就職留年のメリットとデメリットを徹底検証

就職留年のメリットとデメリットを徹底検証の画像

この記事のまとめ

  • 就職留年と就職浪人の違いは、大学を留年して就活するか、卒業して就活するかの選択
  • 就職留年のメリットは、新卒として就活できること
  • 就職留年のデメリットは、学費が嵩むこと、企業によっては新卒扱いされないこともあること
  • 就職留年したら、就職が失敗した理由と向き合い、改善する必要がある
  • 就職留年するには、単位を取得しない、卒業論文を書かないなどの行動をする必要がある

希望する企業の内定をもらえなかったり、就活で思うような結果を残すことができなかったりした方の中には、就職留年という道を選択する方もいます。
就職留年をすることによって得られるメリットとデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
今回は、就職留年のメリットとデメリット、これらを踏まえた上での就職浪人を選択した際のおすすめの就活方法についてまとめてみました。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

就職留年と就職浪人!違いは何?

就職留年と耳にしても、就職浪人とどのように違うのか分からない人も多いでしょう。
就活が希望通りに進まなかった際には、就職留年または就職浪人を選択する必要があることも。
違いをしっかり把握して、自分に合う選択をしましょう。

就職留年は、意図的に大学を留年をして、再度就職活動を行う方法です。
一方、就職浪人は、大学を卒業した上で、再度就職活動に望む人のことを指す言葉。

就職留年と就職浪人の間には、新卒として就職活動を行うのか、既卒として就職活動を行うのかという明確な違いが生まれます。

就職留年のメリットとは

就職留年の最大のメリットは、再度就職活動を行う場合でも「新卒として応募ができること」。
日本では就職活動を行うにあたって、新卒であるということは有利に働きやすいのが現状です。
その理由は、企業側から見て、新卒者は正社員経験がないために比較対象がなく、企業の教育を柔軟に受け入れられることが挙げられます。
つまり、「企業の方向性に適した人材を育てやすい」ということです。
求職者側から見ると、新卒はポテンシャル採用であり、採用人数が多く設定されているため、中途採用に比べると就職しやすいことが新卒で就活するメリットの1つになるでしょう。

一方で、就職浪人を選択すると既卒として就活を行うことになるため、経験不足や経歴の空白期間を考慮され、不利になってしまうことが考えられます。

就職留年にもデメリットはある

新卒として企業へ応募できることから、就職活動を有利に進めやすいといわれている就職留年にもデメリットはあります。
まずデメリットとして挙げられるのが、金銭面の負担が大きいこと。
就職留年をするためには、大学の1年分の学費と生活費を合わせた費用が必要になります。
就活留年の期間を、より実のあるものにしたいと大学院への進学や海外留学を検討する場合は、さらに費用が必要になるでしょう。

また、就職留年を選択しても、新卒と同様の扱いを受けられない場合も
就職留年を選択することで新卒として企業に応募できますが、書類に目を通せば留年していることはすぐに分かります。新卒として就職するために留年したことも分かるでしょう。
希望する企業や職種によって、就職留年の捉え方には違いがあり、中にはマイナスイメージを持つ企業もあるので、ハンデになってしまう可能性があります。

就職留年でチャンスを掴むためには

就職留年をするからといって、これまでのような大学生活を送ってしまっては、留年前と同様に就活に失敗することも考えられるでしょう。
チャンスを掴むためには、なぜ理想の就職が叶わなかったのかきちんと考え、対処しておく必要があります。
例えば、希望する企業に入社するために企業研究を行ない、働くにあたって必要になる資格やスキルを取得する、というような自分自身のブラッシュアップを行うことが挙げられるでしょう。

また、スケジュール管理についても見直してください。一度就活を経験している分、エントリーから結果連絡までの期間やその間の過ごし方などを判断しやすいはず。自分に無理のないペースで、どの志望企業に時間を割くのか、どれくらい応募していくのかなどを見極めながら就活をしていくと良いでしょう。

もし、自分の人生での経験不足が留年の要因かもしれない、と感じていたら、インターンシップやボランティア活動にも参加してみるといいかもしれません。
具体的なPR材料を作ることができるでしょう。

就職留年はどうすればできる?

就職浪人は大学を卒業した後に就職活動をすれば良いだけですが、就職留年をするためには「大学を卒業しない」という選択とそのための行動を取らなければなりません。
普通に大学に通い続け、単位を取得し、卒業論文を提出すれば卒業になってしまうからです。
就職留年をするには、卒業に必要な単位を取得しない、または、卒業論文を提出しない、大学に来年度も籍を置くことを相談する、といった選択肢を選ぶ必要があります。

単位を取らないのは個人で完結するアクションですが、卒論の未提出や籍の継続については教授や事務局にも関わる問題なので、必ず大学側に相談した方が良いでしょう。

就職浪人を選んだら?

就職留年のメリットとデメリットを理解した上で、就職浪人の選択をする場合や、すでに就職浪人で不安を抱えている人は、ハタラクティブに相談することがおすすめです。
ハタラクティブは、既卒や第二新卒に向けた就職活動のサポートを行っている転職エージェント。
経験豊富な就活アドバイザーが、あなたが持つ能力の分析と適職のご紹介をはじめ、書類の作成の仕方と添削、自身の強みを活かした面接対策、面接日程のスケジュール調整、入職後のフォローまで、しっかりとサポート致します。
全てのサービスはマンツーマンで対応。人には話しづらい…といった就職浪人ならではのお悩み・不安も解消できるよう丁寧にカウンセリングを行っていますので、ぜひ一度お問い合わせください。

関連タグ