鉄道業界の仕事

鉄道業界の仕事の画像
こんなお悩みありませんか?
例えば
  • 向いてる仕事なんてあるのかな?
  • 避けたいことはあるけれど、
  • やりたいことが分からない・・・
私たちは「やりたいこと」から一緒に探します!
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

\もう学歴・経歴に困らない!/

自分に向いている仕事を
簡単に診断してみましょう

性格でわかる
私の適職診断

さっそく診断START

鉄道業界とは

鉄道業界とは、鉄道や路線を維持管理し、人や物を運ぶサービスを行う業界です。また、オフィスビルや商業施設、住宅エリア、ホテルなどの開発も行っています。

鉄道業界は、経営母体によって4つに分かれています。日本国有鉄道に起源をもつ「JRグループ各社」、民間企業が運営する「私鉄」、地方公営企業や地方自治体が運営する「公営鉄道」、国や地方自治体と民間が共同で運営する「第三セクター鉄道」の4つです。

代表的な仕事

代表的な仕事として、主に「運輸事業」「流通事業」「不動産事業」の3つがあります。以下で、それぞれ詳しく解説します。

運輸事業

人や物を運ぶ、運輸事業が挙げられます。

鉄道の運行は、いろいろな職種の人の支えで成り立っています。代表的なものは、運転士や車掌・駅員などの現業職と、車両整備や保線・土木などに携わる技術職です。

鉄道業界の職種に関しては、「インフラ業界の職種や将来性とは?向いている人や志望動機の書き方も解説」のコラムで解説しています。興味のある方はぜひご参照ください。

流通事業

駅ビルや商業施設の運営にも乗り出し、鉄道業界は流通事業に積極的に取り組んでいます。駅ビル自体の収益はもちろん、駅前に大きな店舗を作ることで、そこへアクセスするために鉄道を利用してもらえるのがメリットです。

近年では、自社運営のコンビニや駅構内に商業施設を作る会社も増えています。

不動産事業

鉄道業界は、不動産事業も行っています。

代表的なのは沿線開発です。街並みをおしゃれにしたり高級感を出したりすることで人々を集め、沿線人口を増やすと同時に企業のブランド価値を高めています。

沿線人口が増えれば、そのぶん鉄道の利用者も増えるでしょう。そのため、不動産事業が成功すると運輸事業も順調に進みやすくなります。

鉄道業界に関連する業界

近年、事業拡大を図る企業が増えているようです。鉄道事業以外に、商業開発やホテル経営、不動産事業、レジャー施設運営など、さまざまな事業展開が行われ、駅周辺は目覚ましい発展を遂げています。

鉄道業界に必要な資格やスキル

鉄道業界に就職・転職する際に役立つ資格やスキルは以下のとおりです。

・国内旅行業務取扱管理者
・サービス介助士検定
・旅行地理検定
・TOEIC

上記の資格をもっていれば必ず就職できるというわけではありませんが、鉄道業界で働きたいと思っている方は、自分が目指す職種で役立つかどうかを調べ、取得を検討してみてください。

国内旅行業務取扱管理者

「旅行業務取扱管理者」は、旅行業界で唯一の国家資格です。旅行商品の企画立案・販売にまつわる幅広い業務を扱えるようになります。

旅行業者の各営業所には、原則としてこの旅行業務取扱管理者を一人以上置かなければならないことが、旅行業法で定められています。このような事情から、国内旅行業務取扱管理者の資格を持っている応募者は、鉄道業界で優遇されることがあるようです。

参照元
e-Gov法令検索
昭和二十七年法律第二百三十九号旅行業法

サービス介助士検定

サービス介助士検定を受けると、高齢の人や障害がある人を手伝うときの「おもてなしの心」と「介助技術」を学べ、相手に安心してもらいながら手伝いができるようになります。企業によっては、名札やバッジに「サービス介助士」と明記することもあるようです。

旅行地理検定

旅行地理検定は、旅先の地理や観光情報の知識を学べる試験です。

試験内容は、日本旅行地理および世界旅行地理の2種類。それぞれ初級から上級に分かれていて、旅行地理に関する知識・教養のレベルが学べます。

TOEIC

外国人観光客とコミュニケーションをとる機会もあり、英語力は欠かせません。また、海外進出している企業もあるため、英語が理解できる人は重宝されるでしょう。

TOEICを受けようと考えている方は、「TOEICのスコアは就活でアピールできる?概要と学習方法について解説」をぜひご一読ください。履歴書に書けるスコアや勉強方法をご紹介しています。

鉄道業界の具体的な職種

ここでは、鉄道業界の具体的な職種をご紹介します。

1.総合職

総合職は、経営企画や営業、財務や人事、広報などの業務を行い、主にマネジメントに携わる職種です。

入社後は、研修の一環として新幹線や在来線の駅係員、車掌としての勤務を経験し、経営企画や営業、広報などの部署に配属されます。その後は2~3年のジョブローテーションで、非鉄道事業を含め幅広い事業を経験できるようです。

総合職は学歴が問われる

総合職に応募するには、大卒または高等専門学校卒の学歴が必要です。また、事務系の総合職であれば学部・学科は問われないものの、技術系の総合職では機械、物理・材料、電気、電子、情報など職種に応じた学部・学科卒が条件となっている場合もあります。

2.現業職

現業職は、駅員として駅の安全管理を行ったり、車掌や運転士として鉄道を運転したりするほか、線路の施行や保守整備も行います。専門的な知識を身につけた理系学部の学生を対象に募集するのが一般的です。

3.技術職

技術職は、車両や踏切、建築物をメンテナンス・開発するのが主な仕事です。ターミナル駅などにある整備工場で働きます。

未経験OK多数!求人を見てみる

鉄道業界の現状と課題

この項では、鉄道業界の現状と課題について解説します。就活では業界研究や企業研究が欠かせないので、ここで解説する内容をしっかりと理解しておきましょう。

鉄道業界の市場規模

総務省の「『2022年経済構造実態調査』四次集計結果産業横断調査(企業等に関する集計及び事業所に関する集計)結果の概要」によると、「運輸業、郵便業」の売上高は約66兆384億円です。

なお、構成比は3.9%で、下表のようになっています。

図 産業大分類別売上高の構成比の画像

引用:総務省統計局「『2022年経済構造実態調査』四次集計結果産業横断調査(企業等に関する集計及び事業所に関する集計)結果の概要

ただし、運輸業にはパイロットや航空整備士、航海士などの職種も含まれるため、鉄道業界に限ったデータではありません。

参照元
総務省統計局
経済構造実態調査 調査の結果 結果の概要(全16頁)(PDF:350KB)

鉄道業界の現状

鉄道業界では、事業拡大に向けた取り組みが盛んです。

その一つに、ICカードや電子マネーの多様化が挙げられます。電車の利用にとどまらず、駅併設のショッピングエリアで買い物や食事が楽しめるサービスを展開するようになりました。すでにカードの多様化が期待されるビジネスをスタートさせている企業もあります。

ほかに期待されている新規事業では、家事代行や住宅販売、セキュリティーサービス、レジャー施設、百貨店などが挙げられます。早くも事業展開している鉄道会社も多いようです。

主となる事業は鉄道ですが、新規事業への多角化を図ることで、企業全体の収益性や今後の成長に期待を寄せていると考えられます。

鉄道業界の課題

各企業の沿線状況によって課題は異なるものの、海外からの旅客の取り込みによる定期外旅客収入を増やす必要があるでしょう。また、鉄道以外の安定収入源の確保も課題となっています。

鉄道業界では、安全を確保し続けることも重要です。各企業とも安全への設備投資はされていますが、ホーム柵やベンチの設置方向といったハード面だけでなく、教育や訓練などのソフト面にも力を入れる必要があるでしょう。

鉄道業界の将来性

今後さらに事業拡大が進み、わたしたち生活の中心部に鉄道業界が進出してくる可能性があります。

鉄道業界は、ほかの事業を行う業態と手を取り合いながら企業進化を加速させてきました。人口の増加が見込めない現代だからこそ、新たな方法での収益構造を生み出すという流れは止められないでしょう。

鉄道業界の今後の動向

鉄道業界は公共性が高く、比較的安定した業界の一つです。また、日本の鉄道技術は海外からの評価も高く、世界規模で見ても飛躍の可能性を秘めているといえるでしょう。

現在、旅客列車として世界一速い乗り物といわれているのは、日本の「超伝導リニア(JRマグレブ)」と呼ばれる磁気浮上式リニアモーターカーです。新幹線の日本縦断は着々と進みつつありますが、リニアモーターカーの国内展開も近い将来の話かもしれません。
現時点では、東京・品川駅から 名古屋駅を経由して新大阪駅への開業を予定しているようです。実際に超高速設計のリニアが開業した場合、東京と大阪が最速67分で往来できるとされています。

そのほかの鉄道会社でも、新ルートの開業が予定されているところもあります。鉄道が通っていなかった場所に路線が増えることで利便性が増し、鉄道を利用する人の増加が期待されるでしょう。

鉄道は、自動車に比べて二酸化炭素の排出量が少ないといわれています。環境にやさしい乗り物であることから、各市区町村によっては「ノーマイカーデー」というキャンペーン活動を行っているところもあるようです。実際に行われている活動として、「毎月△日は公共交通機関を利用して通勤・通学しよう」という取り組みや「市バス、地下鉄フリーチケット」という無料で乗車できるキャンペーンなどがあります。

今後さらに地球温暖化が加速すれば、鉄道利用者は増えるでしょう。

鉄道業界のメリット・デメリット

鉄道業界のメリットとデメリットをまとめました。

メリット

・社割がある
・福利厚生が充実している
・残業が少ない傾向にある
・研修や勉強会などの社内制度が整っている

デメリット

・労働時間が不規則
・土日祝日は休みづらい傾向にある
・クレーム対応をすることがある

メリット・デメリットは人それぞれ異なるので、以下を参考にしながら、自分が鉄道業界で働けそうかを考えてみてください。

鉄道業界の魅力とやりがい

鉄道業界に勤めると、自社線を社員割引料金で利用できます。JRであれば、在来線や新幹線を大幅な割引で利用でき、プライベートの旅行費も抑えられるでしょう。
また、鉄道会社は福利厚生が充実している傾向にあり、安心して働き続けやすいといえます。

シフト制のため、残業が少ないことも魅力です。ただし、人身事故や天候による運転計画変更などの対応を要する場合は、残業が発生することもあります。

鉄道業界は、研修や勉強会といった教育制度が整備されている傾向にあるようです。鉄道会社では、季節にあわせた企画商品やプランなどが随時登場するため、日々の勉強が欠かせません。

鉄道業界の大変なところ

鉄道業界はシフト制のため、泊まり勤務もあります。夜勤を経験したことがない人は、慣れるまできついと感じるかもしれません。

土日祝日は鉄道を利用する人が多く、休みが取りづらい傾向にあります。ゴールデンウィークや年末年始など人の移動が多い時期は、鉄道業界の繁忙期にあたるからです。

ときにはクレーム対応をすることもあるでしょう。天候や人身事故などで列車が遅延すると、駅員に対して理不尽なクレームをつけてくる人もいます。

鉄道業界の志望動機

志望動機は、「鉄道業界を選んだ理由」「志望企業を選んだ理由」「入社したらどのように貢献するか」の順に書くと面接官に伝わりやすくなります。

最初に、多くの業界の中からなぜ鉄道業界を選んだのかを述べることが大切です。業界に興味をもったきっかけとなるエピソードを盛り込みましょう。

面接官から「その理由ならほかの企業でも良いのでは」と思われてしまうのは良くありません。その企業でなければならない理由を述べることも忘れないでください。

志望企業に入社したい気持ちを述べて終わると、単なる自己PRになってしまいます。最後は、入社してから自分のスキルをどのように活かすのかを述べましょう。入社後に活躍する姿を思い浮かべてもらえれば、内定に一歩近づくはずです。

鉄道業界に向いている人

鉄道業界に向いているのは、「時間の管理ができる人」「コミュニケーションが円滑にできる人」「責任感が強い人」などです。ただし、ここで挙げているものがすべてではないので、参考程度に読んでみてください。

時間の管理ができる人

鉄道業界は、1分単位の運行スケジュールのもとで業務が行われています。運転士や車掌などの車両を動かす人だけでなく、整備士や技術士などの運行を支える人たちにも時間の厳守が求められるでしょう。

コミュニケーションが円滑にできる人

いろいろな職種の人と一緒にチームで仕事を遂行するため、コミュニケーションが円滑にできるかどうかも重視されます。また、現場で働く際には、駅構内で困っている人に声をかけたり、案内をしたりといった対応も求められるでしょう。

コミュニケーションが苦手で悩んでいる方には、「コミュニケーション能力を鍛えるには?具体的な方法をご紹介」のコラムがおすすめです。

責任感が強い人

人々を安全に送り届けることが仕事なので、責任感の強さも求められます。「電車が好きだから」「運転士に憧れていたから」のような気持ちだけで臨むと、入社してから苦労するかもしれません。人の命を預かっているという自覚をもって業務を行う必要があります。

面接で責任感の強さをアピールしたい方は、「責任感とは?就活の面接で好印象を与えるコツと言い換え例を解説」をご一読ください。コラムの後半では例文をご紹介しているので、応募書類を書くときにも役立ちます。

未経験者の志望動機

この項の冒頭で述べたように、「鉄道業界を選んだ理由」「志望企業を選んだ理由」「入社したらどのように貢献するか」の順に書くのがポイントです。未経験からなぜ鉄道業界を志望するのか、面接官はその理由が気になっているでしょう。

例文

私は、インフラ事業を行う鉄道業界で社会貢献をしたいと考え、貴社を志望しました。

私は、通勤に○○線を利用しています。電車が定刻どおりに駅に到着・発車するのは、貴社の方々の努力の賜物だと感じます。規律に合わせて人々の安全や生活を守っている鉄道は、私の生き方とも合致しています。計画を立ててそれを実行する能力は、貴社でも活かせると感じました。

規律やルールを守り、インフラ事業で人々の役に立ちたいと考えております。

経験者の志望動機

経験者は、前職で身につけた知識やスキルをどのように活かせるかをアピールすることが大切です。

例文

私は、多くの人が楽しく暮らせるまちづくりをしたいと考え貴社を志望しました。前職では、○○として主に○○業務をしていました。

貴社の生活サービスが占める割合は、20○○年○月期で□□%と、ほかの鉄道会社に比べて多いです。実際に、△△の調査でも「住みたい街」としても選ばれているのを拝見しました。

前職の○○で身につけた知識を活かしながら、貴社の理念である「楽しく暮らせる、負担のないまちづくりに」に貢献したいです。

「未経験からほかの職種に転職したい」「自分一人では内定までたどり着ける自信がない」といったお悩みを抱えている方は、就職・転職エージェントのハタラクティブにご相談ください。ハタラクティブは、フリーターや第二新卒などの若年層に特化した就職支援を行っています。

キャリアアドバイザーが一対一でカウンセリングを行い、希望に沿った求人をご紹介。また、志望動機や自己PRなど、応募書類でつまずきやすい部分も一緒に考えます。就職・転職活動を効率的に進めたい方は、ぜひご登録ください。

鉄道業界に関するFAQ

ここでは、鉄道業界に関するFAQをまとめました。仕事内容や年収が気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

鉄道業界の仕事内容は?

大きく分けて、「総合職」「現業職」「技術職」の3つがあります。

総合職は、経営企画や営業、財務や人事、広報などの業務を行い、主にマネジメントに携わる職種です。現業職は、駅員として駅の安全管理を行ったり、車掌や運転士として鉄道を運転したりするほか、線路の施行や保守整備も行います。技術職は、車両や踏切、建築物をメンテナンス・開発するのが主な仕事です。

なお、総合職に応募するには、大卒または高等専門学校卒の学歴が求められます。

鉄道業界の年収は?

鉄道業界全体の年収を調べるのは難しいので、職種をいくつか取り上げました。

・鉄道線路管理:417万1,000円
・鉄道運転計画、運行管理:484万8,000円
・鉄道車両清掃:382万円
・駅務員:484万8,000円
・鉄道車掌:519万6,000円

同じ鉄道業界でも、職種によって大きく異なることが分かります。ほかにもいろいろな職種があるので、気になる方は「職業情報提供サイト」をご参照ください。

参照元
厚生労働省
職業情報提供サイト(日本版O-NET)job tag

やめとけと言われた…高卒で鉄道業界に転職するのは厳しい?

総合職は大卒または高等専門学校卒の学歴が問われるものの、そのほかの職種は高卒からも目指せます。「やめとけ」「厳しい」などの意見があっても、実際に働いてみなければ分からないことは多いもの。自分がやってみたいと思ったことには、積極的にチャレンジしてみましょう。

なお、鉄道業界以外にも興味がある方は、「高卒が大手企業に就職しやすい業種とは?ポイントや注意点もご紹介」のコラムがおすすめです。

一人で就活をすることに自信がない場合は、就職・転職エージェントのハタラクティブの利用も検討してみてください。ハタラクティブでは、未経験歓迎の求人を多数取り扱っています。キャリアアドバイザーが内定獲得まで全面的にサポートいたしますので、効率的に就活を進めたい方はぜひご相談ください。

ハタラクティブ
のサービスについて
こんな人におすすめ
  • 経歴に不安はあるものの、希望条件も妥協したくない方
  • 自分に合った仕事がわからず、どんな会社を選べばいいか迷っている方
  • 自分で応募しても、書類選考や面接がうまくいかない方

ハタラクティブは、主にフリーター、大学中退、既卒、そして第二新卒の方を対象にした就職・転職サービスです。
2012年の設立以来、18万人以上(※)の就職・転職をご支援してまいりました。経歴や学歴が重視されがちな仕事探しのなかで、ハタラクティブは未経験者向けの仕事探しを専門にサポートしています。
経歴不問・未経験歓迎の求人を豊富に取り揃え、企業ごとに面接対策を実施しているため、選考過程も安心です。

※2014年12月~2024年1月時点のカウンセリング実施数

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…
ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

目次