キャリアカウンセラーの仕事職種図鑑

キャリアカウンセラーの仕事内容

仕事に関する相談に応じ、解決策や適職を導き出すのがキャリアカウンセラーの役割です。

【業務内容】

・キャリアカウンセリング

・適職や転職探しのサポート

・キャリアアップのサポート

・企業側が求める人材の把握

転職を希望される方や、現在の職場でキャリアアップを目指す方の自己実現・自己決定の支援に徹します。

主にカウンセリングを通して、能力や適性、これまでの経験、人生観など相談者一人ひとりを形成する特徴や現状を把握。「希望の職種に就くために必要なスキルとは何か」「希望する職種が適しているかどうか」「適した職種は何か」といったさまざまな悩みに応じて、適切なアドバイスを行う仕事です。

責任感はもちろんのこと、冷静な判断力や観察力も必要なキャリアカウンセラーの仕事。自身の物差しで応じるのではなく、相談者の思いを理解し共感することが大切です。

相談者の人生の一部に関わり、その人のために動く仕事のため、オン・オフの切り替えをしっかりと行い全力でサポートする心構えが問われます。

自身のカウンセリングが問題解決につながったときの達成感は、キャリアカウンセラーにしか味わえない醍醐味です。

相談者の年齢や性別、相談内容に幅があるように、解決策に決まりがないのもこの仕事の特徴。決まった答えがないからこそ、臨機応変な対応力や一人ひとりの気持ちに寄り添う力を一層磨くことができるのではないでしょうか。

キャリアカウンセラーの給与年収待遇

正社員の年収は、300~400万円が最も多い傾向にあります。職場が民間企業か公的機関かでも、年収に大きな差が出ると考えられます。

セミナーや研修を定期的に開催し、独立しているキャリアカウンセラーは、平均より多くの年収を得ているケースもあるようです。

実務経験が物を言うこの仕事は、駆け出しの時期は納得できるだけの年収を得られないこともあるかもしれません。地道に仕事を重ね、培った人脈や経験をもとにスキルを磨くのも、収入アップを目指す1つの方法と言えるでしょう。

キャリアカウンセラーになるには

【就業するまでの流れ】

CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)資格認定試験・財団法人社会経済生産性本部認定キャリアコンサルタント資格試験といった民間資格を取得すれば、仕事の依頼を受けることが可能です。しかし、より着実に実績を積み信頼性を高めるため、2016年から導入されたキャリアコンサルタントの国家資格にチャレンジする方も増加傾向にあります。

民間資格では「標準レベル」、キャリアコンサルティング技能士の2級を取得された方は「熟練レベル」、1級を取得された方は「指導レベル」というふうに、複数のレベルに分けられています。

国が定めた養成講座を受講・修了し国家資格に合格した後は、キャリアコンサルタント名簿に登録。この過程をクリアした方だけが、国家資格の有資格者として仕事につなげることができます。

この資格にくわえ社会人としての経験をお持ちだと、相談者の思いにより共感し解決の糸口が見つけやすいのではないでしょうか。

【プラスになるスキルや素養】

相談者のキャリアに関するさまざまな情報を傾聴し、心の深層部分にまで踏み込むことも多いキャリアカウンセラーの仕事。自身が就職や転職で悩んだことがある方は、その経験を活かせるケースもあります。また、人対人の仕事のため、コミュニケーション力や傾聴力も欠かせません。

以前に人事部などで採用に携わった経験がある方や、人の話をじっくり傾聴できる方、人の役に立ちたいという強いホスピタリティ精神をお持ちの方が、キャリアカウンセラーに向いていると考えられます。

キャリアカウンセラーの将来性

【業界や職種のニーズ】

性別を問わず「働く人」が増え続け、仕事に関する悩みも多様化している昨今。その悩みに寄り添い、的確な判断で将来への希望を導き出すキャリアカウンセラーは、今後においても需要が見込める職業と言えるでしょう。

【活躍できる場所】

・中学校や高校、大学といった教育機関

卒業後の進路(就職)に関するカウンセリング、就職活動のサポートを行います。

・一般企業や人材派遣会社

従業員や登録スタッフへのキャリアカウンセリング、企業に対する提言などを行います。

・ハローワークや高齢者就職支援センターなどの公的職業紹介機関

就職や転職希望者に向けたキャリアカウンセリング、フォローなどを行います。

・地域の就職サポートセンター

若年層の就職支援を中心に、セミナーの参加者・希望者に対してキャリアカウンセリングを行います。

企業に属して経験を積んだあとフリーランスとして活躍し、個人的に企業と契約を結ぶケースもあるようです。

【キャリアアップするには】

キャリアを積むには、勉強する姿勢を持ち続けることが重要です。

キャリアカウンセラーは、マニュアルに沿って解決できる仕事ではありません。年齢や職業、希望など、対象者の状況は一人ひとり異なります。状況に合わせて対応できる知識を身につけておく必要があります。

専門書を読み、セミナーに通うのもキャリアアップを叶えるための手段と考えられるでしょう。

厚生労働大臣認定の米国発祥トレーニング「GCDF-Japanキャリアカウンセラートレーニングプログラム」の利用も、新しい知識と実践力を養う1つの方法です。

国家資格を継続するためには5年ごとの更新が必須のため、それに向けた対策も取れると考えられます。

キャリアカウンセラーの志望動機例

【企業が求める人物像】

・精神面の強さがある方

主にカウンセリングを通して、相談者と長期的なやり取りが求められるキャリアカウンセラーの仕事。すぐに結果が出ないケースも多々ありますが、解決に向けて粘り強く冷静に取り組む姿勢が大切です。

思いに寄り添うあまり感情移入しすぎてしまうと、落ち着いた対応ができなくなるケースもあります。あくまで相談者の意思を尊重したうえで、サポートすることが重要です。

・コミュニケーションスキルが高い方

相手の思いを傾聴し理解できる、コミュニケーション能力の高さが求められます。聞き上手であることはもちろん、自身の思いも簡潔かつ的確に伝えられるスキルが大切だと言えるでしょう。

不信感を与えず安心して相談できる雰囲気をつくるためには、物腰柔らかで落ち着いた対応も必要と考えられます。

・責任感が強い方

キャリアカウンセラーは、相談者の人生の一部に関わる仕事です。希望に沿うことはもちろん、付加価値を付けて相談者の期待に応え信頼を得なければなりません。

自身のカウンセリングが人の人生を大きく変えるという意識を持ち、相談者のために全力を注げる責任感が問われます。

【タイプ別 志望動機のポイント】

・未経験者の場合

キャリアカウンセラーとしての実務経験がない方に求められるのは、とにかく人が好きであることや人の役に立ちたいという強い意思を持っていることです。

また、転職の際に悩んだ経験がある方は、そのときの思いを志望動機に活かすのも良いかもしれません。

同じ思いをしている相談者をサポートできる仕事に就きたいとの熱意は、企業側だけでなく相談者にも響くと考えられます。

・経験者の場合

キャリアに関するさまざまな悩みを解決へと導いた実績を持っていると、企業側から評価を得やすい傾向があります。

確かな実務経験は即戦力につながり、相談者の幅広い相談内容にもより柔軟に対応できるとも捉えられます。

教育機関や企業、ハローワークなど比較的広範囲にある活躍の場。実務経験を活かしたうえでどういった方を対象にスキルを発揮したいのか、そういった部分にも触れるのもポイントと言えるでしょう。

キャリアカウンセラーに必要な資格

キャリアカウンセラーの仕事には専門知識やスキルが必要ですが、取得したほうが良い資格はあるのでしょうか。

このページでは、「キャリアコンサルタント」「キャリアコンサルティング技能士」などのキャリアカウンセラーに関する資格についてご紹介。

キャリアカウンセラーの仕事に興味がある、将来資格を取得してキャリアカウンセラーとして活躍したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ