商品企画の仕事職種図鑑

商品企画の仕事内容

商品企画とは、メーカーや会社において、新商品や既存商品再開発の企画をする職種です。企画と一言でいっても、そこには以下のような業務の流れがあります。

【業務内容】

・マーケティング

市場や世間では、どのようなのもを欲しているのか、どんなものが必要とされているか、ニーズを調査します。

・コンセプト抽出

市場調査で得た結果をもとに、どういうコンセプトのもとに商品提案をするのか明確化してください。

・企画提案

コンセプトに沿った商品を具体的に提案します。その際、他社の類似商品との比較をしておくと、スムーズで分かりやすいでしょう。

・商品化

商材やイメージデザインを提案するとともに、生産部門と品質や商材について調整を行います。

・販売

販売するにあたって、モニター調査や価格設定、宣伝手法などを考察・提案します。企画、生産、販売、消費者それぞれのフィールド現状や意見を反映し、折衝しながら進めていくことが大切です。

《やりがい》

自分が手がけた商品が話題になったり、売上的にヒットしたりすると、苦労が報われてやりがいを感じます。また、消費者さまから喜びの声が聞かれた時は、手応えだけではなく「人の役に立っている」という嬉しさや自負が芽生えることもあります。

《たいへんなところ》

商品の完成度が高くても売上に繋がらなければ、企画として失敗とみなされます。商品企画や開発が自己満足で終わってはいけません。世間の批評やニーズを柔軟に受け入れ、次の開発に活かしましょう。

商品企画の給与年収待遇

商品企画に携わる人の年収を男女別にみてみましょう。男性は全世代の平均が580万円前後、女性は全世代の平均430万円前後です。男女間での差はあるものの、他業種に比べると比較的高収入と言えるでしょう。また、勤務先によっては、企画した商品の評判や売上が手当に加味される場合もあります。

更なる収入アップを狙うならば、ヒット商品を作ることは必須。その後、実績を糧に他企業へ自分を売り込む方法もあります。

商品企画になるには

【就業するまでの流れ】

就職活動をする際、入社後は商品企画に携わりたいことを先方へ伝えることが何よりも大切。学生時代にイベントの企画運営に関わった経験がある方は、それをアピールするのも効果的です。

また、転職をする場合は、過去に自分が手掛けた商品の紹介ができると、より好印象でしょう。

【プラスになるスキルや素養】

《スキル》

商品企画という職種に、必須な資格はありません。しかし、取得しておくと便利なものはいくつかあります。

「日本商品開発会」が認定する資格

・商品企画プランナー

・商品開発士

・商品開発コーディネーター

これらの資格は、求職者の商品企画に関する知識やノウハウを図る指針になります。

《素養》

・フレッシュな情報をキャッチする感覚

・正しい判断力と時に大胆な決断力

・積極性と考察力

既存の発想にとらわれない感覚と、綿密な考察ができることが求められます。

商品企画の将来性

【業界や職種のニーズ】

アイデアが必要な職種なので、どの業界においても基本的にはマンパワーが重要です。そのため、職種自体が今後、機械に取って代わられる可能性は低いでしょう。

【活躍できる場所】

・デザイン系

アパレル、コスメ、アクセサリーなどのブランド企業

・技術系

車、食品、IT、薬などの研究開発を行っている企業

・サービス系

保険、旅行、観光などプランニングを行う業界

【キャリアアップするには】

・重要なポストへ配属

安定を大切にするならば、しっかりと実績を積み上げ、管理職ポストを担うのがよいでしょう。それには、業務における成績はもちろんのこと、人物像も重視されます。いち会社員として、企業のイメージを損なわないよう品行方正であるのが望ましいです。

・専門職として極める

その道のプロとして、自らのスキルを磨きつつ後進の育成を図るのもよいでしょう。モチベーションを保つのは大変ですが、ずっと第一線で活躍できる面白みがあります。また、同職種で転職をすることで、新たなアイデアや技術の習得、人との出会いが期待できそうです。

・独立、フリーランス

一定の経験を積み、自分の力を試したいという方。しがらみを気にせずに、思いっきりやってみたいという方。独立企業もしくはフリーランスという形はいかがでしょう。企画そのものだけではなく、事務手続きや外部交渉などの手腕も鍛えられるので社会に対する視野が広がります。市場を見る目が、より一層養われるうえ、仕事により良く反映されるでしょう。

商品企画の志望動機例

【【企業が求める人物像】

・コミュニケーション能力のある方

・自己表現ができる方

・正しく情報収集できる方

【タイプ別 志望動機のポイント】

《未経験者の場合》

自分のアイデアを具現化したいというガッツを押し出すだけでは、独りよがりな印象を与えかねません。アイデアを具現化したい理由、商品として売り出すことで他者や社会に対してどんな貢献をしたいか、ということをしっかりと明文化しておきましょう。

《経験者の場合》

どのような商品企画に携わってきたのか、どれくらいの利益をもたらしたのか、ということをしっかりとPRできるように準備しておきましょう。また、経験を通して培ってきた人間性も評価されるポイントです。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

おすすめ記事

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ