営業の仕事職種図鑑

営業の仕事内容

営業とは、企業が開発した製品や技術、サービスを販売するのが主な仕事です。企業と顧客を結ぶ架け橋となり、売り上げや利益を上げる役割を担っています。

一般的な営業業務の流れは、以下の通りです。

【業務の流れ】

・アプローチ

・ヒアリング

・プレゼンテーション

・クロージング

・アフターフォロー

具体的には、まずアプローチとして電話や飛び込み営業といった方法でアポイントを取ります。アポイントが取れたら、クライアントの課題をヒアリングし、商品のプレゼンテーションを実施。「営業」と聞いて真っ先にイメージするのはこの場面が多いでしょう。プレゼンテーションが上手く行ったら、次はクライアントとコンタクトを取り続け、契約を確定させるためにクロージングを行います。その後は、納品した商品の使い方をレクチャーしたり、不備がなかったか確認したり、使用してみてどうだったか感想を聞いたりと、次の商品開発やプレゼンテーションに繋げるために、しっかりアフターフォローを行ないます。定期的に訪問し、関係性を持続させ、更なるニーズを聞き出すことを大切にしています。

営業の魅力は、日々の頑張りが「数字」という目に見える結果として表れやすいということです。ノルマや売上目標に追われて、それをプレッシャーに感じることもあるでしょうが、明確な売上目標の数字を達成することができたら当然嬉しく思えます。また、難しい飛び込み営業で新規のクライアントを開拓できたり、大きな商談を成功させることができた瞬間などはより大きな達成感とやりがいを感じることができるでしょう。

営業は様々な方を対象に仕事をするので、当然、話を聞いてくれない人や商品に興味を持ってくれない人もいます。誰もが話を聞いたり商品を購入してくれるわけではありません。断られることもあるお仕事ですが、そういった経験も人間としての成長に繋がっていくはずです。

営業の給与年収待遇

営業職の平均年収は380万円から470万円と予測されており、人によってはかなりの差が出ているようです。その理由は、給料は歩合制になっていることが多く、毎月の給料が固定ではない場合があるからです。基本給があまり高くなくても、受注をするたび成果が上がった分だけ給料をアップさせるインセンティブ制度を導入している企業も増えており、努力次第では年収1000万円以上を稼ぐことも夢ではないと言えるでしょう。

営業になるには

【営業になるには】

営業職は、商社、メーカー、保険、金融、不動産、ITなど、あらゆる業界で募集しています。そのため、営業職として働きたいのならば、高校や大学などを卒業した後、志望する企業の人材採用募集にエントリーすることが、就職への第一歩になるでしょう。

また、就職先の選択肢が多いため、いざ仕事を始めてもイメージしていたもの違う、ということになってしまうことが多々あるようなので、「営業としてどんな仕事がしたいのか」を先に考えておきましょう。

有名な大手企業の場合、大学卒業以上の学歴が求められることもありますが、熱意と営業としての適性があれば、高卒などでも就職することは可能のようです。

【営業で必要とされるスキルや素養】

基本的に、営業という仕事は特別な資格を必要としていません。

不動産系の企業では「宅地宅地建物取引主任者」の国家資格が必要とされたり、保険会社では「ファイナンシャルプランナー」の取得を推奨されたり、業界によっては専門知識が求められることがありますが、資格重視で採用されることはあまりないようです。

では営業で必要とされるスキルは何かというと、やはりコミュニケーション能力でしょう。仕事の大半を人との付き合いに費やすので、たとえ初対面の人とでも物怖じせずに話せなくてはなりません。

かといって、話し上手でなくてはならない、というわけではないようです。営業の仕事で大切なのは、「話す力」よりも「聞く力」だと言われています。

営業の将来性

【業界や職種のニーズ】

営業の仕事は、ITの進歩による効率化、自動化が進んでいます。これまではとにかくクライアントの元へ何度も足を運んで信頼を得る、というのが基本でしたが、現代はWebマーケティングで効率的かつスピーディな営業活動を行う企業が増えています。しかし、営業の基本はコミュニケーションなので、「人」で成り立つ営業の仕事は、あらゆる業界で常に必要とされています。そのため、営業の仕事が一切なくなる、または大きく減る、ことは考えにくいでしょう。

【活躍できる場所】

営業職は、活躍できる場が多いのが特徴です。商社やメーカー、保険会社、金融会社、不動産会社、IT関連、人材サービス会社など様々な業界が社内に「営業部」を設置しており、それぞれの事業内容こそ違いますが、自社の売上や利益を生み出すための重要な役割を担っています。

【キャリアアップするには】

営業としてキャリアを積むと、身につけた営業力を活かして管理職へとキャリアアップすることができます。営業課長、営業部長、役員へというように、同じ会社の中で昇進していくケースもあれば、転職しながら役職を上げていく、というケースもあるようです。営業として働きながら自分の将来を展望するとき、一番思い浮かべやすいのがこのコースでしょう。

管理職でありながら、第一線でバリバリと営業している人もいるようですが、部下の教育や指導をしたり、小中規模のプロジェクトを指揮したりと、よりやりがいのある仕事をすることができます。

営業の志望動機例

営業職は、人と人との関わりが欠かせないお仕事です。

どういった人が営業職に向いているのでしょうか。

このページでは、柔軟性やコミュニケーション能力などの営業職に必要な資質や、経験者と未経験者に向けた志望動機のコツを詳しく解説していきます。

営業職を志している・検討している方は、是非このページをチェックしてみてください。

営業に必要な資格

営業職は資格よりもコミュニケーション力やビジネスマナー、前向きな姿勢など素養が評価されている印象が強いという人も少なくないのではないでしょうか。実際、営業職に求められる必須資格はないケースが多いようです。

それでも資格を保有しているとキャリアアップや評価につながる、より多くの業務に携われるといった面があります。

営業職で活用できる資格にはどんなものがあるかこちらのページでチェックしてみてください。

未経験からの営業

「営業の仕事に興味があるけど、未経験だと難しいかな?」

そんな疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

当てはまる方はぜひ、次のページをチェックしてみましょう。

こちらでは、未経験というハンデを克服するためのヒントや、企業側が求める人物像についての情報を詳しく掲載しています。

これらの情報を元に面接対策を行うことで、採用のチャンスを広げていきましょう。

営業の仕事

営業職と一口にいっても、対象となる顧客によってさまざまな営業スタイルがあります。ここでは、求人などでもよく見かけるルートセールスや新規開拓営業について解説。また、対個人と企業で仕事内容や顧客との関係性など、どのような違いが見られるのかについてもご紹介します。

自分の適性に合う仕事を探す際の参考にしてみてください。

女性でも大丈夫?

「男性が活躍している」「大変な仕事」などのイメージが強い営業職。男性が多い中で「私、向いてないかも・・・」と落ち込む女性もいるかもしれません。

しかし、一般的に女性は、色んな人と楽しい話をするのが得意であるといわれています。

こちらでは、営業職で活かせる「女性ならでは強み」をいくつかご紹介しています。「女性ならでは」の考え方や経験を活かして営業職に就きたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

必要なスキル

営業に必要とされる適正と基本スキルとはどんなものなのか。就職する前に知っておきたい方は多いでしょう。そこで、営業に求められる様々な適性や基本スキルの中でも、どの業界でも通用する「これだけは身につけておきたい適正・スキル」をご紹介します。営業の仕事に興味がある方は、ぜひ一度こちらのページを御覧ください。

営業の種類

同じ営業職の中にも、業界や会社によってさまざまな働き方があるのをご存知ですか?このページでは、営業職の種類についてまとめました。多くの働き方を知ることで、ご自身にぴったり合った仕事が見つかることもあるかもしれません。その他にも、医療やエンジニアリングなどの分野で専門知識を活かして働く営業職についてもご紹介しています。

営業に向いている人

クライアント先を周り、自社製品をアプローチ。契約を獲得し、会社の業績アップに貢献するのが営業スタッフの主な役割です。営業職に関心をお持ちの方、営業スタッフのお仕事に就きたいとお考えの方、コチラのページでどういった人に向いているのかをまとめています。就職する前に、ご自身に素質があるかどうかをぜひチェックしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

18卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

18卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ