海運業界の仕事業界図鑑

海運業界とは

【海運業界のしくみについて】

海運会社は、エネルギーや原材料、食品などの各メーカーに対して、海上輸送を中心にサービスを提供しています。

顧客のニーズに伴い、海運会社ではさまざまな事業を展開。液体化学品を運ぶケミカル船に特化した会社や、食品や製品向けのコンテナ船に強みを持つ会社、マルチに対応している会社があります。

このようなサービスを提供するために必要なのが船。海運会社は、運ぶだけでなく、船の調達も重要な役割です。

巨額の資金が必要になるため、自己負担だけでなく、金融機関から資金調達することも。また、船舶のレンタルは船主から船をチャーターし、新造船を調達するには造船会社へ新造船を発注します。

海運会社は、船舶の調達にかかる傭船料や建造費、燃料費などの支出に対し、運輸サービスの提供によりどれだけ収益を得られるかがポイント。一方、造船会社は建造にかかる設計や資材費、船舶のメンテナンスにかかる支出に対し、海運会社から得る収入でビジネスを成り立たせています。

海上輸送をメインとする海運会社、造船をメインとする造船会社は他に、どのような事業を展開しているのでしょうか。

《海運会社》

・ターミナル事業

コンテナターミナルやケミカルターミナルなど、貨物の種類によって専用ターミナルを設ける企業があります。ターミナルでは、貨物の積み卸しや運搬、保管をしているようです。

・海洋事業

船を輸送のためでなく、海の特定場所に浮かべて活用。『浮体式LNG貯蔵再ガス化設備(FSRU)』『浮体式海洋石油・ガス生産貯蔵積出設備(FPSO)』が代表的です。

・技術開発

常に輸送技術を追求。低負荷域で良い燃料率を実現させる排ガスバイパス(EGB)による低負荷チューニングなどがあり、環境保全を目指します。

《造船会社》

・艦船事業

ヘリコプター搭載護衛艦やイージス艦、氷砕船、巡視船などを建造。輸送目的だけではなく、防衛省や軍用の船を提供しています。

・ライフサイクル事業

新造船から解撤までの沖修理や改造工事、搭載機器の点検など実施。船に関わるライフサイクルをサポートをしています。

海運業界の志望動機例

グローバルな活躍を見せる海運業界。国際的な仕事の代表格と言っても過言ではないでしょう。

このような海運業界にマッチする人物像をご紹介します。

・船が好き

海運業界で働くにはこの情熱が必須ではないでしょうか。船に携わる仕事として、船を愛することは働く原動力にもなるでしょう。

・協調性

チームで連携して仕事を進行することが多い海運会社や造船会社には、チームワークを大切にできる人が重宝されます。

・専門的な技術スキル

船舶の設計や建造、運航など一つひとつの工程には人の匠による技術が駆使されます。就活や転職では専門学校や前職で学んだ技術や、経験をアピールすることが大切です。

・経済戦略を理解し、貢献したいと思う

経済に左右される海運業界では、経済の動きを読み取る力が必要。その情報からそれぞれの会社組織の目標となる経営戦略を理解し、貢献する人材が求められるでしょう。

【上記を踏まえた志望動機のアピールポイント】

経済を動かす海運業界の就職、転職はきちんと志望動機を考えておくことが大切です。

・過去にチームで何かをやり遂げた経験がある

・世界の動きを捉える情報収集力がある

・海や船に携わる仕事をしたことがある、または海や船が好きになったエピソードがある

・専門学校で海運業界で働くための知識と技術を身に付けた

・子どもの頃からものづくりが好き

・リーダーシップがある

・経済について詳しく、日本経済を支える一員になりたいと考えている

海運業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

2008年に起きたリーマン・ショック以降、海運業界では燃料価格の高騰を背景に厳しい状態に陥り、2010年以降は上昇。その後円安傾向で現在は比較的安定しているようです。

それでも、本格的な回復に至っていないのが現状と言われています。

海運業界の今後の課題は、性能面や環境面での進化。技術面に強い人材が重宝されるでしょう。

【今後の動向】

景気の影響を受けやすい海運業界。

邦船大手3社の商船三井・日本郵船・川崎汽船はコンテナ船事業の統合をスタートさせることに乗り出すようです。運航航路の共有で効率的な運航の実現、燃焼コストの削減が期待できます。

海運業界の仕事内容

海運業界の造船会社、海運会社にはどのような職種があるのでしょうか。

代表的な職種とその仕事内容をご紹介します。

《海運会社》

・事務系陸上職

集荷営業や幸運管理、港湾管理、企画、情報システムなどを手掛けています。

・技術系陸上職

新造船計画や新技術開発、船舶保守管理業務を実施。国内、国外を拠点に、グローバルに活躍します。

・海上職(航海士)

航海中、船の甲板で操縦や指揮をとります。そのほか、荷物の積み卸しの監督、積荷の管理などを行います。

・海上職(機関士)

主に船舶のエンジン、ボイラー系機器を操縦します。船の中で、機械を扱うことに最も特化しています。

《造船会社》

・設計職

開発された船舶を設計。コンピューター画面上で最新の技術を活用し、基本設計や詳細設計を行います。

・調達職

船舶を造る資材(パイプや電線、塗料など)の購入から納期管理、支払手続きまで行います。優れた材料や機器を選定することも重要な役割です。

・メンテナンス、修理職

船の積荷、人の安全を確保するためのメンテナンスは重要。定期的に性能や安全性をチェックし、不備があれば対応します。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒乗り遅れた

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ