編集者の仕事職種図鑑

編集者の仕事内容

編集者とは、出版社や編集プロダクションなどに勤務し雑誌や書籍、漫画などを企画・制作する人のこと。

編集者として働く場合、業務内容は以下のようなものが挙げられます。

【業務内容】

・企画の立案

・予算や戦略の考案

・ライターやデザイナーなどの手配

・原稿の編集

・印刷や製本 など

作業範囲は人によって異なりますが、出版社に勤務する編集者は、企画から印刷まで担当するのが一般的。

編集プロダクションの編集者は、出版社から依頼を受けた特集の企画や取材、編集業務などを進めていきます。

編集者のやりがいや大変なところは以下のとおりです。

【やりがい・大変なところ】

・自分で考えた企画を形にできる

出版社に勤務している場合、基本的には立案から印刷まで担当することになります。

そのため、自分の企画したものがベストセラーになったり高く評価されたりしたときは、特にやりがいを感じられるでしょう。また、苦労して作り上げたものが店頭に並んでいるのを見たときも達成感が得られるはずです。

・自分だけでなく、関わる人の進捗管理も必要になる

たとえば1つの書籍を作るにあたって、企画や編集業務のほかにも執筆依頼や取材を必要とすることがあります。また、原稿が希望する内容に合わないときは執筆者に書き直しの依頼をし、締切になっても原稿が届かないときは催促することも。

企画を実現・成功させるためには多くの人の協力が必要となり、編集者は周りの状況を把握した上で仕事を進めていく必要があります。

編集者の給与年収待遇

編集者の年収は勤務する企業やその人のキャリアによって異なりますが、250万円から800万円といわれています。

一般的には出版社の方が編集プロダクションよりも年収が高く、会社の規模が大きいほど収入が多くなる傾向にあるようです。

ただし大手の出版社に勤めていたとしても、自分の企画した作品の売り上げや評価によって給料・待遇が変化するといえるでしょう。

編集者になるには

編集者として働くための方法4つとプラスになるスキルや素養をご紹介します。

【編集者として働く方法】

・出版社に勤務する

大手の出版社の採用倍率は非常に高く、狭き門といわれています。基本的には大卒が採用条件となっている企業が多く、会社で活かせる専門知識がある人ほど採用されやすいようです。

・編集プロダクションに勤める

編集プロダクションは出版社の下請けとして、指定された企画の運営や編集業務などを行います。出版社に応募するときと同様に、自分の得意分野を業務に活かせる場合は「会社に貢献できる人材」として捉えられるでしょう。

・アルバイトで働く

出版社の採用は学歴が重視されていますが、アルバイトの場合は比較的就業しやすいといわれています。業務内容は会社によって異なり、編集アシスタントとしてコピー取りや簡単な文章の作成を行うことが多いようです。

・フリーランスで活動する

フリーランスの編集者は、出版社や編集プロダクションなどで経験を積んだ後に活動するのが一般的です。フリーランスで活躍するためには人脈が必要となり、一から仕事の案件を得ることになります。

【プラスになるスキルや素養】

・特定の分野に専門的な知識がある

一例を挙げると、音楽関係の出版社に応募するのであれば、音楽に関する専門的な知識がある場合は歓迎されやすいでしょう。ほかの人と差をつけるには、自分にしかない強みをアピールすることが必要です。

・周りの人とは異なる視点で物事を捉えられる

たとえば本のタイトルがよく耳にする表現の場合、読者の関心を引くことは難しいかもしれません。

興味を持たせるには、小さい記事であったとしても、さまざまな角度から捉えてタイトルや見出しを考えることが大切です。

編集者の将来性

編集者のニーズや活躍する場所・方法は以下のとおりです。

【業界や職種のニーズ】

スマートフォンやパソコンの普及などにより紙書籍の売上は落ち、発刊される雑誌は減少傾向に。しかし、紙媒体に限らず電子媒体と併せて事業を行う企業もあり、状況は会社によって異なるでしょう。

需要が増加傾向にあるのは、web サイトの編集や運営を行う「web編集者」。紙媒体の編集者と仕事内容に大きな違いはなく、ニュースやファッション、音楽など、web媒体の読者のニーズを敏感に察知して情報を提供しています。

【活躍できる場所】

出版社や編集プロダクションでの勤務が基本となりますが、web編集者の場合は業界に関係なく求人があるようです。また、フリーランスの場合は場所にとらわれず仕事を進めることができるでしょう。

【キャリアアップするには】

・変化に対応できる

読者の求める情報は常に変化しています。世間のニーズを敏感にキャッチし、常にオリジナルの企画を考案することが大切になるでしょう。

・積極的に行動する

編集者の仕事は実力主義。評価されるためには、自ら考案した企画を発信、実現することが求められます。

編集者として活躍するためには、与えられた仕事だけでなく、積極的な姿勢で新しいものを作り出していくことが必要です。

編集者の志望動機例

【企業が求める人物像】

・時間やコストの感覚を持っている人

たとえば新しく書籍を発刊する場合、書札部数が何部で採算がとれるか、定価はいくらが妥当であるか、宣伝にどれくらいの費用を費やすかなどを考える必要があります。また、締め切りまでの日数を把握し、取材や編集はいつまでに終えるべきか明確にした上で仕事を進めていくことが大切。

文章作成の能力に限らず、時間や費用の管理を適切に行える人が歓迎される職種といえるでしょう。

・周りを巻き込む力がある人

自分の企画を社員に認めてもらうためのプレゼンテーション能力や、執筆者やデザイナー、カメラマンなどから協力を得る行動力が必要です。より良い作品を作るためには、熱意を持って周りに働きかける姿勢が大切になります。

・コミュニケーション能力が高い人

編集者は、勤務先の社員のほかにも外部の人への執筆依頼やインタビューの機会などがあり、多くの人と信頼関係を築く必要があります。もし執筆者と良い関係が築けなかった場合、企画が白紙になることも。

コミュニケーション能力は、編集者として仕事をスムーズに進めるために欠かせないものであるといえるでしょう。

【タイプ別 志望動機のポイント】

・未経験者の場合

編集者に興味を持ったきっかけや実現したいことをはっきりさせ、具体的に説明することが大切です。

また、未経験で挑戦するにあたって努力していることを伝えられると、その企業で働く意欲をアピールできるでしょう。

・経験者の場合

自分の経験や身につけたスキルによって、応募先の会社にどう貢献できるのかを具体的に述べましょう。このとき、企業の求める人材像を把握し、ニーズに合った内容にすることが大切。

自分にしかない強みや周りから受けた評価も述べることで、成果が出せる人材であることをアピールしましょう。

編集者の仕事

編集者の具体的な仕事内容はご存知ですか?

編集者が携わるものには雑誌や書籍、漫画などさまざまあり、扱う種類によって仕事の内容や進め方に違いが生じます。

このページでは、雑誌編集者や書籍編集者、漫画編集者の業務内容や求められるスキルをそれぞれご紹介。編集者の仕事内容について詳しく知りたい方は参考にしてみてください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ