貿易事務の仕事

貿易事務の仕事の画像
ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

貿易事務とは

貿易事務とは、輸出入に関する事務手続きを行う仕事です。貿易には通関手続きや関税の納付といった、さまざまな事務処理が発生します。そのため、貿易事務は事務職のなかでも専門性が高く、ある程度の語学力も必要です。

貿易事務の仕事内容

貿易事務ではインボイス(貨物明細書)やパッキングリスト(梱包明細書)など、専門的な書類を扱います。海外とのやり取りでは、発注したとおりに納品されなかったり、輸送中の事故が発生したりと、トラブルが多いのが実態です。トラブル回避や商品補償のために専門書類があります。

具体的な業務内容

貿易事務の仕事は、輸出と輸入で業務が分かれているのが一般的です。

輸出に関する業務

輸出通関手配、通関書類の作成、運送便の手配や倉庫の手配など

輸入に関する業務

輸入通関手配、関税・消費税納付、商品の納入管理など

上記のほか、備品管理や電話応対など一般事務と同様の業務もあります。
また、貿易事務の仕事は、企業の規模や業態によって、仕事内容が異なるのも特徴です。次項では、主な勤務先と業態ごとの一例をご紹介します。

貿易事務が活躍する場

貿易事務が活躍する場は多種多様です。ここでは、輸出入に関連する事業を行っている、主な業種を紹介します。

商社・メーカー

商材を輸入して国内メーカーへ販売したり、国内製品を海外へ輸出したりするのが商社、原材料を加工して商品を製造するのがメーカーです。メーカーは商社を通して原材料を輸入するのが一般的でしたが、近年は自社で輸出入を行う企業も増えているため、貿易事務が活躍できる場所の一つとなっています。商社については「総合商社とは?定義や仕事内容をご紹介」のコラムで詳しく紹介していますので、参考にしてみてください。
これらの企業における貿易事務のメイン業務は、海外との交渉や受発注。企業によっては船の予約なども行うようです。

国際物流や船会社

自社が所有する船を運行して貨物や旅客を運ぶのが船会社で、船舶(または航空機)を利用した貨物の運搬に伴う各種手続きを担当するのが国際物流です。
このような会社の貿易事務は、ベストなルートを提案するためのコーディネーター的な役割もあるため、関連会社との折衝や調整なども大事な仕事に含まれます。

海貨業者・倉庫業者

輸出入に関する手続き全般を代行するのが海貨業者・倉庫業者です。商社やメーカーから依頼を受けて、輸出入貨物の通関書類作成、船積、荷卸から通関に関する一連の業務を担います。また、海貨業者は船積みや引取りの手続き・搬出入・運送・荷役など、倉庫業者は貨物の保管も行うようです。
通関業務は資格がなくてもできますが、関税の審査や法令違反のチェックといった責任ある仕事も多いので、国家資格の通関士を保有していると評価されるでしょう。

上記のほか、輸出入に関する資金決済を行う銀行や、輸送保険を扱う損害保険会社など、貿易事務が活躍できる場はさまざまです。

貿易事務のやりがい・大変なところ

貿易事務では英語力を磨けるのがやりがいの一つです。輸出入関連の書類は英語で作成するものが多いうえ、海外の取引先と英語でやり取りをする場合もあります。また、国際情勢や為替の動きなども仕事に影響するため、知見が広がるのも魅力でしょう。専門知識を身につければ、貿易のスペシャリストとして頼られるのがやりがいといえます。

一方、貿易事務の大変なところは時差に合わせて早朝出勤や残業をしなければならない点です。また、文化が異なる海外の取引先とは、「時間」「納期」の認識にズレがあることも。トラブルが発生すれば勤務時間外の対応もあり得るため、さらに残業が増えてしまうようです。
そのほか、多種多様な書類を正確かつスピーディーに処理しなければならないのが、プレッシャーになる人もいるでしょう。書類に不備があると税関を通るのに時間がかかってしまう恐れもあるため、ミスが許されないのも大変なところです。

貿易事務の年収

一般的に正社員の平均年収は400~500万円ほど。厚生労働省が提供する「職業情報提供サイト(日本版O-NET)」によると、貿易事務が含まれる卸売業、小売業の営業・販売事務員の平均年収は452万3,000円です。また、ハローワークで募集しているフルタイム求人では、平均月給が22万1,000円となっています。未経験スタートの場合は平均よりも低くなりますが、実務経験を積みながら通関士の資格を取得することで、昇給も期待できるでしょう。

派遣社員の平均時給は1500円前後といわれており、ほかの一般事務などと比較すると高めです。さらにTOEIC700点以上の英語力がある場合は、2000円前後と高時給の求人もあります。

参照元
厚生労働省 職業情報提供サイト(日本版O-NET)
貿易事務

貿易事務の将来性

日本の貿易は高度経済成長期から右肩上がりに活性化してきました。日本は食料やエネルギー資源の輸入が必須です。しかし、輸入ばかりが増えてしまうと貿易赤字となるため、輸出にも力を入れ続けると予想できます。このことから、貿易事務は将来的にもニーズが安定している仕事といえるでしょう。

ニーズ

財務省貿易統計の「対世界 輸出入額及び差引額の推移」によると、1950年から2020年にかけて日本の貿易は輸出・輸入ともに伸び続けてきました。2010年以降は輸入が輸出を上回って赤字が続きましたが、2020年には再び黒字になっています。このデータから、日本の貿易は活性化を続けており、貿易事務のニーズも伸びていると考えられるでしょう。

日本と世界の経済交流が盛ん

日本は食料自給率が低いうえ、エネルギー資源も乏しいため、農産物や石油、ガスなどを輸入に頼らざるを得ません。一方、自動車や半導体部品などは海外からのニーズが高く輸出も盛んです。
さらに、ファッションやカルチャーなどの面でも日本と世界の交流が活発になりつつあるので、貿易にも良い影響があると考えられます。

中小企業の海外進出が増えている

以前は輸出入を行う際は商社を通すのが一般的でしたが、メーカーである中小企業のグローバル化が進んできている背景から、自社で輸出入を行う企業も増えてきました。貿易事務の活躍の場が広がりつつあるため、採用意欲の高い企業も増えるでしょう。

貿易事業を展開する企業には欠かせない職種

貿易書類の作成についてはプログラムやシステムを導入して効率化を図るところも増えていますが、調整業務や各種手続きはまだまだ人の手が必要です。今後は機械に任せることのできない、より高度で専門的な業務内容になっていくと考えられ、プロフェッショナルとしてのニーズが高まるでしょう。

参照元
財務省貿易統計
最近の輸出入動向

キャリアアップ

貿易事務は専門性が高いため、スキルを身につければ転職がしやすくキャリアアップを目指せる職種です。

経験を積んで専門性を高める

貿易事務の仕事は実務経験が重視される世界です。通関ルールや法律などの専門知識を身につけ、エキスパートを目指すのがキャリアプランの一つといえます。そのほかにも、トラブルへの対応能力やリスク回避のコツ、英語の専門用語など、身につけなければならないスキルは多いものの、一度習得すればそれらを強みとして転職を有利に進められるでしょう。

他職種へ転職する

貿易事務で身につけた英語力やコミュニケーション能力を活かして、バイヤーや営業職といった他の職種へ転職するのも可能です。貿易事務を経験すると、他の職種でも活かしやすいパソコンスキルやビジネスマナーも身につくので、将来の選択肢が増えるでしょう。

また、今は企業だけでなく個人でも輸入ができる時代です。個人でECサイトを立ち上げ、仕入れた商品を販売するなど、貿易事務として身に付けた経験を活かして起業することも可能でしょう。

貿易事務に必要な資格

貿易事務は無資格でもチャレンジできますが、資格があると選考で有利になる場合もあります。貿易事務で役立つ資格は以下の通りです。

貿易実務検定

貿易の流れや通関知識、貿易実務英語などが出題される試験です。A級、B級、C級のランクがあり、A級になると税務の知識も問われます。C級の合格率は60%を超えているので、未経験から貿易事務を目指す人におすすめです。

通関士試験

前述のとおり、通関士は貿易に関する国家資格です。通関士試験に合格すると通関業務の専門知識がある人として、就職で有利になる可能性が高いでしょう。通関士試験では、関税の計算方法や適用される法令、関税に付随する税金の知識などが出題されます。合格率は10%代と低いですが、合格すれば就職やキャリアアップで高評価を得られるようです。

貿易事務の仕事に役立つ資格とは」のコラムでは、貿易実務検定について詳しく紹介していますので、こちらもご覧ください。

貿易事務になるには

貿易事務になるには、輸出入を行う企業に就職して希望を出すか、派遣やアルバイトからステップアップを目指すのが一般的です。

就業までの流れ

商社や倉庫会社に就職し、貿易事務を目指すのが一つの方法です。ただし、新卒の場合は貿易事務に限定した求人は少ないので、入社してすぐに従事できるケースは稀でしょう。
中途採用の場合は貿易事務としての募集があります。ただし、経験者を対象とした求人が多いので、未経験からチャレンジするなら派遣やアルバイトで経験を積んでからステップアップしていくのが一般的なようです。

プラスになるスキルや要素

前述の「貿易実務検定」や「通関士」のほか、語学力やコミュニケーションスキルがあると就職でプラスに働きます。企業にもよりますが、TOEICスコアが600~700以上あれば業務を問題なく遂行できると判断されるようです。加えて、PCスキル(Word、Excel)や営業事務の経験があると実務に役立ちます。Excelであれば四則演算は基本的な関数、Wordであれば定型ツールを使用した文書作成などができると良いでしょう。
貿易事務だけでなく事務職全般に役立つスキルを『「事務の資格」未経験に有利なものとは?仕事別のおすすめをご紹介』のコラムにまとめていますので、こちらも併せてご覧ください。

貿易事務の仕事はスピードと正確さを要求される職種。書類の不備やちょっとした連絡ミスが重大な事故やクレームにつながることもあるため、決められた通りの書類作成や手続きをシビアな視点で取り組むことが求められるでしょう。

また、社内のスタッフだけでなく、国内外の輸出入に関わる人達への連絡・調整をすることもメイン業務の1つ。関わる国の文化や時間の流れも考慮する必要があるため、多くの人と信頼関係を築きながら、臨機応変に対処する能力が必要です。

貿易事務の志望動機

志望動機では、貿易事務を目指した理由と応募先企業を選んだポイント、入社後に活かせそうな強みなどをアピールしましょう。

貿易事務が向いている人

貿易事務はスキルや経験のほか、正確性や意欲といった適性も重視されます。貿易事務に向いている人の特徴を以下にまとめたので、自分に当てはまる要素があるか確認してみましょう。

正確さとスピード感のある人

貿易事業は納期との闘いでもあるため、スピード感は大切です。また、少しのミスでも大きな事故になりかねないため、ルールに則って正確に業務を進めるのが好きな人には向いているでしょう。

学んでいく意欲を持っている人

前述のとおり、貿易事務では専門知識だけでなく世界情勢や経済の動きなど、さまざまな知識が必要です。また、実務のなかで海外の文化を知り、コミュニケーションの取り方を学ぶのも大事でしょう。常に学んで向上する意欲が求められます。

イレギュラーの事態に対応できる力がある人

諸外国とのやり取りでは、相手に合わせて臨機応変に対応していくことも重要です。不測の事態も多くある中で、冷静に対処できることが求められます。

未経験者の志望動機

語学力やPCスキルを活かしたいということをベースに組み立てると伝わりやすい内容になるでしょう。また、貿易事務のどのような点に魅力を感じるのかという点も具体的に伝える必要があります。「海外留学の経験から、世界を股にかけた仕事がしたいと考えていました。貿易事務は多種多様な国の人と関わる点に魅力を感じています」といったアピールが考えられます。

貿易事務といっても業態ごとに異なる特徴を持つため、企業のWebサイトなどで事業領域や企業理念などをしっかり確認した上で、考えたほうが良いでしょう。

また、具体的なエピソードをもとに適性をアピールするのもおすすめです。貿易事務は未経験でも、業務に活かせるような職種に就いた経験がある、身に付けたスキルがある場合は、それらの内容も盛り込むようにしましょう。たとえば、「今の仕事は販売職なので、相手に合わせたコミュニケーションを取る能力は身についています。海外からのお客さまにも接客していたので、英語でのやり取りに抵抗はありません」といった志望動機であれば、活かせるスキルを伝えられます。

経験者の志望動機

今までにどのような業務を経験してきたかを具体的に伝えましょう。また、なぜ転職したいのか、応募先企業を選んだのかを聞かれる可能性が高いので、それらの理由も伝えながら志望動機を述べるのがおすすめです。たとえば、以下のような例が考えられます。

「前職は役割分担が明確で、私は主に通関書類の作成や納品管理を担当しました。しかし、もっと幅広い貿易事務を経験したいと考え転職を決意いたしました。現在は通関士の取得を目指して勉強中です。1人の裁量が大きい御社でさらなる経験を積み、専門性を高めたいと考えています」

貿易事務と一口にいっても、企業によって業務の進め方は異なるため、活かせると思っていたスキルが活かせない場合もあります。共通する語学力やコミュニケーション能力、PCスキルなどをベースにしながらも、企業によって評価してもらえる内容を求人などの情報から見極めるようにしましょう。
志望動機が書けなくて悩んでいる人は、「志望動機が書けない理由を解説!書き方のポイントと例文を紹介」のコラムを参考にして、自己分析をやり直してみるのもおすすめです。

貿易事務に関するFAQ

ここでは、貿易事務に関する疑問をQ&A方式で解決します。

未経験歓迎の正社員求人はある?

少ないですが未経験歓迎の求人もあります。ただし、何らかの事務経験や、英語力が求められるケースが多いようです。未経験から貿易事務を目指す際は、派遣やアルバイトでアシスタントから始めるのが一般的。正社員登用制度を利用して、貿易事務の正社員を目指す方法もあります。「社員登用制度とは?多く取り入れている業界やメリット・デメリットを紹介」では制度を利用して正社員を目指す方法を紹介していますので、参考にしてください。

TOEICを受けると有利になりますか?

TOEICの点数によっては就職で有利になるでしょう。履歴書に書けるのは600点以上といわれていますが、貿易事務の場合は700点以上が目安です。700点以上のスコアが取れれば、貿易事務に限らず幅広い職種で高評価を得られます。「TOEICのスコアは何点以上だと就職に有利?」のコラムで、点数とレベルの内容を解説していますので、ご一読ください。

年収アップのコツは?

資格取得や転職によって年収アップが狙えます。また、企業規模が大きいほど、毎年の昇給額が大きいので、経験を積んで大企業への転職を目指すのも良いでしょう。ただし、スキルや経験がないまま転職をすると年収ダウンの恐れもあります。まずは3年を目安に貿易事務の経験を積み、通関士などの資格を取得するのが良いでしょう。「年収アップが叶う転職は?資格は取ったほうが良い?相場はどれくらい?」のコラムで年収アップの叶え方を解説していますので、ご覧ください。

面接でアピールできる志望動機はどう書く?

自己分析に基づいて自分を採用するメリットを伝えましょう。また、企業分析をして応募先企業とのマッチ度をアピールしたり、成し遂げたいビジョンなどを具体的に述べると高評価につながります。「志望動機の例文とポイント!面接で伝えるときのコツもあわせて紹介」では、文章の組み立て方も解説していますので、参考にしながら自分の志望動機を考えてみましょう。1人で考えるのに自信がない方はハタラクティブへご相談ください。面接での伝え方も含めてアドバイスいたします。

業界一覧

職種一覧

ハタラクティブを利用すると…

ご相談はこちらから
これまでに就職したことはありますか?
  • はい
  • いいえ

RECOMMEND

おすすめ記事

みんなの就職エピソード

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧