スポーツ業界の仕事業界図鑑

スポーツ業界とは

スポーツ業界にはスポーツ用品を製造するメーカーやフィットネスクラブ、ゴルフ場運営といった業態があります。

・スポーツ用品メーカー

「アディダス」と「ナイキ」が世界2強といわれる総合メーカー。サッカー向けのシューズを中心とする「プーマ」はアディダス創業者の兄が創業した企業で、こちらも世界規模のシェアを誇っています。

日本国内ではシューズが主力製品の「アシックス」、バトミントン、テニスを主力とする「ヨネックス」、ウエアやシューズを展開する「ミズノ」などが著名なメーカー企業です。

国内トップメーカーでは積極的な海外展開の動きが見られるのが特徴で、海外での売り上げ比率が7割を超える企業も存在します。

最近各メーカーが力を入れて商品開発している一つが、「アスレンジャー」と呼ばれるスタイル。ヨガスタジオで着るようなスポーツウエアを普段着に取り入れるアスレンジャーは、アメリカの女性を中心に流行しているようです。

・フィットネスクラブ

健康志向の高まりとともに人気が出てきている分野。

最近では、24時間営業のジムや女性専用のジム、ヨガ教室を併設するジムなどさまざまな形態が登場。減量を売りにして急成長した「ライザップ」に代表されるように、ダイエットプログラム等を提供する成果志向型のジムが人気を集めているようです。

・スポーツ施設、空間

ゴルフ場やボーリング場、スキー場、テニス場などの管理運営を行う業態があります。

90年代には大変な人気を集めたゴルフ場ですが、近年はメインの顧客であった団塊世代の高齢化にともない、利用者数は漸減傾向にあるようです。スキー場も一時期と比べて売り上げの減少が顕著ですが、若年層やファミリー層の取り込みに力を入れて巻き返しを図ろうとしています。

・スポーツ用品小売

ゴルフやスノーボード、釣やスポーツシューズ、ウエアやサイクルスポーツなどさまざまな分野の用品を販売しています。スニーカーブームやランニングブームの影響を受け、シューズ市場が盛り上がりを見せているようです。

このほか、スポーツ用品のレンタルを行う企業やスクール業を展開する企業などがあります。

スポーツ業界の志望動機例

スポーツ業界にはさまざまな職種があり、用品店の販売職といっても扱う商品はランニング用品だったりテニス用品だったりっと専門はさまざまです。そんなスポーツ業界にマッチする人材の共通点は、「スポーツが好き」という気持ちがあること。

また、スポーツにはその時々のトレンドがあるため、時代の流れに敏感に反応できる人が向いています。人にアドバイスをする場面では、コミュニケーションをとったり誰かに教えたりするのが好きな方が力を発揮できるでしょう。

スポーツ用品メーカーや小売企業では体育学部を卒業した方を多く採用していますが、他の学科でもスポーツの経験があれば採用に至る可能性は充分あります。

在学中にスポーツショップでアルバイト経験を積んでおくと、選考でのアピール材料にできそうです。

【上記を踏まえた志望動機例】

ここでは一例として、スポーツインストラクターを目指す人に向けた志望動機のポイントと例をご紹介します。

〈志望動機のポイント〉

・「なぜスポーツインストラクターになりたいのか」を説明する

・スポーツに対する熱意を示す

・裏方としてスポーツをする人たちを支えたい思いを説明する

・将来どんなインストラクターになりたいのか展望を語る

〈志望動機の例〉

私は子供の頃から習っていたサッカーを通して、体を動かす楽しみや練習の成果が出たときの達成感を味わってきました。高校ではサッカー部に入り、リーダーとして後輩を指導しました。練習を重ねて自分の技量が伸びるのはもちろん、サッカーを始めたばかりの1年生を指導し上達する様子を見るのはとても嬉しかった記憶があります。

大学時代にはフィットネスクラブでの3年間のアルバイトを通し、20代の方から70代までの幅広いお客さまとお話ししてきました。年が違うと意思疎通に苦労することもありましたが、スポーツの楽しさを共有したいという思いで、言葉遣いやマナーを含めコミュニケーション能力を磨くことができました。

今まではアルバイトでしたが、これからは正社員として本腰を入れてインストラクターの仕事をしたいと思い、御社を志望いたしました。御社はお客さまへのカウンセリングに力を入れているので、よりお客さまに寄り添った指導ができると考えています。もし入社できたら今よりもさらに知識を深め、美容や健康面の不安などあらゆる相談に対応できるインストラクターになりたいです。

スポーツ業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

最近はランニングやスニーカーの流行で国内スポーツ用品の市場はゆるやかな成長状態にあります。スポーツ用品に関してはアスレンジャーなど競技外の商品の人気が高まっていて、今後も競技外の需要が高まるのではないかと予想されています。

また、近年では健康志向の高まりを受けて、趣味のスポーツを始める人やフィットネスクラブに通う人が増加しています。中高年では登山用品などアウトドア商品の需要が高く、根強いブームとして定着しつつあるようです。

一方でゴルフは団塊の世代の高齢化によって利用者数が減少しているように、同じスポーツ業界といっても拡大傾向にある分野 、漸減傾向にある分野があります。

スポーツをするには道具が必要ですが、購買を促進するには消費者の関心を集める広告を出さなければなりません。各メーカーは有名スポーツ選手と契約し、選手の活躍によってブランドを認知してもらうなどの手法をとっています。

【今後の動向や将来性】

長期的な視野で捉えたとき、日本国内では少子化の影響による内需縮小が予想されます。そのため多数のメーカーが積極的な海外展開を行っていて、海外での売り上げ比率を伸ばす動きが活発です。

2020年の東京五輪はスポーツ業界の追い風になると考えられます。ほかにも、2020年前後にはラグビーW杯(2019年)や関西ワールドマスターズゲームズ(2020年)という国際的なスポーイベントが控えているので、業界の活性化が予想されます。国民のスポーツへの関心の高まりを受けて、各企業が新たな戦略をスタートさせているのではないでしょうか。

スポーツ業界の仕事内容

スポーツ関係の仕事に興味がある人の思いとは…。

「プロのスポーツ選手として活躍したい」「コーチやトレーナーとして選手を支えたい」「講師になって未来の選手を育てたい」「クラブを開業したい」「スポーツの知識を活かせる仕事に就きたい」など、さまざまでしょう。

こちらの記事ではスポーツ関係の職種をいくつかご紹介していますので、ぜひ仕事選びの参考にしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ