現場監督の仕事職種図鑑

現場監督の仕事内容

現場監督とは、建設や土木などの工事現場を監督する職種のことを指します。

その名の通り、現場を中心として業務に取り組んでいる人です。

【業務内容について】

現場監督は、作成された設計に基いて段取りを指示しています。

主な業務内容は、以下の通りです。

・施工計画の作成

・品質の管理

・予算の決定

・資材の発注

・作業員の指導

・現場の安全管理

1つの現場には、1人以上の現場監督が必要です。

大きな工事現場では上記の内容を1人で行うのは難しいため、複数の現場監督が施工管理業務を分担することもあります。

作業員や依頼者など、現場に関わる全ての人と意思疎通を図るため、高いコミュニケーション能力が求められている仕事です。

【現場監督のやりがい】

現場監督は、依頼者のイメージする住宅を実現するという責任感のある仕事です。

プレッシャーを感じることもありますが、自分の関わった仕事が地図にのるなど、目に見える形で残るという利点があります。

一からものを作り上げるため、できあがっていく過程が見ることが可能。

完成したときの喜びが次の現場へのやりがいへと繋がります。

住宅を引き渡したときの達成感や依頼者からの感謝の言葉を糧としている仕事です。

現場監督は住宅づくりに携わる全ての人をまとめ、知識や技術を活かして指導する、現場での中心的な存在となります。

現場監督の給与年収待遇

現場監督の平均年収は、500万円前後と言われています。

人手不足により現場に関わる人材の需要が高まっているので、今後給与が高くなる可能性も考えられます。

また、働きながら専門的なスキルを身に付けることができるので、実力を高めることで年収アップも目指せるかもしれません。

現場監督になるには

現場監督になるには、専門資格を取得する場合としない場合の2通りの方法があります。

・1級建築士や建築施工管理技士の資格を取得する

現場監督に必要な資格は、建築士や建築施工管理技士など。

1級の資格を取得すれば現場での活躍に有利です。

また、現場や工事内容によって、監督に必要な資格は異なります。

資格を取得する際には、自身がどのような現場で仕事をしたいかをよく考えると良いでしょう。

・資格がない場合は最低でも3年以上の実務経験を積む

専門的な資格を有していなくても現場監督になることは可能です。

実務経験を積めば主任技術者として選任できるので、中小規模の工事現場を監督できる可能性があります。

無資格・未経験の状態で現場監督になるには、約10年ほどの実務経験が必要と言われています。

建築・土木関係の大学や専門学校などを卒業している方は、実務経験3年ほどで現場監督になれる場合も。

現場監督として働くには、建築に関する専門用語を覚えなければなりません。

大きな現場での監督やキャリアアップを望む方は、資格を取得することをおすすめします。

現場監督の将来性

日本のいたるところで工事は行われます。

しかし、建築業界は人手不足の傾向にあるので、現場監督はニーズの高い職種となっています。

建設はもちろん、補修などの事業も実施するので活躍の幅が広い仕事です。

現場監督として経験を積むことで、今後どのようなステップアップをしたいかを明確にすることができます。

業界で役立てる人材となり、より専門的な分野へとキャリアアップが可能です。

現場監督の志望動機例

【企業が求める人物像】

求められる人物像は企業によって異なります。

業界研究や企業研究をしっかりと行って、自分に合った仕事を探しましょう。

以下に現場監督として求められる人物像の一例を紹介します。

・精神面も身体面も体力がある

現場監督は、1日中工事現場にいることが多く、作業員と意思疎通を図らなければなりません。

よって心身のタフさが必要になります。

・リーダーシップをとることができる

多くの人を指示し、全体をまとめる力が求められています。

作業工程を正しい方向へ導く統率力が大切です。

・キャリアを積んで活躍したいという意欲がある

向上心があれば自分の成長に繋げることができます。

実現性のあるキャリアプランを描いていると評価に繋がる場合も。

【志望動機のポイント】

未経験者と経験者では、アピールポイントが異なります。

自分がどうして現場監督として働きたいのかを考え、志望動機と結びつけましょう。

・未経験者の場合

大学や専門学校で建築関係を専攻してきた人は、学んできたことについてアピールすることが大切です。

転職をする人は、他の職種で身につけたコミュニケーション能力を相手に伝えましょう。

・経験者の場合

現場で培った経験をどのように活かせるのかを自己PRしましょう。

また、現場で役立てる保有資格についてもアピール。

チームワークを円滑に行なってきたことを伝えることができれば、人をまとめる能力があると評価される可能性もあります。

現場監督に必要な資格

現場監督の仕事に興味のある方は、是非こちらのページをご覧になってみませんか?こちらのページでは、建築士や建築施工管理技士など、現場監督として必要になる資格や受験のための条件などをご紹介しています。

現場により必要な資格も異なってくるので、詳しく知ることでキャリアアップや自分に必要な資格取得へのヒントになるかもしれません。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

新卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

18卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ