文系出身でもSEになりたい!SEになるには?

文系出身でもSEになりたい!SEになるには?の画像

この記事のまとめ

  • 文系出身やプログラミング未経験でもSEの仕事をしている人はいる
  • 文章の読解力やコミュニケーション能力はSEとして役立てられる
  • 就活ではITやプログラミングについて勉強していることをアピール
  • 文理問わずモチベーションが高く意欲的な姿勢のある人が求められている
  • 未経験分野に挑戦するなら若い内がおすすめ
SEは理系出身が多い仕事だから一歩踏み出せない…と思っている文系出身の方は少なくありません。
そもそも、文系出身者やプログラミング未経験者でもSEになることはできるのでしょうか。
こちらのコラムではそんな疑問を解消し、SEになるためにできることを紹介します。


ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

◆文系出身・プログラミング未経験でもSEになれる?

SEの仕事は、理系出身の方が多いイメージがありますが、実は文系出身の方も意外と多いようです。
全くのプログラミング未経験で就職する人もいます。

【文系出身として活かせる能力】

SEの仕事はさまざまなスキルが求められています。
文系出身の強みを役立ててSEとして活躍していきましょう。

・文章の読解力や書く能力
他人が作成した資料や案件の飲み込みが早く、要点を掴んだ計画書の作成をすることができます。

・コミュニケーション能力
クライアントの要望を正しく理解できることやその要望を他者に伝えられることが必要です。
また、営業のような役割を担当することもあるので、専門用語を使わず口頭での説明ができると重宝されます。
社内外の橋渡し役となる存在として活躍が可能です。

・ユーザーの目線になって対応が可能
文系出身だからこそ専門的な知識があって当然と思わないため、ユーザー視点で物事を考えることができます。

上記のように、文系の分野で培ってきたスキルが重宝されます。
そのほかにも、PCを操作することが好きな人やコツコツとした作業が得意な人もSEとして向いているようです。


◆文系出身者がSEになるためにできること

文系が多いといっても、就活の場においては理系出身の方がプログラミングスキルをアピールできる点では多少有利かもしれません。
企業によっては理系出身の方を優遇することも考えられます。
未経験から一人前になるには当然時間がかかり、継続的な努力が必要です。
文系出身の方がSEになるにはどのようなことを行えばいいのでしょうか。

・基礎知識をつける
履歴書や面接では、ITやプログラミングの知識や技術が足りない点を補うためにも、勉強し続ける意欲があることをアピールしましょう。
同時に、実際に資格取得にむけて勉強をし、基礎を身につけておくと不足した知識を補うことが可能です。
広い範囲で勉強しておくと実際に業務に携わるときにスムーズな流れを形成できます。

・プログラミング知識をつける
知識があれば技術的に実現できるものとできないものの違いがわかるようになります。
初心者向けの入門書に目を通したり、コードを書き写したりすることから初めてみましょう。
常に最新の情報に耳を傾け、より良いものをつくるにはどうしたらいいかという興味や関心をもった意識も大切です。

SEとして入社した後は技術面でコンプレックスを感じることがあるかもしれません。
しかし、意欲的に働き続けることで理系と肩を並べるIT知識とスキルを手に入れることができます。

IT業界では、文系理系関係なく、モチベーションを高く維持しながら積極的に学ぶ姿勢のある人が求められています。
どのような将来を描きたいか方向性を考えながらスキルを磨いていきましょう。
未経験分野にチャレンジする場合は、若ければ若いほど採用されやすい傾向にあります。
それでも悩んでいる方は、転職エージェントに相談してみませんか。
若年層に向けた就活・転職サービスであるハタラクティブでは、未経験で就職・転職した実績が約4割あります!
志望動機の固め方や書類のまとめ方など、プロのアドバイザーがサポート。
あなたの挑戦したいという姿勢を徹底的に支援します。