SEの仕事職種図鑑

SEの仕事内容

SE(システムエンジニア)は、クライアントの要求を基にシステム開発・設計する技術者です。

具体的な仕事内容は、以下の通りになります。

【業務内容】

・クライアントとのヒアリング

・システム開発

・システムの設計

・テストの実施

・不具合修正

・進捗状況の管理・調整

ヒアリングや設計など、ソフトフェアやハードウェアの開発における初期段階の工程を、「上流工程」と呼びます。

SEは、その上流工程を担う重要な役割を果たしています。

商談などで人と関わることも多いため、コンピューターの技術だけではなく、コミュニケーション能力も必要とされるようです。

クライアントはもちろん、他のエンジニアやプログラマーなど、社内の人とも関わる機会が多いため、コミュニケーションを円滑にする必要があります。

また、クライアントが必ずしもIT関連に詳しい方ばかりではないため、専門用語などを使わずにわかりやすく説明するスキルを要されることもあるようです。

納期があるため、仕様変更や修正の依頼があった場合は遅くまで残業になることもあります。

大変な部分もありますが、自分が開発したシステムがさまざまな所で使用されていることを実感できるため、そこにやりがいを感じている方が多いようです。

SEの給与年収待遇

SEの年収は、およそ300万~500万ほどと言われています。

年代や能力、実績などによって年収に差が出やすい傾向にあるようです。

SEになるには

【就業するまでの流れ】

SEを目指す場合、ITや情報処理関連の専門学校を卒業している方が多い傾向にあるようです。

学校卒業後は就職してアシスタントとして経験を積む、あるいはプログラマーという段階を踏み、後にSEとして活躍するのが一般的と言われています。

【プラスになるスキルや素養】

システムを開発するにあたり、クライアントと打ち合わせをしたり、わかりやすい説明をしたりといった工程があるため、コミュニケーションスキルや協調性があると仕事を円滑に進められるでしょう。

また、IT業界は技術的なトレンドが常に移り変わっているため、知識欲や探究心がある方に向いている仕事と言えます。

SEの将来性

【業界や職種のニーズ】

現代社会は情報化が進んでいるため、SEのニーズも高まっているようです。

SEの就職先はIT業界が多いですが、近年はIT以外の業界もSEを募集している場合があります。

SEは需要が高く、求人の選択肢も広い職種と言えるでしょう。

【活躍できる場所】

近年は、ほとんどの企業が業務をする上でコンピューターを使用していると言っても過言ではありません。

そのため、IT系やシステム開発系の企業が中心だったSEの需要が、IT以外の民間企業や官公庁にも及んでおり、活躍できる範囲は広がっているようです。

【キャリアアップするには】

SEは基本的に特別な資格を必要としていませんが、ITストラテジストなどの国家資格を取得し、自身のキャリアアップに繋げる方もいらっしゃるようです。

また、企業でSEとして従事しながらコニュニケーション能力、情報処理関連のスキルを伸ばし、独立してフリーのSEとして活躍したり、IT会社を立ち上げるというケースもあるようです。

SEの志望動機例

SE(システムエンジニア)に必要なのは技術力でしょうか?それともコミュニケーション能力でしょうか?

こちらのページではSEに求められるスキルをご紹介するとともに、未経験者向け・経験者向けの志望動機のポイントを解説。過去の経験を振り返れば、未経験でもアピールできる材料はあるはずです。

志望動機に盛り込むべき内容を確認していきましょう!

SEに必要な資格

SE(システムエンジニア)にとってキャリアアップの「切り札」になるような資格はあるのでしょうか?

こちらでは、これからSEの仕事に就きたい方や、レベルアップを目指している方に向けて、SEが資格を持っていることのメリットと、IT系資格の中から、特におすすめな国家資格とベンダー資格いくつかご紹介しています。

未経験からのSE

ここでは、未経験からSEを目指す人に知っていただきたい情報をまとめています。SEの仕事の背景から分かる、必要な素養や、社会人経験のない新卒の方がSEになるためのコツ、プログラマーからSEにキャリアアップするための方法を詳しく解説!SEの実際の仕事現場を想像することで、あなたに必要なものが見えてきます。

SEの仕事

SE(システムエンジニア)の主な仕事は、簡単に説明するとコンピューターシステムを作成すること。そうは言っても、具体的にはどんな作業をしているのかわからない…と思っていませんか?このページではSEの主な仕事を4工程に区分し、それぞれの工程でどんな作業を行っているのか解説しています。SEの仕事がイメージできない…プログラマー等と比べてどう違うの?そんな疑問を抱えている方は必見です。

SEは激務?

SE(システムエンジニア)の仕事は激務なのかを知りたい人はこちらをご覧ください。

激務と言われる4つの理由からわかる激務の実態。業界の拡大がもたらす要因は何か?多忙によって強くなるのは何か?など、激務から見えてくるさまざまな状況をご紹介しています。

どの理由もポジティブな考えをプラスすることで、前向きな気持ちへと変化させることが可能です。

文系からのSE

SE(システムエンジニア)はIT業界の専門職である印象が強く、文系出身だと就職しづらいと思われている傾向にあるようです。それでも文系出身から、または他職種から転職してみたい、と憧れを抱く人は少なくありません。

こちらのページでは文系出身でもSEになれるのか、文系出身者がSEになるメリットや向いている傾向を合わせて紹介しています。SEを目指す時の参考にしてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

新卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

18卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ