エネルギー業界の仕事業界図鑑

エネルギー業界とは

生活のさまざまな場面で消費するエネルギーは、大きく分けて電力、ガス、石油の3種類。

エネルギー業界は、それぞれのエネルギーを安定供給することにより収益を得ています。

・電力

日常生活やオフィス、工場、商業施設などに必要な電力エネルギーを安定的に供給するのが主な仕事です。

主な事業内容は、発電・送電・配電・販売営業の4つ。

発電方法は、火力をはじめ水力、原子力などさまざまあります。

電力は、エアコンやコンピューター、電気など、現代にはなくてはならないエネルギーのため景気に左右されることが少なく、常に安定的な収益が見込まれる業種です。

2016年4月から一般向け電力の小売自由化がはじまり、ガス会社や総合商社、石油会社、通信・CATV系、旅行・鉄道系などさまざまな業種が参入しています。

・ガス

家庭や工業で使われるガスには、都市ガス、液化石油ガス(LPG)、LPガス(プロパンガス)があります。

主な事業内容は、原料の調達やガスの製造、販売営業などです。

会社の規模にもよりますが、海外向けのエネルギー事業を展開する企業もあります。

電力同様に、2017年から都市ガスの小売自由化がスタート。エネルギー事業の総合化を狙う大手都市ガス会社もあり、価格面やサービス面で今後ますますの競争が予想される業界です。

・石油

車や家電、工場の機械や飛行機などに必要なガソリンや灯油、重油、軽油などさまざまな燃料を開発・製造・販売するのが仕事です。

油田の開発や原油採掘などの事業を「上流部門」、原油の精製・販売などの事業を「下流部門」と言い、日本の石油会社のほとんどは「下流部門」を行なっています。

エネルギー業界の志望動機例

事務系から技術系までさまざまな職種のあるエネルギー業界。

ここでは、エネルギー業界がどのような人物を求めているのかをご紹介します。

・技術や能力を高めようとする意欲のある人

エネルギー業界では、安全にエネルギーを管理するため、新しいエネルギーを開発するためなど、常に最新の技術や知識を取り入れる必要があります。

特に、開発・研究職や保守・メンテナンス職などの技術職では、自分から率先してスキルを磨いたり、新しいことに挑戦する意欲のある人が求められています。

・コミュニケーション能力のある人

営業職やマーケティング職などの事務系の仕事では、コミュニケーション能力の高い人が適しているでしょう。

一般家庭や企業など、さまざまな人を相手に商品を紹介したり、何が必要とされているのかをリサーチしたりするため、礼儀やマナーがしっかりと身に付いているのはもちろん、感じの良い話し方ができるのが大切です。

・チャレンジ精神のある人

エネルギーの小売自由化や、環境に優しい新エネルギーの開発など、エネルギー業界には課題が多くあります。

そのため、課題に対する新しい発想やチャレンジ精神のある人が向いていると言えるでしょう。

また、海外事業に力を入れる企業では、どんな環境でも臨機応変に対応できる人や、海外の企業と渡り合える人が求められています。

【上記を踏まえた志望動機例】

エネルギー業界が求める人物像をもとに、志望動機の例をご紹介します。

〈想定する人物〉

・エネルギー業界未経験者

・ガス会社の営業職を希望

・人の役に立ちたいと考えている

〈志望動機の例〉

エネルギーの小売自由化のニュースを見たことがきっかけで、エネルギー業界に興味を持ちました。

以前はガス会社なら〇〇、電力会社なら〇〇というように変化はないものだと思っていましたが、電力やガスの自由化がスタートし、エネルギーを供給する新しい手段が選べるようになったことで、より便利で快適な暮らしを提案する1人として社会に貢献したいと考えるようになりました。

御社を希望した理由は、新しい取り組みにチャレンジする姿勢や、安全、快適、便利にエネルギーを供給しようと常に工夫している点に魅力を感じたからです。

エネルギー業界未経験ですが、将来は御社の新事業に携われるように、一日も早くエネルギー供給の基本知識やサービスに関するスキルを身につけたいと考えています。

エネルギー業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

電力業界は「東京電力」「関西電力」「九州電力」などの大手電力会社によるエリア毎の電力供給が行われていましたが、2016年4月に一般向け電力の小売自由化がはじまり、ガスや石油、通信、鉄鋼、総合商社などの異業種がエネルギー業界に参入しました。

しかしながら、新規参入企業が提案する価格やサービス面での関心は低く、自由化後のシェアに大きな変動はみらず既存電力会社のシェアは高いままとなっています。

今後、価格面やサービス面の改善や、都市ガスの自由化がスタートすれば、エネルギー業界のあり方が大きく変化する可能性もあるでしょう。

【今後の動向】

2016年に一般向け電力の小売自由化、2017年には都市ガスの自由化がスタート。

エネルギー事業の総合化を狙う企業や、海外事業を強化する企業など、エネルギー業界全体での競争率の激化が予想されています。

また、エコカーや太陽光発電など、環境に配慮したシステムの開発が進む中、石油需要は減少傾向にあります。

環境に対する関心が高まり、水素エネルギーや再生可能エネルギーといった電力・ガス・石油に代わる新エネルギーの開発は今後積極的に行われるでしょう。

エネルギー業界の仕事内容

エネルギー業界の職種は、エネルギー資源の開発、研究などの技術系の職種から、消費者に向けた営業、市場調査といった事務系の職種まで幅広いのが特徴です。

・開発、研究

世界各地の地下深くに存在する天然ガスや石油を開発し、原料を調達するのが仕事です。

資源を保有する国や所有者との交渉を経て、探鉱活動の権利を取得し、開発・研究を行います。

環境に対する意識が高まる中、新しいエネルギー素材の開発に力を入れる企業が増えています。

・営業

一般家庭や企業に対して商品(電力、石油、天然ガスなど)の提案、営業を行うのが仕事です。

また、契約手続きや問い合わせの対応、使用に関するアドバイスなどを行います。

・マーケティング

新しい商品の企画・立案、市場調査を行います。

規模の大きな企業では、海外事業支援を行うケースもあります。

・保守、メンテナンス

使用中の設備の点検や修理、維持管理などが主な業務です。

古くなったガス管の入れ替えや、電気配線の点検・交換、修繕提案なども行います。

・生産管理

生産ラインのチェックや品質管理などを行います。

また、商品の在庫を管理・調整し、生産ラインの設計をすることもあります。

・製造設備管理

電力やガス、石油商品を製造する設備の管理・点検・保守などを行うのが仕事です。

小さなミスが大事故に繋がるので、安全への高い意識と責任感が求められます。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ