中卒者の就職率はどれぐらいなのか?

  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. 中卒就職TOP
  4. >
  5. 中卒仕事探し
  6. >
  7. 中卒者の就職率はどれぐらいなのか?

中卒からの就職活動を成功させるためには、まず今時の中卒者の就職事情を把握するところから。気になる就職率から見る中卒就職の現実、そして学歴の壁を乗り越えて採用を勝ち取る方法について、一緒に考えてみましょう。

【このページのまとめ】
・中卒者の就職率は低く、難しい傾向にある
・企業側からのマイナスイメージを払拭することが大切
・高卒認定試験を受験したり、専門知識を身に付けるのがおすすめ

中卒者の就職率

日本では、高度経済成長期の始まる1950年代までは、中学卒業後の就職率が40%超と少なくありませんでした。その後、時代の流れと共に高校進学率が上昇し、中卒者の就職率は漸減状態です。高校進学率が97%を超える現代では、高校教育が半ば義務教育化しており、中卒者の就職率は0.5%未満と、きわめて低い数字となっています。

中卒者の就職事情

最終学歴が「中卒」であることは、就職活動にどう影響するでしょうか?このコラムを読んでいるみなさんも、もしかしたら実感しているかもしれませんが、中卒者の就職活動は、厳しい現実が壁となって立ちはだかります。そもそも中卒学歴者の応募を想定していない企業も多く、書類選考で落とされるケースも少なくありません。高校中退者の場合、アルバイトや契約社員などが多く、就職するものの離職率が高いという統計が出ています。

企業側が懸念していること

進学しなかった理由や退学した理由は、人によってさまざまな事情があることと思います。そこを差し引いたとしても、企業の採用担当者は、

「勉強が嫌いで、学ぶ意欲がないのではないか」

「継続して努力することができないのではないか」

「問題が生じたらすぐに投げ出すのではないか」

といった、仕事をする上でマイナスとなる要素が根本にないかどうかを懸念していることが多いようです。では、中卒という学歴の壁や、厳しい現状を打開して、正社員就職を勝ち取るためには、どうしたら良いでしょうか。

高卒認定や専門資格を取る

現実的な提案として、高卒認定試験を受験するという方法があります。高校中退と高卒では、就職率に格段の差が出るからです。美容、アパレル、料理、観光、接客、土木など、特定の業界や専門職を目指す方も、専門資格を取得するための足がかりとして高卒認定を受けるというケースは多いようです。


中卒からの就職活動では、心がまえから書類の書き方、面接での対応、服装に至るまで、成功のためのコツがあるのです。ハタラクティブでは、不安要素の多い中卒者の就職活動をしっかりサポート。プロの就職コンサルによるていねいなカウンセリングで、あなたの長所や職業適性を引き出します。また、学歴不問の求人や未経験歓迎の求人を豊富にご用意し、あなたにぴったりのお仕事をご紹介いたします。一人で悩むより、まずは気軽にご相談ください。

おすすめ記事

▼ご相談はこちらから▼

  • 現在の状況とご希望条件をご選択ください
    • ステップ1
    • ステップ2
    • ステップ3
    現在のご状況必須

    離職中・フリーター
    (契約・派遣含む)

    正社員

    在学中
    (卒業予定)

    在学中
    (中退予定)

    在学中
    (中退を検討中)

    就職開始可能時期必須

    できるだけ早く

    1~2ヶ月先

    3ヶ月以上先

    まだ本当に活動するか決めていない

    最終学歴の卒業年必須

    ←戻る
    次へ

無料就職カウンセリングの申込み

お電話でのお問い合わせ

平日 9:00~18:00

ページトップへ