既卒におすすめの就活サイトとは?エージェントの活用方法もご紹介

既卒におすすめの就活サイトとは?エージェントの活用方法もご紹介の画像

この記事のまとめ

  • 既卒の方には手厚いサポートが充実している就活サイトがおすすめ
  • 既卒は就活サイトで自己分析やビジネスマナー講習などのサポートを受けるのがおすすめ
  • 就職エージェントに登録すると、就活サポートや入社後のフォローがある
  • 既卒は複数の就活サイトに登録して就職成功を目指そう

既卒になると新卒時に活用していたサイトが利用できなくなるため、どのサイトで求人を探したら良いのか悩む人もいるでしょう。このコラムでは、既卒の方におすすめの就活サイトについて解説します。既卒の方は、手厚いサポートが期待できる就職エージェントを活用しましょう。既卒ならではの就職活動のポイントについても紹介するので、是非参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

既卒におすすめの就活サイトの特徴

既卒におすすめの就活サイトの特徴の画像

既卒の方には、サポートが手厚い就活サイトがおすすめです。既卒向けの就活サイトは、面接トレーニングに対応している、書類選考なしで面接に進めるなど、さまざまな特徴があります。有名企業や大企業の求人が多い、ベンチャーの求人が多い、営業職の求人が多いなど、サイトごとに扱っている求人の特徴もさまざまです。各業界に特化したサイトはもちろん、セミナーや個別相談会を開催しているところもあります。利用者の内定率や求人数など、就活サイトの特徴を知り、比較してみましょう。

就活サポートが受けられる

既卒者は、応募書類の作成や面接のアドバイス、ビジネスマナーの指導など、就職活動をサポートしてくれるサイトを選びましょう。既卒になると学校のキャリアセンターは使えなくなることが多いため、一人で就活に臨むことになります。疑問や不安が出たときに解決できるよう、サポートが充実している就活サイトを選びましょう。

面接対策が充実している

既卒者は面接対策に力を入れている就活サイトに登録し、本番を模した練習を重ねていきましょう。面接対策が不十分の状態で選考に臨むと、思わぬ質問に回答できなかったり、緊張から用意していた回答を言えなかったりすることもあります。面接は回数を重ねるごとに慣れていくため、面接対策が充実している就活サイトを活用して場数を踏んでいきましょう。

求人サイトと就職エージェントの違いは?

求人サイトと就職エージェントの違いは、就職活動に関するサポートの有無です。求人サイトは多くの求人を掲載しており、勤務地や職種などの条件で絞り込むこともできます。ただし、就活サポートは行っていないため、自分のペースで仕事を探したい方に向いているといえるでしょう。一方、就職エージェントは民間企業が運営する就職支援サービスで、求人紹介や書類添削、面接対策など、アドバイザーによる就活サポートが受けられます。1人での就活が不安な既卒の方におすすめです。

既卒が就活サイトで受けるべき3つのサポート

既卒が就活サイトで受けるべき3つのサポートの画像

既卒が就活サイトで受けるべきサポートには、「自己分析や企業研究」「ビジネスマナー」「書類作成」があります。それぞれの特徴や受けるべき理由をまとめました。

1.自己分析や企業・業界研究のサポート

既卒は就活サイトで自己分析や企業・業界研究をサポートを受けるのがおすすめです。自己分析が不十分だと、正確な結果が出ずミスマッチを起こす可能性があります。自己分析は就職先を選ぶうえで重要な過程です。自分の特性や仕事に対する考え方を知ることで、よりマッチした企業を選べるようになります。新卒時に自己分析を行っている場合でも、経験や考え方が変わる可能性もあるため、就活サイトで自己分析のサポートを受けましょう。
また、企業研究や業界研究も就活サイトに支援してもらうのがおすすめ。自己分析で導き出した結果に合う企業の探し方、業界ごとの特徴や傾向の把握などは、就活サイトを通してサポートを受けるとスムーズです。

2.ビジネスマナーの講習

既卒者は就活サイトを利用して、ビジネスマナーの講習を受けましょう。正社員として働いた経験がない既卒者に対して、企業側がビジネスマナーを不安視することもあるようです。就活のプロによる講習で正しいビジネスマナーを身につけ、企業に好印象を与えましょう。

3.書類対策のサポート

応募書類作成や対策のサポートも、既卒者におすすめのサービスの一つです。面接に進めるかどうかは、書類の内容で決まります。採用担当者が「会ってみたい」「話を聞いてみたい」と思えるような書類の作り方、アピールの方法などを就活サイトを通してサポートしてもらいましょう。サポートを受ける際は、採用担当者目線からのアドバイスができる就活サイトを選ぶのがポイントです。

既卒が就活サイトを利用して就職する流れ

既卒が就活サイトを利用して就職する流れの画像

ここでは、就職エージェントを例に、既卒者が就活サイトを利用して就職するまでの流れを紹介しています。下記で具体的な流れと行動を確認し、就職までのスケジュールを考えてみましょう。

1.既卒向けの就活支援サイトに登録

これまで解説した特徴を踏まえ、既卒者向けの就活支援サイトに登録しましょう。後述の「複数のサイトを使う」にもあるように、複数の就活サイトに登録しておくことをおすすめします。

2.エージェントと面談

就活サイトへの登録を終えるとエージェントから連絡が来るので、日程を調整して担当アドバイザーと面談をしましょう。現在の就職活動の状況や志望業界など、自分が就職に関してどのようなことを考えているのか、細かい点まで話してください。エージェントは、面談でヒアリングした内容から今後の方向性や紹介する求人を判断します。

3.求人の紹介を受ける

面談を終えて担当アドバイザーが求人を厳選したら、再び面談を行います。このとき求人の紹介を受けるので、気になる点はしっかり質問して確認しておきましょう。気になる求人がある場合は、担当アドバイザーに伝えれば選考を進めてもらえます。

興味が持てない求人は断ってOK

アドバイザーから紹介された求人が希望に合わない場合は、「どこが合わないのか」を伝えたうえで断っても問題ありません。「せっかく紹介してくれたのに…」「条件を絞りすぎると就職できないから…」と無理に合わない求人に応募してしまうと、ミスマッチにつながる恐れもあります。入社後のことも考え、より自分に合った求人を選びましょう。

4.エージェントと選考対策を行う

応募する企業が定まったら、提出する応募書類の作成と面接対策を始めましょう。エージェントは企業情報に詳しいため、応募先企業に合ったアピール内容の書類を作成できます。また、面接での伝え方や注意すべきビジネスマナーもしっかり確認しておきましょう。

5.面接

面接の日程調整は担当アドバイザーが行ってくれるので、希望日時を複数伝えておきます。不安な場合は面接前に服装や身だしなみのチェックもしてもらいましょう。また、企業での面接にエージェントが同行し、求職者の魅力をアピールしてくれる場合があります。

6.内定

エージェント経由で選考を受けた場合、結果はエージェントに届きます。エージェントから内定の連絡をもらったら、入社日の調整や入社に向けて行うことを確認しましょう。もし不合格でも、面接のフィードバックをもらえるので次の選考に繋げられます。
また、入社後もエージェントが定期的に連絡を入れ、ミスマッチがないか、入社時の条件と実際の勤務状況に違いはないかといった確認をしてくれるので、不安なことや気になることがあれば相談しましょう。

就職エージェントについては「就職エージェントとは?活用するメリットやデメリットを知ろう」のコラムでも紹介しているので、ご一読ください。

既卒が就活サイトを活用して就職を成功させるコツ

既卒が就活サイトを活用して就職を成功させるコツの画像

既卒が就活サイトを活用して就職を成功させるには、「複数のサイトを使う」「面接対策は徹底して行う」といったコツがあります。下記で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

複数のサイトを使う

就活サイトを利用する場合は、複数のサイトに登録しましょう。実際に相談してみると「考えていた求人を紹介してもらえない」「アドバイザーとの相性が良くない」「エージェントやサイトが保有している求人が思ったより少ない」など、気になる点が出てくる場合も。複数の就活サイトに登録して比較し、自分に合ったサービスに絞って活用していきましょう。

面接対策は徹底して行う

既卒が就職を成功させるには、就活サイトを活用して徹底した面接対策を行いましょう。既卒者は面接で「既卒になった理由」「卒業後は何をしていたのか」といった質問をされます。面接官が納得できる回答を用意するには、就職や面接のノウハウを持っているエージェントと対策するのが有効です。エージェントは面接官からの目線で質問をしたり、回答に対して指摘したりしてくれます。より実践的な環境で面接対策を行うことで、就職の成功率は格段に上がるでしょう。

どのエージェントを利用するか悩んでいる既卒者には、若年層向けの就職エージェント「ハタラクティブ」がおすすめです。ハタラクティブは、フリーターや既卒、第二新卒など若い方を対象とした就職エージェント。「未経験歓迎」「経歴不問」など、若年層が応募しやすい求人を多数取り扱っています。また、ポテンシャルを評価してくれる企業が多いのも特徴です。専任の担当アドバイザーが、就職相談から内定後まで一貫してサポートするので、就業経験のない既卒の方も安心してご利用いただけます。「既卒でどの就活サイトを使えば良いか分からない」という方は、ハタラクティブにご相談ください!

既卒の就活に関するQ&A

ここでは、既卒者の就活に関する疑問やお悩みにQ&A形式でお答えします。

既卒の就活は厳しい?

既卒の就活は、新卒と比べると不利になりやすい傾向にありますが、就職自体が厳しいというわけではありません。きちんと準備や対策をして就活を行えば、就職できる可能性は十分にあります。既卒で就活を行う際は、なるべく早めにスタートする、自己分析や面接対策を徹底的に行う、就職支援サービスを活用するといった対策がおすすめです。既卒の就活事情や対策については、「既卒の就職は厳しい?内定獲得のためにすべきことをご紹介」もご一読ください。

既卒が就職できるのは営業や接客だけ?

営業や接客は未経験からスタートしやすい傾向にありますが、既卒者の選択肢がそれだけしかないということはありません。事務職やプログラマー、公務員など、既卒者が就職できる可能性がある仕事は多くあります。既卒向けの就活サイトや就職支援サービスを活用し、希望に沿った仕事を探しましょう。既卒におすすめの仕事については、「既卒の就職先におすすめの10職種を紹介!就活を成功させる方法も解説」でも紹介しているので、仕事選びの参考にしてみてください。

就活サイトの求人にはブラック企業もある?

ブラック企業が混じっている可能性がまったくないとは言い切れません。仕事内容の紹介が漠然としていてイメージしにくい・掲載期間が長過ぎるといった求人には注意する、企業の口コミを確認するなどの予防対策を取ってみると良いでしょう。また、就職エージェントを利用するのもおすすめです。ハタラクティブでは、実際に企業に取材を行った求人をご紹介しています。安心して仕事を探したい方は、ぜひご相談ください。

就職後の不安はどこに相談すればいいですか?

「入社した会社が合わなかったら?」「仕事が思うように進められない…」など、就職後のことを不安に思っている方は、就職エージェントに相談するのがおすすめです。就職エージェントでは、就活中だけでなく、入社後のフォローも行っています。就職した企業で悩みや不安を感じている方は、抱え込まずにアドバイザーに相談してみましょう。

この記事に関連するタグ