れや経験別の書き方について解説しているので参考にして下さい。

通信業界に関するFAQ

ここでは通信業界に関する疑問をFAQ形式で答えていきます。

通信業界をめざすにはどうしたら良い?

まず、自己分析をして自分の興味や能力を考慮し、自分がどの職種に合っているかを考えましょう。目指したい職種が決まったら、就職に向け専門知識の勉強をしたり、資格があれば資格取得を目指し就職活動を始めることをおすすめします。

資格が必須ではない職種もありますが、資格がある人とない人では、資格がある人のほうが有利になる傾向があります。
また、就職先を決めるために企業研究を入念に行うことも大切です。実際に企業説明会に行って働いている人の話を聞くことも就職先を決めるうえで参考になるでしょう。

通信業界に入る前にしておいたほうが良いことは?

通信業界は常に情報がアップデートされていくため、最新の技術やトレンドを学んでおいたり、ある程度の業界基礎知識や業界用語などを知っていくと良いでしょう。
入社してからは常に情報が更新されていくため、少しでも早く理解できるよう基礎を知っておくことが重要になります。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…
ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

目次