転職と引越しのタイミングはどちらが先?

転職と引越しのタイミングはどちらが先?の画像

この記事のまとめ

  • 転職先を決めてから引越しするのがおすすめ
  • 転職と引越しどちらが先かはそれぞれの価値観次第である
  • 住む場所を先に決めると、収入に見合った家賃が把握できない
  • 転職活動中は、ウィークリーマンションやゲストハウス活用してみると良い
  • 転職活動に集中し、収入の見込みがついてから引越しの準備を進めよう

転職と引越しのタイミングはどちらが先か悩む方は多いでしょう。基本的には、転職先を決めてから引越しをするのが無難。どちらを先にした方が良いか適切に判断することが大事です。このコラムでは、転職と引越しどちらを先にした方が良いかを詳しく解説しています。また、転職先を決める前に引越しをすることで伴うリスクについてもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハタラビット

ハタラクティブは
20代に特化した
就職支援サービスです

求人の一部はサイト内でも閲覧できるよ!

転職と引越しはどちらが先?

基本的には転職先を決めてから、引越しするのが無難です。「住む場所を先に決めてその周辺で仕事を探す」「勤務先を中心にその圏内で住める場所を探す」の2つの方法がありますが、転職と引越しをどちらにするかは、何を優先させるかによって異なってきます。
しかし、特別な理由がない限り、内定前の引越しはあまりおすすめできません。なぜなら、収入と家賃が見合わなかったり、入居審査に通らなかったりとリスクがあるためです。
もし、働きたい地域が決まっているなら、転職活動中に引越す方法もあります。転職活動中の交通費を節約できますが、給与が決定しないと家賃の設定が難しいという問題点もあるでしょう。
その点、転職先の仕事が先に決まれば月給の額が把握できるため、適した家賃の基準が設定できます。転職活動で交通費がかかるという人は、ウィークリーマンションやゲストハウスの活用も考えてみるのも一つの手です。

また、家賃を節約するには、ほかにも住宅手当や社宅のある企業を探すという方法もあります。社宅や寮があればできるだけそちらを利用する方が良いようです。仕事を決める際に、あらかじめ福利厚生にも注目して仕事を探すと良いでしょう。ただ、会社提供の住まいに多少の不便さを感じることも。最初のうちは多少の難は我慢して、土地勘がついてから賃貸物件を探すのも一つの方法です。

家賃の決め方については「一人暮らしの生活費をシミュレーションしよう!家賃の決め方や節約術も紹介」や「家賃の目安は手取り額で決まる?収入に対して理想の割合を解説」のコラムで詳しく解説してます。転職に伴い、これから一人暮らしを始める方は、ぜひ参考にしてみてください。

転職先が決まったら引越し準備を始めよう!

転職先が決まったら、できるだけ早く引越しの準備を進めることが重要ポイントです。特に、春先にはすぐに物件が埋まってしまうので、内定後はできるだけ早くから部屋探しをしておいた方が良いでしょう。
内定後に引越しをするタイミングはいつが良いのか分からないと悩んでいる人は多いはず。以下に詳しくご紹介するので、事前にしっかり把握しておきましょう。

まず確認しておかなければいけないのは入社日。遠方からの転職者は入社日を配慮してもらえることがあるので、一度相談しておくことをおすすめします。
次に確認しておきたいのは、転職先で転居費用の補助があるかどうか。企業規模によって異なりますが、補助してもらえることがあるので確かめておきましょう。
そして、余裕を持って入社日までに引越しを済ませておくのが理想的です。引越し以外にも転居届等の各種手続きや、日常的に利用する施設の場所(病院やスーパー、コンビニなど)の確認といったように済ませておくべきことは多数あるので、余裕を持って準備をしておきましょう。

気をつけておきたいのは、転職と引越しが同時進行にならないようにすること。どちらにおいてもかなりの労力がかかってしまうため、同時に行ってしまうと集中できず、両方とも失敗しかねません。
まずは転職活動に集中し、仕事の環境や収入の見込みがついてから引越しの準備を進められるようにしましょう。

転職に伴う引越しで一人暮らしをする方は「15万?20万?一人暮らしに必要な手取り額と貯金方法」のコラムもあわせてご覧ください。一人暮らしでの生活に必要な手取り額と貯金方法についてご紹介しています。

転職や引越しを一人で準備するのはとても大変なことです。そのようなときは就職・転職エージェントの活用がおすすめです。
ハタラクティブでは、若年層や正社員で働いた経験のない方を対象にした転職エージェントのサービスを提供。不安や悩みなどのヒアリングから履歴書の添削、面接の練習まで丁寧・親切なサポートが魅力です。
担当の就活アドバイザーが内定まで伴走いたします。就職・転職で不安がある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事に関連するタグ