経歴詐称がバレない方法はある?バレる理由や転職への影響を解説!

経歴詐称がバレない方法はある?バレる理由や転職への影響を解説!の画像

この記事のまとめ

  • 経歴詐称がバレない方法は基本的に存在しない
  • 職歴や学歴、資格の所持を偽ることは経歴詐称になる
  • リファレンスチェックや年末調整で経歴詐称がバレることがある
  • 転職時に経歴詐称がバレると内定取消、入職後は減給や懲戒解雇処分になることもある
  • 経歴詐称がバレるのを恐れるのではなく、正しい内容を伝え誠実な姿勢を見せるのが重要

就活や転職活動中に経歴詐称はバレないかどうか気になる方もいるのではないでしょうか。
「自分を良く見せたい」「学歴や職歴に引け目がある」といった理由で、自分の経歴を偽ってしまう人もいます。しかし、経歴詐称を行うと取り返しのつかないトラブルに発展してしまう可能性が。このコラムでは、経歴詐称に当てはまる行為やバレる理由などを解説します。自分が正当な転職活動ができているかチェックしてみましょう。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

経歴詐称がバレない方法はある?

経歴詐称を隠し通すのはほぼ不可能といっても良いでしょう。
経歴詐称はこれまでの学歴や職歴に嘘をつくことであり、就職・転職活動の際に避けるべき行為です。また、入社時の嘘を忘れ働いている間にボロが出る可能性もあります。たとえ嘘が面接時や入社時にバレなくても、発覚を恐れていると精神の疲弊から自分らしく活躍できないため、経歴詐称は避けたほうが無難です。

経歴詐称がバレて困るのは自分

経歴詐称が発覚すれば、普段の言動も疑われる可能性があります。また、一度経歴詐称をすると求職活動のたびに嘘を書くようになる場合も。無用なトラブルを生まないためにも、応募書類の経歴は偽らずに記入しましょう。
経歴詐称は、嘘の内容や状況によっては犯罪とみなされる恐れもあります。「経歴詐称は罪に問われる?嘘をつくリスクを解説!」の記事で詳しく解説していますので、ぜひ併せてご覧ください。

経歴詐称に当てはまる3つの行為

所持していない資格を履歴書に書いたり雇用形態をごまかしたりすることは、経歴詐称に当たります。特に自分を良く見せようと経歴詐称をした場合、それ相応の業務ができないと評価が下がるので注意が必要です。下記のような行為は経歴詐称に当たるので、就職や転職の際は避けるようにしましょう。

1.資格を偽る

取得していない資格を、あたかも持っているかのように書くのは禁物です。専門資格の所持を応募条件としている企業の場合、必要な知識やスキルがないとトラブルになります。企業によっては応募者の技量を確認するため、採用フローに筆記試験や実技試験を導入しているところもあるようです。
ただし、資格取得を目指して勉強している場合に「〇〇の資格取得のため勉強中」と書くのは問題ありません。まだ取得していなくても、その分野について学んでいる姿勢はアピールにつながるでしょう。

2.職歴を偽る

派遣やアルバイトの職歴を「正社員」と表記したり在職期間を実際より長くしたりするのは、職歴詐称に該当します。経歴に自信がないと「書類で落とされるのでは…」と不安になるでしょうが、書面や面接で偽るのは厳禁です。
また、役職や職務で見栄を張るのもやめましょう。履歴書に書かれている経験年数と実際の能力が明らかに見合わない場合は、本当にその年月業務にあたっていたかどうかを疑われます。

3.学歴を偽る

所属していた学校名を偽ったり、中退した学歴を「卒業」と書いたりする行為は学歴詐称です。企業によっては、一定の学歴以上の採用ハードルを設けている場合があります。このような求人に応募するために学歴を偽る人もいるようです。
企業が想定している実力を発揮できなかったり不審な点が多かったりすると、学校へ問い合わせがいくこともあります。また、経歴詐称の発覚を避けるために卒業証書を偽造するのは刑法上の罪に問われるのでやめましょう。

経歴詐称がバレる6つの理由

経歴詐称はSNSやリファレンスチェック、年末調整などあらゆる場面で発覚します。「どうせバレないだろう」と思っていても、多くの人材を見てきた人事担当者にはすぐに見抜かれてしまうもの。企業によっては採用に関するトラブルを回避するため、選考時に応募者の経歴を厳しくチェックしているようです。以下、経歴詐称が発覚する理由をご紹介します。

1.リファレンスチェック

以前所属していた企業の上司や同僚に応募者の実績や人柄などを確認する行為をリファレンスチェックと呼びます。外資系企業では採用の途中で行うことが多いようです。
確認方法は電話がほとんどですが、対面や書面で行うことも。このリファレンスチェックにより、経歴詐称が明るみに出る場合があります。
近年、個人情報保護のためにリファレンスチェックを行う企業は減少傾向にありますが、調査をされて困るようなことはしないのが懸命です。

2.人とのつながり

前職と転職先の上司が知り合いだったり取引先に知人がいたりと、人のつながりで経歴詐称が発覚する場合も。また、共通の知人との会話から嘘が露呈すると不信感を抱かれてしまうでしょう。
入社前に経歴詐称が発覚すれば、内定が取り消される可能性もあります。「もう退職した職場だから関係ない」と不誠実な対応をすると、思わぬトラブルを招く可能性があるので注意が必要です。

3.SNS

仕事中や選考時には分からなくても、SNSで経歴や学歴に関する詐称が露呈することもあります。企業によっては、応募者のSNSをチェックしている場合があるからです。ITリテラシーの観点からも採用を見送られる可能性が高いでしょう。

4.年末調整

年末調整とは、一年間の所得税額を再計算し源泉徴収した合計額から過不足金を調整する手続きのこと。転職した場合、企業側は前職を含めた1年間の給与を調べる必要があるため、源泉徴収票の提出も求められます。正当な理由なくこれを拒否した場合は不審感を抱かれるので、経歴詐称発覚は免れないでしょう。

5.年金手帳

採用決定時に転職先の企業に提出する年金手帳から発覚する場合があるようです。年金手帳には前職までの加入歴が記載されているので、職歴に記載した日付と大きな矛盾があればすぐに気づかれてしまうでしょう。加入歴をごまかすために年金手帳の再発行を行う人もいますが、「再発行」のスタンプが押されるので企業側に経歴詐称を警戒される可能性があります。

6.雇用保険

雇用保険加入手続きの際に雇用保険被保険者証の記載事項と履歴書を比べた結果、経歴の矛盾が発覚する場合も。雇用保険被保険者証には被保険者番号や前職の会社名、入社日などが書かれているためです。経歴詐称がバレる理由についてさらに詳しく知りたい方は、「職歴詐称はバレる?経歴に自信がなくても転職で成功する方法」も併せてチェックしてみてください。

経歴詐称がバレることで生じる3つのリスク

経歴詐称が判明すると懲戒解雇処分や減給、人間関係の悪化などさまざまな影響が生じます。以下、経歴詐称の影響について押さえておきましょう。

1.懲戒解雇処分になる

経歴詐称が発覚すると、最悪懲戒解雇処分になります。実に、入社後に経歴詐称が発覚し、企業の秩序を乱したとして懲戒解雇処分になった例もあるようです。また、懲戒解雇になると退職金を支給しない企業も多くあります。

2.減給や降格の処分を受ける

解雇にはならなくても、減給や降格の処分を受ける場合があります。経営者や人事部、上司から「経歴詐称をした」と思われると、その後の昇給や昇進は難しいでしょう。

3.職場での人間関係が悪化する

経歴詐称がバレると、職場での風当たりが強くなる可能性もあります。人間関係が悪化すると仕事に影響が出る場合も。一度失った信頼を回復するのは容易ではありません。
取り返しのつかない結果につながることもあるので、経歴を詐称するのはやめましょう。
職歴詐称はバレる?正直に話す?5つのケースとリスクを紹介」のコラムでは職歴詐称になりやすい場合について詳しく解説していますので、こちらも参考にしてください。

転職活動で経歴詐称がバレるとどうなる?

転職活動の際に経歴詐称がバレると、内定に大きな影響が生じます。ここでは、内定前後でそれぞれどのような影響があるかについてまとめました。

内定前にバレた場合

内定前に経歴詐称がバレた場合、不合格となることが多いようです。まれに、応募書類の誤差に関わらず「入社後の活躍によって誠意をみる」といった意向を示す企業があるものの、その多くは労働環境に問題がある企業の可能性があります。
基本的に企業側は偽った応募書類を認めません。たとえ面接で良い感触でも経歴詐称がバレると「信用できない人」と判断され、内定獲得は難しくなるでしょう。

内定後にバレた場合

すでに雇用関係が成立している内定後に経歴詐称がバレると、その内容によって対応が異なるようです。
たとえば、企業側が採用条件としていた資格や経験を偽っていたなら雇用契約は解除され、解雇となる可能性があるでしょう。また、採用条件とは別の部分で嘘がバレた場合は企業の信頼を失い、厳重注意や部署異動、減給などが考えられます。
仮に何の処分を受けなかったとしても上司や人事部からマイナスの印象を持たれてしまい、その後のキャリアアップや昇給は見込めないといえるでしょう。

提出書類には嘘を書かないことが基本

就職・転職活動を行う際は、経歴以外も詐称しないように注意しましょう。たとえば、PCスキルがないのに「基本操作ができる」と書くと、PCを操作する業務が割り振られる可能性があります。提出書類を偽らず、志望先企業に対して誠実な姿勢を見せることが大切です。

経歴のマイナス要素はポジティブに変換する

自分の学歴や職歴に自信がないときは、嘘をつくのではなく伝え方を工夫しましょう。ないものをあると書くのではなく、ポジティブな言葉で言い換えるのがポイント。企業側は経歴だけではなく、応募者の人となりや強みを見ているからです。
推奨される資格を有していない場合は「◯◯事業で活躍できるように勉強中」と書いたり「複数のアルバイトを経験したことで自分の視野が広がった」と伝えたりと、前向きな気持ちをアピールしましょう。

面接での発言にも注意

面接で話す内容は事前によく考えておきましょう。面接は、基本的に履歴書の内容に沿って行われます。そのため、履歴書に嘘を書いていた場合は、面接でもその内容を深堀りされる可能性が高く、場を取り繕うために嘘を重ねてしまう恐れも。
話す内容を想定しておけば、焦って失言してしまうことも避けられます。

「面接で何を伝えたら良いかわからない」「応募書類の正しい書き方を身につけたい」と考える方は、就職・転職エージェントを利用してアドバイスを受けるのも一つの手です。
ハタラクティブでは、プロのアドバイザーが丁寧なカウンセリングを行っています。希望条件に適した求人の紹介や応募書類の書き方指導、面接対策など、幅広いサービスをご提供。効果的に自分をアピールする方法を身につけたい方は、ぜひハタラクティブにご相談ください。

経歴詐称に関するQ&A

ここでは、経歴詐称に関して想定される質問と回答をまとめました。

経歴詐称してもバレないのでは?

経歴詐称をするとバレる可能性が高いです。特に仕事に必要な資格や経験などはチェックされることが多いようなので、発覚しやすいといえるでしょう。また、選考段階で発覚しなくとも入社後に分かった場合は解雇されたり職場にいづらくなったりするため、非常に大きなリスクを伴います。経歴詐称は決して行わないようにしてください。「経歴詐称はバレる?よくあるパターンと発覚時のリスクとは」のコラムでも経歴詐称について詳しく解説していますので、ご参照ください。

応募書類の内容を少し大げさに書くことは経歴詐称?

書く内容や程度によるといえます。自己PRなどでポジティブな表現に言い換えるのは問題ありませんが、事実と異なることや故意に錯覚させるような内容を書くと経歴詐称に当たる可能性があるでしょう。詳しくはこのコラムの「経歴詐称に当てはまる3つの行為」をご覧ください。

経歴詐称するとどのようなリスクがある?

入社後に経歴詐称がバレた場合、解雇などの重い処分を受けることが多いようです。また、職場の信用を失うので肩身が狭く非常に働きづらい状況になるでしょう。選考時にバレた場合には無論即不採用となり、良いところさえも見てもらえなくなります。経歴詐称のリスクについては「解雇されるケースもある…経歴詐称のリスクとは?」のコラムも参考になるでしょう。

経歴詐称はしたくないけど就活に自信が持てない…

経歴詐称しなくても、就活を成功させることは可能です。一人で悩んでいるなら、就職支援サービスを利用すると良いでしょう。就職支援サービスは求人紹介だけでなく就活を全面的にサポートしてくれるのが特徴です。ハタラクティブでは専任の就活アドバイザーが20代のスキルや経験に不安を持つ方のサポートをしておりますので、一度ご相談ください。

関連タグ