テレフォンオペレーターの仕事職種図鑑

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 職種図鑑TOP
  4. >
  5. テレフォンオペレーターの仕事

テレフォンオペレーターの仕事内容

テレフォンオペレーターの仕事は、主に顧客からの電話に対応することです。詳しい業務内容や仕事のやりがいについてご紹介します。

【業務内容】

テレフォンオペレーターの業務は、受信業務と発信業務に分けられます。

<受信業務>

・商品の注文受付

・商品やサービスの問合せ対応

・アフターフォロー

・相談窓口

<発信業務>

・アンケート調査

・お礼やお詫びの電話

・新商品の案内

・代金未払いの督促

お客様にわかりやすく説明することや、お客様からの質問に的確に答える必要があるため、幅広い知識が求められます。事前の研修が充実している企業が多く、未経験からスタートする方も多い仕事だと言えるでしょう。

何よりお客様からの「ありがとう」という言葉が、テレフォンオペレーターの仕事のやりがいだと感じている方が多いようです。

お客様から聞かれたことに答えるだけでなく、関連する情報を併せて伝えることでお客様に喜んでもらえることや、自分の知識が深まっていることを実感できることが意欲向上につながると考えられます。

業務の一つにクレーム対応があり、場合によってはお客様から怒られ不快な気分になることがあるかもしれません。しかし最終的に納得してもらえた時は、お客様に自分の誠意が伝わったという手応えを感じることができるでしょう。

テレフォンオペレーターの給与年収待遇

テレフォンオペレーターの年収は、地域や企業によって差はありますが、一般的には240~320円ほどと言われています。

情報の管理といった業務を担うスーパーバイザーでは、400~500万円ほどの年収があるほか、コールセンター全体を管理する責任者であれば、年収はおよそ500~700万円とも言われ、キャリアアップを図ることで年収が2倍以上に増えることもあるようです。

非正規社員の場合、時給はおよそ1000~1500円ほどのことが多いようで、業務内容や経験などによっては時給1800円というケースもあります。

しかしながら賞与は無く、期間が定められていることも少なくないため、より安定した環境で働くには正社員として従事する方が良いでしょう。

テレフォンオペレーターになるには

【就業するまでの流れ】

テレフォンオペレーターの求人では、資格や学歴は不問の場合がほとんどです。

事前にしっかり研修を行う企業が多いため、未経験者もチャレンジしやすいと言えるでしょう。

非正規社員の求人が多いテレフォンオペレーターですが、正社員として働くには、紹介予定派遣として働き正社員を目指す方法や、契約社員やアルバイトからスタートし正社員登用制度を利用する方法があります。

【プラスになるスキルや素養】

電話でのお客様対応が主な業務となるため、ビジネスマナーが身についていることやお客様の声に耳を傾け丁寧に対応できることが求められるでしょう。

また、電話対応と同時進行でパソコンでの入力作業を行うケースも少なくないため、タイピングスキルを磨くことで、スムーズに業務を進められると考えられます。

テレフォンオペレーターの仕事では直接お客様に会うことはありませんが、接客業の経験があれば、戸惑うこと無く会話することやお客様の意向を汲み取るといったことに役立つでしょう。

そのほか、コンタクトセンター検定やビジネス実務マナー検定といった資格を活かして活躍する方も多い仕事です。

テレフォンオペレーターの将来性

【業界や職種のニーズ】

電話対応に音声ガイダンスを取り入れている企業は多いものの、テレフォンオペレーターの求人は増加傾向にあり、テレフォンオペレーターは人気がある仕事と言えます。多くの企業で顧客満足度の向上や商品・サービスの品質向上に取り組んでおり、音声ガイダンスではなくテレフォンオペレーターがお客様対応をすることを重要視していると考えられるため、今後もニーズは高まるでしょう。

【活躍できる場所】

幅広い業種のコールセンターが活躍の場所です。社内にコールセンターを設けている企業もあれば、コールセンター業務を委託している企業もあります。中には、テレフォンオペレーターが働く環境を整えることに力を入れている企業もあり、リラックスできるよう工夫を凝らした休憩室や食堂が完備されている場合もあるようです。テレフォンオペレーターの求人を探す際には、職場環境にも着目してみても良いでしょう。

【キャリアアップするには】

テレフォンオペレーターとしてキャリアアップを目指すには、まずは実務経験を積むことです。業界の知識を深めオペレーターとしてのスキルを磨いていけば、オペレーターを管理するスーパーバイザーや、さらにはセンター全体を管理するマネージャーといった上級職を目指すことができるかもしれません。

テレフォンオペレーターの志望動機例

【企業が求める人物像】

・「聞く力」がある人

受信業務、発信業務に関わらず、お客様が何を求めているかを理解し、的確かつ迅速に答える必要があるため、お客様の声に耳を傾ける姿勢が大切だと言えます。

・ホスピタリティ精神を持っている人

お客様の要望に応えるにはどうしたら良いかを、相手の立場に立って考えられることが求められます。ニーズを聞き出し、親身に対応することで信頼を得ることができるでしょう。

・頭の切り替えが上手な人

クレーム対応をした時やお客様の問合せに上手く対応できなかった時にも、上手く切り替えることが必要となります。いつまでも引きずらず、次のお客様には新たな気持ちで対応できる柔軟さがあると、前向きに仕事に取り組めるでしょう。

【タイプ別 志望動機のポイント】

・未経験者の場合

接客業の経験があれば、人とコミュニケーションを取ることで感じた仕事のやりがいや、さらに磨きたいスキルについて具体的にアピールすると良いかもしれません。

接客業の経験がなければ、テレフォンオペレーターに興味を持った理由や、共感したその会社独自の取り組みについて、自分の将来のビジョンと織り交ぜながら伝えられると高評価につながると考えられます。

・経験者の場合

テレフォンオペレーターの経験があれば、前職での経験をどのように活かしたいかということを具体的に伝えると良いでしょう。また、スーパーバイザーを目指したいといった、意欲をアピールするのも効果的と言えます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

関連記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

新卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

19卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ