ホームヘルパーの仕事職種図鑑

ホームヘルパーの仕事内容

ホームヘルパーとは、在宅で介護が必要な高齢者や障害者を訪問し、介護や家事援助サービスを提供する職種のことです。

【業務内容】

・介護サービス

食事や入浴、排泄、衣服の着脱など、生活する上で必要な動作を介助します。

・家事援助サービス

調理、洗濯、掃除、買い物などの援助・代行を実施。

また、利用者やご家族への精神的なケアや、介護技術の指導も行います。

ホームヘルパーのやりがいは、サービスを利用される方から感謝の気持ちを直接伝えられること。

食事や排泄、入浴介助などをするときに「ありがとう」と声をかけてくれると嬉しくなりますし、利用者とのコミュニケーションを楽しみながらサービスを提供することができます。

しかし、利用者との信頼関係を築くのは大変なこと。

家に家族以外がいることを不快に感じ、介助されることを拒否されることもあるので、不信感を持たれないように常に笑顔で接することが大切です。

また、介助には体力が必要ですし、同じ体勢をキープするため身体に負担がかかってしまうことがあります。

そのため、長く続けるには体力や忍耐力が必要となります。

ホームヘルパーの給与年収待遇

ホームヘルパーの年収は、平均でおよそ300万円が一般的と言われています。

体力を使う仕事ではありますが、一般企業と比べて平均年収は低いとされ、中には年収が200万円台のところも。

年収をアップさせるためには、病院や介護施設、大手の介護事業所などに勤務先を変更すると良いでしょう。

また、国家資格である社会福祉士(ソーシャルワーカー)の資格を取得し、キャリアを積むのも良いかもしれません。

ホームヘルパーになるには

【ホームヘルパーになるには】

ホームヘルパーは、資格を要する仕事です。

資格を取得するためには「介護職員初任者研修課程」を修了する必要があります。

研修では、高齢者の身体特性や認知症など、介護における基礎知識や演習、介護におけるコミュニケーション技術などを学び、ホームヘルパーとして仕事をこなせるような知識・技術を磨きます。

研修後は筆記試験を受けて合格すると「介護職員初任者研修」の資格を取得することができます。

【プラスになるスキルとは】

介護職員初任者研修の資格を取得すると、ホームヘルパーとして働くことができます。

この資格のほかに3つの資格があるため、ほかの資格を取得すると、更に働ける職種が広がります。

・介護職員実務者研修

ホームヘルパーとしての実践スキルを更に向上させ、サービス責任者として働くための資格です。

この資格は、介護福祉士をするために必須の資格です。

・介護福祉士(ソーシャルワーカー)

介護福祉士は国家資格であり、資格を取得するには、上記の介護職員実務者研修資格を取得しなければなりません。

介護福祉士はサービス提供責任者として働くことができるのはもちろん、生活相談員やチームリーダーとしてスキルを活かすことができます。

・ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネージャーは生活支援サービスにおいて介護サービス計画(ケアプラン)を作成するなど、介護サービス利用者の相談に応じ、利用者の代理として介護ケアのマネジメントを行います。

ホームヘルパーの将来性

【業界や職種のニーズ】

ホームヘルパーは高齢者の介護はもちろん、身体障害や精神障害などの利用者など、幅広く対応します。

また、少子高齢化社会が進んでいるので、ホームヘルパーは益々求められるようになるでしょう。

【活躍できる場所】

ホームヘルパーの資格を有していると、訪問介護事業所での就業だけでなく、特別養護老人ホームなどの介護施設や、介護施設を有する病院での就業も可能。

事業所や介護施設は全国に点在するので、多数ある施設の中から選択できるのが特徴です。

【キャリアアップするためには】

ホームヘルパーからキャリアアップをするためには、前述のような資格を取得し、社会福祉士やケアマネージャーとして実績を積むと良いでしょう。

ホームヘルパーの志望動機例

【企業が求める人物像】

・体力がある人

ホームヘルパーの仕事は体力勝負。

利用者の身体を抱き起こしたり、入浴の介助をしたりと、かなりのエネルギーを消費するため、体力のある人が求められます。

・忍耐力がある人

利用者が自分の家に他人がいることを不快に思い、介助を拒否されることがあります。

また、場合によっては暴言を吐かれることも。

利用者と二人三脚で付き合っていくには忍耐力が必要です。

・コミュニケーション能力がある人

介護をする際は利用者と息を合わせて介助します。

笑顔で話すと相手も安心感を得られるので、コミュニケーション能力のある人が向いているでしょう。

【タイプ別 志望動機のポイント】

・未経験の場合

志望動機を書く際は「なぜホームヘルパーとして仕事がしたいと思ったのか」「ここでどのようなことをしていきたいのか」といったことを明確にすることが大切です。

また「高齢者との会話が好き」「お世話するのが好き」など、関連性のあることも書いておくと良いかもしれません。

・経験者の場合

転職や職場復帰など、これまでに介護業界での実務経験がある方であれば「なぜこの会社・施設に転職もしくは職場復帰をしようと思ったのか」を書くのがポイントのひとつ。

また、これまでどのような仕事を行ってきたかや、介護の現場で学んだこと、得たものを書き、今後どうなりたいかを明確に書くと良いでしょう。

ホームヘルパーに必要な資格

ホームヘルパーとして働く際は資格が必須となるのをご存知ですか?

ホームヘルパーの仕事に役立つ資格は、介護職員初任者研修や実務者研修、介護福祉士など。

このページでは、ホームヘルパーに活かせる資格と取得するための方法をそれぞれご紹介します。介護の仕事に興味のある方や取得を考えている方は参考にしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

18卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

18卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ