新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 第二新卒転職TOP
  4. >
  5. 第二新卒就職先
  6. >
  7. 一般職へ転職はできない?難しいといわれる理由や総合職との違いを解説!

一般職へ転職はできない?難しいといわれる理由や総合職との違いを解説!

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

【このページのまとめ】
・一般職へ転職できないのは求人情報が少ないことも理由の一つ
・一般職と総合職では出世のスピードや給与額などが違う
・一般職へ転職を考える理由は「自由な時間を作りたい」「転勤したくない」
・毎日同じ作業をしたい人は一般職への転職に向いている

一般職へ転職できないと悩んでいる方もいるでしょう。一般職への転職はなぜ難しいといわれているか、総合職とどのような違いがあるかを詳しく解説します。また、一般職と総合職に向いている人の特徴を知りたい方もいるでしょう。このコラムでは、一般職へ転職を考えている人が抱いている思いや、難しいと感じたときにできることについても詳しくご紹介します。

一般職への転職が難しいといわれる理由とは?

一般職への転職が難しいといわれる理由の一つとして、総合職と比べ求人情報が少ないことが挙げられます。大手企業は、中途採用の情報を一般公開していないことも。そのため「一般職の求人情報がないから転職できない」と感じることもあるでしょう。
一般職の中でも、一般事務は比較的残業が少なく、土日祝日が休みの企業が多いため、人気の高い職種です。企業による求人数が少なく、応募者の倍率が上がっている傾向があります。

さらに、近年ではAI化が進み、人の手で行われていた作業が減少したことも、一般職への転職が難しいといわれる理由の一つでしょう。

▼関連記事
フリーターから一般職の正社員へ

転職の際に知っておきたい一般職と総合職の違い

一般職と総合職の違いを知ることは、転職への第一歩です。主な違いを以下に挙げますので、一つずつ見ていきましょう。

一般職と総合職は仕事内容が異なる

一般職と総合職は、仕事内容が異なります。総合職は、プロジェクトの中心となる業務を担当することが多く、会社の幹部候補として採用されることも。
一方で一般職は、総合職のサポートを行う事務作業や、顧客対応などの業務に就くことが多いようです。
ただし、採用のときに総合職と一般職を明確に分けない企業もあります。そのような企業の場合は転職の際に、一般職・総合職のどちらかに捕らわれることなく、個人のスキルや経験を活かせるでしょう。

一般職と総合職は勤務場所が異なる

一般職は、同じ業務を毎日行うことが多いため、入社後の部署異動や転勤があまりありません。総合職の場合は、営業や企画などさまざまな部署の業務に取り組み、経験を積むことが求められます。そのため、部署異動や国内全地域、あるいは海外へ転勤する可能性も。

「転勤したくない」「引っ越したくない」という理由で、転職の際に一般職を選ぶ人も少なくないでしょう。。

一般職と総合職は待遇が異なる

一般職と総合職は、給与額や昇給などの待遇面も異なります。総合職の場合は、定期的に昇級試験があり、合格すると基本給や役職が上がることも。
一般職は、全く昇進できないわけではありませんが、業務の範囲が限られているため成果の判断基準が難しく、総合職のような昇進が期待できません。そのため、給与も一定額以上は望めないでしょう。
一般職で働いている人が、基本給や役職を上げるために、総合職へ転職するケースもあります。

一般職と総合職は出世のスピードが異なる

一般職と総合職では、出世のスピードが異なります。前述したように総合職は、会社の幹部候補として採用されるため昇進しやすいでしょう。
一方で一般職の場合は、総合職であれば数年でなれる役職に10年以上かかる場合も。中には、一般職の人に対して、一定の役職以上へ昇進できないよう、上限を設けている企業もあります。

一般職へ転職したいと考える理由

一般職へ転職したいと考える理由を、以下にいくつかご紹介しますので参考にしてください。

自由な時間を作るため一般職へ転職したい

総合職で働く人の中には、「一般職は自由な時間を作りやすい」というイメージにより、転職を考える人もいます。一般職は残業が比較的少なく、仕事帰りや休日などに、趣味を楽しむ時間を作りやすいといえるでしょう。
総合職で働く人は「心身ともに疲労が重なり、プライベートを楽しむ余裕がない」という意見もあります。

転勤したくないので一般職へ転職したい

転勤したくないので、一般職へ転職したいという意見もあります。主な理由は以下の通りです。

・引っ越しを伴う転勤をしたくない
・出産したあとも同じ職場で働きたい
・育児中に転勤したくない

将来、出産したあとも同じ職場で働きたいと考える人も多いでしょう。転勤の可能性がある総合職では、自分だけでなく家族への負担が大きいのでは?と心配する人も。

このような理由から、転勤のない一般職へ転職を希望するケースもあるようです。女性だけでなく男性も、将来の結婚や出産、または育児の時期を踏まえ、転職を考えることが大切といえます。

▼関連記事
第二新卒が目指す正社員・総合職の道

一般職への転職に向いている人の特徴

一般職への転職に向いている人の特徴をご紹介します。

毎日同じ作業をすることが好き
・丁寧で几帳面
・地道にコツコツ努力できる
・誰かのサポートをしたい

一般職は他部署と連携し、業務が円滑に進むようサポートする場面もあるので、コミュニケーションスキルやチームワークを求められることもあるでしょう。

▼関連記事
自己分析をして、自分に合う職業を見つけよう!

一般職への転職が難しいと感じるときにできること

一般職への転職が難しいと感じるときは、以下の行動をすると選択肢が広がります。一つずつ見ていきましょう。

一般職以外への転職も視野に入れる

一般職以外の職種へ転職することも、一つの選択肢として視野に入れましょう。いくつかの職種と、主な仕事内容をご紹介しますのでご参照ください。

営業職:顧客のニーズを調査、商品やサービスをプレゼンし納品、課題を改善する
・事務職:書類作成、電話応対、受付、データ集計、お金の管理など
・編集職:書籍作成の企画、予算の管理、取材、編集など
・企画職:商品やサービスの企画、販売戦略や知名度を上げることを考える

ほかにも、人事へ転職する選択肢もあります。人事は、社内で多くの人と接する機会が多い職種のため、コミュニケーション能力が高い人に向いているでしょう。

一般職へ転職する際に活かせる資格を取得する

一般職へ転職する際に、活かせる資格をいくつかご紹介します。取得しておくと、企業へのアピールできるポイントの一つとなるでしょう。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOSを取得していれば、パソコンスキルがどの程度あるかを証明できます。パソコンを使う業務に就くことが多い一般職で、この資格を活かせるでしょう。また、中にはMOS資格取得が、応募の必須要件としている企業もあります。

簿記検定

簿記検定にはいくつか種類がありますが、最も一般的なのは「日商簿記検定」です。
簿記とは、会社が行う取引や経営活動を記録し、貸借対照表や損益計算書などの財務諸表作成を指します。
日商簿記検定は初級から順に受験できますが、簿記の基本的な知識があることを証明でき、業務に通用するのは3級以上です。

TOEIC

TOEICは知識として身に付けた英語ではなく、会話によってどの程度コミュニケーションが取れるかを証明する資格となります。
たとえば、海外事業を展開している企業や、顧客に海外の方がいる企業に転職する場合は必要なスキルです。 なお、TOEICの満点は990点ですが、400点台が初心者レベル、500点台が平均とされています。決して「500点以下は履歴書に書いてはいけない」という訳ではありませんが、転職の際にアピールするのであれば、600点以上を目指すと良いでしょう。
TOEIC600点台は英検準2級~2級に匹敵し、航空業や旅行業で求められるレベルといわれています。また、日常的に業務で英語を使用する場合は、700点以上必要です。

ご紹介した資格は、取得していればアピールできますが、持っているからといって必ず希望の企業へ転職できるとは限りません。
また、取得するまで長期間を要する場合は、転職活動が後手にまわってしまうことも考えられます。 「なぜ資格が必要なのか?」をよく考えて行動しましょう。

一般職の求人情報を転職エージェントに相談する

このコラムで最初にお伝えしたように、一般職の求人情報は総合職と比べ少ないのが現実です。そこで、転職エージェントを利用し、非公開となっている一般職の求人情報を見るのも一つの手といえます。

若年層を中心にサポートを行っているハタラクティブでは、一般職だけでなく転職を考えている人に対して、無料でアドバイスを行っています。

プロの就活アドバイザーが、マンツーマンでカウンセリングを行い、あなたに合う求人をご提案。また、企業に直接聞きづらいことや、応募書類の添削、面接対策のサポートも行っています。
一般職や総合職をだけでなく、営業職や事務職などさまざまな職種の仕事内容について、もっと詳しく知りたいという人は、ぜひお気軽にハタラクティブにご相談ください!

3.相手の話をよく聞ける人

傾聴力に優れている人も、営業職に向いているでしょう。相手の話をよく聞く人はヒアリング力に長けており、情報を集めたうえで的確な返答ができます。そのうえで、サービスのメリットやデメリットも明確に相手に伝えることができるため、話の的を得た説得力が強みです。
相手の悩みや疑問を聞き出すことが得意な人は、解決策や対策を常に考え、ポジティブに切り替えていくことができるでしょう。傾聴力に関しても学歴は関係ないため、高卒の方でも十分活躍可能です。「人から相談をよくされる」という方は傾聴力に長けている可能性があるので、ポテンシャルを活かして活躍できるでしょう。

高卒から営業への就活を成功させるポイント

高卒で営業職への就活を成功させる秘訣は、細かな企業研究や、未経験可能な求人を探すことです。

ここでは、注目すべき福利厚生もご紹介します。

仕事内容や会社概要を把握する

高卒の営業職に関わらず、どの職種でも企業研究は重要といえます。営業職でも、どのようなターゲットに、何をどのようにして営業するのかがポイントです。業界の幅がとても広い営業職では、職種によって働き方がまったく違う場合もあります。自分に合った職場を探すことが、営業職への就職の近道です。

福利厚生を徹底して調べよう

昇給制度

昇給制度とは、ほとんどの企業がとりいれており、年に1度または人事考課時などに給与改定をおこなう制度です。自分のモチベーションにも繋がり、長期勤務やキャリアアップの後押しにもなるため、就職には重要な制度といえるでしょう。

インセンティブ制度

インセンティブ制度とは、企業が従業員のモチベーション維持を重視するため、従業員が出した実績や成果に対して、歩合を付与する制度です。手当として給与や賞与に上乗せするかたちで支給されることが多いですが、商品券などをプレゼントしていることも。前述のとおり、不動産業界や保険業界では、高額な報奨になることが多い制度です。

休暇制度

休暇制度とは、病気やけがなど、長期にわたり特別な休暇が必要になった場合に取得できる制度のことです。特に車での移動が基本となる営業職にとって、万が一、事故やけががあった場合の対応は必要です。

研修や教育制度

社員の知識習得やスキルアップに向け、研修の場を設けたり、教育環境を整えたりしながら新人サポートをおこなう制度です。企業や職種によって内容・方針は異なります。先輩社員がマンツーマンで育成をおこなう企業や、段階を踏んでキャリアアップを推進している企業もあるでしょう。

未経験でも可能な求人を探す

高卒で営業職に就職したいと考えている方は、転職エージェントを利用するというのもひとつの手です。前述のとおり、営業職には個人・法人向けがあるだけでなく、扱う商材もさまざまなので、自分に合った仕事を1人で探すのはむずかしい場合もあります。転職エージェントでは、プロが希望条件にあった求人を探してくれたり、就業に対する相談にのってくれたりするので不安なく就活ができるでしょう。

「営業をやってみたいけれど、向いているか分からない…」「高卒者を採用している企業の詳細を知りたい」という方は、ハタラクティブにご相談ください!ハタラクティブは、高卒者や第二新卒など若年層を対象とした就職・転職エージェントです。ハタラクティブでは、求人紹介はもちろん、就活のプロであるアドバイザーが、履歴書の書き方から面接のアドバイスまでサポートしています。サービスは全て無料で利用可能なので、営業職への就職を考えている方は、ぜひお気軽にご登録ください。

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ