インテリア業界の仕事業界図鑑

インテリア業界とは

・家具主体のメーカー

家具はベッドやソファ、テーブル、イス、たんすなどさまざま。企業によってコンセプトは異なり、ターゲットとする消費者のニーズに合わせて商品を開発・販売しています。

たとえばニトリホールディングスが運営する「ニトリ」は、開発から物流、販売まで自社で一貫して行うのが特徴。自社ですべて実施することによりコストを削減でき、リーズナブルな価格での販売が可能となっています。

ほかにもスウェーデン発祥の「IKEA(イケア)」は世界各国に出店し、日本の店舗と合わせて300店以上を展開。スタイリッシュな家具を低価格で販売し、店内には休憩場所となる食事スペースを用意しています。

・生活雑貨主体のメーカー

生活雑貨は、洗濯用品やバス用品、キッチン用品といった日常生活に必要な品物を指します。

主に生活雑貨を販売している「無印良品」は、元々は西友のプライベートブランドとしてスタート。上質な素材にこだわり、シンプルなデザインの家具のほか文具や衣料品、食品などを扱っています。

ほかにも株式会社バルスが運営している「Francfranc(フランフラン)」は、生活雑貨を中心に寝具やソファ、バス用品などを販売。国内に100店舗以上展開しています。

インテリア業界の志望動機例

・コミュニケーション能力がある人 

お客様と信頼関係を築くためには、ニーズの的確な把握や要望に沿った商品の提案が大切です。店舗の販売スタッフとして勤務する場合はほかの職員との連携も必要になり、周りの状況を見ながら行動することが求められます。

・丁寧に作業できる人

担当する業務内容にもよりますが、お客様の対応に限らず、注文書の作成や伝票の整理などさまざまな事務作業をこなす必要があります。小さなミスがお客様との信頼関係に影響を及ぼすこともあるため、細かい作業を丁寧に進める姿勢が大切です。

・学ぶ意欲がある人

年々新商品が発売されるため、日々製品の知識を習得しお客様に魅力を伝えるための情報整理が必要となります。お客様の満足度を高められるよう、向上心を大切にして仕事に取り組む姿勢が大切です。

【上記を踏まえた志望動機】

〈想定する人物〉

・接客経験者

・インテリア商品の販売職を希望

前職では○○のスタッフとして接客を経験し、自身の気配りや声かけでお客様に満足して頂けたときに接客業のやりがいを感じました。

御社の「□□」というコンセプトに共感し、前職での接客経験を活かしてお客様のニーズに合った商品を提案したいと思ったのが応募のきっかけです。

インテリアの商品全般は生活に密着したものであり、より良い製品をお客様に提供することで心豊かな暮らしをサポートしたいと考えております。

インテリア商品に関する知識は身につけている段階のため、これからも学ぶ姿勢を大切にし、より多くのお客様が「また来たい」と思える接客を行うのが目標です。

インテリア業界の現状・課題、今後の将来性

【現状・課題】

インテリア業界はベッドやソファ、机といった生活の必需品を扱っているため、消費者のニーズは安定しています。

ただし、近年は少子高齢化が進み、家具販売に影響を与える新設住宅着工件数は頭打ち。

現在はお手頃な価格の製品に限らず高価で良質な商品も需要があるため、消費者の求めるデザイン・機能を備えたインテリア商品の提供が重要になるでしょう。

【今後の動向や将来性】

必要に迫られて買う「モノ消費」から、自己表現するための消費に移り変わっているようです。

売上高を伸ばしているニトリや無印良品などに共通するのは、家具や雑貨、衣服、飲食など幅広い分野でライフスタイルを提案していること。こだわりのある住環境への関心が高まっているため、消費者のニーズに合わせた商品の企画・販売が要となっています。

インテリア業界の仕事内容

・店長、エリアマネージャー

店舗の運営や管理を行うのが主な仕事。現場の問題点を把握し、改善のための手立てを考える力が必要です。

また、利益の確保だけでなく、ほかのスタッフの教育も大切な業務になります。

・商品開発

国内外の競合店やメーカーを調査し、新商品を考案するのが仕事になります。

企業によって担当部門が分かれることもありますが、開発した商品の展示・展開方法の提案や、在庫数の管理、商品POPの起案などを行うこともあるようです。

上記が代表的な仕事内容です。以下はインテリア業界で活かせる資格になります。

・インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターは、インテリア産業協会が実施する資格試験。部屋のコーディネートに関するお客様の要望を聞き、壁紙やカーテン、照明などをライフスタイルに合わせて計画・提案するのが仕事です。

・キッチンスペシャリスト

仕事内容は、お客様の相談に応じ、家族構成や生活スタイルなどの要素を踏まえてキッチン空間を考案すること。資格取得のための試験は、公益社団法人インテリア産業協会が実施しています。

インテリア業界のメーカー

私たちの暮らしを大きく左右するインテリア。身近で、触れること&目に入ることの多いアイテムだからこそ、こだわりを持って理想の空間づくりを行う人は年々増えています。ニーズの高い業界と言われるインテリア業界。現在では、どのようなメーカーが主要とされているのでしょうか。

インテリア業界での就職をお考えの方、企業選びの参考にぜひご覧ください。

職歴がない、バイト歴が長い方も大丈夫!事実、多くの方が就職に成功されています。

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ハタラクティブにご相談ください

ハタラクティブとは

18卒の方はこちら

面接対策会

先輩インタビュー

お悩み相談室

18卒の方はこちら

職種一覧

事務・アシスタント

営業系

販売・サービス職

IT系

技術職

専門系

業界一覧

金融

IT・メディア

自動車・機械

小売・卸

サービス

建設・不動産

エネルギー・資源

電機・精密

生活関連

飲食

娯楽・レジャー

物流・運送

食品

衣料・装飾

フリーターの就職支援
サービス紹介

ページトップへ