アルバイトの職歴は記入するべき?履歴書の書き方を解説

アルバイトの職歴は記入するべき?履歴書の書き方を解説の画像

【このページのまとめ】

  • ・業種や職種によっては、アルバイト経験がアピールポイントになる場合もある 
  • ・履歴書の職歴欄には必ず雇用形態を記入し、業務内容や実績などは簡潔にまとめる 
  • ・職務経歴書を併用し、実績や経験、スキルなどを積極的にアピールしよう

アルバイトから正社員を目指すとき、履歴書や職務経歴書にアルバイトの職歴を書くべきか悩む人も多いでしょう。「アルバイトの経験しかない」という人だけではなく、正社員を退職後、離職期間中にアルバイトをしていたという人もいます。 
ここでは、アルバイトの職歴を書いたほうが良いケースや、職歴の書き方などについてまとめました。

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

ハタラクティブは
20代フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです。

オンライン面談実施中!【無料】就職相談はこちら

ハタラクティブは20代
フリーター・既卒・第二新卒
特化した就職支援サービスです

ご相談はこちらから

これまでに就職したことはありますか? ※派遣・アルバイトは除く

アルバイトの職歴は書いていい?

履歴書の書き方には決まったルールがないため、職歴欄にアルバイト歴を記入することも可能です。しかし、正社員へ応募する場合は、基本的にアルバイトは職歴と見なされないことが多いため、アルバイト歴があってもあえて記入しないケースもあります。
ただし、アルバイト歴によっては、記入したほうが良い場合と記入する必要がない場合があるため、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

記入したほうが良い場合

アルバイトとして、長期間働いていた場合は履歴書に記載したほうが良いでしょう。アルバイト歴を記入しないと離職期間が長いと思われてしまい、悪い印象を与える恐れがあります。
アルバイトとして3ヶ月以上勤務していれば、記入したほうが無難です。
また、応募先企業や志望職種と関連しているアルバイトをしていた場合は、アピールポイントになるため積極的に記入しましょう。
ほかにも、応募条件に実務経験年数がある場合、正社員と変わらない実働時間で業務を行っていたのであれば、アルバイトであっても経験年数として記載しても構いません。

記入する必要がない場合

基本的に、学生時代のアルバイト経験や、1日~数週間程度の短期アルバイトは記入しなくても構いません。
もし面接で離職期間について問われた場合、「短期間のため記入していませんが、前職を退職した後は○○のアルバイトをしていました」と説明すれば良いでしょう。
質問されなければ自ら説明する必要はありませんが、大切なのは嘘をつかないこと。社会保険の手続きなどから前の勤務先が分かってしまうこともあります。
嘘をついていると経歴詐称と捉えられ、採用に影響する可能性も。アルバイト経験の有無が採否に影響を与えることはないので、質問には正直に答えましょう。

アルバイト歴の書き方

履歴書にアルバイト歴を書くときは、会社名は略さず雇用形態が分かるように記載しましょう。
業務経験をアピールしたい場合は、仕事内容や実績について書いても構いません。しかし、職歴欄はスペースが小さく長文を書きにくいため、できるだけ簡潔に記載するか、「詳細は職務経歴書に記載します」と記入し、職務経歴書を作成するのがおすすめです。

例文

○年○月 株式会社○○ アルバイトとして入社 
     ○○店で○○の販売、新人アルバイトの指導に従事
○年○月 一身上の都合により退職

また、複数の企業で短期アルバイトを行っていた場合は、「○○株式会社 他」とまとめて記入することも可能です。退職後に短期アルバイトに従事していたときは、「退職後、○○のアルバイトに従事(○ヶ月)」と書いても構いません。

職務経歴書でもアピールできる

応募先企業で活かせる経験があるときは、職務経歴書に業務内容や実績、評価などの詳細を記入してアピールに繋げると良いでしょう。他人から評価された内容を盛り込むことで、エピソードに客観性を持たせられます。

そのとき、ただ業務内容や実績を記入するのではなく、応募先企業が求める人材、スキルを把握した上でアピールできそうなことを記載するのがポイント。

コミュニケーション能力や営業力、PCスキルなどはどの職場でも役立つスキルです。応募先企業と関連のない職種でも、応用できそうなスキルがあれば積極的に記入しましょう。

書類の作成方法に不安を感じている方は、エージェントに相談するのがオススメです。
ハタラクティブでは、アドバイザーが職務経歴書や履歴書などの応募書類を添削。あなたの経験や強みをアピールする書類の作成方法をアドバイスしています。
就職を考えている方は、まずはハタラクティブにご連絡ください。

▼ ご相談はこちらから ▼

登録はこちらから

これまでに就職したことはありますか?※派遣・アルバイトは除く

  • はい

  • いいえ

おすすめ記事

RECOMMEND

みんなの就職エピソード

  • 「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで
    「高卒が一番のネック」厳しいと思っていた希望職種の内定を得るまで

    就職前

    ラーメン屋(アルバイト)

    就職後

    エステティシャン

    詳細見る

  • 大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは
    大学院進学と就職を迷う日々…就職する決断ができた理由とは

    就職前

    スポーツインストラクター、介護職(アルバイト)

    就職後

    営業職

    詳細見る

  • ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた
    ダンスとバイト漬けの生活。気づいたら同い年の人たちがみんな働いていた

    就職前

    飲食店(アルバイト)

    就職後

    ヘルスコーディネーター

    詳細見る

  • エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは
    エンジニアとして就職!社会人未経験から内定までの道のりとは

    就職前

    飲食店 アルバイト

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?
    警備アルバイトからエンジニアに就職。留年、内定辞退から就職を成功させた方法とは?

    就職前

    警備・イベント運営(アルバイト)

    就職後

    エンジニア

    詳細見る

  • “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに
    “人と話すことが楽しい”。自分らしさを発揮できる清掃スタッフに

    就職前

    音楽教室スタッフ(アルバイト)

    就職後

    大手フランチャイズ企業の加盟店清掃職

    詳細見る

  • コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に
    コンビニバイトの経験を活かし、カメラの道から保険会社営業に

    就職前

    大手コンビニエンスストア 店員(派遣社員)

    就職後

    大手保険会社 フォロー営業

    詳細見る

  • 大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に
    大学院を中退。 新卒の就活失敗を乗り越え、念願の『製造系エンジニア』に

    就職前

    理系大学院生(中退)

    就職後

    製造系エンジニア

    詳細見る

  • 「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道
    「やりたい仕事」が分からなかった僕が選んだのは、ITエンジニアの道

    就職前

    販売(アルバイト)

    就職後

    ネットワークエンジニア

    詳細見る

  • 短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事
    短大卒の22歳が手に入れた“憧れ”の「教育業界 事務」の仕事

    就職前

    支庁で事務補助(臨時職員)

    就職後

    学習塾チェーンの事務職(※紹介予定派遣)

    詳細見る

フリーターから正社員へ 体験談 一覧

関連記事

  • arrow
  • youtubeIcn

© 2013-2021 Leverages Co., Ltd.

特集

COLLECTION