経歴詐称はバレる?その理由や嘘がもたらす転職への影響を解説!

経歴詐称はバレる?その理由や嘘がもたらす転職への影響を解説!の画像

【このページのまとめ】

  • ・経歴詐称がバレない方法は基本的に存在しない
  • ・職歴や学歴、資格の所持を偽ることは経歴詐称に値する
  • ・リファレンスチェックや年末調整で経歴詐称がバレることがある
  • ・転職時に経歴詐称がバレると内定取消、入職後は減給や懲戒解雇処分になることもある
  • ・経歴詐称がバレるのを恐れるのではなく、正確な内容を伝え誠実な姿勢を見せるのが重要

転職活動中に「経歴詐称はバレるのか?」と気になる方もいるのではないでしょうか。
「自分を良く見せたい」「学歴や職歴に引け目がある」といった理由で、自分の経歴を偽ってしまう人は少なからず存在します。しかし、経歴詐称を行うと取り返しのつかないトラブルに発展してしまう可能性も。このコラムでは、経歴詐称に当てはまる行為やバレる理由などを解説。自身が正当な転職活動ができているかチェックしてみましょう。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

経歴詐称がバレない方法はある?

経歴詐称を隠し通すのはほぼ不可能といっても良いでしょう。
経歴詐称はこれまでの学歴や職歴に嘘をつくことであり、就職・転職活動の際に避けるべき行為といえます。嘘をついたことが面接時や入社時にバレなかったとしても、「いつか周囲に指摘されるのではないか」と恐れていると、自分らしい活躍ができません。
また、入社時に書いた嘘を覚えていないと、働いている間にボロが出ることも考えられます。嘘をつき続けるのは精神的な疲弊にもつながるので、経歴詐称は避けた方が良いでしょう。

経歴詐称がバレて困るのは自分自身
経歴詐称の事実が発覚すれば、普段の言動にも疑いをもたれる場合があります。また、一度経歴詐称をすると、求職活動をするたびに嘘を書いてしまう可能性も。トラブルを生み出さないためにも、応募書類の経歴は偽ることなく記入しましょう。

経歴詐称に当てはまる行為

履歴書に所持していない資格名を書いたり、雇用形態をごまかしたりすることは、経歴詐称に当てはまります。自分をよく見せようとして経歴詐称をすると、相応の業務や行動ができないと評価を下げてしまうリスクがあるので注意が必要です。下記のような行為が経歴詐称に当てはまるので、就職や転職の際は避けるようにしましょう。

資格を偽る

取得していない資格を、持っているかのように書くのは禁物です。専門的な資格の所持を応募条件としている企業の場合は、知識やスキルを有していないとトラブルの元になります。企業によっては、資格取得で身につけた技量を確認するため、採用フローに筆記試験や実技試験を導入しているところもあるようです。
ただし、資格取得を目指して勉強している場合、「〇〇の資格を勉強中」と表記するのは問題ありません。取得はしていなくても、その分野について学んでいるという姿勢はアピールにつながるでしょう。

職歴を偽る

派遣やアルバイトの職歴を「正社員」と表記したり、在職期間を実際より長めに表記したりするのは、職歴詐称に該当します。経歴に自信がないと「書類で落とされるのでは…」と不安になるかもしれませんが、書面や面接で偽るのは厳禁です。
また、役職や職務について見栄を張るのもやめましょう。履歴書に書かれている経験年数と実際の能力が明らかに見合わない場合は、本当にその年月を業務に費やしていたかどうかを疑われることになります。

学歴を偽る

所属していた学校名を偽ったり、中退した学歴を「卒業」と書いたりする行為は学歴詐称です。企業によっては、一定の学歴以上の採用ハードルを設けている場合があります。このような求人に応募するために学歴を偽る人もいるようです。
企業が想定している実力を発揮できていなかったり、不審点が多かったりすると、大学側へ問い合わせがいくこともあります。経歴詐称の発覚を避けるために卒業証書を偽造するのは、刑法に問われるのでやめましょう。
学歴や職歴の詐称は、多くの不利益を生みます。詳しくは「履歴書の偽造は罪になる?経歴詐称がばれる主な状況やリスクを解説」もあわせてご覧ください。

経歴詐称がバレる理由

経歴詐称はSNSやリファレンスチェック、年末調整などあらゆる場面で発覚します。「どうせバレないだろう」と思っていても、多くの人材を見てきた人事担当者にはすぐに嘘を見抜かれてしまうものです。企業によっては採用に関するトラブルを回避するため、選考時に応募者の経歴を厳しくチェックしています。ここでは、経歴詐称が発覚するパターンについてまとめました。

リファレンスチェック

応募者が以前所属していた企業の上司・同僚に、実績や人柄などを確認する行為をリファレンスチェックと呼びます。外資系企業では、採用の途中で行うことが多いようです。
確認方法は電話で行われることがほとんどですが、対面や書面で行うことも。このリファレンスチェックにより、経歴詐称が明るみに出る場合があります。
近年、個人情報を保護するためにリファレンスチェックを行う企業は減少傾向にありますが、調査をされて困るようなことはしないのが懸命といえるでしょう。

人とのつながり

前職と転職先の上司が知り合いだったり取引先に知人がいたりと、人のつながりで経歴詐称が発覚する場合も。共通の知人との会話から嘘が見つかれば、不信感を抱かれてしまうでしょう。
入社前に経歴詐称が発覚すれば、内定の取り消しも考えられます。「もう退職した職場だから関係ない」という過信で不誠実な対応をすると、思わぬトラブルを招く可能性があるので注意が必要です。

SNS

企業によっては、応募者のSNSをチェックしている場合があります。仕事中や選考時は言動に気をつけていても、SNSで経歴や学歴に関する詐称が露呈することもあるようです。ITリテラシーの観点からも採用を見送られる可能性があるといえるでしょう。

年末調整

年末調整とは、一年間の所得税額を再計算し、源泉徴収した合計額から過不足金を調整することです。転職した場合、企業側は前職を含めた1年の給与を調べなくてはならないため、源泉徴収票の提出も求められます。正当な理由もなくこれを拒否した場合は不審に思われるので、経歴詐称の発覚は免れないでしょう。

年金手帳

採用が決まったときは、転職先の企業に年金手帳を提出します。年金手帳には前職までの加入歴が記載されているので、職歴に記載した日付と大きな矛盾があれば、ひと目で気づかれてしまうでしょう。加入歴をごまかすために年金手帳の再発行を行う人もいますが、「再発行」のスタンプが押されるので、企業側に経歴詐称を警戒される可能性があります。

雇用保険

雇用保険に加入する手続きを行う際は、雇用保険被保険者証が必要です。雇用保険被保険者証には、被保険者番号や前職の会社名、入社日などが書かれています。雇用保険被保険者証の記載事項と履歴書の内容が違えば、経歴の矛盾を判断できるでしょう。
経歴詐称がバレる理由についてさらに詳しく知りたい方は、就職アドバイザーにヒヤリングしている記事「職歴詐称はバレる?経歴に自信がなくても転職成功する方法」もあわせてチェックしてみてください。

経歴詐称がバレることで生じるリスク

経歴詐称が判明すると、懲戒解雇処分や減給、人間関係が悪化するなど、さまざまな影響をもたらします。経歴詐称が与える影響について押さえておきましょう。

懲戒解雇処分になる

経歴詐称が発覚すると、最悪の場合懲戒解雇処分になります。実際に、入社後に経歴詐称が発覚し、企業の秩序を乱したとして懲戒解雇処分になることもあるようです。懲戒解雇になると退職金を支給しない企業も多くあります。

減給や降格になる

解雇にはならなくても、減給や降格の処罰を受ける場合があります。経営者や人事部、上司から「経歴詐称をした」と思われると、今後の昇給や昇進に期待するのは難しいでしょう。

職場での人間関係が悪化する

経歴詐称がバレると、職場での風当たりが強くなる可能性もあります。人間関係が悪化すると仕事に影響が出る場合も。一度失った信頼を回復するのは、容易ではありません。
取り返しのつかない結果につながることもあるので、経歴を詐称するはやめましょう。

転職活動で経歴詐称がバレるとどうなる?

転職時に経歴詐称がバレると、内定に大きな影響を与えることになります。ここでは、内定前後でそれぞれどうなるかについてまとめました。

内定前にバレる場合

内定前に経歴詐称がバレた場合、不合格となることが多いようです。まれに、応募書類の誤差に関わらず「入社後の活躍によって誠意をみる」といった意向を示す企業があるものの、そのほとんどが労働環境の悪い企業の可能性があります。
基本的に企業側は偽った応募書類を認めません。たとえ面接で良い結果が出せたとしても、経歴詐称がバレると「信用できない人」と判断され、内定獲得は難しくなるでしょう。

内定後にバレる場合

すでに雇用関係が成立している内定後に経歴詐称がバレると、その詐称内容によって対応が異なる場合があります。
たとえば、企業側が資格や経験を採用条件としており、その経歴を偽っていたなら雇用契約が解除され、解雇となる可能性があるでしょう。また、採用条件とは別の部分で嘘がバレた場合は、企業との信頼関係を失い、厳重注意のほか部署異動や減給などが考えられます。
仮に処分を受けなかったとしても、上司や人事部からはマイナスの印象を持たれてしまい、今後のキャリアアップや昇給は見込めないといえるでしょう。
経歴詐称は、嘘の内容や状況によっては犯罪とみなされる恐れもあります。「経歴詐称は罪に問われる?嘘をつくリスクを解説!」の記事で詳しく解説していますので、ぜひあわせてご覧ください。

提出書類には嘘を書かないことが基本

就職・転職活動を行う際は、経歴以外も詐称しないように注意しましょう。たとえば、PCスキルがないのに「基本操作ができる」と書くと、PCを操作する業務が割り振られる可能性があります。提出書類は偽ることなく、志望する企業に対する誠実な姿勢を見せることが大切です。

経歴のマイナス要素はポジティブに変換する

自分の学歴や職歴に自信がないときは、嘘をつくのではなく伝え方を工夫しましょう。ないものをあると書くのではなく、ポジティブな言葉で言い換えるのがポイント。企業側は経歴そのものではなく、応募者の人となりや強みを見ているのです。
推奨される資格を有していない場合は「◯◯事業で活躍できるように勉強中」と書いたり、複数のアルバイトを経験したことで自分の視野が広がったと伝えたりと、前向きな気持ちをアピールしましょう。

面接の発言にも注意!
面接は、基本的に履歴書の内容に沿って行われます。そのため、履歴書に嘘を書いていた場合は、面接でもその内容を深堀りされる可能性が高く、場を取り繕うために嘘を重ねてしまう恐れも。
面接で話す内容は事前によく考えておきましょう。話すことを想定しておけば、焦って不要な発言をしてしまうことも避けられます。

「何を伝えたら良いかわからない」「応募書類の正しい書き方を身につけたい」と考える方は、就職・転職エージェントを利用してアドバイスを受けるのも一つの手です。
ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行っています。希望条件に適した求人の紹介や応募書類の書き方指導、面接対策など、幅広いサービスを提供。効果的に自分をアピールする方法を身につけたい方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月
    周囲との格差に劣等感を抱き、正社員就職に挑戦した3ヶ月

    就職前

    スポーツジム フロントスタッフ アルバイト

    就職後

    住宅機器等の製造・販売会社 営業

    詳細見る

  • “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職
    “このままじゃダメだ”。5年のホスト生活を経て決めた営業への就職

    就職前

    ホストクラブ ホスト

    就職後

    通信回線販売取次店 営業

    詳細見る

体験談 一覧

関連記事

ハタラクティブ 人気の記事一覧

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION