半導体業界の仕事業界図鑑

半導体業界とは

半導体業界は、かつてはメーカーが自身で設計や製造などの全行程を行うIDMが主流でしたが、現在は主にファブレスとファウンドリに分かれている企業が多いようです。

・ファブレス

ファブレス(fabless)のfabは、工場(fabrication facility)を意味しており、工場を持たない会社を指します。

製品の製造は自社で行わず外部に委託し、設計やマーケティングなどを実施。

このように事業を絞ることで、設備投資や設備維持にかかる経費を削減しています。

・ファウンドリ

ファウンドリは、ファブレス企業から依頼を受け、製品を製造しています。

近年は各企業がそれぞれに設備を設置するのが難しくなっているため、ファウンドリの企業に製造の依頼が集約される傾向にあるようです。

半導体業界の志望動機例

・多角的に物事を見ることができる方

半導体業界は、常に技術のトレンドが目まぐるしく移り変わり、進歩も大きい業界です。

スマートフォンに続き、近年はIoTも注目されており、更なる発展が見込まれるでしょう。

そのため、物事をさまざまな角度から見ることができ、なおかつ変化に柔軟に対応することができる方が求められる傾向にあるようです。

・チャレンジ精神のある方

変化の激しい半導体業界では、常に新しいことに挑戦していける意欲が必要とされるようです。

探究心が強く、チャレンジ精神のある方に向いている業界といえるでしょう。

・協調性のある方

半導体業界のお仕事は、部署や職種に関わらず、チームプレイなくしては成立しません。

同じ職種や部署の方だけでなく、多職種の方とも円滑な関係を築くことができ、協力し合ってお仕事を進めていける協調性が必要とされるでしょう。

【上記を踏まえた志望動機例】

<想定する人物像>

・常に新しい技術に対応できる柔軟さがある方

・半導体に関する興味・知識がある方

これらをアピールし、なおかつ何故その業界・企業を選んだかを明確にしておきましょう。

<例>

私は、人々の生活に浸透し、貢献していける仕事ができたらと考えています。

時代の移り変わりと共に常に変化と進歩を繰り返している半導体に興味を持つようになり、工学系の大学に入学し、半導体についての研究をしていました。

私が貴社に入社した際は、大学で身につけた知識を活かし、時代の変化に対応していける技術を共に築いていきたいと考えています。

半導体業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

現在半導体業界はスマートフォン関連が主流ですが、IoTの需要も増えてきているようです。

IoTは「Internet of things(モノのインターネット)」の略称であり、自動車や照明器具などのような従来はインターネットに関連のなかったものにネット回線を接続するシステムです。

このIoTに対応し、なおかつスマートフォンの市場も広げて展開していくことが、国内の半導体業界の課題といえるでしょう。

【今後の動向】

先述したように、今後は徐々にIoTの需要が高まり、数年後には本格的に市場が拡大するものと見られているようです。

IoTが普及した場合、自動車、家電製品、住宅などのあらゆるものにインターネットが接続され、自動制御・最適化が可能となります。

半導体業界も、行く行くはIoTが最大の戦力になるかもしれません。

半導体業界の仕事内容

半導体業界の職種は、大きく分けて技術系と事務系の2分野から成り立っています。

どちらを志望するかにより、必要とされる資質が違ってくるようです。

<技術系>

技術系のお仕事は、半導体に関する知識などの素質が必要となります。

光学系の大学を卒業していたり、半導体製品製造技能士などの資格を取得していたりすると、より有利になるかもしれません。

・研究開発

半導体に関する新しい技術を研究し、将来の新製品の開発に繋げています。

半導体の知識があり、ソフトウェアやハードウェにも精通している方に向いているお仕事です。

・販売

完成した製品を販売するお仕事です。

販売といっても国内だけでなく、アジアや欧米などの世界規模となります。

また、ただ製品を売るだけではなく、設置やアフターケアなどにも携わるため、半導体に関する専門的な知識と、責任感が必要となるでしょう。

<事務系>

事務系のお仕事は、技術系のように半導体に関する資格や学歴などの制限はないようです。

しかし、半導体に関するある程度の知識は身につけておいたほうがいいでしょう。

・資材調達

半導体を作るための資材を調達するお仕事です。

高品質・低価格を両立した資材を集めることが求められます。

基本的に学歴や資格などは必要としませんが、企業によっては国外での取引も行うため、英語力を必要とする場合もあるようです。

半導体業界のメーカー

半導体の世界トップシェアを誇るのはアメリカ?それとも韓国?

1980年代には半導体シェアのトップにまで上り詰めた日本の半導体企業の「東芝」はどうなっているのか…。今、IT業界で注目されている人口知能のAI革命や、動向が気になるIOT事業にも注目しながら、世界と日本の半導体産業についてご紹介していきましょう。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ