新型コロナウィルス対策について

新型コロナウイルス感染防止のため、一時的に
全支店のカウンセリングを一律「オンライン面談」にて実施いたします。また一部企業との面接もオンラインにて可能です。

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

 
  1. フリーター就職支援「ハタラクティブ」TOP
  2. >
  3. フリーター役立ちコラムTOP
  4. >
  5. バイトを始めたい!中卒ニートが面接で注意すべき点とは

バイトを始めたい!中卒ニートが面接で注意すべき点とは

公開日:

最終更新日:

【このページのまとめ】

  • ・学歴、経験不問の求人なら中卒ニートの方も応募することが可能
    ・バイトに応募するなら、人手不足と言われる飲食業界や介護業界がおすすめ
    ・ニートを続けることで、将来的に生活に困窮したり社会的信用が失われたりするリスクが高まる
    ・年齢を重ねると応募できる仕事が少なくなる傾向が強いため、1日でも早くニートから卒業しよう

ニート生活を送る人の中には、大学院を卒業している人もいれば、中学校が最終学歴の人もいると思います。
学歴社会と言われる日本ですが、中卒の場合はどのような仕事があるのでしょうか。
当コラムでは、中卒ニートにおすすめの仕事を紹介しています。
脱ニートの第一歩としてアルバイトを始めたい方はもちろん、正社員を目指している方も参考にしてください。

◆中卒ニートでもアルバイトを始められる?

中学卒業後に進学も就職もしなかった人もいれば、就職したが退職してニートになった人、高校に進学したものの中退してニートになった人など、一口に「中卒ニート」と言っても、ニートになるまでの過程は人によりさまざまです。
しかし、共通して言えるのは「最終学歴が中学校」ということ。
現在の日本では、大学を卒業している人の割合が圧倒的に多く、就職も大卒が基本と言われていますが、中卒の人でもアルバイトとして働くことはできるのでしょうか。

結論から言うと、中卒ニートの方でも、学歴や経験を問わない求人に応募することは可能です。
塾の講師など、仕事内容によっては学歴が問われるアルバイトもありますが、一般的な接客や作業の場合は、学歴を問わないケースが多いので問題ないと言えるでしょう。

さらに、その中でも人手不足の業界や職場は採用されやすいと言われています。
中卒が応募・採用されやすいと言われているアルバイトの一例を以下に挙げたので、参考にしてください。

【工場】

学歴不問で多くの人手を必要とする工場勤務は、中卒ニートにおすすめの仕事の1つ。
1人で進める仕事が多い、同じ作業の繰り返し、黙々と作業できるといった点が、コミュニケーションやスキルに不安のあるニートに向いていると言われています。

【販売員】

対人業務のためコミュニケーションスキルが必要ですが、学歴不問なことが多い販売員。
アパレルや雑貨、専門店など活躍の場も多岐に渡るため、自分が興味を持っている商品を担当することもできるでしょう。

【介護職】

高齢化に伴って利用者が増加している介護職は、慢性的な人手不足と言われています。
資格が必要な職種もありますが、学歴不問・未経験から始めることができるため、ゆくゆくは資格を取って正社員として活躍することも不可能ではないでしょう。

【飲食店】

多くの方がアルバイト先として選ぶ飲食店も、人手不足の影響から採用されやすいと言われています。
ニートの方が飲食店で働く場合は、マニュアルが整っているチェーン店などがおすすめです。

建設業や警備員なども、学歴不問のため応募しやすいでしょう。
長期のアルバイトに不安を感じる…という人は、短期や単発のアルバイトから始めてみてはいかがでしょうか。


◆ニートのままでいるのは危険

働くことに不安を感じたり、ニート生活が充実しているという方は「このままずっとニートでいたい」と考えることもあると思います。
ニートを続けることで発生するリスクには、どのようなものがあるのでしょうか。

【体調を崩しやすくなる】

自宅や自室にこもりがちな生活を送っていると、好きな時間に寝起きや食事をするようになるため、不規則な生活になりがちです。
また、行動範囲が狭まるので運動不足にもなりやすく、体が弱くなったり体力が落ちたりして体調を崩しやすくなるでしょう。

【生活に困窮する】

ニートの方の多くは、親に生活の支援をしてもらっていると思います。
しかし、親がリタイアしたり亡くなったりした場合は収入が激減する可能性が高く、ニートの方の生活も困窮する可能性が高くなります。

【就職が遠のく】

一般的に、素直でポテンシャルがある、柔軟な考えを持っている、職場や業務に対する対応力が高いといった理由から、就職するには若ければ若いほうが有利と言われています。
そのため、年齢を重ねればそれだけ仕事が見つかりにくくなり、就職が遠のくことも。
また、ニート期間が長いと企業も採用に慎重になる傾向が強いので、長期のニート生活は危険と言えるでしょう。

【社会的信用が失われる】

ニートの方は定職に就いていないため収入がなく、クレジットカードの作成やローン審査に通らないことが多々あるようです。
また、晴れてニートから卒業できても、無職期間が長いと定期収入があっても審査に通りにくくなる…ということも。
将来に渡って社会的信用が失われる可能性があるというリスクを理解しておきましょう。

今は親からの支援や自分の貯金で生活している、という人でも、いずれは親からの支援が途切れたり貯金が底をついたりする日が来ます。
「その時が来たら働く」と悠長に考えていると、ニート期間の長さや年齢が影響して思うように就職できない…ということになるかもしれません。


◆バイトの面接で気をつけること

ニートでいるリスクを理解して、「働いたほうがいいかも…」と考えを改めた人もいると思います。
ニートからいきなり正社員に挑戦するのはハードルが高いため、まずはアルバイトから始めてみても良いでしょう。
しかし、中には「バイトも初めて」という人がいるかもしれません。
以下にバイトの面接で気をつけるポイントをまとめたので、参考にしてください。

【身だしなみ】

アルバイトなのでスーツを着る必要はありませんが、シンプルで清潔感のある服装を心がけましょう。
特に飲食店や販売職などは清潔感が重視されるため、服装だけでなく服の汚れやシワ、髪型、靴といった小物まで気を配るのがポイント。
また、職種に関わらず華美な服装や肌の露出は避け、アクサセリーなども最低限にしておくと安心です。

【言葉遣い】

家族や友人と話すときの言葉遣いではなく、社会人として通用する言葉を使用します。
「です・ます」をきちんと活用する、自分のことを「わたし」と言い換える、「はぁ」など曖昧な返事をしない、「マジで」「ヤバイ」などの話し言葉を使わないなど、言葉遣いの基本を確認しておきましょう。

【質問の答えを事前に考える】

アルバイトの面接では、志望理由や働ける日数、長所と短所といった「定番」と言われる質問をされるケースが多数。
事前に質問に対する答えを考えておくと、面接のときに焦らずにしっかりと受け答えができるでしょう。

特に、ニート期間が長ければその理由やニート期間中に何をしていたかといった質問には注意。
「なにもしていなかった」「一日中ゲームやネットをしていた」といった回答ではマイナスイメージを与える可能性が高いため、「ずっとゲームをしていたが、このままではいけないと思ってアルバイトに応募した」など、ニート期間に行っていたことを正直に話し、反省点も含めるのがポイントです。
ほかに、「怪我や病気で療養していた(現在は完治している旨を伝える)」「実家の仕事を手伝っていた」といった回答も事実ならOK。
「ずっとオンラインゲームをしていて、上位ランカーになり攻略サイトを作成していた」「ブログの作成に凝っていて、月間◯◯PVの実績がある」など、明確な実績を示すのもアピールになるかもしれません。


◆正社員を目指すなら

ニートの方の中には、アルバイトではなく正社員を目指す方もいるでしょう。
正社員を目指すなら、1人で就活をするよりも就職支援機関を活用するのがおすすめです。

【公的機関の支援サービス】

・ハローワーク

厚生労働省が管轄している就職支援サービスで、各都道府県の主要都市に設置されています。
求職者に対する仕事の紹介をメインに、就職に関するセミナーや個別相談などを実施。
年齢に関係なく利用することが可能で、求人数も多いのが特徴です。

・わかものハローワーク

おおむね45歳未満の、正社員を目指す若年層をサービス対象としているのが、わかものハローワーク。
支援は担当制で行われるため、通常のハローワークよりきめ細やかな対応が期待できるでしょう。

【民間企業の支援サービス】

求人サイトなどを運営する企業が運営していたり、得意とする分野・業界があったりと、支援機関によって特色があるのが民間のサービス。
公共支援サービスに比べて気軽に利用できる、メールやチャットアプリでやり取りできるといった特徴があります。

支援サービスのほかに、職業訓練を受けるのも良いでしょう。
職業訓練とは、国や自治体が運営を行う就職サポートの一貫で、ハローワークに求職申込みをしている人が利用できます。
基本的に授業料は無料で(例外あり)、受講手当や交通費が支給されることも。
入学のためには面接を受ける必要がありますが、簿記やパソコンスキルといったビジネスの基礎から介護や造園などの専門分野まで幅広いコースが設定されています。
目指す職業や業界が定まっている、という方は職業訓練を活用するのもおすすめです。

「自分にできる仕事が知りたい」という方は、若年層に特化している就職エージェントのハタラクティブにご相談ください。
ハタラクティブには、未経験歓迎の求人が多数。
カウンセリングからあなたの適性や希望を判断して、条件に合う企業を紹介しています。
担当するのは、あなた専任のアドバイザー。
対面での相談はもちろん、メールやチャットアプリなどで気軽に相談することが可能です。
就職したいけど一歩が踏み出せない…という方は、お気軽にお問い合わせください!

関連キーワード

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

では

プロの就活アドバイザーがあなたを
マンツーマンでサポートします

フリーター専門エージェント認知度No.1

カウンセリング実績11万人以上

内定率80.4%

▼ ご相談はこちらから ▼

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

関連キーワード

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

簡単30秒!登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?

ページトップへ